激戦必至!2018全米オープン2回戦 vs. モンフィス プレビュー

2018 US Open (Grand Slam)
2nd Round
Kei Nishikori[21] vs. Gael Monfils

現地時間 2018年8月30日(木) 19:00以降(この日の第4試合)
日本時間 2018年8月31日(金) 8:00以降(この日の第4試合)
@ Louis Armstrong Stadium

※ 日本とNYの時差は13時間(日本が早い)
※ 第1試合は現地11時開始。

試合の展望

毎回毎回大接戦となってしまうもんフィストの対戦。
対戦成績は3勝1敗とリードしているものの、すべての試合がフルセット。しかも3回連続でファイナル・タイブレークでの決着と、とにかくもつれます。
一昨年のオリンピックでは何本もMPを凌いでの錦織の勝利。
逆に昨年のモントリオールでは何本もMPを凌がれてのモンフィスの勝利。
この敗戦は全く錦織らしくなく、元気がないと心配していたらその後、手首の故障で戦線離脱となってしまいました。

ということで、激戦は必至。
2回戦にして山場の一つと言って良いでしょう。
これからはすべての試合が強敵です。一戦一戦大事に戦っていくしかありません。

錦織の1回戦の戦い方は見事でした。
酷暑のニューヨークでは体調不良で棄権する選手が続出し、ジョコビッチも勝利こそしましたが、リタイアしそうな状態になりました。
比較的気温の落ち着いた時間帯に試合ができたことは錦織にとってラッキーでしたし、体力の消耗なく圧勝したことで2回戦に対する体力的不安はありません。

対するモンフィスは掴みどころがない部分はあるものの、身体能力とテニスのセンスは抜群。
シコラーのイメージがあり、守備的すぎる一面もありますが、打とうと思えば凄い球を打つことができます。
攻撃的に来られたらかなり怖いのですが、なぜか後ろでラリーの組み立てを楽しむかのようなプレーをしたり、アクロバティックなプレーをしたり、かと思えばネットプレーを連発したり、よくわからない部分があります。

深夜番組の「新三大◯◯」で、「モンフィスの三大アクロバティックプレー」(タイトルうろ覚え)として、モンフィスのアクロバティックプレーが「ものすごいけど全くポイントに結びつかない」プレーとして紹介された時は非常に面白かったです。

と、魅力たっぷりな天才同士のプレーは毎回楽しみです。
前回の負けは、とにかく錦織らしくはなかったのですが、悪いなりに勝ちかけるところまで行きました。
ファイナル・タイブレ負けは非常に悔しいことは悔しいのですが、そういった心理的な印象に左右されず、「勝ちに最も近かった負け」という側面を認識した方がと思います。
手も足も出ない負けよりよっぽど良いです。

前々回のオリンピックは劇的でしたね。確か、ものすごく遅い時間帯(明け方近く)だったと思います。
あれは痺れました。勝負強さにもしびれましたし、モンフィスのプレーが迫力満点だった。
あのプレーをされたら怖い。攻撃的でした。

プレーの安定性や戦略性は錦織の方が上だと思うので、とにかくモンフィスを調子に乗せないプレーを心がけて欲しいです。
ラリーはさせてくれるでしょう。少々ミスが出ても修正するタイミングはあると思います。
2回戦も涼しい時間帯で、体力的な心配が少ない今、5セットマッチは、修正力の高い錦織にとって有利だと思います。

さあ、気合を入れて応援しましょう。

試合情報

対戦相手

Gael Monfils (FRA) ガエル・モンフィス(フランス)

  • ランキング39位(最高6位)
  • 31歳、193cm、80kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):23勝14敗 (錦織は24勝13敗+チャレンジャー5勝1敗)
  • 直近GS4大会の成績:18WB 4R、18全仏 3R、18全豪 2R、17全米 3R

過去の対戦成績

3勝1敗
2017 Montreal Outdoor Hard R32 Gael Monfils 67(4) 75 76(6)
2016 Rio de Janeiro Olympic Outdoor Hard QF Kei Nishikori 76(4) 46 76(6)
2016 Miami Outdoor Hard QF Kei Nishikori 46 63 76(3)
2014 Halle Outdoor Grass R16 Kei Nishikori 61 36 63

放送予定

TV

  • WOWOWライブ 8月31日(金) 0:00〜 (ナイトセッション 7:55〜)

ネット

応援フード

アイデア浮かばずモンモンとしていましたが
おばっちさんのおかげで作れました!

赤ちゃん用のスナックにもあるようですが、5件目でこれゲットして終了!

圭くん、暑い中、エア圭しなくていいからね~(でも見たい)

micchi

20 件のコメント

  • 個人的にリオオリンピックでの対モンフィス戦は、デルレイビーチの対ブレーク戦、USオープンの対フェレール戦と並び、私の中の錦織3大神試合のひとつです。

    手に汗握る接戦も楽しみですが、今回はどうか難なく3回戦に進めるよう、祈っております。。。

      引用  返信

  • 新三大「ガエル・モンフィスののっちゃうとすごいテニス」
    のようですね。「全てポイントに結びついていない」シーンをピックアップしたのでしょうが、あのナイツ塙のナレーションは今でも耳に残っています。

      引用  返信

  • モンフィスは、凄く楽しくて面白いテニスを展開して、見る分にはいいのですが、いざ桂くんの相手となると話は別です。
    楽しくなくてもいいので、錦織選手のストレート勝ちをお願いします。モンフィスのテニスが目立ちすぎると悪い展開で、錦織選手の右拳が沢山見ることができれば最高の展開です。
    勝利を期待して、「フレーフレー、錦織」とエールを送ります(^^)

      引用  返信

  • 団長さん、新三大・・・。私も覚えています!
    同じ深夜族でございましたか、何だか嬉しいです。

    今回は、モンフィス選手の方がフィジカル的に微妙なようで、色々ありそうですが、
    錦織選手には、惑わされず、淡々と自分の戦略テニスを展開して欲しいです。
    その上で、ファンタスティックなテニスが楽しめればいいなぁ~。

    お姑さんの下団さんに、生意気! って言われちゃいましたが、
    フォアに頼らなくても、総合力で進化しているんだから、大丈夫って感じで、自信を持ってプレーしてましたよねぇ~、それが継続できますように。。。

    前レスでうさぎさんが仰ってましたが、本当に、フェデラーっぽくなっていると思います。
    ユニクロに習って、ジョコさんからフェデさんへ、更にその融合へ!
    夢は膨らみます。

    micchiさん、お役に立ててうれしいです。
    しかも、アーモンドに、煎餅(全米)、なんて、最高ですね、納得!

    ROMさん、前レスですが、光栄だなんて・・・。
    こちらこそ、若いROMさんと同じ発想ができて、ウキキ、です。

    何があっても、どんな局面でも、明るく前向きに、楽しく応援しましょう!

      引用  返信

  • 「新三大…」もちろんオンタイムで見ておりました!!懐かしいな〜。私某Mさんの大ファンで、テレビ番組はほぼ追っかけております。「〜の知らない世界」の修造さんの回も見ました。深夜枠の時代か見てます。
    身体能力が高く、まじめにテニスをすればGSタイトル取れるんじゃないかと思ったりしていました。あのプレースタイルゆえに怪我が多いのがなんとも残念ですが、魅了される選手であることは間違いないですね。何かやってくれるんじゃないかとついつい期待してしまいます笑。
    今回も縺れる展開になることは覚悟していますが、絶対に勝てると信じて応援します!!きっと2人でルイアームストロングの観客席を感嘆と感動と歓声で溢れさせてくれるでしょう!

    おばっちさま、私若くないですよ。家族に「おとなげない」とはよく言われますが…(^◇^;)。

      引用  返信

  • micchi師匠の当該のお煎餅が、近所に無かったのですが、ダイジョーブ💪
    フツーのお煎餅と、我が家の駄猫様用🐈の高級⁈煮干し🐟、アーモンドを用意して、順番に、パリパリ、カリカリ、頂きまっすぅ😚
    あと、牛乳で、とってもヘルシーな朝ご飯じゃあ〜りませんか😸

    モンちゃん💓、大好きだけど、今回だけは変えるぅ。アーモンドと小魚頂きまっすぅ。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    間違いなく、もつれるでしょうねーー。^^;
    覚悟して応援します。  頑張れー錦織選手!! \(^o^)/

    祈 必勝
    晩御飯は魚料理に変えたモン!!
    錦織選手はモンフィス戦でプレイを変えてみると言ってたモン!!(神氏の記事にて)

    ※ 現地観戦の皆さま、熱中症に十分注意して応援よろしくお願いします。\(^o^)/

      引用  返信

  • 序盤の山場が来ますねー。
    モンフィスのプレイを見ていると、瞬発力はあるけど持久力がないタイプなのではないかと。
    ポイント間でよく休んでますし。
    スーパーショットの連発は出来ないので、チャンスを待つ間にラリーが続き守備的に見えるのではないかと思っています。(勝手な推測ですが)

    故に、錦織からすると、叩かれない程度の精度良いラリーを粘り強く続けること、リターンをとにかく返すことが重要なのではないかと思っています。
    相手の体力を削っていき、後半は気力も削る!そうすれば快勝もあり得るかと。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビューを読み勇気凛々です、ありがとうございます。
    リオ五輪の時のモンフィス選手との激闘、今でも鮮明に憶えています。再三のマッチポイントをしのいで勝利を手にしたとき錦織選手、感きわまっていましたね。見ているこちらもも感動のあまり、テレビの前に座りこんだまま泣いてしまいました。

    モンフィス選手は一か八かのギャンブルショットを仕掛けてくることがありますが、必ずしも成功するとは限らないので、ミスが続いたらその機に乗じて、たたみかけるように攻めていきたい。
    今夜のルイアームストロング、自由席もありますが、コートにより近い指定席も(アーサーアッシュ・スタジアムの上位席と違って)さほど高くないので、お財布と相談して「そこそこ」の位置の席を押さえました。全力応援してきます。

      引用  返信

  • 掴みどころのないモンフィス選手に、どんな戦略、プランで臨むのか、楽しみですねー。縺れないで、サクッと行って貰いたいものですが………
    モンフィッシュ(小魚入りアーモンド)、年寄りには、グッド❗(カルシウムとビタミンE)初戦の勢いのまま、皆さんの験担ぎも実を結んでくれますよう。錦織君ファイト❗

      引用  返信

  • 今回の対モンフィス選手との試合、錦織選手もチームも対策をしっかりと立てていると思います。ただ、相手のあることですので、その対策がどこまで通用するかは、当然ながらその時の相手と本人の調子に左右されます。いずれにしても団長さんが書かれているように、今回の錦織選手は久々に万全の体調のもとで臨めそうですので、5セットマッチの中で十分、状況に応じた修正力が発揮されるのではと期待しています。是非楽しんで、かつ、勝って欲しいと思います。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございました。
    「大接戦になってしまうもん♪フィストの対戦」???(♪は私のイタズラ 笑)
    スミマセン。゚(゚´ω`゚)゚。 笑っちゃいました。パソコンって時々おもしろい変換
    しますよね。

    さて、団長さんのプレビューを読み、1回戦の試合をオンデマンドで見ました。
    7-6 3-6 ……いい試合になってるのかな? からの………6-0 6-0 ?????
    ずっとは見ていられなくて飛ばし飛ばしでしたが、なんだか変な試合でした。
    モンフィス選手らしい一見やる気がない脱力系プレーはわかる。そして力まず
    いいショットをすまして打ってノンリアクション…。相手の選手がやる気がな
    いわけではないらしいけど、ネットひっかけミスが多すぎて(モンフィス選手に
    ミスをさせられているようでもない?)本気を出す前に終わっちゃったのかな?
    明日に向けて参考になるような情報は入手できませんでした(笑)
    錦織選手に対しては本気でぶつかってきますよね?確かにいいショットもあり
    ましたし、相手のネットプレーにもほとんど対応して打ち返してましたから、
    錦織戦でのモンフィス選手はきっと別人と思った方がいいですね。

    それでも!それでもですね!!
    昨日の試合のハイレベルなプレーを見たあとでは、負けるという気がしない……
    というのは、どうなんでしょう?危ない結論ですかね?(と、自分に言い聞かせる)
    団長さんの「激戦必至!」を覚悟しつつ、私の心の奥底に(でも案外、さっとイケ
    ちゃうんじゃないのかな?)という気持ちをしまっておこうっと。
    「チームケイがどんな攻略法を考え、錦織選手がプレーするのか」
    こういうテーマでめちゃくちゃ楽しみなのは、私は初めてかもしれません。

      引用  返信

  • あけびさん,
    「大接戦になってしまうもん♪フィストの対戦」←最後は、お互いラケットを捨てて、男らしく拳と拳での殴り合いで決着ですかね→そして友情が芽生える的な???(笑)
    みんな、この誤変換にはクスッと笑っていたと思います(^^)
    モンフィス選手の1回戦は、相手の選手が暑さでヘロヘロになっちゃったんじゃないかな~?と推測しています(まだ暑い時間帯だったみたいですし)。

      引用  返信

  • nakaさん,
    あっ、そっかあ(^◇^;) みんなわかっていて黙ってクスッとしてたのか…
    揚げ足取りで書いたんじゃないことはわかって!団長さん!(笑)
    それにしてもnakaさん、この一文から想像力を働かせますねえ。
    確かにそんなイメージ浮かんでしまいました(๑>◡<๑)

    相手の選手は暑さに………なるほど。そうかもしれません。

    あっ!もうすぐ大坂選手の試合が始まってしまう∑(゚Д゚)
    このまま起きてなきゃ(´⊙ω⊙`)

      引用  返信

  • USO2回戦錦織vsモンフィスですが、モンフィスはハムストリングの故障で、USO直前のトロント、シンシナティ、ウィンストン・セーラムをスキップして、5週間ぶりのプレーです。サーブとトップスピンのデータをみてみると、

    1)サーブ速度
     
     錦織      最速  第1  第2
     2018年平均     177 146 km/h
     USO1回戦  190 171 140 km/h

     モンフィス   最速  第1  第2
     2018年平均     183 157
     USO1回戦  204 167 146
            (127 104  91 mph)

    ◯ 錦織のサーブ速度は、USO1回戦マーテラー戦では、2018年平均よりも−6km/h遅かった(サーブイン率55%だったがプレースメントは良かった)。
    ◯ モンフィスの1回戦バグニス戦サーブ速度が異常に遅かった。1stは2018年平均よりも−16km/h、2ndは−11km/h。ハムストリング故障明けの影響なのか、暑さで脱力してたのか?なので、錦織vsモンフィスの試合開始時に、モンフィスのサーブ速度が戻っているのかに注目です。

    2)トップスピン

    錦織とモンフィスのトップスピン率は、興味深いことにFHもBHもほとんど同じです。

    2018年平均
           FH    BH 
    錦織    2978 1987 rpm
    モンフィス 3000 2070

    レキップ紙の記事では、モンフィスは「サービスでフリー・ポイントを取れるように良いタイミングを選ばなければならない」と言っているので、脱力して体力温存しつつ、重要な局面では(いつものように)突然ギアを上げてくる作戦なんだと思います。

    新装なったアームストロングですが、フェデラーが西岡戦の後の記者会見で、「今年のUSOのコートは近年に比べて非常に遅い。アッシュは外のコートより少し速いかもしれないが、聞いたところでは、アームストロングは練習コート並みに非常によく跳ねる。(夜のセッションではさらに遅くなるので)トップ選手には有利だろう。遅いサーフェスなので、攻撃的な選手はスマートにプレーしないといけない」と語っています。なので、フィジカルが完全でない分サービスのフリー・ポイントに頼ると言うモンフィスに対して、錦織がより有利な条件だと思います。お互いにラリーが得意でラリーが続くでしょうが、クレーも得意で様々なボールを混ぜてゲームを組み立てる錦織には良いコンディションだと思います。マーテラー戦では、 早い段階でストレートにDTLを打って展開を早くした点が最も良かったと思いましたが、今日も安定したサーブによるリズムのあるサービスゲーム、堅実なサービスリターン、深いリターン、多彩なショットによる主導権を握ったラリー、を期待したいと思います。過去の試合では長い試合になりましたが、今日は3−0を期待です(根拠あんまりなし、笑)。

      引用  返信

  • ちなみに、2016−17年のCPIのまとめのプロットはこちらにあります(2018年のCPIのデータはまだ見たことがありません)。これらのデータは全てセンター・コートです。CPIは条件(昼夜の気温、大会後半は摩擦係数が減って速くなるとか)で変わります。昨年のUSOはカナダやシンシナティ並みのMediumでしたが、今年はマイアミと同じMedium-slowではないかと思います。ただし、フェデラーのコメントにあるようにアッシュは少し速いようです。ボールはウイルソンで、他の北米大会のPennのようには飛ばないはずです。東京は昨年CPI=38でMediumです。プロットの2ページ目には、錦織のストリング・テンションのデータを纏めてあります。右手首のケガ以降、かなり低いテンションで試合をしていることが知られていますが、(今年の試合中に拾われた張替え要求のデータとかだと)、
     ローラン・ギャロス 39/37Lbs
     トロント      40/38Lbs
     シンシナティ    39/37Lbs
    と一貫して40Lbs以下とテンションは低いままです。テンションが低いとパワーは出ますが、コントロールが難しくなると言われているはずです。

      引用  返信

  • モンフィスとの試合はいつも死闘になりますが、もっと楽に勝てるはずなのに錦織がモンフィスを乗せてしまってように思います
    大事なところでいつも鋭いカウンターをくらい雄叫びと共に乗せてしまってる
    乗せてしまうと手がつけられないけど、ここぞのところでの勝負弱さを感じます
    思い出すのが14年の全米の順々決勝のフェデラー戦です
    2セットアップで3セットも有利に 進めてたのに意味不明な芸術的な
    パホーマンス( ・∇・)Ψ( ̄∇ ̄)Ψ!Σ(×_×;)!での大逆転負け
    やってしまうんでしょうね、派手なパホーマンス
    あれには笑いました
    解説も言ってました、”何の意味もない”で大逆転負け
    フェデラーはフェデラーで、その影響でセミファイナルのチリッチ戦は疲れきってボロボロでした
    なので錦織圭としてはサクッと勝ちたいですね
    乗せたくないですよね
    モンフィスやシュワルツマンに楽に勝てると錦織圭も乗ってくると思います

      引用  返信

  • なんだか、ソワソワしちゃって、早くから起きてます🍘📣
    なおみちゃん、ストレート勝利、おめでとうございます㊗️
    ソワソワ、パリパリ、カリカリ、牛乳🥛ガブリ…はうぅ。
    意味の無い駄コメで🙇‍♀️💦

      引用  返信

  • お、パープルバージョン!
    写真で見るより、濃い色合い。似合っていると思う。
    パンツの色もきれいだ。

      引用  返信

  • あのう……なぜこの真新しい会場に、大画面が1面しかないの?南側に座ってる人たち、振り返って見ないといけない。
    もう1面は壊れてるのかしらん?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。