ダブルフォルトをきっかけに流れを手放し、痛い敗戦(2017モントリオール2回戦)

2017 Montreal (Masters 1000)
2nd Round
Gael Monfils def. Kei Nishikori[9], 6-7(4),7-5,7-6(6)

 さすがにショッキングな敗戦であり、あまりにもったいない試合でしたが、こういうときこそ感情的にならず、応援で支えていきたいと思います。

 内容について批判することも、がっかりするこも自由です。それを止めろということはできません。中には、失望してファンをやめるとおっしゃる方も出てくるかも知れません。それも自由ですが、わざわざここにそれ(ファンをやめる、とか、失望した、とか)を書かないでくださいね。ここはいくら錦織が負けても応援を続ける人たちが集まる場所ですので。そういった「感情をぶつける行為」でなければ、試合内容については大いに議論していきましょう。

 錦織だって頑張っていると思うんですよ。でもなかなか思うような結果が出ない。負けたくて負けているわけではありませんからね。SFMを落としたくて落としているわけではありません。プレー内容を正当に評価する必要(良いものは良い、悪いものは悪い)はありますが、自分の感情を錦織にぶつけるのは違うんじゃないかなあと思います。結果が残念なのであって、錦織が残念なのではありません。まだ、コメントを頂く前ですが、そういう意見が出ることが容易に想定されるので先に予防線を張っておきます。

 また、「なんで?」「どうして?」と思ってしまうことは自然ですが、そんなに簡単に答えが出るもんじゃあないです。「自分が納得いくストーリーだから」という理由でなく、できるだけ主観を取り除いて思考したいですね。でも、それに足る十分な材料を持っている人って、身近にいる人とか、よっぽどのテニス経験者(プロとか)じゃないとなかなか分からないんじゃあないかな、と思います。もちろん、私には推論は出来ても断定はできません。

 ただ、テニスはスポーツですから、基本は「思い通りに体を動かす」ということです。それが出来ないから、以前ほど勝てない、それだけは言えるかと思います。
これはテニスの経験とかの話ではなくて論理的に自然な帰結です。ただ、「なんで思い通りに動かないのか」が断定できないだけで。

 推論は可能です。故障の影響で、今年は十分なトレーニングが積めてないのではないか?とか、思ったように勝っていないことが自信に影響して、さらに勝ちにくくなるという悪循環じゃないのか、とか、去年の過密スケジュール含む、勤続疲労ではないのか、などなど。私は、むしろ今までの勝ち方がイレギュラーだっただけで、研究と対策をされてしまったり、極限まで集中を強いられる勝ち方により、長年の心身ともの疲労が蓄積されてきているのではないかと想像しています。あとは、様々な技術的な課題に対する抜本的な対策を講じてないのではないか、という思いがあります。今日も、大事なところでフォアボレーをミスしましたね(確か、3本ほど)。あれは、メンタルのミスではないです。バックボレーは入りますから。

 でも本人の口から語られない限り、要因はよく分からんです。我々に分かるのは、客観的なデータと、プレー内容だけ。そしてプレー内容の評価は、どうしても多少は主観に左右されます。

 コメントの需要が高いと思うので、一旦アップします。
 すでに朝5時で、仕事のために本当は少しでも寝た方がいいですが今日は最後まで書きますので一旦待っていてください。

【追記】

 とにかく言いたいことは、まず試合内容へのダメ出し、これは存分にやっていいのではないかと思います。プレー内容に対する(主観を含む)評価、これもOKだと思います。その上で、これからこうした方が良いのではないか、こういう風にプレーした方がいいのではないか、という意見。これもどんどんすべし、という意見です。我々は、錦織や錦織陣営から見れば素人です。中にはまさに「素人意見」もあるでしょう。 が、テニス界を支えるファンでもあります。プレーを鑑賞し、様々な意見を交換し合い、ときには心を揺さぶられながらも贔屓の選手の応援を続ける。これこそスポーツ観戦の醍醐味。「素人だからプロに意見してはいけない。黙って正座してプレーを観ていれば良い」というものではないと思います。

 ですが、怒りやイライラを錦織にぶつけるのは間違い。断言します。怒りやイライラが生まれるのは仕方ない。そういうこともあるでしょう。それだけ、入れ込んで応援しているということです。でも6秒待ちましょう。深呼吸しましょう(怒りのピークは6秒間で、そこを過ぎれば冷静になれるらしいですよ。)。アンガーマネジメントってやつです。
 その上で、「今日の試合は酷かった!! でも次頑張れ!!」って感じでやればいいと思うんです。 

 今の調子では、しばらく思うように勝てないこともありえますが、全て「惜しい」んですよ。ちょっとずつ良くなれば、結果はがらっと変わるものになります。今日の試合も、締めをしっかりしていれば、「ちぐはぐな所もあったけど、なんだかんだでちゃんと勝ったね」になっていました。でもそれができなかった。ほんの僅かな差なんですよ。引きずらないことが、今は錦織にとってもファンにとっても一番大切です。

 ワシントンでも言ったように、勝つことが良薬であり、勝つことで自信が回復します。今日の試合は自信の回復には繋がらなかったが、どこかで壁を破っていかなければならない。そしてチャレンジを続けなければ壁を破れません。今は錦織にとって非常に辛い時期だと思うんですが、いろいろな声を聞いて、うんざりすることもあると思いますが、多くの人が応援してくれています。少なくともここに集う人達は、結果に一喜一憂しながらも応援をやめない人達です。そして再び錦織がコートで躍動することを願い、信じている人達です。ちょっとくらい負けたって大したことありません。全豪ベスト16、全仏ベスト8、準優勝が2回。去年よりは悪いので落ちた気がしますが、レース12位につけておりまだファイナル出場の芽も残しています。ここで腐らずに、「できることは全てやる」ということだけに集中し、あとは考えない方が良いと思います。2009年の長期休養を思えば・・・。あの故障も乗り越えたのですから、今の単なるスランプはきっと乗り越えられます。

 試合の内容は、もうみなさん散々書いてるからいいですよね。

【10:00追記】
 と思いましたが、それはそれで分析しておこうかなと思います。今日は時間がありませんが、明日は休みなので、サーシャ戦のレビューも含めて書かせていただきます。
 全仏観戦記も、今世紀中には完成させます。

 さすがに睡眠不足できついので仕事開始を1時間遅らせました。なんとか頑張ってきます。それではまた。

326 件のコメント

  • leiさま、
    はい、ミロス+ラオニッチ=ミロッチです。他にもいろいろと応用が利くかと(笑)。すみません、またジャルゴンを使ってしまいましたが、 jargonは「(一般の人には分かりにくい)業界用語」といった意味です。こちらも最初「大先生」と聞いたときはわかりませんでした。フォーラム「鼻血用語の基礎知識」に解説があります。この他にもこれは鼻血業界用語か?と思ったら、このフォーラムに行かれると分かることが多いです。Dr. Ivoについても少し書き加えておきました。

      引用  返信

  • 現地観戦レポートはいつもワクワク致します。そしていつかは行こう!という気持ちにさせてくれます。楽しいお話たくさんありがとうございます。
    今年は下の子が受験生なのでテレビ観戦オンリーですが(あ、2月にデ杯行ってました!笑)、来年以降は真剣に検討したいです。
    これからも楽しいレポートお待ちいたしております。現地観戦予定の方々、よろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • 「あの方」や「その方」等は私も多用しますので反省です。

    ただ、外国の選手って長いんですよね、名前が。特に旧ユーゴ圏に見られる「◯◯◯ッチ」や、スペイン語圏に多く見られる「カレーニョブスタ」等どこで区切れば良いかわからない名前もあり、また皆様の多くは敬意を評して呼び捨てにはせずに「〜選手」って書く人が多いように感じますし、そうなると長さが増してしまいかねません。(私も呼び捨て表記は抵抗があります。)

    ただ、理解されにくい長文は本意ではないのて今後は分かりやすい名前を書く事に心掛けたいと思います。

      引用  返信

  • フェデラーvsズヴェレフ決勝戦始まりましたね。フェデラー勝てばATPランキング2位のナダルに10p差まで迫ります(1位はマレーのまま)、ズヴェレフは既にキャリアハイ7位確定です。立ち上がり、フェデラーのサーヴ(1st48%)&ショットが冴えず、フェデラー1セットダウンです(オープニングセットを落としたのは今年AO錦織、カナダのフェレール戦のみ)。お疲れのはずのズヴェレフ元気ですが、まさかの連続優勝?

    錦織vsモンフィスのATP Tennis TVのビデオ見直してますが、錦織選手のショットは全部ベースライン、サイドラインから1m以上内側で、FHウイナー級ショットを放っても運動能力抜群のモンフィスに返され、逆に振って決まるはずがコースが甘くまた返され、です。フェデラー、セントラルコートは速いと言ってました。なのでラリーは好まず仕掛けに行ってアーリー・ラウンドではUE多かったですが、同じことはシャポバロフ君にも言えて、ハマればウイナー量産ですが、昨日のズヴェレフ戦のようにUE30以上量産で敗退です。ラリー数の多さやエースの少なさからして、錦織選手がプレーしたバンク・ナショナルはひょっとしてセントラルコートに比べてだいぶ遅かったのかもしれません(AOがそうでした)。風+遅いコートはRGツォンガ戦を思い出してしまいます。モレアルのコートごとのCPIデータ出てこないかな。

      引用  返信

  • フェデラー選手、第1セットは彼らしくないミスが続き、1stサーブが入らず(確率48%という低さ)、3‐6で落としてしまいました。
    風が強くてゆるいショットが流され、やりにくそうではありますが、ネットプレーが裏目に出ることが多かったような。ズべレフ選手は凡ミスが多少あって不利な状況になっても、すぐにラインぎりぎりに決まる強烈なサーブで取り返しています。あのサーブ、うらやましい……錦織選手にあの武器があったらと思わずにいられない。
    ぎゃっ、第2セットもズべレフ選手がブレイクして4‐3。さあ、どうなる?
    ……サーシャ、あれよあれよというまに勝ってしまいました。おめでとうございます。
    でもなんだか、くやしい……

      引用  返信

  • フェデラー、バックハンドはスライスしか打たないし、サーヴも入れているだけで明らかにおかしかったですね。解説では手首か背中かと言ってましたが、サーヴを打ってないとこからすると、背中の故障?それとも単に疲れてただけなのか。ウームこんなに顔色も冴えなくてプレー内容が悪いフェデラー、久しぶりのような。大丈夫かな。

      引用  返信

  • フェデラーが負けてしまった。
    ミスも多かったし、ファーストが決まらないし、これは決勝戦とは思えない試合。
    どうしたんでしょう?

      引用  返信

  • 今期出場すればほぼ無双のフェデラーに完勝。
    体調面の問題もあったのか終盤フェデラーに勝者のオーラは無くなってました。

    これでMSをフェデラー ナダルと共に2つづつ取り合ったズブレフ。
    UOも優勝候補筆頭格ですね。

    本格的に時代が動き始めてしまって、少し寂しい。

      引用  返信

  • 禮さん、FUMAさん。
    フェデラー選手、確かにいつものパフォーマンスにはほど遠かったです。
    準決勝も今一つだったし。どこか痛めているのかもしれませんね。

      引用  返信

  • だいあんさん

    そう準決勝からちょっとおかしかった気がしていました。
    自分でも首を振っていましたよね。
    フェデラーでさえ、一度も取れない大会というのがあるのですね。

      引用  返信

  • うう~~~ん、ゴルフの全米オープンも観ながらでしたが、わりとあっさりと(?)、ズべレフが勝っちゃいましたね。第1セットの第1ゲームのデュースから、ズべレフが前に出ながら放った際どいバックハンドのダウンザラインがアウトの判定からのチャレンジでもうホークアイの誤差の範囲内じゃないかと思うレベルのギリギリのインで、あれがアウトだったら試合の流れも違ったんじゃないかとも思いますが、ズべレフ、この調子が持てば、本当に全米での本命の1人ですね。
    このままじゃ悔し過ぎるぞ、頑張れ、錦織、調子を戻して、見返してやるんだ。

      引用  返信

  • 朝起きてライスコ確認してビックリしました。ロジャー(私はこの言い方で呼ばせてくださいね)はもともと腰が悪いときがあったので、それが再発したのではとちょっと心配です。シンシはスキップするかもしれませんね。それにしても、サーシャ(こちらもこの呼び方で)、今年2度目の1000制覇とは!時代が動いてきましたね。

    ちょっと前のコメントを確認したら、NORICHANさん、下団さん、ゆきんこりさん、むーみん&Kさんのお返事があり、うれしかったです。来年こそは、またどこかの会場からレポートしたいですね〜〜

      引用  返信

  • 時折コメントさせていただいている、ぐうといいます。

    ズべレフ選手、すごいですね。錦織選手がすごすぎといっていたのを聞いて、当初は正直すぎだろうと思ってましたが、これはやむ無しかもしれません。

    しかしフェデラー選手、プレーに精彩を欠いていたようで、心配です。
    私が通しで見たのは3回線のフェレール戦でしたが、1stセットはUE連発で簡単に落としていました。その後の2セットは何とか要所を締めて逆転勝ちしましたが、本調子とは言えない内容でした。
    準々決勝、準決勝はストレート勝ちなので調子を戻したのかと思っていましたが、今日の試合の終盤の様子だと、故障しているのではないかと心配ですね。

      引用  返信

  • フェデラーは今晩Cincyに移動して次週試合に出るか数日中に決めると言っているようですね。それより錦織選手がCincy練習中にまた右手首を痛めたというツイートが流れています。流しているのはテニス・ジャーナリストですが、頼むからガゼネッタ・スポルトであってくれ〜!!

      引用  返信

  • さん,

    残念ながら、ガセネタではないようです。

    錦織君て…何でこうなるの?
    ドロー運がよいと、自分が、って…。
    今年はもう何回も言ったけれど、気の毒でたまらない。

      引用  返信

  • シンシナティのプレビュー記事のほうに、かぼちゃさんから、
    「アプリによると棄権」という情報がありました。
    ツイッターでもスポーツジャーナリストが
    Nishikori is out of Cincinnati with a right wrist injury
    とつぶやいていました。再発? なんてこと。ああ神様。

      引用  返信

  • さん,
    この話題はシンシのプレビュー記事の方にもありますが、アプリによると、練習中に右手首に鋭い傷みがあり、メディカルの判断待ちだそうですが、シンシには出ないとのことです(ToT)

      引用  返信

  • MIYAさま、
    ありがとうございます。こちらも確認しました。なんてこったあ〜。大事でないことを祈ってます。
    こりゃ前回よく効いた団長さんの右手首早期完治祈願🙏を復活してもらわないと。

      引用  返信

  • 既に終了してしまったロジャーズカップですが、初の海外でのテニス観戦は有意義なものでした。今までこちらのブログのコメント欄に観戦記を書いてくださった皆さまの貴重なご意見が参考になり、今回観戦に行くきっかけになりました。圭くんの試合が見れなかったのは残念でしたが、日本では見ることのできない多くのトップ選手たちの試合を見れて興奮しました。また、別の大会にも行ってみたいと思っています♪

    禮様、NORICHAN様

    圭くんTシャツのおじさんには会えず😭(そもそも毎日は同じTシャツ着ませんよね😆)初日に話しかけなかった私のミスです😵せめて、写真だけでも撮らせてもらうんだった❗ちなみに圭の文字の回りには○があり、(圭)となってました。フォントの歪みはわかりませんでしたー😅

      引用  返信

  • 今日は。
    むーみん&Kさま
    観戦レポート有難うございました。非常に楽しませて頂きました!
    錦織選手戦を観戦できず残念な思いをされましたね。でもその分、色んな選手を身近にお感じになられ、また大会自身も楽しまれたようで何よりです。
    モントリオール、フランス語圏だけあって、さすがにオシャレで洗練された、でも古式ゆかしき雰囲気の素敵な街ですよね。私も一度だけ観光で訪れましたが、英語もたいてい通じるもののフランス語さえわかれば~な場所がたーっくさんあって、今更後悔しています(苦笑)

    次の海外観戦をご計画されるとか。ならばもう圭Tシャツ作って現地でご着用されては? 逆に話しかけられること間違いなし! 「YOUは何しにこの大会へ?」とインタビューされたら、クレークレーを説明して差し上げましょう!(笑)

      引用  返信

  • むーみん&Kさま、

    レポートありがとうございます。楽しまれたようでよかったですね。おじさんはまた来年(か再来年)、海外鼻血ファン増殖のため捜索致しましょう(笑)。

      引用  返信

  • むーみん&圭さま
    楽しい現地レポートありがとうございました。こうやって思い切って海外観戦に行ったとレポートされる方のコメントはとても勇気づけられます。
    やはり一期一会を大切にしたいですね。私も日々なにかと足踏みして後悔することが多いです。人生半世紀を過ぎました。やらないで後悔するより、やって学ぶほうを頑張って選んで生きたいと思います。

    きっと錦織選手の試合を現地観戦する機会は作れるはずです!「圭おじさん」にまた再会できることを信じましょう!

      引用  返信

  • NORICHAN様、禮様、ROM様

    昨日、カナダから無事帰国致しました。タイムリーに観戦記も書けず断片的なコメントにもかかわらずコメント頂きありがとうございました。とても嬉しかったです♪大会に関してはもっともっとコメントしたいこともあったのですが、もうシンシナティの大会に移ってしまいましたし、私一人がモントリオールにいるようでコメントしずらくなってしまいました。フォーラムの方がいいんでしょうかね、観戦記などは。
    とりあえず、今回はこちらで最後にします。決勝戦終了後ロジャーの出待ちしている方々に遭遇、試合終了後30分くらいだったかな。ロジャーが出てくるところを見れて写真も撮れました。もっと出てくるのは遅いと思っていたのですが、意外と早いんだなあと思いました!ロジャーは、ファンに向かって何度も手を挙げて応えてくれました。優しい笑顔でした❤️
    大会終了後は、モントリオール市内とケベックシティへのー日帰り観光など、のんびり過ごしました。たまににわか雨はありましたが、ほぼ晴天で過ごしやすい陽気でした。

    実は今回オリジナルで応援Tシャツ作っていったのですが、、、結局圭くんの試合を見れなかったので着ませんでした(>_<)私は英語で'Kei'とプリントしましたが、次はおじさんと同じように漢字で'圭'にしようーって思いました♪

    海外観戦初心者でしたが十分楽しめました。ROM様も是非お時間とれるようになりましたら、行ってみてくださいませ。
    今回一番印象に残ったのは、やはり地元のシャポバロフ選手です。大会を大いに盛り上げてくれました!
    長々失礼致しました。

      引用  返信

  • むーみん&amp;Kさん,
    観戦記、楽しみにしております。

    観客席を見ていますと、モントリオールやシンシナティは空いてそうですし、地方から東京へ行くよりも海外へ行って観戦したほうが楽しそうで、いつか行ってやる!と心に決めております。

    そういう意味でも錦織くんの復活を心待ちにしています。

      引用  返信

  • むーみん&Kさま、

    お帰りなさいまし。今年のカナダ、錦織選手は悔しい結果になりましたが、大会自体はシャポヴァロフの大活躍で大いに盛り上がってよかったですね。シャポヴァロフがこのまま大きな成長を遂げたら、その起点となった大会に居た、と将来自慢できますしね(笑)。お時間がありましたら観戦記やチケット入手法などフォーラム「GS&MSチケット入手の仕方(2017年版)」に書いていただけると、また皆様の役に立つと思います。

    ぼうずさま、

    是非どうぞ!いつも書いてますが事前に航空チケット探せば安いチケットは入手できるはずですし、チケット入手も日本より遥かに楽です。残念ならがら日本に来てくれない選手も見ることが出来ますし。本当は日本にMS1000があればよいのですが、まあそうなるとチケットはますます入手困難になるでしょうね。お金なくても毎月ヘソクリ貯めれば4−5ヶ年計画で可能だと思います。そういった意味でも錦織選手には35歳以上まで息長くプレーして欲しい(笑)。

      引用  返信

  • ぼうず様、コメントありがとうございます。チケットの入手は楽天オープンよりずっと楽にとれます。ただ、下の方の良い席はかなり早めに取らないとだめですが、上の方の席でも十分良く見えます。今回は、3回戦からFまでの4日間デイとナイトマッチ両方(Fはデイのみ)全部違う席にしてみました。色々な場所から楽しめました。次回はランチつきの席もいいかなーと思いました!モントリオール大会(次は再来年ですが)に行きときは連絡ください。何かアドバイス出来るかもしれません😀

    禮様、ただいまです♪ちょっと頭の中を整理してフォーラムの方へコメントさせて頂きますね。シャポバロフ選手の自慢したいですね〜😋是非、楽天オープン にも来ていただいて日本の皆様にも彼のプレーをみてもらいたいです!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。