勝手に戦力分析してみた。

kattenisenryoku080222

単なる叩き台なんで、攻撃しないでね(汗)。

これをネタにワイワイガヤガヤできればいいかと。

MentalとExperienceなんかは互いに密接に関係してるし、項目立ても難しい。

Powerって何?とか思うし。筋力という意味では錦織<<Roddickだと思うけど、フォアの威力は錦織の方があるし。

評価も基準があいまいだし、調子によって幅があることをあまり考慮してない。

そもそもこんな表で選手の戦力を表し切れるはずがないし。

じゃあなんで作ったのか。道楽です。

他にも入れたい項目あったらコメントよろ。

【追記】

プロとして普通がBの想定です。

Aは武器になるショット/能力

Sはツアーでも屈指のショット/能力

SSはテニスプレイヤーとして到達しうる最高レベル

逆に

Cは弱点になるショット/能力

Dはプロとして恥ずかしいショット/能力 女子だけど一時期のデメのサーブとか。

Eは、まあプロならこんな評価のショット/能力持ってないでしょう。

2 件のコメント

  •  はじめまして。日本人男子初のコメントでしょうか?
     今日、このブログを発見して全ての書き込みを読ませてもらいました。錦織選手、すごいですよね。しかも華がある。
     自分は今年40歳になる元テニス部員です。今はラケットを最後に持ったのがいつだったか忘れてしまうほどテニスから遠ざかっていますが、錦織選手の活躍で一気にテニス熱復活です。
     戦力分析、おもしろいですね。「運」という項目はいかがでしょう?準決勝のタイブレークでトリプルマッチポイントをひっくり返すには強運も必要だったと思いますよ。
     そしてブログ開設2日でATPツアーでの優勝とは、管理人さんの強運もかなりのものだと思います。
     お気に入りに登録してこれからも永く見させてもらいますので、息切れしないようマイペースで頑張ってください。
     私は陰ながらですが、一緒に錦織選手を応援したいと思います。

      引用  返信

  • KAZUさん、日本人男子初のコメントありがとうございます(笑)。
    KAZUさんのように、またテニスやってみようかという人が増えるのは大変喜ばしいと思います。
    さて、「運」という要素ですが、錦織選手にはツキもあったとは思いますし、大変面白い着眼点だとは思いますが、今まで運が良かったからといって今後も運がいいとは限らないので、「戦力」に加えるのはどうかなあ、と思っています。

    息切れについては心配してます(汗)が、錦織選手が試合に出る限りは大丈夫だと思います。

    長寿ブログを目指します。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。