2018ニューポートビーチCH 1回戦 vs. ノビコフ ゲーム毎実況記事

久しぶりの実況なので上手くできるか心配。

スコアは「鼻血記法」で既述します。
鼻血記法の解説は本記事の後ろの方で。

Set1

G1ノ 0−1
1 ××× Sv
1 ×× Sv
2 × RO
D ○ DF
2 × BSO

祝!復帰!

G2圭 1−1
2 ○○ BP
2 ○ BN
1 ○○ SvWi
2 ○ BN

無難にキープ。サーブOK

G3ノ 1−2
1 ○○ FR深
2 ××× F回St
1 ××× SvCt
1 ×× SvWi
2 ×× F深

ノビコフ193、やるなあ

G4圭 被Break 1−3
2 × BCrN
1 ○ FN
2 ××× Sm リターンから押し込まれる
2 ○ BRO
2 ××× FRCr コース甘い
1 ○○ SvBd
1 × F回SO
1 ○○ BSO いいコース
D × DF
1 × BO

デュースからの2回、1stポイントと、リードしたいところでミスが出るあたり試合勘のなさを感じる。

G5ノ 1−4
1 ××× FAp
1 ○ FO
1 ××× SvCt
1 ○○○ FStAp 相手の当たり損ね決めた
2 ○○○ Bネットイン
1 ××× SvWi
1 ××× BDr
2 ×× SvWi→BRO

自分から取ったポイントがない
ストロークで早く主導権を握りたい

G6圭 2−4
2 × BN 不調
1 × FN
1 × SmN
1 ○○○ BVSt ようやく自分からのポイント
1 ○○○ SvCt
2 ○ BSlRN
1 ○○○ BSt リターンは叩かれる
2 ○ BRStSO

どうなるかと思ったが、ようやくいいプレーが出た

G7ノ 5−2
1 ××× SvWi
1 ○ FVN パス当たってない
1 ○ BApN
2 ○○ FAp深
1 ×× FAp
1 × FN
2 × BRO フレーム
2 ○ FN
1 ××× FApSt
1 ××× FCr

少し上向きかけたところにミスが出た
まだコース甘いしフットワークもイマイチ
当たりも良くない

G8圭 3ー5
1 ○○ SvCt
? ○ 見逃し
? ××× BV
2 ○ BRN
1 ○○○ Sm 主導権握った

このゲームはしっかり先行して攻めた

G9ノ 3−6
2 × FRN すごく下がったが当たり損ねる
2 ××× FCr
1 ××× SvCt
2 ××× SvCt

ノビコフ好調

Set2

G1圭 1−0
2 ○ BCrSO
1 ○ FN
D × DF
2 ○ FRN
1 ××× BRSt
1 ○○ SvBd

相手ミスでのポイントが多い

G2ノ 1−1
1 ×× SvWi
1 ××× SvWi
2 ○ BO
1 ○ BO
1 ×× B深
2 × BRO

調子上がらず

G3圭 2−1
1 × FN 弱々しいミス
1 ○○ BCr
1 ○○○ SvCt
1 ○○ BPSt ナイスディフェンス
2 ○○○ FPSt

ディフェンス良かったが、簡単に攻め込まれるのが気になる

G4ノ 3−1 Break!
1 ○ FApStSO
1 ××× SvWi
1 ××× SvWi
1 ○○○ BSt
2 ○ FN
1 ○ FO

ミスが減ったのでブレイクできた

G5圭 4−1
2 ○ BRN
1 ○○ SvWi
1 ○○○ SvWi
2 ○ FRN

サーブ良かった&相手にミス増えてきた

G6ノ 5−1 Break!
1 ○○○ BDr
2 ○ BN
2 × SmO あああ・・・
1 ○ FSO ディフェンス良し
1 ××× BDvV
1 ○○○ FPCr

良くなってきた
リターン触ったときの返球率
振られたときの返し方

G7圭 2−5 被Break
1 × BCrN
1 ○○○ SvWi
D × DF
1 ○○ SvCt
1 × BO
2 ×× BRSt

サーブ甘く攻められた

G8ノ 5−3
1 ×× SvCt
1 ×× SvCt
1 ××× S&FV
1 ××× S$BV

ノビコフの速攻が冴えた

G9圭 6−3
D × DF
1 ○○ FSt
1 × FN フォームばらばら
1 × BStN ストロークのコース甘い
1 ○○ SvWi
1 ○○○ BPCr スーパーショット
2 ○ FStO 長いラリー制した
1 ○○ SvWi

6ポイントめ、30−40から
攻め切れない→コース甘い→攻められる
からのスーパーショット!
大事なポイント取った

Set3

G1ノ 0−1
1 ×× SvCt
1 ××× SvCt
1 ××× SvWi
1 ××× S&BV

リターンゲームで手も足も出なくなってる感じ
サーブのコースが全く読めていない

G2圭 1−1
1 × FO
D × DF
2 × FSO
1 ○○ SvBd
1 ○○○ BDrV
2 ○ BRN ノビコフもったいない
1 ○○ SvWi
1 ○○ SvWi

不安定なゲームの立ち上がりからよく立ち直った

G3ノ 1−2
1 ×× FSt
1 ××× F打 リターン返った
1 ×× SvCt
2 ××× FDvV

3ゲーム連続でラブゲームキープ許している

G4圭 2−2
1 ○○ BSt きれいに打ち分けた
1 ○○ SvCt ナイスコース
1 × FO
1 ○○○ Sm S&V
1 ○○○ SvCt

コースを狙う精度が良かった

G5ノ 2−3
1 ××× SvCt
1 ××× SvCt
2 ×× BV
1 ○ FDvVO ほぼやられてた
2 ×× SvWi

1ポイント取ったが、まったく手が出ない
どうにかしないと自分のサービスゲームでプレッシャーかかる

G6圭 3−3
1? ○○○ BSt
2 × BN
1 ○○ FCr
2 ○ BRO
? ××× BV
1 × BN
1 ○○ FSt
D × DF
2 ××× FSt 1stサーブが入らず攻められる
1 ○○ SvBd
1 ○○○ SvWi
D × DF
1 ○○ SvWi
1 ○○○ SvCt

自らピンチを招くところも、ギリギリ踏みとどまるところもやはり錦織のプレー

出勤するため、実況終わります。

鼻血記法の解説

○○○ ウィナーで得点
○○ 相手にforced errorさせて得点
○ 相手のunforced errorで得点
× 自分のunforced errorで失点
×× 自分のforced errorで失点
××× 相手のウイナーで失点

【サーブ】1 1stサーブ/2 2ndサーブ/D ダブルフォルト
【サーブのコース】Ct センター/Wi ワイド/Bd ボディ
【ショットの種類】Sv サーブ/R リターン/F フォア/B バック/V ボレー/HV ハイボレー/LV ローボレー/Ap アプローチ/Sm スマッシュ/Dr ドロップ/Lb ロブ/DvV ドライブボレー/HfV ハーフボレー
【回転の種類】Sp スピン/Sl スライス
【ミスの種類】N ネット/O アウト/SO サイドアウト
【ショットのコース】Cr クロス/St ストレート/RvCr 逆クロス(和製英語。正しくはinside-out)
【特記事項】打 チャンボ打ち込み/深 深い/回 回り込み/沈 沈めた/長 長いラリー

【コンビネーション】例えば「○○○ FApSt→FVCr」なら「フォアでストレートにアプローチして、フォアボレーをクロスに決めた」となります。1つ前のショットがポイントをほぼ決めたような場合などこのようにコンビネーションで表記します。

※逆クロスは”inside out”ですが、ここでは和製英語っぽく”reversed cross = RvCr”と表記しています。
多分そんな英語はありませんw

121 件のコメント

  • けんじさん

    「議論になるならフォーラムで」と書いたのは、トップ選手のCH参戦という、錦織選手の場合だけでなく、現行のATPルールについての議論に膨らんだ場合という意味でした。

    こちらは錦織選手のファンサイト。今回のニューポート、ダラス参戦から飛躍する議論になるならフォーラムで、と思った訳です。

    確かに最近、錦織選手の話題から少しズレた内容もこちらで見受けられることに少々の違和感を、私も感じていたので。

      引用  返信

  • たくさんのご意見ありがとうございます
    それぞれ感じ方、思いは違っても錦織圭に頑張ってほしい気持ちは皆様同じですよね
    皆様の意見に励まされ、成る程と思ったり、自分のなかでの整理もある程度できました
    本当にありがとうございます
    今なら、万全なら本当にトップ狙えますもんね

    話は変わってフェデラーフォアは本当に美しいですね(*^^*)

      引用  返信

  • 遅ればせながら、
    試合後の一問一答の中で、「インディアンウエルズとか、そこが一番合わせたいところ」と言っているので、そこに照準を合わせた復帰プランのまだ第一段階というのが現状ではないでしょうか。
    それとまだ少しある手首の痛みですが、怪我の部分の痛みでは無く、ギプスで固定されていたため腱や筋肉が固まっているので、それを元に戻す過程の痛みではと思っています。
    私もギプスの経験ありますが、怪我が完治したら、痛みがあっても、とにかく(錦織選手の場合は手首を)動かすように。この痛みは腱や筋肉が固まったためのものだから心配無い。大事にして動かさずにいると返って固まってしまうから、腱や筋肉の柔らかさや筋力を早く取り戻したければ、頑張って動かすようにと言われました。
    だから今は痛みに負けず動かさなければならない時なのではと思います。、
    勿論、世界的アスリートだから一般人とはケタ違いの負荷が掛かるので慎重にですが。
    「失ったものも沢山ある」と言っていたので、それらが現時点でどの程度戻っているのか、足りないものは何なのか真剣勝負の中で確認できた。
    負けはしたけど錦織選手にとって凄く重要な意味を持った試合だったと思います。

      引用  返信

  • 訂正します。
    ×怪我が完治したら、痛みがあっても、 → ○怪我が完治してギプスが取れたら、痛みがあっても、   デス。     スイマセン  m(__)m

      引用  返信

  • 今晩は。
    けんじさま
    私も議論は大いに結構だと思いますよ。ただNPBの出場是非については、出場してしまった以上もう戻れないので、今更論じてもせんないことかなと思うだけです。
    でもでも! ダラスも出場するようですね。アプリのお知らせはコメントいただきましたが、記事もアップされました。
    <https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2018/0029176.php>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2018/0029176.php
    記事中にあるSNSはもう、皆さまとっくにご覧でしょうね…。私はまだですので今から楽しみます。

    さあダラス。是か非か。
    でもね、これも錦織選手登場直前までで。登場したなら応援あるのみです。だってこちら、「鼻血が出るまで応援するブログ」ですもの。私、2016ファイナルズのマレー選手戦、いや2017AOのフェデラー選手戦、いや2017RGのチョン・ヒョン選手戦以来、鼻血を一滴も流していません。早く流したい(苦笑)

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    CH2連戦について、私の妄想です。
    錦織選手の、NY250にも出る気満々のコメントを先日ご紹介致しましたが、もしかして彼、NY250を本気で取りに行くつもりなのでは?と思っていまして。

    この大会、場所とスポンサーは変わりこそすれ前身はメンフィス250。メンフィスの主だった大会スタッフはまるまるNYへ。なので勝手知ったる大会、スタッフたちと再会を喜ぶ大会でもあります。
    4連覇中にもかかわらず、オーラスの昨年は南米シリーズに置き換えてしまい、錦織選手自身、結構悔いが残っているのではないでしょうか。ましてやIMG後輩のハリソン選手に優勝を持っていかれましたし。
    そして、本気で取りに行く大会を調整の場にはできない。だから前哨戦としてCH2大会をチョイスしたのではないかと。

    メンフィス250は過去、500大会だった際にはチャン・コーチが1997優勝、1998準優勝と、錦織選手陣営にとって非常に思い入れのある大会。しかもバックはIMG。それがまんまNYへ移転するとなれば…。

    そして昨日、それを後押しするような出来事が。
    ATP公式記事(フォーラムでご紹介済みです)に、長年メンフィスのTDを務め、NY250のTDに就任予定だった方が昨日亡くなられ、アシスタントTDだった方が正式にTDに昇格と。
    錦織選手陣営にとっては、ひとかたならぬお世話になった方です。おネムな錦織選手の試合開始時間を調整くださったり…(苦笑) もちろんチャン・コーチの現役時代にも。

    歴代のレジェンドたちが次々と弔意を。T・マーティン氏、B・ギルバート氏、T・ハース氏…。チャン・コーチや錦織選手も多分その方の逼迫した病状は以前から知っていて、「出るからね」と元気づけていたかも知れない、と。でも再会叶わず。もちろん弔慰も述べているはず。なので、古風な言い方をすればNY250出場は弔い合戦にもなります。

    これだけ条件が揃えば、NY250への本気度、その前に3セット・マッチの実戦をこなす適当な大会がなくCHへ、という流れも納得がいくのですが。
    ただしこれ、あくまでも妄想の産物ですので(苦笑)

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 3連続投稿になって申し訳ありません。
    錦織選手の話題ではないのですが、来週のCH3大会情報、および日本選手の対戦相手情報、そしてきっと今後こちらで人気の出そうな選手情報ですのでご容赦を。

    来週のCH3大会のうちのフランスはカンペールCH。シングルス予選に松井選手が登場。その1R対戦相手は、WCで出場のペトロス・ツィツィパス選手17歳。もちろんジュニアですが、そう、あのステファノス・ツィツィパス選手の実弟です!
    こんな選手です。可愛いいったらありゃしない(苦笑)
    https://twitter.com/petrostsitsi00/status/840313990731444225

    どうやら彼はクレー・コーター。ギリシャ男子テニスの未来はツィツィパス兄弟で開けそうです。もしかしたらズベレフ弟選手みたく化けるかも。以後お見知りおきを。

      引用  返信

  • なんとまあ…。こんなこともありますね。前回と同じ相手ですのでLinusさまのおっしゃる通り一週間の調整の成果を見ることはできると考えればよろしいのでしょうか…。楽しみなような、怖いような…(^◇^;)。

      引用  返信

  • むむむ・・・
    まさか、いきなりノブコフ選手とのリベンジマッチになるとは(^^;)
    しかし、皆様、日曜なのに情報早いですね(笑)

      引用  返信

  • ドローありがとうございます。
    まあ、高額賞金を魅力に感じた先週の出場選手がごっそり移動して来てるんですから、こういうこともあるでしょう笑
    団長さんのプレビュー記事、アップされるかなあ。

    NORICHANさん、さすがの妄想力と情報網です。僕は真実に思えて来ました。団長さんが記事執筆を頼まれたこともありましたが、リクエストしたいですな。
    こんなコメントすると、またぞろグチャグチャ言われそう笑

      引用  返信

  • 初投稿です。Dallas初戦はノビコフ選手、 リベンジ魂全開で頑張ってほしいです。
    CH参戦に賛否両論あがっていますが、今更言うまでもなく、プロテニスはグランドスラムGSが全て。昨日の女子決勝も、1位になりながら、GS無冠の二人の文字通り死闘でした。
    錦織選手は何故、年にたったの4回!しかないGS出場の機会を棒に振ってしまったのか?
    5セットマッチの準備ができていないからと、3セットマッチのCHにわずか1週間違いで参戦。結果として、準備不足なのは、先週のノビコフ戦を見れば明らかでした。そもそも何故、全豪を焦点に復帰の準備をしてこなかったのか?もちろん怪我の回復具合を見ながらのことだが、間に合わなかったから、全豪諦めます、ではなく、錦織選手本人が、何がなんでも全豪に間に合わせる位の気持ちで取り組んでいたのか?
    バブ、ラオ、ジョコ、それに、ラファ、もしかしたらフェデラーも決して万全ではない中、現地入りして、ギリギリの決断をして、必死で闘いに臨んできました。早期敗退しようと、選択が間違っていたと、後悔している陣営はいないと思う。短い選手生命で、年にたったの4回のGSを、みすみす逃すなんて有り得ないのだから。
    錦織選手は、ここ数年、マスターズ制覇を目標にしていて、先日もIWを復帰の照準にみたいな発言していましたが、そこが何とも歯がゆい。
    もちろん、その先にある全仏、全英、そして全米を見据えてのことと思うが。
    復帰の道はまだ半ばですが、がむしゃらにGS制覇に立ち向かう錦織選手の姿を見たいと、切に思います。
    そして、今晩はウィンブルドンでの涙を晴らすか?フェデラーvsチリッチ戦、極上のカードを楽しみます。

      引用  返信

  • NORICHANさま
    ありがとうございます
    NY250で活躍できればいいですね
    ダラスでは自分から攻めていけるのかな?
    わかんないですよね?
    それと余計なお世話ですが、ボソッと呟く人いますが、気になさらないでよいと思いますよ

      引用  返信

  • ノビコフと錦織は往年のサンプラス、アガシの対戦を観ているようで目頭が熱くなりますね!

      引用  返信

  • 錦織選手のツイッターによればイズナー選手と練習したのですね。「君のサーブ僕にくれない?」って…笑。イズナー選手の答えは「君のもの他全部くれたらね!」。
    ビッグサーブ対策は万全?

      引用  返信

  • イズナー選手と練習とは、まるでもう一度ノビコフ選手と再戦するのがわかって
    いたかのような…(笑)イズナー選手のサーブを受ける練習ができるほど、手首は
    よいということですよね?これは期待しちゃうなあ〜(*^_^*)
    2人の会話はもちろん軽口でしょうけど、イズナー選手の返答は錦織選手をリス
    ペクトした機転の利いた物言いだな(^ν^)
    ますますダラスの初戦が楽しみになりました\(^o^)/

    フェデラー選手とチリッチ選手の試合…。決勝戦らしくなってよかった。
    さてファイナルはどんな展開か⁉︎

      引用  返信

  • うざさん,

    色んな人がいるけど、それが掲示板の活気だということですよ。

    テニスジャーナリスト気取り?の投稿も、我々の諦め混じりのつぶやきも、その一部ですよね!

      引用  返信

  • 今日は。
    温帯低気圧さま
    恐れ入ります。でも何と古いお話を(苦笑) もうお忘れくださいませ。

    けんじさま
    こちらこそ有難うございます。
    で、「ボソッ」ですが、それはいわばTwitter。それが「テニスに関する情報やデータ」の呟きであったり、「選手や陣営や大会公式」の呟きであれば気になるのですが、それ以外は私は一向にピンと来ず…。きっと根が暢気にできているのでしょうね(苦笑)
    さあ、団長さまのダラス記事も立ち上がったことですし、いざダラスへ参りましょう!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。