【鼻血試合認定】錦織圭、両者死力を尽くした試合で見事な大逆転勝利(2018ローマ2回戦)【じわじわ更新】

2018 Rome (Masters 1000)
2nd Round
Kei Nishikori def. Grigor Dimitrov[3], 6-7(5),7-5,6-4


試合のポイントがありすぎて記事とまとめるイメージが沸かないくらいです。
はっきり言って負け試合のパターンだったと思います。
でも自分のプレーを変え、チャンスをものにし、最後まで気持ちを切らさずに頑張りました。
こんな勝ち方ができるのは錦織以外に誰がいるでしょうか? 1試合や2試合ならあると思いますが、こういう勝ち方が「錦織らしい」と言われてしまうくらい、錦織は数多くやってのけてきました。テニス界の特異点だと思います。

テニスの怖さも存分に感じた試合でした。試合の流れを振り返ってみます。

試合の流れ

1stセット

ディミトロフのバックハンドにミスが多いと見るや錦織は執拗なバック攻め。リスクを抑えつつコースをしっかり突いて、試合をコントロールします。

しかしそのシンプルな戦法がディミトロフにずっと通用し続けるはずもなく、さすがに読まれて徐々に対応されます。ここで多少なりともバックのダウンザラインを使えれば良かったのですが、試合序盤からの内側に入ってしまう症状が治らず、ブレイクバックを許してしまいました。

ディミトロフは220キロ台の1stサーブを連発しつつ確率も70%超え。隙がありません。タイブレークもサーブを軸とししっかり攻め切りました。1本のミスの差でしたが、錦織は押し気味に試合を進めながら痛いセットを落とします。

2ndセット

セットを落とした気落ちは見られず最初のサーブをキープしますが、続く第2ゲーム、ロブで抜かれたディミトロフが股抜きで応酬。簡単なスマッシュかと思われましたが少し高く、ラケットの先に当たってしまい、まさかのミス(このミスは「まさか」と言っていいと思う。。。)。ディミトロフのDFがあり30-30。スマッシュミスがなければ15-40と大チャンスだったかと思うと悔やまれました。結局このゲームはキープされます。

錦織は少々気落ちしたか、スマッシュミスを境にミスが早くなる時間帯がありました。
第3ゲームで0-30となり肝を冷やしましたが、意表を突いたドロップとプレースメント重視のバックDTLでなんとかキープ。
すると第4ゲームでチャンスが来ます。両者のレベルが上がり、デュースとしますがここで痛恨のセカンドサーブのリターンミス。
後ろに下がって安全策で行っただけに、非常にもったいなかった。チャンスを逃します。

ディミトロフはこのゲームを境にサーブが急に良くなります。
第6ゲームはなんと4連続サービスエース。220キロを超えるサーブが次々と入り、錦織は触れません。

こうなると勢いはディミトロフのもので、攻め球が甘くなってきた錦織を見逃さず、ブレイク。この時点で錦織に勝機は見つからず、ディミトロフの勝ちが見えてきました。

優位に進めながら落とした1stセット、チャンスを自らのミスでつぶした2ndセット、絵に描いたような「もったいない試合」で落としてしまうのか・・・。そんな雰囲気が漂いました。
このまま負けていたら、完全に完全復活への道は足踏みでした。それどころか勝負強さに不安を残したまま全仏を迎えなければならなかったと思います。

また、1stセット中盤まで上手く機能していたバック狙い、コース重視のストロークが仇になった点も見逃せません。
この時間帯は、ディミトロフのフォア側に展開しづらい時間帯でした。バックのダウンザラインが内側に入り続け、慎重にならざるを得なかったこと、フォアは逆クロス中心に打っていたため、急にコースを変えづらかったこと、そしてディミトロフのフォアの切り返しが上手いことが、パターンの硬直化を生んでいました。
成功していたパターンが足かせになってしまい、負けかけてしまうとは何と皮肉なことでしょう。
押していながらピンチに追い込まれた試合展開と合わせ、本当にテニスの怖さを感じた時間帯でした。

しかしそれは、ディミトロフにとっても同じことでした。錦織にミスが多いわけではなかったので、ディミトロフも少しでもまずいプレーをしてしまえば追いつかれ、仮に2ndセットを落としてしまおうものならせっかくの流れが錦織に行ってしまう可能性を感じながらのプレーだったと思われます。本当に少しでも気持ちを引いたら、引いた方がやられてしまう展開が見える締まったゲーム展開でした。

そしてこの崖っぷちから錦織が蘇ります。サーブ2本決められて6連続サーブポイントからの見事な復活。225キロ前後のサーブを食らいついて返球。そして思い切ってフォアのクロスを使い始めます。
これが非常に効果的でBPを握ります。1度はサーブで凌がれたものの、2度目のBPで本日一番のショット、バックのダウンザラインが外側に向かって伸びていき、ブレイクバック!

その後もフォアのクロスを多用する錦織の配球が効きますが、ディミトロフも呼応するようにプレーレベルを上げ、素晴らしいポイントの奪い合いが続きました。
5−5の15-30という危ない場面でディミトロフがセカンドサーブのリターンをミス! いかにセカンドサーブのリターンミスが大きいか、見ている我々も錦織も実感した瞬間だったと思います。キープして6-5。

ここまで来たらセットを取らせたい、できれば勝ちたいという気持ちが大きくなってきました。ほんの少し前まで負けを覚悟していたというのに・・・。
ディミトロフは全くレベルを落としませんでしたが、錦織が226キロ、223キロのサーブをことごとくリターンし、バックのクロス、フォアのクロスと次々と決めて0-40。2本返されたものの、ポジションを思い切って前に取ってフォアのクロスでセットオールとしました!

ディミトロフもギアを上げる中、それを上回っての怒濤の4ゲーム連取。痺れました。

ファイナルセット

これで流れが決まるような簡単な試合ではありませんでした。
錦織は2ndセットの調子を持続し、特にネットプレーに冴えを見せます。
しかしディミトロフに2ndセットを落とした気落ちは見られません。
こういうときはむしろ調子の乗りすぎに気を付けなければならず、思わぬ落とし穴があるものです。
そう思っていたら第5ゲームに1stが全く入らなくなり、ディミトロフは下がって2ndを確実にリターン。高い弾道の球と低いスライスを上手く混ぜて錦織のミスを誘いました。
良い流れで来ながらこのセットも先行を許してしまいます。ゲームカウント2-3。

錦織に疲れが出始めたように見え、ストロークの精度が低くなります。あっさりキープを許して2-4。次のゲームはキープしますが、その次のゲームをキープされたら限りなく敗退に近くなるところでした。
この土壇場(2セット連続2回目)でフォアで勇気を持って攻め、ブレイクバックして4-4。2ndセットの再来を期待しました。

しかし!まだこれでも山場を残していたのです! 30-40となり、この試合最大のピンチ。
ここで29本のラリー。ディミトロフは転倒しながらも返球。すぐ起き上がりラリー続行、攻守逆転して錦織が劣勢になりますが、コーナーを突いて再逆転、最後はバックのDTLを決めてゲームに留まりました!

最後のゲームは40-15の劣勢から思い切りの良いリターンエース、ディフェンスがベースライン際に入ってミスを誘い追いつくと、ワイドサーブに飛びつき粘りのディフェンスから鮮やかなネットプレー。
最初のマッチポイントで鋭くバックでリターンし、1本で決めました!!!
まさに総力を尽くし、あらゆるショットを駆使して掴んだ勝利でした。

2回戦と言うことで少し悩みましたが、この試合に負けた場合との落差、全仏に向けての自信、モンテカルロのチリッチ、ズベレフに続いてキャリアハイ3位、現ランキング4位位内の選手の撃破とあって、

鼻血が出た試合

に認定したいと思います。
(鼻血が出た試合のページは後で更新します。)

(AM3:32 続く・・・ じわじわ更新)
→やっぱきついんで寝ます。続きは明日。

インタビューはじまったんで記録

お互いいい試合ができた
タイブレークを落として考えたが、プレーは悪くなかったので、(書き取れず)
落ち着いてプレーしたので悪い状況からもファイトできた

悪いときは下がって、左右に振られる場面が多かった野ででだしから前に入らなければというのは分かっていたがなかなかできなかった
ブレイクされたゲームでふっきれて徐々にいいプレーが出た

次はコールシュライバーと強い相手。長いラリーになると思うが今日のいい時みたいにいいプレーをこころがけたい。

あとで清書します。

皆さんにコメント書いて欲しいので先にアップします。

勝つと負けるとでは大違いですよね・・・
スマッシュミスもセカンドのリターンミスも補ってあまりあるいいプレーの続出でした。

鼻血試合とするかどうかは皆さんの意見も聞きたいところです。
→最終的に鼻血認定としました。

【ポイント】

  • 4位に勝ったという意味では鼻血には値するものの、マスターズ2回戦は基本的に対象外。
  • ディミトロフは最後までいいプレーしたと思います。
  • 錦織も苦しい場面からフォアのコースを変えたり、ブレイクチャンスでこの試合一番のショット(バックDTL)を放つなど勝負強さを発揮。
  • 足をつりながらの最後までファイとしての大逆転勝利。2セット目も3セット目も。
  • 一方でスマッシュミスやセカンドサーブのリターンミスでブレイクチャンスを逃す場面も。でもセカンドサーブのリターンミスはディミの方が多かったかも。
  • 総合的に見たら悪い点より良い点の方が多かったかも。なにより、負けていたら「スマッシュミスが・・・」「元気が・・・」などと言われていたのは確実なので大違い。勝負所を取ったという一番大事な点を忘れてはならないかも。
  • 書いてて鼻血試合な気がしてきた・・・笑

86 件のコメント

  • 勝って良かった。本当に良かった。
    この試合、錦織にとっては色々な意味でとても大事な試合だったと思います。
    最後に対戦した去年のブリスベンから、二人の成績は真逆に向かいました。
    まさに悪夢の始まりがあの試合だった気がしていたので、まずはリベンジできて嬉しい。ついでにその時かかった呪い(大げさw)が解けてどんどん上向きになったらもっと嬉しいです。
    レビュー記事です。
    https://yuri-san.com/tennis131/

    次はコールシュライバー。
    しっかり身体を回復させて、勝ってお願い。
    試合時間は現地7時?遅そうですね。

      引用  返信

  • 帰ってきた-。我らが錦織圭!!!!
    これですよ。ワクワクして、身を乗り出して、拳を突き上げて、小躍りして「ヨッシャー」と叫びたくなる錦織圭のテニスです。
    鼻血認定、ありがとうございます。対戦相手も勿論大事ですが、むしろテニスの中身が素晴らしい(涙)
    こんな試合を観るといつも「満足。次は・・・」って思ってしまいますが、「満足。次も・・」に変えます(^^)

      引用  返信

  • 勝利のあと寝落ちして出遅れちゃった
    錦織選手の魅力満載のテニスにしびれました
    両者のハイレベルな試合がみれて、観客も盛り上がっていましたね
    やり取り見てて楽しいですからね
    ROMさん、私もあれっトイレットブレークとらないな~って思いました
    それだけ、あたりまえになってたんですね
    コールシュライバー戦のフード、今日は夕方まで忙しいので、遅くなるかも

      引用  返信

  • 生で見て、感動そのままBSの録画を見直しました、ほんと最高な試合でした。痺れた!!!
    鼻血でましたよ、迷惑なノーシードでしたね笑

      引用  返信

  • ファイナルセットの第8ゲームで、
    誤審されて1ポイント損しちゃいましたが、
    それがきっかけで、
    ディミトロフ寄りだった会場が、
    かなり錦織寄りになってくれましたよね。
    錦織が劣勢から未知の力を発揮するときって、
    意外と観客の雰囲気も関わってる気がします。
    最前列でやたら錦織を応援してくれてた人、熱かった。

    逆にその前のゲームではディミトロフが怒った誤審もあったし、
    ほんとクレーでもホークアイ導入してほしいな~と思います。

      引用  返信

  • おはようございます。
    昨夜はいったい何人の人が試合終わるまでトイレ我慢したのでしょうね(錦織選手、坂本さん、団長様、錦鯉etc…)笑。
    錦織選手はきっと2セット目を取った良いイメージを持ったまま3セット目を闘いたかったのかなと思います(洗い流さないように?(^_−)−☆)。

    さてさて、次はコールシュライバー 選手…。「今夜のサラダはコールスローだー!」
    でも、現地時間NB7pm〜起きていられないかも…(T ^ T)。

      引用  返信

  • ~錦織に自信蘇る「相手誰でも勝てそうな気が徐々に」~日刊スポーツ電子版に記事が載ってました。
    2014,US OPEN「勝てない相手も もういないと思うので・・・・」のコメントを思い出して、涙が出そうになりました。

      引用  返信

  • 試合見られなかったので、2回戦のディミで鼻血ってどうなのよっておもっていました。団長さんの記事を読んでいたら、もう途中で鼻血ぶーでしたー♪

      引用  返信

  • 錦織くんのフライパンショットとディミトロフのコケてもあきらめないショットはすごかった…。
    ファーストサーブの率が悪かったけど、セカンドサーブがよかったですね~。

      引用  返信

  • 昨日の、一進一退の攻防、見せ場いっぱい、てんこ盛り❗の試合には、ほんっとうに、・・・・・・・グッタリ疲れましたあ❗錦織君のすぐ後ろのキャップを後ろに被っていた、青年が、fightingポーズでずっと応援してくれていて、嬉しかったです。
    あと、クレーコートでは、なぜ、チャレンジシステムが、ないのでしょうか?(すいません、シロウトの疑問点)

    錦織君と、ディミトロフ選手、素晴らしい、熱戦を有難うございます。シッカリ手首と体のケアしてくださいね

      引用  返信

  • 今日は。
    錦織選手、ディミトロフ選手戦勝利&2R突破おめでとうございます。
    団長さま、鼻血試合認定ありがとうございます。今季はもっともっと増えそうですね。
    実は私、映像未だ見られていません。涙出そうです。早く時間を作って録画を堪能したいと思います。鼻血なので何度でも。

    キリ丼さま
    日刊スポーツの記事、私も読みました。嬉しい言葉ですね。とともにRGでの16シード入りを密かに狙っているとも。やはり3Rで17~24シードと対戦、の方が逆よりはタフさは減少しそうですし。「ありえない日常(2Rでディミトロフ選手とか、1Rでジョコビッチ選手とか)」には吹き出しました(笑)

    さて次戦はコールシュライバー選手。
    昨夜彼は、来週エントリーしていたジュネーヴ250をOUTしました。先々週ミュンヘン250で準優勝、ローマでも3R進出したからこその決断だと思います。
    なので今夜の錦織選手戦、彼はかなりの覚悟で臨んでくるのでは。いみじくも錦織選手も「相当なストローク戦になる」とコメントしていますし、こりゃ今夜の試合も鼻血認定候補かもしれませんね。

      引用  返信

  • 昨夜の試合凄かった🙌こんな試合を勝ちきる日本人がいるなんて 錦織くん最高です❗️ 痺れるポイントが沢山。特にネットプレーわくわくしました!ディミもどうやってポイント取ったらいいんだ?って顔してましたね。
    鼻血認定やっぱり来ましたね❗️やったー

    番組編成上仕方がなかったのでしょうが、NHKBS放送録画ニアライブ残念過ぎて喝です!何チャンネル持ってるんですか⁉️
    って言いたい…
    WOWOWオンデマンドも5~6回チャレンジして漸く繋がったけど、途中で切れて再チャレンジし直して〰️

    コールシュライバー戦も頑張れ✊勝てる❗️
    愛称コーリィだから蒸し暑い丑三つ時は🍧かき氷なぞいかが? 蜜買って来よう🎾

      引用  返信

  • 久々の勝利、それも感動的な勝利💛

    相手も良かったからこその、いいゲーム。
    さすがにランキング上位だと思いました。

    1stセット、錦織5-4でWOWOWの無料ネット中継が見れなくなった。どうしたんだろう?
    仕方ないからNHKのBSの少し遅れての放送に切り替えました。
    そのシーンがやってきたらディミさん、全くの別人、余り良くなかったバックを、回り込んでのフォアに切り替えブレーク。
    タイブレークでは誤審(ですよね)に熱くなっても5連取でセットをゲット。
    2ndセット最後に速いサーブが効かなくなったと思ったら、3rdセットではスピードを殺し確率重視?で進撃したり、諦めずに追い続けてポイントゲットしたり。
    などなど、劣勢になった時に、それを立て直すディミさんの力が良く見えた試合でした。
    ファンになりそう。

    それに打ち勝ってしまう錦織選手の対応力が素晴らしい。

    でも例によって疲れる(私でなく錦織選手が)試合です。
    またナダル神にたどり着くころ(たどり着いて欲しい)には、疲れ切っているんだろうか?
    それでも撃破して、土神の座から引きずり降ろして欲しい。

      引用  返信

  • こんにちは。
    ほんとにすごかったです。よかった。忍者も出たし。
    わくわくが戻ってきましたねー。

      引用  返信

  • 本当によく勝ち取った試合でしたね。うれしくて久しぶりにコメントします。
    もう見てる人にとっては決勝でも良かったんじゃないか、の試合でした。主審の判定も色々ありましたね。チャレンジあってもいいのにな。
    とにかく、おめでとう!!

    団長、いつもありがとうございます!今後もよろしくお願いします。

      引用  返信

  • ライブ しっかり見れませんでした😢根性なしなので ドキドキすぎて途中トイレやハミガキに逃げましたm(_ _)m
    勝ったのを見て テレビで追っかけじっくり観戦。
    いつ何時も腰を据えて応援できるメンタルが欲しいです。
    こんなにドキドキをくれるまでに戻ってきてくれた事 ホントに嬉しい!これから先に進むのは時間がかかるかもしれないけど待ちますとも!

      引用  返信

  • なっちさん,
    私もあの青年の応援がすごく嬉しかったです。
    特に終盤、もうドキドキハラハラに耐えられず、
    鼻血ブログからのメールを開いて楽になってしまおうかと何度もスマホを手に取った
    メンタルの弱い私の心の支えになってました。(NHKBS観戦でした)

      引用  返信

  • 私めは、鼻血が出難い体質なのか、ほどんど鼻血を出したことがありません((+_+))
    しか~し、昨日は朱肉を買いに行ってた・・・代わりに鼻の下に塗っとくか(≧◇≦)

      引用  返信

  • トマトケチャップ・・・(ΦωΦ)
    使ってるのが少なくなったので買ってきたら、母も買ってきた・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    使えますね~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 昨日の試合、また見ちゃいました(^◇^;)
    団長さんがレビューで書いてくださったように、勝敗を左右する局面が3セット
    を通してそこらじゅうにあって、ポイント獲得総数は全く同じ!(◎_◎;)
    錦織選手が紙一重と言ったのは実に実感のある言葉でした。
    クレーが苦手か?と言われていたデミトロフ選手がここで勝ったら、また躍進の
    きっかけになってしまったかもしれませんd( ̄  ̄)
    でも、デミトロフ選手が好調で素晴らしいプレーを見せてくれたからこそ、一層
    昨日の勝利の意義は大きいものになったので感謝です。

    1回戦ではタイブレークをものにして、2セット目の展開を楽に取りきれた経験、
    2回戦ではタイブレークを取れず、相手に先行を許す中で気落ちせず、最後の1球
    まで諦めずに追いかけ勝ちをつかんだ経験をしたことは、錦織選手がずっと言い続
    けてきた勝負勘を取り戻す最高の形だったなと思いました。

    次戦で錦織選手は何を手にするんでしょう(´-`).。oO
    急成長する青年のようですね(^_−)−☆

    下団さん、食べ物を粗末にしちゃあいけませんよ(笑)

      引用  返信

  • 昨日の試合を見終わった時からテンション上がったまま、充実感!!(笑)

    今宵も錦織圭を応援出来る幸せ!
    楽しみでワクワクです~

    Come on,kei(o^-‘)b !

      引用  返信

  • ゆうたさん、情報ありがとうございます。深夜2時みたいなので、生での応援は、私は無理ですね。
    勝った試合を金曜日にゆっくりとみたいものです。

      引用  返信

  • N.Hさま
    ご返信ありがとうございます。
    私も午前2時観戦は・・・微妙ッス😓😓😓

    ここは是非とも勝ってもらい、金曜日に先ずは日ハム戦が超高速で終わってもらい、QFをゆったりと見れるように出雲大社方面に祈るのみです!🙏🙏🙏

      引用  返信

  • あけび さん、3年前の全仏時に、ケチャップライスをレッドクレーに見立てて、9日間の間に10食オムライスを作って食べました(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    ケチャップは、この季節の縁起良い食べ物です(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • 下団さま 内田さんの記事ありがとうございます。
    また胸が熱くなり涙。

      引用  返信

  • 昨夜の試合は凄かったですね。興奮し過ぎてなかなか寝付けませんでした(@_@)
    そして今日のモンワリの暑さ! (;^_^A  
    シューアイス(凍るシュー)とアイスバーで“コールシュライバー戦に備えようかと思っています。

      引用  返信

  • 下団さん,
    まあ!そういう意味深い食べ物だったのですね。私も今回の全仏では、ぜひ!
    でも下団さん、そのケチャップ鼻の下につけようとしてたでしょ、擬鼻血(^◇^;)
    それはダメよ!って、ちょっと言ってみたかったんです♪(´ε` )

    紹介記事読みました。みっちままさん同様二人の見つめ合う写真を見た瞬間、
    涙出た。握り合う手と見つめ合う眼差しが、内田さんの記事と重なりました。
    ケイ、ここまでよく戻ったね ……
    いい試合ありがとう………
    という感じの二人だけがわかる心の内を感じ取りました。
    いい記事ありがとうございました。

      引用  返信

  • 団長にフード送ったあと、こちらに来たら、ミルクティーさんと、バーボンさんが今日ドンピシャのフードあげてくれてました
    次回、ぜひ使わせてください!
    ROMさんのは、うふふっ、です

      引用  返信

  • つるみさん、
    有難うございます。ホントにアツく応援してくれていましたね。ポリ袋さんも、きっとその青年のことをおっしゃっていらっしゃいますよね。
    錦織君にも、きっと届いていたよね。
    昨日は、ディミトロフ選手の誕生日❗だったのですね。なんて、言っていいか……。とにかく素晴らしい試合を、してくれてありがとう❗ですね。

      引用  返信

  • なっちさん、つるみさん、そしてポリ袋さん。
    本当に熱い応援でしたね。思わず錦鯉イタリア支部員かと思ってしまいました(^^;)
    あんなに間近で熱い応援をしているのに、当たり前ですが錦織選手が無反応なので、少しは反応してあげてもいいんじゃないかとちょっぴり思ってしまいました(^^)
    2ndセットを取った時は、ダンテコーチの後ろの席の子どもが飛び上がって喜んでいて、ああ、こんなところにも圭の熱烈なファンがいるんだと感無量に感じたのを思い出します(^^)

      引用  返信

  • 内田さんの記事の2人の描写、素敵ですね。
    そういえば、錦織/ディミトロフ、2年前のブリスベンでダブルス組んで良い試合をしてたのを思い出しました。
    エルベール/マウに勝って、もしや優勝かと期待したてら、ディミトロフの怪我で棄権してしまって残念だった記憶があります。
    いつかまた一緒にダブルス組んでくれないかしら。
    錦織選手のダブルスもたまには観たいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。