サンバのリズムで土の上を駆け抜けろ!2017リオデジャネイロ(ATP 500)プレビュー

大会の展望

アルゼンチンから移動してブラジルはリオデジャネイロでの試合。
ブラジルと言えばサンバ。悔しい敗戦はすぐ忘れてサンバのリズムで陽気にコートの上でダンスをするような錦織のテニスが見たいですね!

先週は28ドローだったので錦織は2回戦からでしたが、この大会はATP500でドロー数32なので、1回戦から最大で5試合戦うことになります。なかなかきついですが、ここを乗り切ればインディアンウェルズまで少し間があるので、一回出し切りたいですね。もちろん、全仏に向けてクレーの戦い方をさらに向上させることも必要です。

ドローは初戦から地元ベルッチと。1回戦としては厳しいですがこれも試練。GS本番じゃないとは言え、やっぱり勝つに越したことはないです。プレッシャーはかかりますが、ここはチャレンジャーだったころを思い出して思い切りのいいプレーを期待したい。

 このあたりのプレーバランスは難しいところです。基本の実力が上位であれば、わざわざリスクを冒す必要はなく、確実に勝利を取りに行くという考えも間違ってはいません。
 ただそれも、必要なときに攻撃的に行ける状態を保ってこそ。手堅い戦い方に慣れすぎてしまって、いざという時に攻撃的になりきれないということがあってもおかしくありません。また、攻撃的に行ったが故にミスが出てしまうこともあります。その場合はその場合で「自滅」とか「そんな必要ないのに」ということも言われてしまいますね。1回負けたら終わりのトーナメントですから、ほんとに難しいです。

 私としては、ここは勇気を持って攻撃的プレーをして欲しいと思いますね。たとえ裏目に出ても。長い目で見ればそれが必要だと思います。
一方でディフェンスにも重点を置いて欲しいですね。要は、攻守のメリハリです。守備から最終的に攻撃に転じるラリーを増やして欲しいなあ、と思います。ブエノスアイレスでは、ベルロクがそういったプレーをしましたよね。ドルゴポロフのようなプレーは、魅力的ですがリスクも高いと思いますから、ランキング上位の選手の主戦術とするには向いていないと思います。

 サーブに関しては短期間にどうこうはあまりできないかもしれませんが、ブエノスアイレスではフォア側に回すセカンドサーブがあまり見られなかった(特に決勝)のが気になりました。少々ダブルフォルトの可能性が上がってまいますが、セカンドを叩かれる状況が発生するようでしたら、ボディーサーブと共に有効な選択だと思います。

大会情報

大会概要

開催場所:ブラジル・リオデジャネイロ
日本との時差:-12時間(日本が12時間早い)
グレード:ATP 500
サーフェス:クレー(屋外)
ドローサイズ:本戦S-32(8本シード)
          予選S-16(8本シード、予選勝者4人)
獲得ポイント:優勝500、準優勝300、ベスト4 180、ベスト8 90、2回戦敗退 45、1回戦敗退 0

日本人参戦状況(男子のみ)

シングルス本戦:錦織(#1シード)
シングルス予選:ダニエル(#2シード、決勝で敗退、ラッキールーザーで本戦入り待ち)

大会スケジュール

予選:現地2/18(土)~2/19(日)
本戦:現地2/20(月)~2/26(日) ※錦織の初戦(1R)は現地2/21(火)予定

錦織の対戦相手(想定)

※ ランキングは今週のランキング

1回戦 ベルッチ(76位)
2回戦 モンテリオ(85位) or エリオス(86位)
準々決勝 ソウザ(ポルトガル, #8, 39位)
準決勝 カレノブスタ(#4, 24位) or フェレール(#6, 29位)
決勝 ティーム(#2, 8位) or クエバス(#3, 30位) or ラモスビニョラス(#5, 25位)

シード選手

※ ランキングはドロー作成時(先週)のもの

#1 錦織 5位
#2 ティーム 8位
#3 クエバス 22位
#4 カレノブスタ 25位
#5 ラモスビニョラス 26位
#6 フェレール 27位
#7 ロレンツィ 37位
#8 ソウザ(ポルトガル) 41位

ドロー表

※ 画像提供:もんたな(@montana_1001)さん
(クリックで拡大)
2017rio_draw

34 件のコメント

  • サンバのリズムって団長が言うからぁ、
    ココリコ遠藤のこのギャグが頭ぐるぐるしてます。
    ほほほい!ほほほい!ってぐるぐるしてます。
    https://youtu.be/2ozikEvgoBM

    過ぎたことは忘れて、気楽に応援しよーうとって感じになりましたw

      引用  返信

  • 団長さま、記事だてありがとうございます。
    ブエノスアイレスで準優勝にとどまった分、リオではぜひ優勝してもらいたいですね。
    少し気になったのは、ブエノスアイレスでは今までのようなクレー無双の強さが見られなかったこと。14年.15年のバルセロナや14年のマドリッドでは、対戦相手を圧倒する強さを見せていたと思いますが、今回はそれが見られなかった。ソウザ戦はハイライトしか見ていませんが、最後のゲームもソウザのミスで終わっていたし、相手を寄せつけない強さとはちょっと違ったかなと思っています。

    14年にはクレーでこんなに相手を圧倒する勝ち方ができるんだと感動したものですが、その強さをぜひリオで再現し、優勝してもらいたいと思います。
    がんばれ、ケイ!!!

      引用  返信

  • 勝っても勝っても、次から次へと地元ブラジル、お隣アルゼンチンの選手が襲って?きて、絶え間なくアウェーな様相ですが、これもまた、全仏に向けた修行になりますね。

    昨日の試合は、SinTelevisorで見ていましたが、実況&解説の人たちが、ドルゴポロフを露骨に応援している雰囲気が伝わって、チッキショーと思っていました(最後、追い詰められた場面では音を消してしまいました)。

    リオ大会の中継、スポナビライブでもありますね。
    日本語解説だから、一安心ですね。

      引用  返信

  • 団長さま記事立てありがとうございます。
    サンバ!デ ジャネイロ!のリズムとメロディが脳内エンドレス再生中です(^◇^;)。
    リオはオリンピックの思い出の地。あの時の悔しさと興奮と歓喜…色々思い出してリズムにのって戦ってほしいですね。
    応援フード…ベル…といえば鈴。鈴カステラでもどうですか?一口でぽいっと食べてしまえたらいいですが、パサついて喉に詰まらせると大変なので、そこは紅茶(コーチや)の力を借りましょう。
    すっかり夜更かしの癖がついてしまいました。おやすみなさいませ。

      引用  返信

  • 既出かもしれませんがATPネクストジェンの19歳、Akira Santillanが紹介されています。南アフリカと日本人のハーフの子ですが国籍は日本となっているんですね。デルレイにクオリファイし一回戦を地元のフリッツと戦う予定です。http://www.atpworldtour.com/en/news/santillan-memphis-2017-6-things

      引用  返信

  • 団長様、新しい記事立てをありがとうございます。お忙しい中、貴重な時間を錦織選手のチャレンジに対してサポートしようとする気持ちが伝わってきます。私たちファンも、全力サポートで応援しましょう。初戦のベルッチ選手のコメントを聞いて、しっかりと切り替えることができました。ガオラでの放送もありますから、楽しみです。しかも解説者の中の辻野さんの名前がありました。久しぶりの登場ですから、そちらも期待しています。
    バックスピン様
    実は私もデルレイビーチトーナメントがらみのコメントを書き込もうと思って、鼻血ブログをのぞいたら貴方のコメントがありまして、なるほどそういうことかと手を打ったところです。西岡選手1回戦をストレートで突破です。サンティランくんは、フリッツ選手です。初戦からタフな相手ですが、チャレンジャー精神でぶつかってほしいですね。ラオニッチ選手の勝敗も気になるところです。

      引用  返信

  • @バックスピンさま、@キリ丼さま
    サンティラン晶選手も西岡選手もフォーラム日本選手情報で絶賛応援中なので、是非ご参加お待ち致しております!
    ちなみに綿貫陽介は昨日京都チャレンジャーズ大会で1回戦勝利しました(≧∀≦)
    他にも注目選手いっぱいです。

      引用  返信

  • サンバのリズムを知ってるかい?ホホホーイ ホホホーイ ホホホーイホイ♪
    また懐かしいネタをwww
    ボールをしばきまくる錦織を見たいですねぇ、強気な攻めを!
    C’mon KEI!!!

      引用  返信

  • ATPポイントは、鼻血ブログラボ・目指せ全仏・第4シード以内で継続審議中ですが、一気に錦織選手キャリアハイの3位というゴールデン・タヌキ・シナリオは残念ながらなくなったものの、シルバー・タヌキ・シナリオ『アルゼンチン準優勝+リオ優勝で150+500−90=+560pゲット。ラオニッチとの245p(2月20日付)あるATP基礎ポイント差をひっくり返して、キャリアタイの4位でインディアン・ウェルズへ。そこで第4シードで好成績を収める』は生き残っています。錦織選手がリオで優勝なら(ラオニッチがATP250のデルレイで優勝しても+5p差でかわすため)2月27日付のATPランキングで、キャリアタイの4位という瞬間最大風速を観測予定です。(by リオ気象庁)

      引用  返信

  • おはようございます。
    団長、記事立てありがとうございます。
    適切でいつもアダルティー🌟
    メリー君とハリー君出場ですね。
    アルゼンチンは忘れて勇気ある攻撃的プレーをして欲しいな。一回戦地元選出はイヤですねぇ、でも圭ファンはどこにでもいるから頑張って欲しいな。
    明日朝7時になってましたけど、リーマンにとって1番アカン時間です💧またネット観戦情報お待ちしております。

      引用  返信

  • 錦織以外の1回戦ではドロゴボロフ フェレールが注目ですね。
    錦織を圧倒したテニスが継続できるのか?準決勝での再戦が是非見たいです。

    ・・・ドロくん ムラっ気があるからなぁ〜。もし、ここでも勝ち上がったら覚醒状態と言えるかもしれません。

      引用  返信

  • リオの錦織選手の試合予定ですが、大会サイトのプログラムによると、R32火曜日、R16木曜日、QF金曜日、SF土曜日、F日曜日で後半4連戦になるのでしょうか。予定は雨とかで変わるかもしれませんが。火曜日は錦織&ティエムの試合があるのでスーパー・チューズデーと銘打ってます。

      引用  返信

  • お早うございます。
    団長さま、新スレ立て有難うございます。またお戯れを(笑)

    リオ、どんなコートかなあと。公式ツイに全景が。
    https://twitter.com/ATPWorldTour/status/833799344520359939
    綺麗なところですね~。悲惨な五輪跡でなくて良かった(苦笑)
    公式インスタに練習風景が上がっていました。2時間前です。もうすっかり切り替わっていますね、錦織選手。
    https://www.instagram.com/p/BQv4Y1CAEWv/
    各報道によると、練習相手はブラジルのティエゴ・モンテイロ選手のようです。彼も若手ですね、22歳。ドロー見てはっはーん、もしかして2回戦対策?(笑) 可能性のあるもう1人のガスタン・エリアス選手は、2つ年下?のIMGでの練習相手ですので手の内知ってます。
    コートのコンディションもブエノスより整備されていそう。

    ふと気づいたのですが、ブエノスでは錦織選手、得意のズザザザーってスライディング見せませんでしたね。RGやマドリードではガンガン滑り込んでくれたのに。ブエノスではそれやったら怪我するかも?って抑えて、結果得意のフットワーク活かせなかったのかも知れませんね。

    西岡選手デルレイ1R突破、土居選手ドバイ1R突破、おめでとうございます。今週は全世界津々浦々で日本選手の活躍が期待できそうです。

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、みなさま、

    リオ・オープンの公式サイトから、コートのヴァーチャル・ツアーができますよ~。タブのRIO OPENからTOUR VIRTUALをクリック。そこから赤いボタンをクリックです。

    リオ・オープンのホームページに錦織選手の記事がボツボツ出始めてますが、今ホームページに載っている記事によると、錦織選手が記者会見で、今週末にあるカーニバル(謝肉祭と聞くと春遠からじと感じます)のサンバリズムに挑戦するか聞かれて、『もし勝ったら、もしかしたらやるかも』と冗談で笑って答えてるので、上の団長のコメントは本当のことです。優勝してコートで踊ってもらいましょう(笑)。

      引用  返信

  • この時間だと観戦がむずかしいけれど、引き続き応援します!

    2008年全米の過去記事を見ていました。今から9年前、フェデラー25才で絶頂期のはずが結構不調で、強敵ばかりか中堅にも取りこぼしてたんですね。
    いまの姿からは信じられませんが。

    ケガだけでなくこういった試練を乗り越えていまの強さがあるんですね。
    一時のジョコビッチの負けない強さより、何度負けてもはい上がる強さの方が選手をしぶとくするような気がします。
    負けると応援する方もその時はつらいけど、よみがえって9年後!にまた復活優勝できるかは本人の心の持ち方次第。

    これまで積み上げた300何勝が、一度や二度の負けでリセットされるなんてありえない。
    明日も頑張れ!!

      引用  返信

  • 今日は。
    禮さま
    バーチャル・ツアーのお知らせ、有難うございます。お昼にチャレンジしてみます。

    先日コメントした欧州選抜vs.世界選抜のエキシビ、レーバー・カップは昨年からフォーラムでも話題になっていたのですが、昨日チェコのプラハで開催記者会見が開かれた模様。そこでフェデラー選手、爆弾発言です。
    <フェデラー、ダブルスパートナーにナダルを指名 新設のレーバー・カップで>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3118594
    いえ別にボンバーでもなく、最初っから表明していたんですけどね。ただこの記事では、大会フォーマットもよくわかりますので。
    しかし、じゃあ対戦相手のダブルスはどんなペアだ? 抗えるのはラオニッチ/イズナー組しかなさそう(笑)

    スポーツ誌で申し訳ありませんが、ご本人は全然悲観していませんね。
    <錦織圭 ツアー決勝6連敗も「心配はしていない」>
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-01781920-nksports-spo
    「第1シードでの戦いで、勝って当然と期待される重圧」
    今季に入って第1シードが優勝した大会は皆無。群雄割拠の時代の難しさもあるかと思いますが、錦織選手に限らず各大会の第1シードは皆、今度こそ第1シードが優勝しなければ~と、無意識のうちに自分で自分に余計な圧をかけているのかも知れません。

      引用  返信

  • クエバス選手が予選勝ち上がりの若手に負けた、と思ったら、ソウザ選手も初戦敗退。
    リオも荒れそう。

    これだから、予選勝者は怖い。

    錦織君が初戦でベルッチに当たるのはかえってよかったかも。

      引用  返信

  • クエさん負けたんですね。

    ある意味、錦織選手以上に稼がないといけない
    南米シリーズで、連続での緒戦敗退は痛いですね
    しかも、来週サンパウロの優勝分もありますし
    今後のクレーシーズンにプチ迷惑ノーシードに
    なる可能性が高そうです。

      引用  返信

  • @FUMA さん、
    うわぁ~波乱ですね。
    予選勝者にとって本戦はボーナスステージ、一方シード勢からすると勝って当然、負けられないプレッシャー。この気持ちの差が時として大きなアップセットを演出するのでしょうね。

    錦織vsベルッチの試合は、「#1シードの圧vs地元の期待の圧」の戦いかもしれません^^

      引用  返信

  • 今日は。
    FUMAさまがリオの若手に触れていらっしゃいますので、私が注目の若手のお話を。

    WCで出場のキャスパー・ルード選手18歳。何回かコメントしていますが、17歳でセビーリャCH優勝の有望株です。何と彼も1R突破し、そのソウサ選手を破ったカバレス・バエナ選手と2Rで対戦します。

    実は彼、IMGで錦織選手が何かと面倒を見ている可愛い後輩。そして今回、リオ公式サイトに「僕にWC出してくれて、IMGありがとう」とメッセージ。これ、バーゼル時に錦織選手が出したメッセージと全く同じ。ブレイク必至! 今週は錦織選手&ルード選手の練習風景が見られるかも、です。

    選手が所属する各アカデミーは、看板スターによく後進育成を託します。IMGから2,3年前に錦織選手に託されたのが西岡選手、ハリソン選手、エリアス選手。3人とも無事独り立ち。西岡選手はもう普通にツアーにダイレクト・イン。ハリソン選手はメンフィスで無事初タイトル。エリアス選手もどうやら大丈夫そう。
    今、錦織選手に託されている選手が2,3人いるのですが、ルード選手もそんな選手の1人なんです。括目して頂ければ幸いです。その他の選手についてはまた後ほど。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん、貴重な情報ありがとうございます。
    ルード選手の2Rがカバレス・バエナ選手ってことは、QFで錦織vsルードの師弟対決もありえるじゃないですか?こりゃルード選手は実戦でのガチ勝負実現に向け、モチベup!up!!大upですね^^

    錦織師匠も余計に負けるわけにはいかなくなりました^^;
    「(QFで)待っていたぞ、キャスパー。全力でかかってきなさい。」

      引用  返信

  • ベルッチが初戦とはなかなか面白そうです。
    一昨年や昨年のベルッチの奮戦ぶりや、カムバックしてきたティプサレビッチに完勝してたし初戦とはいえ消耗する予感。
    いい試合となりますように

      引用  返信

  • 今日は。
    すぅーさま
    ははは、確かに。師弟対決、ぜひ実現して欲しいですね。でもまずはベルッチ戦。何が起こるかわからないクレー。彼も気合入ってそうですし、とにかく全力応援ですね。

    思い出したくはないですが、ドルゴポロフ選手の立場に立ってみたら、やはりおめでとうと言いたいです。彼のコメント抄訳紹介記事です。
    <錦織に過去1セットも奪えなかった28歳、初勝利に歓喜「ここ2年で最高の出来」>
    https://the-ans.jp/news/2759/
    考えれば彼、初戦で早くも第2シード撃破しての快進撃。納得です。
    そして錦織選手は、また1人寝た子を起こしましたね(苦笑) 覚醒ランドマーク・ニシコリとでも申しましょうか。

    その元記事が多分こちら。Skysportsより
    <Alexandr Dolgopolov beats Kei Nishikori to triumph in Buenos Aires>
    http://www.skysports.com/tennis/news/12110/10774831/alexandr-dolgopolov-beats-kei-nishikori-to-triumph-in-buenos-aires
    最後の方には、メンフィスでのハリソン選手の初タイトルについても触れています。「his first career ATP World Tour title」おめでとう。
    いえ、ハリソン選手は目覚めさせたワケではありませんよ。

      引用  返信

  • @stteffiloveさん

    2008年のフェデラーは27歳ですね。この2008年は病気に悩まされたシーズンでした。2007年の12月からのトレーニングの時期に何度も体調を崩していたようです。さらに病気の原因がわからず準備期間を十分にとれないまま全豪に出場して準決勝で敗退しました。大会終了後にスイスで精密検査をして、やっと伝染性単核症を患っていたことがわかったようです。
    この伝染性単核症はインフルエンザに似た症状と極度の疲労を引き起こす病気のようですから相当厳しかったはずです。
    この病気で苦しんでいる選手は沢山いますからフェデラーの選手生命を脅かさなくて本当に良かったです。
    もしもフェデラーでなかったら全豪で準決勝までプレーすることは出来なかったかもしれません。
    2004年から2007年の3年間が凄い成績で試合数も多かったので、その影響もあったのかもしれません。2008年も不調と言われていますが、全豪ベスト4、全仏、全英、全米では決勝進出、全米で優勝していますから凄いです。トップレベルの選手が体調を崩すとそれを取り戻すのにはかなりの時間とトレーニングが必要になりますから今年の全豪同様に血の滲むような努力があったのだと思います。

      引用  返信

  • @すぅー さん

    確かに、お互いにそれぞれのプレッシャーありますね。
    心理的にどっちが有利とは言えない。

    こりゃまた、見る方も朝から大変だぁー。
    最近、心臓のバクバク感が自分でも恐ろしい。

    @NORICHANさん

    ルード選手、18歳!?オトナですなあ。28歳と言っても信じちゃう。
    WCで出して、ちゃーんと勝ってくれたから、アカデミーとしても鼻が高いですね。

    カバレス・バエナ選手ともども、ランキング上位の相手をストレートで破ったから意気揚々、この二人の2Rはもつれるかもしれませんね。

    クエバス選手を倒した、ベルギーのドゥグレーフ選手にも、私は興味津々です。この選手についても何かご存知ですか?よく走るし、攻められてからのスーパーショットも連発するし、いいプレイでした。

    私は、守備型の選手に惹かれるみたいです。

      引用  返信

  • 今日は。
    FUMAさま
    ルード選手、そんなに大人っぽいですか。写真写りかなあ。私はいかにもハイティーンらしい爽やか好青年と見ていました。
    彼のインスタより、クリスマスの家族写真です。やはりフロリダ。
    https://www.instagram.com/p/BOaBSrhjHgQ/?taken-by=casperruud
    ノルウェー人ですので、パツ金、青い目の北欧正統派美青年。あ、でもお母様だけ伏せて見ると、確かに娘2人です的な若パパにも見えますね(笑)

    ベルギーのデ・グリーフ選手は私もノーマークなのですが、確かゴファン選手欠場のデ杯に出ていたなあと。デ杯公式にありました。デ杯一筋さまならお詳しいと思います。
    http://www.daviscup.com/en/players/player.aspx?id=800275509
    パッと見、スペインのアグー選手にも似てますね、目ヂカラが結構あって。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん

    このインスタを見ても、やっぱり大人っぽいと思いましたw。
    もっとも、肌の艶が、そこは10代の…(はい、オバチャンコメントです)。
    お母さんに似てますね。

    ドゥグレーフ選手は、今回の活躍次第では、100位以内に入ってくるでしょうか?
    せっかくシード選手を倒したのだから、あと2つくらい勝ってほしいなあ。

    ランキングアップといえば、エルベール君がロッテルダム後、どーんと68位まで上げちゃいましたね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    FUMAさま
    テニス選手って本当に大変ですねえ。ランク・アップは必ずどこかで下剋上が必要。それが上位であればあるほどインパクト大で、その後のチャンスも広がる。
    でもトップ10クラスになると、ランク・アップを狙うには必ず数少ない上位選手を倒さなければならず、常に照準は彼らに向いている。なので、言い方は悪いですがある意味下位ランカーは想定外。誰が勝ち上がるかもわからないので、いちいち試合も見に行けない。ずーっと昔の対戦経験を思い出しながら?プレー。
    結果、トップ10選手であっても時々下位ランカーに不覚をとるのでは?と思いました。バブリンカ選手が時々やらかすのもその一環かなーって(笑)

    さあ明日はリオ1回戦。錦織選手はきっちり勝ってくれると信じていますが、しっかり応援したいと思います。

      引用  返信

  • yu8su1ke5さん

    フェデラー、テニス史上最も偉大な選手だと思ってます。
    ケガはあるけど病気は知りませんでした。
    伝染性単核症、疲れがたまって免疫が低下したのでしょうか。
    長年のファンには、今年の全豪優勝はきっと感慨深かったでしょうね。。

    若手はたくさん出てきているけど錦織選手だってまだ発展途上。
    起きていることは無駄にならないと信じて
    あるがままを応援していきたいです。

      引用  返信

  • 錦織くん、第1シードで臨んだ大会は昨年の楽天で棄権した以外、6大会で決勝進出してるんですね。
    リオも1回戦の山を乗り越え、決勝で戦う錦織くんが見たいです!
    そして、今季、第1シードが優勝していないというジンクスを破ってほしいな。
    完全アウェーにも打ち勝って!

    スーパーチューズデー、観客がいっぱいだといいな。
    ボトムのティームvs.ティプも楽しみです。

      引用  返信

  • @キリ丼 さま、みなさま、

    シルバー・タヌキ・シナリオ、喜んでいただいてこちらもうれしいです。瞬間最大風速と書いたのは、ご承知のようにラオニッチ(改めミロッチ?)は、デル禮+アカプロルコの合計で255p(錦織リオ優勝)とか55p(錦織リオ準優勝)以上を稼げば(以上と書いたのは、もし同点になってもFinal+GS+MSの合計点で負けるため)IW第4シードです。なので錦織IW第4シードはなかなか苦しいですが、来週月曜日のランキングで瞬間最大風速のつむじ風(キャリアタイの4位)を巻き上げて、錦織ここにありをミロッチに知らしめておくのは重要だと思います(でも選手としては思ってないか)。今週は、肝心の全仏第4シードへの前半の最大の山場、マイアミ第4シード確保(今の所視界良好です)へ向けて、しっかりとポイントを稼いでおいてほしいです。今日火曜日の試合、明日1日空くと思うし、来週はIW前に1週間休めるので、まさかのがないように少しギアを上げて欲しいところです。

      引用  返信

  • ちなみになぜ「リオ気象庁」と書いたのかですが、昨日リオの今週1週間の天気を調べていて、日本気象協会とかメテオ・フランス(フランス気象局)とかだと、曇りか週末にかけて雨、気温34℃以下、湿度80−90%なのに、ブラジルの気象庁のサイトだと、概ね曇りがちな晴れ、気温20−38℃、湿度30−95%、というオソロシイ数字が。。。一体どれがホントなんじゃ〜と思いました。錦織選手の試合は、決まっているファイナル午後5時以外は、ずっとナイト・セッションでお願いしたいです(希望)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。