芝への順応は調整中でも、勝負強く勝利(2016ハレ1回戦)

2016 Halle (ATP 500)
1st Round
Kei Nishikori[2] def. Lucas Pouille, 6-7(5),6-1,6-4

私はナイトセッション(笑)のため1stセットタイブレークから、チラ見での観戦でした。

見始めは、恐る恐るプレーする錦織に対しプイユが思い切りの良いプレーでポイントをもぎ取っていくという印象を受けました。
タイブレークは2ポイント目で長い長いラリーの末、プイユのショットがライン際をとらえて0-2に。
その後5-2と逆転するものの、追いつかれて5-5に。ここでプイユのリターンが深く入って錦織のフォアがネットを叩きます。
いかにも芝の速いサーフェスに適応していないというミスの仕方でした。
最後はプイユがアングルにボレーを決めて1セットダウンに。

ただ、このセット最初はまったくダメだったようで、ほとんどポイントが取れていない状態が3ゲームほど続いたようですが、それでも最終的にはタイブレークまで持ち込んでいましたし、
スタッツを見ても1stサーブの確率以外はそんなに悪くない感じでしたので、まあ大丈夫かなと思って見ていました。
錦織がウィナー5エラー8、プイユがウィナー13エラー18でしたので、プイユがリスク承知で積極的に攻めてきて、錦織は堅実にプレーしたのかなという感じでした。

2ndセットは期待通り錦織が気持ちを切り替えて6-1。本当に切り替えが上手いです。
前に入るテニスを心がけていたように見えました(ガッツリは見ていないので、印象)。

セットオールになったところで錦織が左わき腹の治療でMTO・・・。ここは過去に痛めたことがあるので心配です。
やはりクレーコートシーズンのダメージ蓄積があるのか・・・とヒヤっとしましたが、再開後は問題なさそうでした。
ファイナルセットはキープが続きますが、3-3で勝負強くボールを繋げた錦織がブレイク。
このリードを最後まで保って2回戦進出です。

プイユはランキングを急上昇させてきているだけあって、強かったと思います。
思い切りのよいフォアからネットプレーに繋げていました。
錦織も参考にしているというサーブは、確かにいいフォームですね。速度も平均で200km/h弱と十分。

錦織は芝への順応はまだまだでしたが、勝負という意味では良かったと思います。さすがです。
フォアのストレートが課題ですかね。もう少し早く体勢に入って腰を落とせるといいのですが、次はもっと順応していると思います。

まずは1勝!
とにかく左わき腹が悪化しないことを祈るのみです。

127 件のコメント

  • あっ、45P加算されて4155Pですね。
    勘違いしてました(^^;;
    すみません💦

      引用  返信

  • @ryo さん
    申し訳ありません5位確定というのは間違えで、ラオニッチ今週優勝の場合抜かれます。
    また芝ポイントについて、52週前というのは不正確でした。

    ウィンブルドンのシード決めのためのポイントは
    ① 来週月曜日(つまり1週前)発表されるエントリーポイント。(ふつうはこれでシード順を決めます)
    ② 全英より1週前の月曜日を起算日としてそれより前の12か月、つまり2015のNottinghamより2016のHalleとLondonまでの芝大会のポイントの総計。
    ③ さらにその前の12か月の芝大会のポイントの最大値。
    この3つの合計で決まります

    錦織の場合
    ① 今週の結果を踏まえて、4155P
    ② 2015全英45P+2016ハレ45P=90P
    ③ 2014全英180P×75%=135P
    ①+②+③=4380(前年の全英のポイントを間違えて入力していました)
    となります

      引用  返信

  • 赤黄色さん、詳しい解説、ありがとうございますm(__)m

    スッキリしました!!
    ロンドンにも、注目します^^

    圭がウィンブルドンに間に合うことを信じて!

      引用  返信

  • 亀こめ🐢で、失礼します。
    自分では投稿したと思ったのに、反映されてなくて…、認知症、難聴、と老人力が素晴らしいあじゃこでございます。

    錦織選手の棄権は、前回の試合を拝見する限り、非常に賢明な判断と、私は思います。

    ゆきんこりさんとアウトバーンドライブ🚗楽しいな〜。Twitterの写真も拝見して脳内変換し、まるでご一緒してるみたいです!
    次回も、ハレレポート、楽しみにしています。
    圭くん棄権は残念でしょうが、圭くん居なくても大丈夫なゆきんこりさんの素晴らしいレポーターぶりを見せて下さいね😉

      引用  返信

  • がびりんこ😱
    今、確認したら、反映されてないのではなくて、板間違えていたのでした💦🙇🏻

    老人力がついた、のも事実ですが、単なる慌て者……

      引用  返信

  • @赤黄色 さん、
    WBのシード試算ありがとうございました!
    #4シードでなければ、#5だろうが#8だろうが大勢に影響ないですもんね(笑)

      引用  返信

  • 昨日の結果を受けてのシード順です。
    ところどころ間違っていたので修正しました。

    1(1) Novak Djokovic 16950+(2000)+ (2000*0.75)= 20450
    2(2) Andy Murray (8505+L-90)+(720+L)+(500*0.75)= 9555(max10510)  (LondonQF)
    3(3) Roger Federer (6335+L-90)+(1200+90+H)+(1200*0.75)= 8615(max9435)  (HalleQF)
    4(5) Stan Wawrinka 5035+360+(360*0.75)= 5665
    5(6) Kei Nishikori 4155+(45+45)+(180*0.75)= 4380
    6(7) Dominic Thiem (3175+H-250)+(20+45+250+H)+(10*0.75)=3587.25 (max4247.5)  (HalleQF)
    7(9) Richard Gasquet 2905+(720)+(150*0.75)= 3737.5
    8(10) Milos Raonic (2965+L-90) +(90+L)+( 720*0.75)= 3685 (max4505)  (LondonQF)
    9(13) Marin Cilic (2605+L-90)+(360+L)+(360*0.75)=3325(max4145) (LondonQF)
    10(8) Tomas Berdych 2950+180+(90*0.75)= 3197.5
    11(11) David Goffin (2780 +H-45)+(180+H)+ (150*0.75)= 3162.5(max3982.5)  (HalleQF)
    12(12) Jo-Wilfried Tsonga 2725+90+(180*0.75)= 2950
    13(14) David Ferrer 2605+45+(45*0.75)= 2683.75
    14(15) Roberto Bautista Agut (2150+L-90)+(180+L) + (250*0.75)= 2562.5(max3427.5) (LondonR16)
    15(18) Nick Kyrgios 1855+180+(360*0.75)= 2305
    16(19) Gilles Simon 1720+(45+360+45)+ (180*0.75)= 2305
    17(16) Gael Monfils 2110+90+(90*0.75)= 2267.5
    18(17) John Isner 2055+(90+45)+ (90*0.75)= 2257.5
    19(20) Bernard Tomic (1670+L-90)+(90+45+L) +(45*0.75)= 1928.75 (max2748.75)  (LondonQF)
    20(21) Feliciano Lopez 1630+(20+45) + (250*0.75) = 1882.5
    21(22) Philipp Kohlschreiber (1600+L-90)+(10+150)+(45*0.75)=1823.75 (max2703.75)  (HalleQF)

    ウィンブルドンのシード決めのためのポイントは
    ① 来週月曜日(つまり1週前)発表されるエントリーポイント。(ふつうはこれでシード順を決めます)
    ② 全英より1週前の月曜日を起算日としてそれより前の12か月、つまり2015のNottinghamより2016のHalleとLondonまでの芝大会のポイントの総計。
    ③ さらにその前の12か月の芝大会のポイントの最大値の75%。(ここ書き忘れ)
    残りは今夜にでもあげます

      引用  返信

  • @赤黄色 さん、
    スゴい!ありがとうございます^^
    現ポイントとmaxポイントに大きな開き(例:ラオの3685と4505)があり「なんでっ?」と一瞬思ったのですが、①②にLondonのポイントがダブルで加算されるんですね。

    ラオくんがLondon優勝したら圭くんより上位シードになるんだ・・・、なんかズルっ子(笑)

      引用  返信

  • 6/20から全英予選が始まります。全英は予選会場が本戦会場とは別で、ローハンプトンで開催されます。
    日本勢は男子5選手、女子5選手の 計10選手が参戦予定です。
    1人でも多くの選手が本戦会場に辿り着いてほしいですね( `ー´)ノ

    ランキングは 6/13日付です。
    男子 本戦DA
    錦織圭選手 6位
    ダニエル太郎選手 110位

    女子 本戦DA
    土居美咲選手 48位
    日比野菜緒選手 70位
    大坂なおみ選手 93位
    奈良くるみ選手 94位

    男子 予選DA(128ドロー・32シード)
    杉田祐一選手 102位
    伊藤竜馬選手 105位
    西岡良仁選手 118位
    添田豪選手 154位
    守屋宏紀選手 226位
    *西岡選手までが予選の上位シード(1~16)入りかと思いますm(__)m 

    女子 予選DA(96ドロー・24シード)
    尾崎里紗選手 122位
    桑田寛子選手 152位
    江口実沙選手 171位
    加藤未唯選手 175位
    日比万葉選手 177位
    *尾崎選手が予選の上位シード(1~12)入り出来るか微妙な状況ですm(__)m

    皆さん、頑張れ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • @下団 さん、情報ありがとうございます( `ー´)ノ!
    予選も上位シードに入れると入れないで大きいですよね^^;

      引用  返信

  • すぅー さん、ランキング試算のピンチヒッター、ありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!
    ただ、ランキング試算の記事が、かなり後ろになっていますし、ケイメヒコさんの記事へのコメントは団長さんへ通知されない?みたいですし、せっかくのコメントが埋もれてしまって勿体無いです。
    この後にでも再掲されたら、団長さんに何とかしていただけるかもしれません(/・ω・)/シュワッ!🐓

      引用  返信

  • @下団 さん、了解しました^^; 訂正&アップデイトして再掲します。

    ケイメヒコさんが多忙のご様子ゆえ、ピンチヒッターにトライしてみます。代打なので簡易バージョンであること、また不慣れゆえミスが多いと思いますが、皆さんのご理解とフォローをお願いします^^;

    ★ランキング試算(2016年06月20日付)ハレ後★

    錦織選手のランキング関連データ(6月13日現在)
    現在ポイント 4290   本年の対戦成績 32勝10敗
    現在ランキング 6 (+0)
    本年記録 年初 8位 最高位 6位 最低位 8位
    生涯最高位 4位(2015.03.02) 生涯最高ポイント 6385(2015.08.17)
    トップテン在位週間 95  現在継続週間(2014.09.08) 92  過去最高継続週間 92

    現在レースポイント 2680  レースランキング 5位 (-1)

    3位の選手とエントリーポイント  Federer (SUI) 6745
    
5位の選手とエントリーポイント  Wawrinka (SUI) 5035
    
10位の選手とエントリーポイント  Gasquet (FRA) 2905

    今週のハレ(ATP500)は残念ながら2R棄権でした。

    6/20付け (6月17日現在) 
    今週の基礎ポイントは4110です。 現在点4290-失効点180=4110

    2回戦敗退 4155 (+45点) 対Mayer

    現在の錦織選手(4155)を超える選手はいません。6位キープです。

    試しに「(置き換わりターゲット/Next Best)」を追記してみました。精査不足かつ、わかりづらかったらスイマセン。
    【例:ティームはハレでFinal進出(+300pt)以上じゃないとBest18の250ptと置き換わらないため、pt加算がない】

    [上位ポイント] 6/20付け (6月17日18:40現在)
    1 Djokovic  16950  16950 ○ 不参戦 +0  16950
    2 Murray  8915  8415 △ 次QF +180(-/0)  8505
    3 Federer  6745  6245 △ 次QF +180(-/0)  6335
    4 Nadal  5335  5335 ○ 不参戦 + 0  5335
    5 Wawrinka  5035  5035 ○ 1回戦敗退 +0(45/0)  5035
    6 錦織 圭  4290  4110 ○ 2回戦敗退 +45(-/45)  4155
    7 Thiem  3175  3175 △ 次QF +180(250/0)  3175
    8 Berdych  3030  2940 ○ 1回戦敗退 +0(-/10)  2950
    9 Gasquet  2905  2905 ○ 1回戦敗退 +0(-/0)  2905
    10 Raonic  2965  2875 △ 次QF +180(-/0)  2965
    11 Goffin  2735  2735 △ 次QF +180(45/0)  2825
    12 Tsonga  2725  2725 ○ 不参戦 + 0  2725
    13 Cilic  2605  2605 △ 次QF +180(90/0)  2605
    14 Ferrer  2605  2605 ○ 1回戦敗退 +0(45/0)  2605

    [参考] 6/13付け 日本人ランキング
    6 Nishikori 4290
    102 Sugita 551
    105 Ito 540
    110 Daniel 535
    118 Nishioka 506
    154 Soeda 357
    226 Moriya 238
    270 Uchiyama 185
    337 Sekiguchi 140
    367 Santillan 125
    381 Kibi 121
    414 Uchida 105
    450 Takeuchi 88
    465 Ochi 83

      引用  返信

  • 赤黄色さん
    キャー!素晴らしい!!
    シード21のコーリーまでのっけてくれて、ありがとうございますm(__)m

    コーリー、ウィンブルドンでは、何とか1勝してほしいなあ。全豪では圭、全仏ではアルマグロに初戦敗退して、今季まだGS勝利がないなんて、気の毒すぎる…(^_^;)

    あとガスケには、是非、8シードに入ってもらいたいです。チリッチに抜かれることはないですよね、、
    ロンドンは、やっぱりアンディに優勝してもらおっ😁

    下団さん、日本人選手情報ありがとうございますm(__)m

    個人的には、全仏で悔しい思いをしたヨッシーに頑張ってもらいたいのですが、足の怪我が心配です。
    芝って、やっぱりデンジャラスなんですね。
    みんな、怪我に気をつけて、頑張ってほしいな*\(^o^)/*

    すぅーさんの試算記事が、埋もれなくてよかったです^^

      引用  返信

  • すぅーさん、ありがとうございます。
    今からちょっと外すので後ほどアップしますね。

      引用  返信

  • 団長さま、ご配慮ありがとうございます。
    すでに週末ですし、わざわざ記事立て頂かなくても結構ですよ^^お任せいたします♪

      引用  返信

  • 団長さん、トイレ長いなw
    ティーム、決勝進出の可能性、出てきましたね^^;

    すぅーさん、ちょっと質問なんですが、
    ティームのレースポイント、その他の大会の合計が1580Pでハレ準優勝の場合、ハレ300とミュンヘン150が置き換わり、2910Pになると思っていたのですが…
    決勝進出では、ナダルは抜かれないですよね(・_・;?
    いろいろ、分からなくてすみません😅

      引用  返信

  • @ryo さん、
    レースポイントは今年1年間に獲得したポイントなので、増えるのみです♪
    書いてて自信がなくなってきたのですが、ベスト18大会とかの縛りはないはずです(^-^)※違ってたらどなたか訂正お願いします。

      引用  返信

  • 違和感は正解でした(^^;
    レースポイントも上位18大会の縛りがありますね(*_*)初歩的な勘違いをしててごめんなさいm(._.)m

    ティームのブレイクダウンをまだみてないのですが、ryoさんのご指摘が正しいのだと思います。

    追記:ティームは今期ハレが16大会目なので、レースポイントはまだ増える一方でした!

      引用  返信

  • @すぅー さん
    レースポイントというのは分かりやすくした目安だけで、正確にはパリ終了時のランキングがファイナルズ出場の条件なんですね。なので、18大会縛りはあるということですか~

    ランキング試算は難しいですね。やっていただいているみなさまのご苦労に頭が下がりますm(__)m ケイメヒコさん、すぅーさん、本当にありがとうございます

      引用  返信

  • すぅーさん
    調べていただき、ありがとうございますm(__)m
    ここで、質問すれば何でも教えてもらえると思ってる…自分😅
    ティーム、どこまでいくのかな^^;
    今日のSFも怖楽しみです!!

      引用  返信

  • 現時点でのレースランキングは、最大でも
    今後に開催される、MS4大会、GS2大会を除く12大会分になりますね~
    ティエム選手は
    全仏720点、全豪90点、MS4大会計370点、アカプルコ500での500点、250大会3優勝の750点、リオ500での180点、ハレのSF進出での暫定180点の 12大会分
    合計で2790点になります。
     
    錦織選手は
    全豪360点、全仏180点、MS4大会計1500点、バルセロナ500での300点、メンフィス250優勝の250点、ブリスベン250での45点、アカプルコ500での45点、ブリスベン250での45点の 11大会分
    合計で2725点です。

    見難くてすみませんm(__)m

      引用  返信

  • あれっ?ティーム12大会でした?
    自分でカキコしておきながら16って多いなぁ~と思ってました(^^; スマホではいろいろ見づらいザンス(笑)

    下団さん、補足ありがとうございます(#^.^#)

      引用  返信

  • 下団さん
    詳しいポイント解説、ありがとうございますm(__)m

    レースもGS、MS12大会を除く6大会のベストしか積めないということですね。
    ティームは、500の大会で決勝進出か250で優勝するしか、その他の大会では上積み出来ないって、すごいな…(^◇^;)

    圭には、ハードで抜き返してもらいましょう!!
    ウィンブルドンでもいいけど😉

      引用  返信

  • すみませんm(__)m錦織選手でブリスベン250が2つになっていますが、片方はハレ500の45点です。

    すぅー さん、ティーム選手は16大会に出場していますが、その内の12大会がレースランキングの対象になっております(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • @下団 さん、
    なるほど!今後開催されるGS2とMS4の6大会はティーム出場義務だから、現時点で予め4大会分はレースポイントから省いて12大会分で計算しているんですね♪

    スッキリしました!ありがとうございます(#^.^#)

      引用  返信

  • こちらでランキング試算されていたのですねー。今朝ようやく気付きました。

    ロンドンの決勝がマレー対ラオニッチです。仮にラオニッチ選手が優勝するとATPランクでティーム選手を抜き、レースランクで錦織選手を抜きます。うかうかして入られませんね。でもここのタイトルはマレー選手が意地で守るかな?

      引用  返信

  • ハレ決勝、10代優勝が見れるか注目ですが、
    ロンドン決勝、マレーvsラオニッチ(レンドル対マッケンローとも云うw)こちらも注目ですね。
    ラオにレースで抜かれたくないし、500で優勝されるのもなんか悔しい。ロンドンは、マレー先生にタイトル守っていただきたいな^^

    レースランキング、3位から6位まで接戦ですね。ウィンブルドンは、ぜひとも自己最高ベスト8に入って、360P積んでほしいです!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。