錦織圭のクレー適性を考える

錦織の試合がないので、あまりネタがありません(汗)。

本日は、全仏予選を間近に控え、兼ねてから話題となっている「で、錦織のクレーコート適性はどうなのよ?」という件についてちょっと書いてみたいと思います。

まず、本人は「一番好きなのはクレーコート」と雑誌のインタビューやら記者会見やらで常々答えています。

好き=強い、とは限りませんが、文脈からは「得意」という意味で使っているように思えます。

次に実績面ですが、2006年に全仏ジュニアシングルスでベスト8、ダブルスで優勝という成績を修めてはいますが、ジュニアの成績ですからね。私見ですが、ジュニアの場合はシニアほどサーフェスの影響がない(強いやつは強い)という印象があります。

シニアツアーの成績はこのブログでもまとめていますが、特にクレーコートだと成績が良いという傾向は見えません。

錦織本人がすごい勢いで成長していますから、1年前の成績も参考になるかどうか分からない状況です(1年前はチャレンジャー予選負けのオンパレードでした)。

そしてツアーレベルで結果が出るようになった昨年夏以降はほとんどがハードコートでの大会ですので、

「ハードとクレーどっちが得意か?」ということは実績面からは判断しづらいです。

となると錦織の技術、戦術を分析して適性を探るしかなさそうです。
(出た!勝手な素人分析!)

まず錦織のリターンにとってはクレーコートは確実にプラスでしょう。
いくら錦織のリターンがうまいからと言って、ハードや芝で200kmのサーブをコーナーに入れられたらどうしようもありません。

しかしクレーではバウンド後のスピードはかなり減速しますから、リターンが返る確率が高くなります。

ラリーに持ち込めば決定力のある錦織のストロークですから、リターンゲームではハードよりかなり有利な展開が望めるのではないでしょうか。

しかし、クレーコートの遅さは錦織のサービスゲームにも影響を及ぼします。相手もハードコートのときより錦織のサーブを叩いてくることが予想されます。

その1本をしのいでラリーを五分に戻すことができるかどうかがポイントになりそうです。

ストローク戦では、錦織のフォアはかなりクレーコートで生きてくると思います。

錦織のフォアはスピードとスピンが両立しており、振り切りもいいですから、バウンド後でも勢いよく跳ねてきます。

球足の遅いコートではとにかく「自分から打つ」ことが必要で、ハードコートでカコンカコンと弾くように球を打っているアメリカ選手などはタイミングが合わなかったり、力が入らなかったりすることが多くなります。あとはイレギュラーに対応できなかったり、スライドフットワークが苦手だったり。

錦織のストロークは前へ前への姿勢がありますし、「自分から打つ」ストロークなのでクレーコートでも問題ないと思います。

また、評価の高い錦織のクリエイティブなテニスはクレーコートで最も生きてくるはずです。

クレーコートでは考えた配球、ショットのバリエーション、守備的な返球などが必要となり、自分の持っているテニスの技術を総動員して勝つことが必要となります。

パワーがあり、「自分から打つことができる」ロディックがクレーコートでイマイチなのも、サーブがサーフェスに殺されること以上に、このようなクリエイティブさが足りないからだと私は考えています。

かなりファンの贔屓目が入っていますが、以上の考察より錦織圭のクレーコート適性はかなり高いと私は考えております。

唯一心配なのはスタミナです。

予選は3セットだし3試合だけなので、スタミナがどうとか言っている場合ではなくどんなタフな試合でも勝たなければならないのですが、

本戦インした場合、初めてのグランドスラム、そして5セットマッチ(これはデ杯で経験済みだが)で精神的、肉体的にどのような状況になるかは本人も想像がつかないのではないでしょうか。

そんな本戦の中で仮に1勝でもできれば、今後のテニス人生を占う上でこの上なく価値ある勝利となることは間違いないです。

これからもグランドスラムには何回も出場することにはなると思いますが、初めてのグランドスラムで勝つか負けるかでは天と地ほどの差があると思います。
(そういう意味では昨年のAIGも勝っておきたい試合でしたが、過去を悔やんでもしょうがないのでこれ以上言いません。)

ぜひとも1回戦でロディックと当たってw(まだSAP Open恨んでます)、勝利してほしいですね!

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします!

blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

28 件のコメント

  • 男性によくいるビッグサーバーは絶対ハードが得意なわけですから
    クレーになるとその選手たちのアドバンテージが相対的に下がるわけで
    だから、錦織に有利なコートであると考えています。

    たのしみでーす。

      引用  返信

  • おりゃー!ロディック!!!
    かかってこんかー!!!
    俺が相手だ!!!

    いや、錦織が相手だ(錦織の後ろに隠れる)!!!

    siriusさん、私があれだけ長く書いた文章を的確に短く表現しないでください(笑)

      引用  返信

  • イイですね~♪ やっつけて欲しいです。
    今はどこで誰と練習しているんでしょうね?

      引用  返信

  • たしかにロディックなら勝てそうな気がしますね。
    他の上位選手はそう簡単にはいかなそうだけど。

      引用  返信

  • 種丸さん、ほんとにうちの圭は今頃どこで遊んで(練習して)るのか・・・もうすぐ晩御飯なのに。

    pocariさん、クレーコートのマスターズシリーズベスト4で、実際に1回負けてる対戦相手なのになぜか勝てそうな気がしてしまうというw

      引用  返信

  • フェデラーさんちで晩御飯でもご馳走されてると助かるンですがねぇ~www

      引用  返信

  • あら、フェデラーさん家のロジャー君と遊んでるんだったら安心だわ~。
    勉強もできるし、ミルカお母さんも面倒見がいいから。

      引用  返信

  • あっ 圭のやつ、またロジャー君家にいったの?
    姉のわたしを差し置いてロジャー君に
    会いに行くなんて~。。。
    最近ロジャー君、わたしをほったらかして
    圭のやつとあそんでばっかり。。。
    あらやだわ、わたしったら 
    圭にやきもちやくなんて  (*v.v)ポッ

      引用  返信

  • reikoもご飯ですよ。早くおうちに入りなさい。

    今日はすき焼きですよ。

      引用  返信

  • イエース!!よっしゃ~!!マンマミーヤ
    はらへった~  ん?
    よおし 明日からダイエットだ~ 今日はゆるす

      引用  返信

  • はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
    私もクレーは圭くんに有利に働いてくれると思ってます。
    それより、心配は5セットマッチということです。体力、気力とも5セットを想定して配分するのは難しそうです。
    バミューダオープンの決勝の記事(もの凄い死闘だったみたいですね)なんかを読むと、もう1セットとらなきゃいけなかったらどうなってたのかなーとか想像しちゃったり。すでに頭は全仏の本選です(笑)

    打倒、ロディックもいいですが、私は2006年に全仏で練習相手もしているナダルとの試合がめちゃめちゃ見てみたいです!(この際勝ち負けはどうでもいい!!ただし、1回戦で当たるのは勘弁ですが(^^;))

      引用  返信

  • お久しぶりです、皆さんお元気そうですね!Netdashさんが頑張って毎日更新して下さるので、コメントが全く追いつきません!全仏予選まで圭くんの試合が無いのは淋しい限りですが、Team K(と勝手に命名)の判断を信じて、幸運を祈るばかりです。でも、去年のカーソン準優勝後、7月からはチャレンジャーではなくツアーに挑戦して著しい進化を遂げた圭くんですから、おそらく彼にとっての最善の計画を立てていることでしょう。SAP大会の某関係者も実は圭くんの隠れファンで、IWにもわざわざ圭くんの試合を見に来ていました。その時、「Keiは性格もいいし、とてつもない可能性を持っている。彼をサポートするチームは素晴らしい人たちばかりなので、自分が長い間見てきた若手の選手の中でも特に人間的な環境に恵まれていると思う。それは将来的にとても重要だよ」と熱く語ってくれました。一緒にいたカナダのダンセビッチのコーチ達も全く同じで、「Keiの将来が楽しみだ」と口々に言ってました。これだけ賛辞をもらえると言う事は、テニスの技術面だけではなく表からは見えない圭くんのテニスに取り組む姿勢というものも評価されているのでしょう。彼らの話を聞いて、私も本当に嬉しくなりました!

      引用  返信

  • またまた関係ないコメントでごめんなさい。。。皆さん、「打倒、ロディック」に燃えてますね!あのサンノゼの試合で一気にロディックの日本での株が下がったでしょうね。私も全米で優勝した辺りまでは大ファンだったので、ロディックのあの日の態度には本当にがっかりでした。(あと、ボールキッズに対する態度も残念ながら良くないこと多し)

    でも逆に圭くんは地元のファンの心をしっかりと掴んだと思います。私の周囲の人たちも皆圭くんの応援に転じていたし、スポーツマン精神からは程遠い(でも規則範囲内での)なりふり構わないロディックの言動に観客からもブーイングが出たほどです。

    ご存知の様にスコア的にはストレート負けでしたが、実際は圭くんの多彩なショットに対して、ロディックは威嚇する事と力で押すしかない事が誰の目にも明らかでした。特に1ゲーム目のロディックのサーブを圭くんが軽々と返したり、リターンエースを取った辺りから、ロディックの態度が豹変。まぁ最初から「ジェームスの仇を打つぞ!」というのもミエミエでしたけど、それだけ圭くんがロディックに与えた第一印象は強いものだったと思います。

    試合終了後、うつむきながら退場した圭くんにすれば「あのロディックと対戦できる!」という期待を持って望んだのに「なんだ、こんなヤツだったんだ」という現実は大いにショックだったでしょう。残念ながらこの世界ではよくある事なので、次回対戦する時はロディックを「反面教師」として、しぶとく戦って欲しいと思います。

    クレーでの圭くんはまだ見たことがないのでわかりませんが、ハードでの彼のフットワークの良さには素晴らしいものがあります。それとサービスエースが出にくいクレーは色々な意味で「中立的な」役割を果たしてくれそうです。こんなに楽しみな全仏も久しぶりです!

      引用  返信

  • まめぞうさん初めまして。コメントありがとうございます。ナダルとの試合見てみたいですね…。さすがに勝つのはきついと思いますが。全部拾われちゃうんでしょうかね。

    40Love/USAさん、貴重なサイドストーリーありがとうございました!
    錦織の評判はあらゆる方面からいい感じですね。
    強いだけじゃないっていうのはとてもいいですね。

      引用  返信

  • 気が早いですが、全英ストレートインのニュースを見て鳥肌が立ちました。
    っとその前にまず全仏の予選突破ですね。

      引用  返信

  • ウィンブルドン、確定ですね。本当にうれしいかぎり。その前に全仏、ブイブイやっちゃってください。

      引用  返信

  • ご無沙汰しておりました。
    なんか試合が見れない分、みなさんの期待というか錦織選手を見たい欲求がどんどん膨らんでいますね~。もちろん私も同じです。
    ロディックへの復讐も楽しみなんですが、先日のローマで「圭の呪い」に祟られたみたいで・・(^^;  出来れば完治した状態のロディックを完全撃破するところを見たいですね。
    その前にまずは予選突破!

      引用  返信

  • 話が終わりのころに失礼します。
    初めまして!いつも読ませてもらってます。

    あの、、、クレーの適正あるぞってことなんですけど
    ブレークの

    >「いつもは(クレーのような)遅いコートでは苦労するんだけど、
    >今回はそれ(遅いコートであること)が良かったよ。彼(錦織)のボールは、
    >速いコートで、より効果的more effectiveになるからね。」

    このコメントはどう思いますか?
    これ読んで、好きと強い=得意は違うのかなと思ったんですよね。
    ブレーク戦は芝のすぐ後だったので、クレーにシフトできてなかったとか
    いろいろ理由ありそうなんですけど。
    CHで勝ったので、問題ないとも思うんですが。

      引用  返信

  • 好きというのは自分が思ったとおりのプレーがしやすいということであり、
    強いというのは自分のプレーが相手を上回りやすいということ。
    後者は自分の出来がよくなくても相手をより悪くすれば勝てるということなので好みと得意とは別のものです。

    クレーの錦織選手のプレーは未見なため判断は下しかねますが、両サイドからのタイミング早いショットを軸にしたオールラウンドなプレーはクレーでも同じと思われます。
    本人は自分の持ち味を一番発揮しやすいのはクレーだと思ってるので好きだと言ってるのでしょう。
    プレーにバリエーションをつけやすいコートはクレーだと自分も思います。
    ブレークは錦織選手のプレーは速いサーフェスでより効果的と思ってるので、遅いサーフェスでよかったと発言しているのでしょう。
    彼はハードが好きでタイミングの早い強打が売りのハードヒッターですが、これを封じられると気分よくプレーできずほとんどの場合敗れます。
    だから錦織選手と戦うならハードよりクレーのほうがやりやすいということですが、これはブレークにとっての話でいわゆる相性の問題です。
    クレーの錦織選手がハードの彼より脅威ではないと断言することはできないでしょう。

      引用  返信

  • 名無しさん@エースをねらえ!さんの意見に賛成ですね。錦織本人の言葉でも「クレーは色々な武器を使って戦わなければ勝てないんで好き」といってますよね。錦織の場合、フォアのストロークだけが注目されがちですが、本質は多彩なショットを持っていてそれをいいタイミングで使うということでしょう。ハードの場合はフォアハンドで押し切るだけでも勝てるでしょうが、クレイでは戦法を変えると思いますよ。その辺に注目してみてみたいと思ってます。
    むしろ心配なのはウインブルドンの芝ですね。デ杯の時の芝とは違うでしょうし。ビッグサーバーとどう戦うか?この1ヶ月は楽しめますね。
    ロディック、ハンブルグ欠場しましたね。皆さんの期待通り1回戦でずたずたに切り裂くって言うのは良いですよね。「あんだけ怒らせたら、錦織はあんなに強いんだ。もう2度と錦織とは戦いたくない!」なんて風にしてあげましょう。
    netdashさん、隠れサイトで「A.ロディックを鼻血が出るまで叩き潰すブログ」でもやりません?(爆)

      引用  返信

  • あ なぜかtakolinさんの名前に??
    ↑のコメントはわたしです

      引用  返信

  • 私WOWOWに入りました。
    これで夜更かし三昧です、ふふふのふ・・・
    全仏本選1勝してくれればいいですね!

      引用  返信

  • あ、すいません
    名前がkirinoreikoさんになってる orz
    上のは私のカキコです・・・・ (´;ω;`)

      引用  返信

  • そうそう。気をつけないと前の人の名前になってしまいますね。
    鼻血はやはりnetdashさんにお願いしましょうよ。なんたって定番ですから。ロディックにはねとねとした脂汗でも流してもらいましょう。ふっふっ!
    gergeさん、1勝なんて、あまーーーい!3勝は行けますぜ。もちろん本戦で、、、

      引用  返信

  • みなさま多くのコメントありがとうございます。
    なかなか時間が取れませんがあとでまとめて返信します。

    全仏では結果次第で鼻血出ると思います^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。