シンシナティは自分への挑戦!(2016シンシナティプレビュー)

【お知らせ】「鼻血が出た試合まとめ」、及び「次は見とけリスト」更新しました。

オリンピックは銅メダル獲得と、すばらしい結果を残しました。
大会前はオリンピック出場に懐疑的だった方もたくさんいらっしゃったはず。
でもこの結果を見せられたらもう、肯定するしかないですね!

しかし否定的だった方々でも、それは「怪我をしないで欲しい」「全米に万全で臨んで欲しい」という思いやりからの意見だったはず。
決してオリンピックが重要でないということではありませんでした。
ウィンブルドンのあの棄権が記憶に新しい中、トロントからオリンピックまでの最大12試合を戦い抜き、なおかつシンシナティを経て全米で活躍するイメージは持ちにくくて当然です。

しかし結果として、錦織はこの2大会をやり遂げました。
敬服するしかありません。
4年に一度しかない大会でメダリストの仲間入り。
他競技で輝く日本の錚々たるメダリストたちの中に、錦織の名前も含まれたことが嬉しくて仕方がありません。

準決勝前に言ったとおり、この後シンシナティ、全米がどういう結果になろうと私は錦織の選択を全面的に支持しますし、この2大会の奮闘を誇りに思います。

で、すでに始まっているシンシナティですが、疲労や体へのダメージ、強行スケジュールを考えると「本当に出場するの?」という気持ちがありますが、
錦織はオリンピックの表彰式の直後にすでにシンシナティに向けて機上の人となりました。

上位15選手の出場状況です。

RankNameシンシリオトロント
1ジョコビッチ欠場1R優勝
2マレー出場優勝欠場
3フェデラー欠場欠場欠場
4ワウリンカ出場欠場ベスト4
5ナダル出場4位欠場
6ラオニッチ出場欠場ベスト8
7錦織出場3位準優勝
8ベルディヒ出場欠場ベスト8
9ティーム出場欠場2R
10ツォンガ出場2R欠場
11モンフィス出場ベスト8ベスト4
12フェレール出場2R欠場
13ゴファン出場3R3R
14チリッチ出場3R2R
15ガスケ出場欠場欠場
ご覧のように、トップ15の中で錦織の他にトロント、リオ、シンシナティと3連戦になるのは、モンフィス、ゴファン、チリッチの3人のみ。トップ10選手は皆無です。
体力的には大きく不利と言わざるを得ないでしょう。
ジョコビッチとフェデラーがいないことはチャンスではありますが、QFの対戦相手はマレー。マレーも疲れているとは思いますが、トロントを欠場している分、またプレースタイルや体格の面でも錦織に体力的なアドバンテージはありません。

ここまで2大会、十分な結果を残してきていますので、この大会はひたすらショートラリーでポイントを取りに行き、重要な場面ではじっくり行くといった戦術が求められると思います。

昨年のこの大会は出場していませんので、1回は勝ってポイントを加算したいところではありますが、あくまで全米が大目標です。
この大会の結果が良かろうと悪かろうと、全米をよいコンディションで迎えることが最大の目標だと思います。
トロントから全米まで4大会連続で活躍するということは、故障が少なく体力がある選手ですら非常に難しいと思います。
もちろん試合は全力応援しますが、もしいい結果が出なくても冷静に受け止めたいところですね。

と、ここまではファンとしての感想です。
オリンピックを見ても分かるように、選手というものは目の前の試合に全力を尽くすものです。
負けて涙を流すジョコビッチ。金メダル保持者でありながら、銅メダルのためにも死力を振り絞るナダル。
ポイントがかかっている、かかってないは関係ない世界がそこにありました。
錦織も、全米が大目標という意識はあると思いますが手を抜いた試合はしないでしょう。
(無理しないよう、自らに制限はかけると思いますが。)
勝ち上がり、マスターズ1000のQFでマレーと対戦となれば目の前の試合に全力、となるでしょう。
錦織はすでにこれまでの2大会で我々の予想を超えるタフネスぶりを発揮してきました。
下手すれば本気で4大会完走を目指しているかもしれません。
自分への挑戦でもあります。

今大会を本気で戦う錦織も、全米に備える錦織も、どちらであっても両方応援したいと思います。

1回戦は水曜日に入る見込みです。

対戦相手の想定

1回戦 bye
2回戦 フリッツ or ユーズニー
3回戦 ゴファン[11] or トミック
QF マレー[1] SF ラオニッチ[4] or ティーム[8] F  ワウリンカ[2] or ナダル[3]

公式ドロー:ATP World Tour Masters 1000 Cincinnati | Draws | ATP World Tour | Tennis

大会情報は後ほど追記。

93 件のコメント

  • ももさん
    この方は、フィギュアファンの間でも、とても有名な方ですよ(笑)
    一昨年は、高校球児に心無い批判を浴びせて、ツイッターが炎上しました。
    無視するに限ります。
    以前、wowowでテニスの実況もされていたのに、残念なことです。

    今回の件、もう終わりにしませんか?
    試合をコントロールしている審判の判断が、全てです。
    錦織選手には、何の非もありませんから、釈明の必要もありません。

    ここは、シンシナティのスレです。さっさと前を向きましょう。

      引用  返信

  • 節穴さん
    今年は、ホント雨に祟られてますね(´Д` )
    2回戦が水曜に全部終わらない場合は、後ろにずれ込むんですかね…
    初戦が木曜のほうが、体力的にはいいと思いますが、スケジュールが心配です。

      引用  返信

  • 錦織選手の今回のトイレ時間の件は駆け引きですら有りません。
    つまり、彼には全く責任がないわけですから、
    このTwitterを拡散した岩佐徹という人には悪意を感じます。
    真相を確かめもせずに錦織選手を断罪したあげく、
    それを指摘した人にも失礼なコメントを返しているようです。

    (団長さま、このブログを汚すコメントをお許しください。
     でもどうしても、腹立たしくて・・。)

    この件に関してはこれ以上は触れないようにします。
    お目汚し失礼いたしました。

      引用  返信

  • @netdash
    団長さま、なんか腑に落ちないですね・・・、勝敗にだけカウントされるなんて。

    オリンピックがポイント対象外になった理由はいろいろあるのでしょうが、ひとつはトップ選手が平等に参戦できないから不公平という理由があり、たしかに一理あると感じて納得してました。でもツアースケジュールを変更までして、国の代表として出場した選手の皆さんには、やっぱり気の毒な気がします。

    「参加する名誉」と「参加への意義」に対し、成績に関わらず一律●●ptとかできないのかなぁ?オリンピック期間にATP250やCH大会が開催されていることを加味し、「250大会QF進出またはCH優勝相当」の一律80~100ptとか。欲を言えばツアーファイナルズのptみたいな扱いで、ベスト18大会+オリンピックpt=19大会でカウントOKにして欲しいけど、これだと不公平論が勃発するか^^;

    とにかくリオの辞退者が多かった要因をIOCやITFはちゃんと分析し、ATP、WTFと仲良~~く話し合って2020年の盛り上がりに繋げて欲しいです。

      引用  返信

  • OOP出ましたね。
    錦織選手はグランドスタンド第一試合11:00amということで、
    日本時間24:00スタートでしょうか。観やすい時間ですね^^

    杉田選手も土井選手も第一試合です。

      引用  返信

  • 五輪はポイントはつきませんが、戦績として残ります。
    Round表示がOrympic Bronzeというのが輝かしくて好きですね。

    五輪に関しては色々な意見がありますが、勿論前回までの様に加算されれば
    きついスクジュールで参加した選手は報われるであろうし辞退者も減るでしょう。
    (といっても今回怪我以外で辞退した有力選手は
    ラオニッチ、ベルディヒ、ティーム、豪の五輪委員会と揉めたキリオス位ですが)
    然し一方でポイントは1年後に無くなってしまいますし
    (ツアーと異なり代替出来ない大きなポイントが消失するとランキングバランスが偏る)
    選手のスタンスも明確になって良いかと思っています。

    私は元々五輪参加には、錦織の代表戦後に一段上がる傾向から
    肯定的な立場でしたので今回のモチベーションと活躍は本当に嬉しい限りです。

    シンシナティは今日も再三中断で選手達は気の毒でしたね。
    トロント~五輪~シンシナティ組で戦友のようだと勝手に思ってる
    モンフィス、ゴファン、ジョンソンが試合を終えられて何よりです。

    錦織は明日のグランドスタンド初戦になりましたね。

      引用  返信

  • こんにちは、オリンピックとATPポイント・公平論、難しい問題ですよね~(デビスカップも同じく)。
    不公平論の解消方法として、思い切って、国別出場人数(今回は上位4人)の上限をとっぱらってしまう(つまり、普通の大会と同じく、ランキング上位者から順に出場権を与える、50人くらい?)+主催者(ITF?)推薦枠を少し多めにとって、地域・国からの出場者数のバランスの調整に使う、というのはどうかな~?と個人的には思ったりしています。
    いずれにせよ、東京オリンピックではテニスにも上位選手が大勢参加して、盛り上がってくれると良いですね~。

      引用  返信

  • @ryo
    今 見たら 水曜日の朝の11:00 グランドスタンドとなってますネ!現地時間 。でも 雨という予報でもあります?

      引用  返信

  • たびたびすみません。
    土居選手、漢字書き間違えてごめんなさいm__m

    今日試合のできなかった杉田選手と奈良選手は、勝ち進むとダブルヘッダーですね。
    (しかも奈良選手は初戦が第2試合)
    序盤からキツいスケジュールですね~
    明日はなんとか晴れてくれることを祈ります。

      引用  返信

  • いつも拝見させていただいております。

    今回のオリンピックの勝敗のツァー戦績への算入の件
    ATPの公式ニュースでナダルの準々決勝での勝利を、ツァー800勝
     として祝福していますね。
    過去はオリンピック戦績を参入してきましたので、ポイント除外したとは
    いえ、戦績の一貫性の点で参入は論理的にも当然かと思います。
    圭くんは+5勝1敗、フルセット勝敗も11勝3敗と向上しましたね。

    すみません、kenshigetsuさんの説明、ジーコさんのリンクと重なりました。

      引用  返信

  • kenshigetsuさん、本当にモンちゃん、ゴファン君、ジョンソンさんは戦友ですねwww

    ところでシンシナティでは、順当であれば、ユズさん、ゴファン君、アンディ、ということで、応援フードが結構簡単かも?…ありがたいww

      引用  返信

  • @nakaさま
    ATPのランク表をご覧頂ければ、そのやり方には無理があるとすぐにわかります。
    今週月曜付けで50位以内にスペインの選手が9人、フランスの選手が7人…。どうやったら各国公平にバランスが取れるとお思いですか?
    私はポイントなしで良いと思います。
    それよりもオリンピックイヤーのみ選手の負担を軽減するルールができればいいのにと思います。

    東京までになにかしら良い方法をITF、ATP、WTAが協力して考え出してくれるといいですね!

      引用  返信

  • ところで、センターコート第三試合のラオニッチv.s.イズナーも、こっそり注目しています!
    実はラオニッチ、今までイズナーと3回対戦し全敗しています。今年、のっているラオニッチが、いよいよイズナーの壁を破ることができるのでしょうか?錦織と同年代の有力選手だけに動向が気になります。

      引用  返信

  • NHQ, 本人のDNAをそのまま 吐露か!すまらしい!錦織圭は違う次元に住んでます。感想?には自分丈が出ます。リオ ブラジルの問題でもあります。ケース クローズド!

      引用  返信

  • 奇遇さん、節穴さん
    OOPありがとうございますm(__)m
    日本時間24時開始、ありがたい
    雨サスありませんように!

      引用  返信

  • ROMさん
    いや、その、何て言いますか、僕の考えでは、50位以内に入っていれば、同じ国から9人でも10人でも出場資格を与えてしまい、その上で、残りの14人は、50位以内に一人も入っていない国の最上位者を順にピックアップしていくことで、出場者数が0人の国を減らす、というのをイメージしていたのですが、ダメですかね(^^;
    (僕の案だとスペイン・フランスは9人とか7人出場するのに、1人しか出場できない国が出るので、国毎の出場者数のバランスはあまり取れていないのは、そのとおりなんですが)
    確かに、ポイントよりも、スケジュール調整等で選手の負担を減らす方が、現実的かも知れないですね。
    オリンピックは時期的にテニスは北米シリーズ時の開催なので、東京は時差+距離があって、距離はあるけど時差はほとんど無かったリオよりも身体的な負担は大きそうですし・・・。北京の時ってスケジュールどうなってたんでしたっけ?

      引用  返信

  • 錦織選手、おねむになりそうな時間帯にブログ更新されてましたね。
    今頃、心地よい睡眠を取れているでしょうか^^
    http://blog.keinishikori.com/

    やはり本人もポイントのつかない五輪出場に対して複雑な心境だったようですが、
    ポイント以上に大事な経験が出来たようで、本当によかったです!

      引用  返信

  • ジーコさん、ATPの記事紹介、有難うございます。錦織選手、写真でもイイ笑顔ですね。試合と移動で、絶対に疲れてるはずなのに、心身ともに充実してる様子、頼もしいです。トロントでワウリンカに、リオでナダルに勝ったことが自信になっているようですね。

    そして、ここ数年の飛躍と安定は、マイケルのおかげ、とも言っていますね。今年の夏のハードスケジュールは、マイケルが敢えて錦織選手に課しているのでは、と私は推測してます。「体力とメンタルの限界を自分で決めるな!やれるだけやってみろ!」とか言ってそう。

    錦織選手の夏が、なるべく長く続きますように。2014年の夏のように。

      引用  返信

  • @nakaさま
    本当になんとかして欲しいですよね?
    ポイントつかないからと言ってオリンピック競技からなくなるのも寂しい…。

    願わくば、オリンピック出場選手達が残りのシーズン大活躍して出場辞退した選手達を蹴散らして欲しい。国を背負って戦った選手達は絶対にポイント以上に得るものがあったと証明して欲しいです。

      引用  返信

  • 奇遇さん
    ブログいってきました♪
    “緊張して体が震えるのも今しか味わえないから楽しんどこうっ” て凄い

    オリンピック、自分自身に打ち勝って、大きな経験を得ましたね。
    もうMS決勝では、緊張しないかなあ^^
    体の疲れがとれてるといいな。
    シンシも頑張って🍀

      引用  返信

  • にしても遅れ気味ですが戦績として残るだけでもオリンピックは決して徒労では無かったですね
    288勝ってBIG4やフェレール、ベルディヒなどと比べればはるか下ではありますが
    それでもこれぐらいの勝ち星は大体最高15位前後は無くては行けません
    やや最近の選手では最高は10位台ですがGSベスト4経験のあるシャルケンやマリスの勝利数も
    もう抜くのが時間の問題になりますね
    にしてももう明日の0:00には試合なんですね(汗)余韻がまだ明けないのにほんと大変です

      引用  返信

  • @ROM さん、
    @kenshigetsu さん、

    手始めにシンシのセミファイナリストをトロント~リオ~シンシの戦友で独占しちゃいますか^^?ドロー上から、

    圭くん(ゴファン選手はゴメンなさい><)
    モンフィス
    チリッチ
    ジョンソン

    SFでモンちゃんとの再戦が実現したらワクワクしますしね♪

      引用  返信

  • スレ違いですが‥
    IPTL2016 のジャパンウォーリアーズの参戦決まったのですね
    日本開催は12月 2日(金) 3日(土)4日(日) さいたまスーパーアリーナだそうです
    行きたいけど‥またチケット高いんだろうなぁ〜( ;´Д`)

      引用  返信

  • トイレットブレイク時は、コーチは勿論、八百長防止のために選手同士、外部の人間と接触しないように、係員がついて案内します。
    ナダル選手が近いトイレに案内されて、不備があって錦織選手が遠いトイレに案内されていたのではないでしょうか?

    大会の責任審判を呼び出しての抗議は必要なかった。
    審判の方は、オリンピックの銅メダル決定戦を任される審判なので、信頼度の高い方でしょう。
    ただ、ナダル選手との確執が過去にありまして、そのことでナダル選手は審判への不信から、大会の責任審判を呼び出したのでしょう。到着のタイミングがファイナルセットで錦織選手がリードを奪った直後だったので、最悪のタイミングでしたよね。
    本来ならば、審判の説明で納得しなければならない程度のことです。でも、審判の方への不信から大会の責任審判を呼び出したのは、気の毒な面はありますが、ナダル選手の個人的な問題からのことです。

    HIPPO さんのコメントでI氏について思い出しましたΣ(゚Д゚)H本氏と双璧の無礼者ですね(; ・`д・´)
    これで終わりますが、上記は一連の流れの中で私がしていたコメントから要点を出してみました。
    どう考えても錦織選手に責任のかけらもありません。それどころか、再開後の最初のサービスゲームを落としていたら、錦織選手側が気の毒ですよね~m(__)m
    問題は
    1・大会側の不備。近場に無人状態のトイレを2ヶ所確保していなかった。
    2・ナダル選手が個人的な心情で審判の説明に納得出来ずに、責任審判を呼び出した。
    3・審判が過去の経緯から、ナダル選手への説得を諦めて、責任審判の呼び出しに応じた。

    もしも皆様で、錦織選手のトイレの件で聞かれること等がありましたら、上記の点を説明していただければ、無難かと思いますm(__)m

      引用  返信

  • 実家に帰省中でGAORA見られず…。
    NHKは準決勝からしか放送しないことが決まっているそうです。
    理由はもちろん、オリンピック放送があるため。
    仕方ないですが、残念。
    準決勝の放送時に、錦織圭の試合のダイジェストを放送するとのこと。
    そう言われてもねえ…。

      引用  返信

  • @leiさま
    え、そうなの? うっそぉーー
    道理で番組表になかったー泣

      引用  返信

  • それだけに回りから実力を認められたとも言えますね
    トイレットブレークもましてやボデーのサーブなんかは身長のない錦織圭には必需品ですね
    野球でも、 本格派じゃないビッチャーは打者をのけぞらすボールをよく投げます
    ダルビッシュなんかはそんなボール投げないし必要ないですけれど

    それからジョコビッチやマレーとの実力差てすが、リオでも、スコアぼどには実力差を感じなかったですね
    チャンコーチも言ってるように後はメンタルじゃないでしょうか
    決してメンタルが弱い分けではないと思いますが勝ってない相手だと、どうしても、空回りしてるように思います
    がどうなんでしょう

    メンタルに関してなんですけどナダルに勝って本当に良かった
    あのまま負けてたら後々ツアーに影響して去年の全米後のようになるんじゃと心配しました
    セカンドセットが終わった後このまま負けたら暫くビッグ4には勝てないんじゃないかなと思いましたよ

    立場を変えたらモンフィスも錦織には勝ってないしキリオスやゴファンやデミトロフそれにベルデイヒも錦織圭には一度も勝てない
    モンフィスなんかもどんな気持ちなんでしょうか
    今年は凄く頑張ってるし多分練習も凄いと思います
    でも、錦織圭に勝てない
    それも、全て大事なところで負けてる
    僕らは錦織圭の視点で見るけど錦織圭もそんな回りから見ると影響力の強い選手なんですよね
    ジョコビッチに2勝、フェデラーに2勝、ナダルに2勝、マレーに1勝してる選手はビッグ4意外でどれだけいてるんでしょう
    背中は見えてますよね
    ストローカとしては現役では最高のナンバー1だと僕は思ってるんですけと
    アガシーなんかは歴代でもっとも素晴らしいストローカのうちの1人だと言ってますよね
    すいません、今回いろいろと長々と書いてしましましたが、色々言われてる書き込みにどうしても気持ちがスルーできなくて、こんな内容になってしまいましたm(__)m

      引用  返信

  • けんじさん、揚げ足を取ることになりますが
    ベルディヒには2012年のモンテカルロで
    一回負けてます
    錦織選手はBIG4以外のトップ10には22勝19敗
    これって冷静に考えなくても物凄いですよ
    でもBIG4には7勝30敗 
    「BIG4ってどんだけ更に凄いんじゃー」です(笑)

      引用  返信

  • シンシは関係ないケド、デルポが全米WCゲットしたみたいすね。まぁ2009のチャンピオン、五輪銀メダリスト、当然っちゃ当然ですね。
    しっかし次は誰が犠牲になるんだろう。ワウリンカ、ジョコと来て次は錦織マレーナダルラオベルの誰かかと思いますが、本当にババ抜き状態で選手コーチファンみんなドッキドキだと思います笑

      引用  返信

  • 今更ながらにトイレの件ですが・・・
    メンタル及び蓄積された疲労がピークの中
    遠い方のトイレに連れて行かれるのって
    その移動だけでも、心身共に少なからず
    負担がかかると思います。

    それを乗り越えた錦織選手って本当に凄いな!
    って思いました。

    作戦とか言う人もいますが、
    あの状況で遠いトイレに行くのはきついっす。
    てっきり、アゥエーの洗練?って逆に思いましたから。

      引用  返信

  • @けんじさん
    モンフィス視点の見方っていいっすね〜
    いっぱいいる天才プロテニスプレーヤーがいかにギリギリのところで勝負を続けているかが改めて感じれました。
    そんな中のKeiを考えると一層応援したくなります!

      引用  返信

  • かたこりさん、ROMさん、楽しいやりとりありがとうございます
    柚煮=柚ジャム 作ったと思ったんですが、記録漏れしてたみたいで・・・
    助かりました
    れたすさん、順当勝ちであれば、ユズさん、ゴファン君、アンディさんなんですね それはありがたいです
    今日は、多忙で、先ほど団長に送りましたので、もう少し待ってくださいね
    時間がなかったので、アイデアだけひねって申し訳ないですが、ゆる~くやらせてください

      引用  返信

  • ATPは、ジョコ、マレーの二強時代に移行しつつあるのかもしれませんね。
    そして、デルポトロ、モンフィスなど新しい勢力が台頭しつつある?
    まあ、デルポトロは、新しい勢力というのは失礼ですが。

    錦織選手も、新勢力を倒してSF到達にもエネルギーかなり使い、そしてBIG4の壁打ち破るエネルギーを振り絞ることが中々見ていて大変だなって感じます。

    それを連戦している今年の錦織選手は、凄いレベルに達しつつあると実感しています。

    確か2012の全豪でベスト8を達成した時、まだシーズン初めであるにもかかわらず、試合後に膝のダメージで、階段を下りる時に普通に降りられず、手摺を掴みながら横向きに降りている動画がありました。

    5セットマッチの過酷さ、シングルテニスの過酷さを目の当たりにした記憶があります。

    この頃、松尾修造さんはTVかいせつで、ベスト4レベルになるためには、数段高いフィジカルを身につける必要性を、唱えていました。
    松岡氏に言わせると「未知のレベルのフィジカルの強さ」と言っていたのが記憶に残っています。

    あの頃の錦織選手と比べるといまのレベルは私の想像を超えるレベルに到達しています。

    推測ですが、やはり錦織選手はベスト4以上のレベルを獲得するための目標設定していて、そのための自分越えにチャレンジしてるんだなって感じてます。

    全米での活躍ハラハラしますが、ますはシンシでの試合を、見守りたいです。

      引用  返信

  • あくまで個人的な感覚ですが、もう錦織選手には心がイッパイです。このままMSもGSも優勝が無くても充分満足です。伊達さんでも到達しなかったGS決勝、修造さんが1勝も出来なかったオリンピックで銅メダル、これ以上何を望むのでしょう。錦織君の前には前人未到の記録しかありません。もう後はテニス界のイチローになれるかくらいの話。お腹いっぱいのハズなのに、シンシやら全米に期待してしまう罪深きこの想いをどう表現して良いかわかりません。GSやらMS優勝したら間違いなく号泣します。それでも次のシンシに期待してしまう事に自己嫌悪します。くだらない中傷んするコメントに思わず攻撃的になってしまう自分にさらに自己嫌悪。価値観すらぶち壊しです。とりあえず目の前のシンシ頑張れー(>_<)!

      引用  返信

  • けんじさん
    揚げ足取りみたいな感じになってしまったら、申し訳ないですけど、ベルディヒ選手と錦織選手の通算対戦成績は、錦織選手の4勝1敗なので、ベルディヒ選手も1度は錦織選手に勝ってます。2012年のモンテカルロですね。http://www.atpworldtour.com/en/players/fedex-head-2-head/kei-nishikori-vs-tomas-berdych/N552/BA47
    他の4人は4人とも錦織選手の3勝0敗ですね(^^。

      引用  返信

  • 話題になってる対ベルディヒ戦のモンテカルロ、何気にTennisTVで見てました。確か1st取って勝っちゃいそう!とぬか喜びした記憶があります。錦織君の「数少ない」フルセット負けの試合だったような。

      引用  返信

  • @しん さん
    2012のお話を伺って苦しむ姿を見る辛さを改めて想像しました。
    少し前に参戦した錦織圭選手の応援素人としては、期待されつつしつつ長期離脱した期間など過去の辛い時期を乗り越えた圭くん、そして信じて応援し続けた皆様に尊敬を覚えます。
    今、テニスを観ることが楽しすぎて…伊達公子さんの引退、魅力を感じていた選手がいなくなることで離れてしまっていたテニス観戦に引き戻してくれた錦織さんに感謝です。当時はネットやパソコンも普及しておらず、地上波だけが田舎者の私の情報源でした。今は手段が多くて複雑苛烈なテニスの世界を少しずつ知ることが出来、楽しくて仕方がないです!ここでも勉強させていただいてます!知れば知るほど好きな選手も増え、選手への尊敬も高まります。オリンピックでは、しっかりデルポトロの大ファンになってしまいました。直接対決なら勿論圭くんを応援しますが!笑
    完全にスレ違いで申し訳ありません…!こんな楽しいい思いをさせて頂いているので、無理せず楽しんでほしい!でも負けず嫌いなようなので楽しく勝って欲しい!と常に思っています!シンシも全米も楽しみにしてます!

      引用  返信

  • すぅーさん、れたすさん、皆々様

    ミルマンのようなリオで素晴らしいテニスを披露した選手もいましたし
    目に見えたメダルやポイントのような報酬は無くてもリオ参戦は多くの選手にとって
    無駄ではなかったと思えますね。

    トロントから勝ち上がり続けた選手達は特に体力的にもきついでしょうが
    心情としては多くの戦友組が勝ち上がる様が見られたら最高ですね。
    フォニーニ等既に敗退してしまった選手もいますが。泣

      引用  返信

  • ライスコでもヒヤヒヤする展開になってますが、サーブの調子などいかがでしょうか?

      引用  返信

  • 一寸目を離した隙にーブレイクしたんですね! 返されそうだけど。ここは、ひとつキープでお願いします!

      引用  返信

  • @tanigoo さん
    今は試合を楽しめるメディアが沢山あって、幸せですね!
    ネットのライブスコアや、このブログのようなディープな解説や熱いコメントを読み、参加も出来る環境も素晴らしいです。

    そんな環境に感謝です。
    そして、僕たちの想像を超えた活躍をしてくれる錦織選手に感謝です。

      引用  返信

  • @しん さん
    本当ですね!以前では考えられないくらい幸せです!
    第何形態まで進化するのか…想像を越え続けてくれる錦織選手に、私も心から感謝です。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。