全豪オープン直前記事

全豪の話題がメインになってくると思いますので記事を立てます。

錦織のいないグランドスラムがまた始まります。
全豪より翌週からのチャレンジャーの方が気になってしまいますが、杉田が堂々のダイレクトイン、西岡も復帰してきてそれぞれソック(第8シード)、コールシュライバー(第27シード)と対戦。
添田が予選決勝まで進んだものの、惜しくもノバク(ジョコビッチではないですよ。)にファイナルセット2−6で敗退。

マレーは欠場しますが、ナダル、フェデラーは出場しますしバブリンカ、ジョコビッチが復帰。
昨年後半に台頭したディミトロフ、ソック、ゴファンとの争いや、若手の成長によりかなりの群雄割拠状態が予想されます。

錦織がいれば・・・と思っていまいがちですが、復帰したら錦織にもチャンスがあるということだと思います。
とにもかくにも、まずは錦織が元気に復帰し、徐々にでも力を戻していくことが大事。それが出来てから欲を出せばよいと思います。
ここはじっくりとライバル達のテニスの観察をして、錦織が復帰したときの楽しみにしたいですね。
錦織が実力を取り戻しさえすれば、ほとんどの選手と勝ち負けできると思いますからね。

しかし日本からは実は観戦しづらい時間帯なんですよね、全豪オープン(サラリーマンにとって)。
私はたまたま数日、アメリカに行くことになっています眠い目を擦って見ることにします。

オーストラリアに選手はみんな行っていますが、誰も居ないフラッシングメドウを見学してきますw

78 件のコメント

  • 西岡選手も、杉田選手も👏👏👏
    2018 全豪オープン、嬉し過ぎる〜
    だいあんさん、ありがとう💕

      引用  返信

  • 杉田選手、凄くないですか❗いやヤバイです。西岡選手共に格上を倒しました❗ホントに春から、縁起がええでえーv(^o^)ええでぇーええでぇー(2回目パクり、下団さん)

      引用  返信

  • ゆうた さん、西岡選手の勝利のコメントでも触れましたが、現行のツアー制度になってから、錦織選手以外で、GS男子シングルス本戦でシード倒しを演じた初の選手が西岡選手で、それに杉田選手が続きました\(◎o◎)/!よって、初の快挙ですぅ~\(◎o◎)/!
    ツアー大会では、2012年のチェンナイ250で、予選から添田選手がベスト4、杉田選手がベスト8に入った時に、達成されているかどうかですかね~(。´・ω・)?

      引用  返信

  • 杉田選手、全豪初勝利!おめでとうございます!
    いやぁ~、凄かった。特にBP握られてからのキープが、もうシード選手って感じでした。安定のバックハンドは今日も健在。
    ソック選手はやはり痛めていた股関節?が気になっている様子だったし、杉田選手も途中から脚にきている感じだったけど、二人とも素晴らしいショットが最後までありました。
    トップ10選手に初勝利でもあるわけで。
    西岡選手ともども2回戦も頑張ってください\(^o^)/

      引用  返信

  • なっち さん、使用を許可しましょう
    (/・ω・)/どうぞ~🎁ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)ええでぇ~(V)o¥o(V)

      引用  返信

  • 下団さま
    情報ありがとうございます。

    チェンナイって確か杉田選手が当時トップグループにいたアルマグロ選手を追い詰めた気が・・・しかし大会自体が消滅しているので調べられないですね。

    と思ったら、ツアー大会では昨年のIWで西岡選手が大先生&ベルディヒ選手を錦織選手がミュラー選手を破っていました。

    GS男子でも錦織選手以外は無かったのですか・・・

    そして西岡選手のAO後の路線も又色々変わるかもしれませんね。

      引用  返信

  • 下団さま、ゆうたさま、

    2012年チェンナイ(2018年からプネーに移りましたが、2017年までのチェンナイの記録はプネーのトーナメント情報の下の各年の記録から辿ることができます。メンフィス→ニューヨークとかも一緒です)は、添田選手が2Rでドディグ(5)、QFでワウリンカ(3)を破り、杉田選手が1Rでロクス(8)を破っていますが、同日ではないでしょうね。ちょうど100年前の1920年頃の第一次日本男子黄金期(熊谷、清水、柏尾)とか日本女子黄金期の沢松・伊達時代にあるのかもしれませんが、少なくとも現行制度で同日というのは初の快挙ではないかと思います。

      引用  返信

  • ゆうた さん、錦織選手が絡むと、少し有りそうですね~(`・ω・´)ゞ
    ちなみに、杉田選手、全英、全米、全豪の3大会でシングルス本戦勝利を挙げましたが、これは、4大会全てで勝利を挙げている松岡氏、錦織選手以外では、初めてです\(◎o◎)/!
    杉田選手:全豪、全英、全米
    鈴木選手:全豪、全英
    添田選手:全豪、全英
    伊藤選手:全豪、全米
    太郎選手:全仏、全米
    西岡選手:全豪、全米

      引用  返信

  • 禮 さん、調査ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    現行のATPツアー制度が成立してからは、日本男子に厳しい状況が続いていましたが、こんな嬉しい日が来るとは・・・\(◎o◎)/!
    次は、松岡氏、錦織選手以外でも、GS本戦で3R進出も果たしてほしいですね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 禮さま
    情報ありがとうございます。
    チェンナイの過去情報ありましたか。てっきり新設の場合は前の大会の過去情報が消えると思い込んいました。

    同週&同国&同クラスの場合は、引き継ぎになるのかもしれませんね。

      引用  返信

  • 団長さん、寒いさむいNY出張お疲れさまです。ツイート楽しませていただいています。

    真夏のメルボルンも日が落ちると急に寒くなります。
    杉田vsソック戦のあと、嬉しさのあまり放心状態でしたが、普段なかなか観る機会のない試合を観ようと思って、あえてコート19のルードvsアリス戦を選びました(NORICHANさんなら絶対おすすめだろうな、と)。
    すごく競ったいい試合です。ルード君の応援団が大音声。

    日本語のサイトの表記でクェンティン・ハリーズって誰よ?と一瞬、思いましたが、カンタン・アリス君じゃないですか。生で見たのは初めてですが、すさまじい音で豪速球サーブ打ってます。
    錦織選手の弟分(?)ルード君、バランスがとれてていい選手ですね。

      引用  返信

  • すみませんm(_ _)m
    現行のツアー制度で~~~
    と、よく表現していますが、日本勢を例にハッキリと分けるならば、松岡修造さん以降で~~~と考えていただければと思いますm(__)m

      引用  返信

  • 今日は、杉田選手と西岡選手が勝ってくれて、とっても嬉しいですね。
    そして、少し気の早い話ですが、二人とも2回戦を勝つと、何と二人の対決が3回戦で実現します。もったいない気もしますが、実現すれば、少なくとも一人は4回戦進出が確定。
    二人とも今日のテニスができれば、充分チャンスがあると思うので、まずは2回戦を頑張って欲しいですね。そして、太郎選手も、女子勢も続いて欲しい。
    (追記:実は、昨年の全米でも太郎選手と杉田選手が二人とも2回戦を勝っていれば、3回戦での対戦が実現していたのですが、その時は、杉田選手の対メイヤー選手はともかく、太郎選手の対戦相手がナダル選手だったので、現実的には相当厳しかった。)

      引用  返信

  • nakaさま、

    はい、ソック小山は、シードのソック(8)、アンダーソン(11)、コーリィ(27)が1Rで敗退し、残りのプイユ(18)は現在セットカウント1−2で、下手をしたらこの小山のシード4人が全員姿を消すことに。まるで杉田選手と西岡選手に4Rはおろか、QFに進出してくださいと言われてるような(小生は逆フラグは(あまり)ありません、笑)。杉田選手の2Rの相手は、カルロビッチ大先生(初対戦)ですが、今日の大先生、エースは3−0の試合で21個とフツーの出来でした。西岡選手vsセッピも初対戦ですね。

      引用  返信

  • 杉田選手、西岡選手に続いて素晴らしい勝利でした。おめでとうございます!!
    来客のため一番肝心な4セット目が見れなかった。歓声が聞こえる度、気になって気になって。でも勝利の瞬間、コートに倒れた姿を見た時ジワッと来てしまいました。
    技術的なことは分かりませんが、杉田選手の仙人度がパワーアップして、ピンチに動じない不動心みたいな心の強さを凄く感じました。
    二人とも幸先の良いスタートが切れましたね。明日は太郎選手ガンバレー。

      引用  返信

  • さま
    プイユ選手、負けました。
    この小山、ついに下手をしちゃいましたね。

      引用  返信

  • 連投失礼します。杉田、西岡の8分の1の山は、杉田よりランキング高い選手はいません。うまく行けばベスト8に入れるかも。

      引用  返信

  • zhong-taoさん,

    マジですか?!
    すごいことになりましたね~

    WOWOW解説の村上さんがおっしゃっていましたが、杉田仙人クラスの選手にシードがつかないのは他の選手にとっては迷惑でしょうね。

      引用  返信

  • ゆうたさま、

    やっぱり逆フラグにはなりませんでしたね(笑)。QFへの道は拓かれた!昨年のマイアミで錦織[2]山で、錦織+ベルダスコ以外6人のシード選手が3Rにも上がれず、錦織はそのベルダスコを3Rで破ったのを思い出しました。あー、あの時は絶好のチャンスだったなあ。

    zhong-taoさま、
    おっしゃるとおり、プイユは2014年から5年連続1R敗退ですね。プイユは昨シーズン、タイブレ12連敗の記録があります。連敗だとWTAのムラデノビッチが14連敗で記録更新中です。なぜかフランス勢ばかりですが。

    今日はAOトップ・ハーフ32試合のうち、実に10試合で5セットマッチ、うち2試合は2セットダウンからの逆転(ズムヒュール、トロイツキ)、2試合は最終セット11−9で決着(シュワルツマン、ルード)とすごい試合が多かったようですね。だいあんさまは堪能されたことでしょう。うらやまし。

      引用  返信

  • こんばんは。今年も全豪に来ています。
    昨年は、到着の翌日にフェデラー戦、あとは、悲しい1週間でした。毎年、錦織選手が渡豪まで勝ち残っているかヤキモキしていました。
    今年、初めて1回戦から来たら、西岡選手、杉田選手の活躍を観ることができ、楽しいです。
    西岡選手のコートは、座席が少なく、入れない人が溢れていました。
    岩渕キャプテンと高田コーチも、席がなくて。。
    背もたれに、コーチ席と書いてあるはずの席が満席で見つからず、なんとか、係員に探してもらいました(^-^;)
    杉田選手の試合後、失意のソック選手が、ベンチにシューズを忘れて帰りました。試合用でなく、履いてきた私服用。近くの席の子供が係員にお願いしてもらっていました(^-^;)
    いずれも、試合の話でなくて、ごめんなさいm(__)m

      引用  返信

  • なおっちさんも今日、観にいらしていたのですね。
    西岡vsコールシュライバー戦が行われたコート5、確かに観客席が少ないんですよね。しかも注目の両選手。コートチェンジの時も人の入れ替わりがあまりなく、けっきょく入れないまま立ち見の人もたくさんいて。
    ソック選手のシューズの件は気づきませんでした。

    禮さん、ルードvsアリスの4時間16分におよぶ死闘、風と寒さに震えながら最後まで見届けましたよ。両選手とも素晴らしかった。でも1回戦は試合数が多いので、観たい試合が時間的に重なってしまうんですよね。残念ながらヴィーナスvsベンチッチも、シュワルツマンvsラヨビッチの4時間近い激戦も、アンダーソンvsエドマンドも見逃しました。

      引用  返信

  • 今更ながらGSのスケジュールを見直してみると、AO、WB、USOは(天気が持てば)2日間で1Rを消化、RGだけは(今年は)3日間で1Rを消化するのですね。ライブ・スコアを追っているだけで、初日から「余は満腹じゃ」状態になりますね。西岡vsコーリィの勝利の瞬間のビデオを観ましたが、日本人応援団の「よくやった〜、よかったよ〜、ありがとう」という声援がすごかったですね。大きなスタジアムの雰囲気もいいけど、やっぱり小さいコートで間近に観るのが一番ですよね。ルードvsアリス戦観戦はよいチョイスでしたね。メルボルンはここ数日涼しかった(というか寒かった)ようですが、今週末にかけてまた40℃近くなるようです。寒暖の差が激しいですが、だいあんさま、なおっちさま、他現地観戦のみなさま、体調にお気をつけて。

      引用  返信

  • 太郎選手 7-6、6-7、4-6、1-6 敗退(T_T)
    第1セットの取り方が良かっただけに勿体無い(*´Д`)
    次の大会で頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 太郎選手残念でした。何か浮上のきっかけが欲しいですね。
    まだシーズンは始まったばかりなので、これからです。頑張って!!

      引用  返信

  • おけい さん、太郎選手、昨シーズンの全米後にコーチとの不仲?もあって、スペイン拠点から日本とUSAに拠点を移しました。
    全豪後は、北米ハードシーズンに参戦予定ですし、色々と試行錯誤している時期かもしれませんね・・・(*´Д`)
    仰るように、どこかで飛躍のきっかけを掴んでほしいですね(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 全豪アプリとウェブサイトですが、公式Twitterに次々と文句が寄せられています。極め付けは「メルボルンにいるのに何も見れない!」。
    去年が良かっただけにファンからの不満はかなり大きいようですね。「去年のに戻せ!」という意見が多いです。

    私も観たいカードが見れないストレスはかなりあります。やはり一回贅沢を味わうとダメですね(^◇^;)

      引用  返信

  • 下団さん,
    太郎選手の情報ありがとうございます。
    試行錯誤の最中なんですね。心機一転が良い方向に行きますように。
    いいものを持っているのに生かしきれていないような。だから余計に残念な気持ちになります。下団さんの顔文字も悲しそう。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。