鼻血の徒然草 2012/10/11 しつこく楽天ジャパンオープン2012を振りかえる

しつこい?

いいの!私が振り返りたいんだから!

1回戦 vs 添田豪 4-6,6-2,6-3

初戦にしてキーとなる試合だった。2回連続で負けられないし、アトランタとは訳が違う。この舞台で負けるわけにもいかないという思いからか硬さが目立った。

対する添田にもプレッシャーがあったのではないだろうか。よく錦織のことを知っているだけにどうやったら勝てるか、プランはあったと思うし一度勝っているしで「負けて元々」とノンプレッシャーになれたとは思えない。

で、結果はやっぱり重苦しい雰囲気(観客もw)の中ワンチャンスの差で決まった。まあ最後は錦織のギアが上がったが、錦織としては少し危ない試合展開だったと思う。

2回戦 vs ロブレド 5-7,6-1,6-0

ここから有明で観戦。硬かったw とにかく硬かった。

1stセット5-5で積極的になったのは錦織でなくロブレドの方。サーブも遅く、セカンドは130km/hそこそこ。1stでも170km/h。肩がおかしいんじゃないかと心配になった。で、なぜかサーブアンドボレーにこだわってミス。ドロップとともに、最終的に決まるまでそれは続いたw こだわる男No.1。

セカンド以降はロブレドが錦織以上にどんどん落ちていったのと錦織も調子が出てきていい形で終わることができた。この締め方が次の試合以降の好内容に繋がったかもしれない。

ちなみにベースライン横で観戦していたという私のテニス友達は「1stセットは錦織プルプル腕が震えてましたよ」と言っていたが、それほど緊張していたのか。むしろそんな緊張であれだけ出来る方が驚き。

準々決勝 vs ベルディヒ 7-5,6-4

これでベルディヒには3勝1敗となったわけで、また「ベルディヒとは相性がいい」って声が大きくなるのだろうか。個人的には相性なんてそんなに簡単に判定できないと思うけど。

相性がいいからこの試合も行けるはずだ、っていう論調が危険に思えてならない。他の要素は沢山あり、相性だけで語るのは無理がある。

そして相性がいいとすればどういう理由で相性がいいのか、後付けでなくそれが納得できる根拠で説明できないとほとんど意味がないと思う。

対戦成績から相性を推測 → 帰納的推測
プレースタイルなどから相性を推測 → 演繹的推測

少なくともこの2つの両方が合致しないと、結論は出せないと思う。だってベルディヒは錦織が苦手「とされている」、「長身・ビッグサーバー・フラット系ショット」そのものだもの。

4回の対戦ってのも統計的なことを言うにはまだちょっと少ない。とはいえ、相手はトップ10に定着している選手だからそれだけ他の選手には勝っているわけで、錦織に対しては負け越しているわけだから考慮には値する。相性がいい「可能性が高まってきた」あたりが適切な現状認識だと思う。

ただ、3勝1敗という対戦成績そのものが2人の心理状態に影響を及ぼす可能性はある。「勝っているから」、なんとなく次も行ける気がするし、「負けているから」、苦手な気がする。実際、ベルディヒも試合後に「彼と試合するといつもこんな感じだ。」と苦手意識を語っている。次の対戦からも錦織はこの心理的アドバンテージを活かして欲しい。

と、試合内容と全然関係無いことを書いてしまった。まあいいか、徒然だもの。みつを。

準決勝 vs バグダティス 6-2,6-2

ほーら相性なんて関係ないじゃんw 0勝3敗の相手に今まで見たことないレベルの圧勝。いや、相性があるとすればバグちゃんのような仕掛けが速くてカウンターも上手いタイプでフラット系、これは苦手なタイプだと思っていた。

錦織はラリーをある程度続けたいタイプ。特にバックのクロスで主導権を握りたい。バグちゃんはその前にガンガンストレートに打ってくるのでリズムつかみづらいと思っていた。で実際0勝3敗。帰納的かつ演繹的じゃん、と思っていたのだがあっさりと打ち砕かれた(逆フラグ?)。

で、錦織がやっていたのはバグを上回る仕掛けの早さ。バグちゃんは今大会どちらかというとシコって勝ち上がっていたというのもあったと思う。2試合続けていいプレーをしたことで、次の試合も行けるんじゃないか?って手応えを本人もつかんだと思う。

決勝 vs ラオニッチ 7-6(5),3-6,6-0

相手が超絶ビッグサーバーなのでちょっとミスが出たら落とす可能性がある。それが出たのが第2セットだったが、結局はずっと錦織が試合を支配しちゃった。ラオニッチ相手にベーグルとはちょっと普通じゃない。いくら疲れていたとは言え・・・。

ファイナル4−0にしたバックの高い打点のリターンエースは今大会のベストショットに上げたい。これまでさんざん、跳ねるサーブに対する錦織のリターンをこきおろしてきてすいませんm(_ _)m

で、普通ならこのスコアになると優勝を意識して多少は硬くなるものだが・・・。まったくそれもなかった。おそるべき錦織。やっぱり乗ってきたときの爆発力はすごい。たまにこういった爆発力を見せてくれるなら、少々ポカをやっても全然構わないと個人的に思う。

感動が蘇る決勝のハイライト

18 件のコメント

  • 優勝後、マレーの二の舞いを踏むまいと、時計をホイヤーにお取り替え(^o^)
    でも、優勝の副賞がRADOだった~!!

      引用  返信

  • 今日から又1回戦から楽天OPを見ています。バーゼルまで何回見ても
    みあきません。足が治ることを祈って、待ってまーす!

      引用  返信

  • 団長、何度でも何度でも振り返って下さい!
    これからも続く徒然草シリーズにしてほしいです。

    今日の朝日新聞朝刊に「NISSIN ENERGY」と称して
    1枚見開きで、左側に圭くん、右側にゴルフの池田勇太選手の優勝を祝う広告がありました。永久保存版です(泣)。

    足をしっかりと治して、またあの私たちの心をわしづかみにする魅力的なテニスを見せてほしいです。

      引用  返信

  • みつを(笑)

    いやー、ジャパンオープンを振り返るだけで、ごはん何杯でもいけますな〜

    ええもん見せてもらいました〜

      引用  返信

  • 私も今日はベルディヒ戦の録画を観てました。最高です。
    明日は決勝戦を観よう!スコアーと展開、解説のフレーズも覚えてしまうほど、目に焼き付けておきましょう!

    足の治るのを待ちながら…

      引用  返信

  • 濃密なエポックメイキングな一週間でしたね。ひとつとして意味のない試合は無かった。有明のコートをしっかり掴んだら、そこはもう踊る錦織圭の華やかな舞台。集中度も半端なかった。コーナーギリギリに決まるショットは、一度狙った獲物は捉えて離さない獰猛なハンターのようでした。オフコートのオンコートとのギャップもたまらなかった。コロナビール一年分、飲まないんだったらビールの十分解るお年頃の私に是非ください!!と叫びたかったーwww

      引用  返信

  • 団長、大丈夫です
    私はまだふわふわさんのままですよー(*^.^*)
    圭のあの神がかったプレイ何度見ても涙が止まりません(≧∀≦)
    WOWOWさん、座り込んだバグちゃんの苦笑いを見せてくれないとー!!(;^_^A
    お宝DVDとして、発売待ってます(^o^)

      引用  返信

  • 圭君がお休みしている間は、
    私もまだまだこの余韻に浸ってようと思ってます!

    圭 大好き!さん、DVD発売されたら絶対買っちゃいますよね。
    今後の放送も含め、副音声で解説なしで会場の雰囲気をそのまま楽しめるようにしてくれたらもっと最高なんですけどね。

    解説に文句があるとかではなく、その方が2倍楽しめる気がするだけですので、解説陣のファンの方々、悪しからず…

      引用  返信

  •  圭サイドからの状況報告があるまでは暇なので、もしこのままオフに
    入ってしまった場合の年末RKを推定してみました。

     バーゼルもパリも欠場した場合の年末のポイントは1740pt、10位台
    は難しそうですが、20位か21位くらいはキープできそうです。

     この場合、来年の全豪でのシードは、#17~#24がもらえることに
    なるでしょう。

      引用  返信

  • テニスの物理暇なときで良いんでたまにやってほしいです。

      引用  返信

  • 私もまだふわふわ…&へとへとの放心状態が続いていますw
    途中から何となく今年は違うなって感じでした。
    ベルディヒ戦終わってから、家に帰っても眠れず、「今日も勝つ!」と書いた応援パネルを夜な夜な作って準決勝に持って行ったけど、一人だと恥ずかくてちょこっとしか出せませんでした…

    団長、皆さま、何度でも振り返って、何度でも祝杯あげれますね~

    あと、コリコリ様
    圭くんを日本で応援出来るのは、楽天以外だとDavisCupになりますが、来年の試合はHomeで開催される可能性はあるのでしょうか??
    とても気になり始めましたので、もしご存じでしたら、教えて下さい!

      引用  返信

  • 団長~!!!
    全然しつこくなんかありませんよー!!!
    私も負けずと?!しつこく毎日毎日最近の圭くんの活躍ぶり動画を見て、浸りまくっておりますから。笑
    Baselについては大変気になるところですが、正式な発表を待つしかありませんね…。圭君自身は絶対に出たいと思っていると思うので、もしそれが叶わないと言うことであれば、仕方がありません。やはりまずは体が一番ですから!!!…と言いつつも、毎日気が気でなかったりする自分もいるんですけど。
    とにかく今は、重症でないことを祈るばかりです。
    早く、また元気な姿を見たいですもんね!!!

      引用  返信

  • 同感です。何度でも振り返ってもらっていいですよ。
    facbookに「アメリカに到着した」のコメントが出ました。
    家に帰ってゆっくり体を休めて欲しいです。
    ジャパンオープンの余韻に浸りながら、錦織選手の復帰をのんびり待ちます。

      引用  返信

  • コメは久々になります。
    連日の試合、みなさんもお疲れさまでした。
    わたしも例にもれず未だふわふわさんです。笑

    さて、こんな記事見つけましたー。
    サッカー日本代表の内田選手が錦織くん向け?にadidasシューズをデザインしてくれたそう。

    『目指せ 世界ランキング1位』の文字も!

    http://adidas.jp/blog/20121001-114312.html

    なんとなくうれしくてコメしちゃいました。

      引用  返信

  • 楽天の決勝戦はテレビ朝日で夜中放送した松岡修造解説のも何回みても良いですよ! さすが元世界ランカーだけあって他選手のエピソードやその場面場面の選手心理なんか大変楽しめましたょ!!ラオニッチはストロークが下手なんで各選手が練習相手したくないなんて中々知りえない情報ですよ!

      引用  返信

  •  ばぁばさん、デ杯の開催地は相手国が決まらないと分かりま
    せん。(ドロー未発表) また、仮に日本で開催されても、相手国に
    よっては圭が出場しない場合があります。

     プレーオフ前のグループⅠでの戦いの場合、相手が豪州であれば
    確実、ウズベキスタンでも圭が出てくる可能性があります。

     ただ、シード国の関係で、グループⅠで日本が豪州と当たる
    可能性は低いので、圭が出てくるとすればウズベキスタン戦くらい
    ではないでしょうか?

     そのウズベキスタン戦も、次やるとすれば開催地は相手国と
    決まっているので、結論としては、グループⅠでの戦いで、日本で
    圭が見られる可能性は低いと思います。

     9月のプレーオフに期待ですね。

      引用  返信

  • コリコリ様
    早速のお返事有難うございました♪
    来年のDavisCupは、日本で観れない可能性が高いのですね。
    勝ち進めば9月に期待出来る、でも日本開催とも限らないのですね。。
    なま錦織の応援は、本当に貴重な時間とわかりました。地方にいらっしゃる方は、もっとそう感じておられますね。
    来年のことなのに、教えて下さって覚悟が出来ました。有難うございました!

      引用  返信

  • 鴨野だんちょうさま
    いとをかしな企画をありがとうございます。
    圭くんが試合に出てないときは、「楽天を振り返る」という時間の過ごし方が一番ですね。
    私は、1回戦とベルディヒ戦をナマ観戦しました。
    1回戦と別人のような躍動感と
    やる気ガンガンと(まあ、これは1回戦添田選手相手だったので仕方ないですね)
    ショットの速度とライン際でストンと落ちる精度などなどのそのすごさとにただ唖然とするばかりでした。あのショットの速度はテレビでは伝わらないですね。
    あと、1回戦でカルロビッチ大先生の217キロのサーブを見てその速さに
    度肝を抜かれていたのですが、それを上回る228キロのラオニッチのサーブををリターンエースって、もう凄すぎます。
    クエリー戦も足がなんともなかったら絶対勝ってましたよね。
    それくらい、圭くんのテニスはまた一皮むけたと感じます。
    さらに一段上に上った圭くんのテニスを残るシーズン楽しませてもらいたいけど、それは足首次第かな?圭くんチームの決断が何であれ
    全面支持で応援を続けます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。