錦織、マッチポイントを握られるも気を引き締め直して逆転勝利!(2016バーゼル準決勝)

2016 Basel (ATP 500)
Semifinal
Kei Nishikori[3] def. Gilles Muller, 4-6,7-6(3),6-3

4−6,4−5でマッチポイントを2回握られました。
1本目はライン一杯に入ってきたアプローチを下がりながらのロブで、
2本目はサービスエースで凌ぎました。

神がかっていましたが、1stセット4−2からのバックハンドのミス連発は「どうしちゃったの?」という感じでした。
2ndセットは締まったプレーを続けていましたが、ミュラーのサーブを崩せず、このゲームはやはりミスを出してピンチを迎えました。

気が抜けてしまった要因はあとで分析しますが、とにかくその後、同じ過ちを繰り返さないところが良かったですし、さすがでした。
2ndセットはタイブレークは慌てずじっくりラリーして危なげなく取りました。

ファイナルセットはリターン返球率を高めたゲームをきっちりと1つ作りブレイク。
無駄なミスが減りました。

最終的には実力通りの結果ですが、負けてもおかしくなかった。
どんなプレーヤーでもこういう試合をすることがあるもの。
たまにはこういうプレーで負けることがあるのが普通ですが、それでも高確率で錦織は勝ち続けています。
ジョコもマレーもそうです。
とても重要なことです。
反省点はあると思いますが、勝つと負けるでは大違いです。
サービスが良かったのが救いだと思います。

バックハンドはストレートが今大会ずっとですが、内側に入ってしまいます。
今日はフォアハンドも振り上げ系のスイングで、エースが取りにくい弾道でした。
ネットプレーやドロップショットが良かったと思います。
とにかく負けなかった。これは非常に大きい、大きい勝利です。

普通にストローク戦をやってる分には劣勢になるはずはない実力差でしたが、ミスが重なる場面を何回か作ってしまったことと、
バックのストレートを打ちあぐねていた中、クロスが浅く入ってフォアのストレートのカウンターを食らってしまったことでなかなか波に乗れませんでしたね。
ミュラーのバックハンドは怖くはありませんが、ストレートへのスライスがきっちりライン際に入ってくるのと、打つタイミングが意表をついているので効果的でした。
あと、丁寧にプレーして、中盤までは早いミスがあまりありませんでした。
ファイナルセットはさすがにリターンミスや早いストロークミスが増え、錦織は楽になりました。

サーブは、デュースサイドのセンターを多用するかと思いきやかなり散らしてきました。
でもやっぱり欲しいポイントではこのコースに打ってきていたので、次の対戦のためのデータにして欲しいと思います。
このコースはスライスサーブで、体から逃げていくので本当に取りづらいです。左利き特有です。読めてもなかなか取れません。
とにかくビッグサーバーに対しては返球率を高めることが一番のブレイクへの近道ですから、データを駆使して読みを当てるように頑張って欲しいと思います。

決勝はチリッチかズベレフか・・・
500と言えども負けたくない試合が続きます。
今季2勝目、絶対取らせたい!

67 件のコメント

  • ここにもいましたね(。-`ω-)
    Kazu@金髪美女 さんにΣ(゚Д゚)喝ーッ! H本老人のように安くありません(`・ω・´)ゞ
    失礼しました~m(__)m

    Kazu@JPN さん、正直、11年の ウィンストンセーラムでの対戦のイメージと、錦織選手が怪我からの復帰戦で、ここまでの対戦相手が右利きで、しっかりと打ってくるタイプばかりだったので、嫌な予感がしていまして・・・
    ミュラー選手のいなしに少しリズムが崩れたところに、そこに付け込んできたベテラン選手の巧さでしょうか・・・
    セットオールに追い付いてからは、安心して見ていられましたが・・・
    まぁ、こういう試合をしっかりと拾えているから、この地位に定着しているのでしょうが、改めて、その凄さを感じた一戦でしたね~(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • @だいあん さんのコメントを読む前に間違ったことを書いてしましました。
    改めて聞き直すと確かに
    Big time players make big time plays, Jason, on big time points. ですね。

    Robbieさんは普段からたびたびJasonと言っているように聞こえ、Jasonって誰だろうと思っていたのですが、てぃさんのコメントを読んでそれはchasingだったのかもしれないと一度は思い直したのですが、実はJason Goodalさんへの呼びかけだったわけですね。

      引用  返信

  • てぃさん、あそこはbig time place, Jason と隣のJason Goodallの名前を言ってますね。
    Jason:おぅーーーやった。(錦織に残された)これしかないというショットを決めた!
    Robbie:ビッグタイムプレーヤーはビッグタイムポイントのときにビッグタイムプレイスに打てるんだよねジェイソン。
    ビッグタイムを使っているのは、すごい選手とか、偉大な選手とか(偉大はオーバーか)まあ、彼らは普段の試合でもよく錦織がいつグランドスラム優勝するかくらい話していますし(怪我がなければ)、いつも現在のトップの選手の一人として期待して見ていますよね。
    あとは、ここぞのポイントとか、ここしかない場所とかかな。
    この後、ジェイソンが、普通の選手なら思い切って(まともに)打って相手に(ボレーされて?)決められるのがありがちなプレーだけど、錦織はこういうことができるからすごいんだよね、みたいなことを言っていたと思います。録画していないから聞き返せないんで曖昧ですが。

    あ、他の方もコメントされてました。今更で失礼いたしました!

      引用  返信

  • ほのぼのさん、

    日本テニス選手権、NHK-BS1で今日11時から放送ありますね!
    綿貫×内山の決勝戦、解説は阪井さんです。

    もうすぐじゃないですか~。
    仕事で見られないけど。

      引用  返信

  • この勝ち方この調子なら次もスイスイ!と思っていると大苦戦

    これじゃ先が思いやられる、と思っていると次の試合はスカッと勝つ

      引用  返信

  • 下団さま
    下団さまから与えられたお仕置きが そそっかしい私の間違いで山籠りから山登りになってしまいました。
    お詫びを申し上げ山籠り期間を延長させていただきます。
    今朝 録画を見かえしてみても 一つミスしたら終わりの場面でよくぞ凌いで勝ちきれたもんだと。
    自分を奮い立たせて集中しなおして 錦織選手の必死の形相に勝利への執念を感じ感動しております。

      引用  返信

  • 解説の話題が出ていますが、最近なぜ辻野氏はGAORAに出てこないのでしょうか?マイアミ以来記憶にないです。佐藤武文氏と辻野氏が個人的に好きな解説者なので、この2人にもっと登場してもらいたいです。

      引用  返信

  • だいあんさん
    これですね、ありがとうございます!big timeでひとまとまりで1流のとかとても、という意味なんですね。な、というJasonさんという名前を言っていたんですね、これも盲点でした。
    Jasonさんは滑舌がいいし、割りといつも状況のことをありのままに実況解説するので何を言っているのか大体想像がつくのですが、Robbieさんはいつも少し凝ったこと言おうとする?分からないことも多々、人に聞きたいなと思うことがあります。前田・稲葉・古田のコンビがどれだけ盛り上げてるのか、野球でもサッカーでも元選手が複数(あるいはここにライターさんが加わるとか)で解説というのは普通にあることだと思うので、テニスも大分視聴者も増えたはずだしここは予算をつけて頑張ってほしいところです。それかせめて実況者にもう少し自由な発言を認めるか。解説者の役割が1人しかいないと、1言言って実況者が相槌を打ってはいお終いとなってしまう。複数の解説者が短的なコメントを重ねていくスタイルのほうが選手のビックプレーもよりワクワク感が高まります。個人的にはダバディさんをスタジオで女子アナウンサーと一緒によいしょ用員として使っていることが間違いだと思います。彼に「いやーすごかったですねー」とか言わせているだけだともったいないので、彼は実況とか解説の場所に据えるべき人材だと思います。選手へのインタビューで起用されていることには既に満足です。

    zeugさん
    確かに、あの場面での連続ビックサーブもホットショットと言えそうですね!現実的にサービスエースの場面が選ばれることはないとしても、ロブは画面にはえるがまあ咄嗟に打ったのが入るか入らないかというだけの話でもあり(すごかったが)実質的重要性で言えばあのサーブの場面のほうが試されていと言えるでしょう。
    錦織君のスライスサーブ昨日もよかったですが、団長さんがおっしゃるようにミュラーのデュースサイドのセンターへのサーブがやばかったです。Left winder、右利きの選手にあれをとれというのはラオニッチのワイドへのスライスよりもキツイかもしれない。

      引用  返信

  • leiさん、私も出掛けないといけなくて、録画で後ほど見ます!
    正直、二人どちらも、応援したいです…

    3兄弟で一番期待の薄かった(修造さん曰く)陽介くんが、どんなプレーをするのか、圭くんの試合の前に楽しみですわぁ(^o^)

    そして
    海外の解説や実況を聞くのは、それだけでこちらも興奮します。圭くんを褒め称えられてるのとか、自分じゃないのに嬉しくって(笑)

    細かな訳なども教えていただけて、ここは有り難い場所ですm(__)m

      引用  返信

  • @てぃさん、「解説者の役割が1人しかいないと、1言言って実況者が相槌を打ってはいお終いとなってしまう」まさにここです、ここ。私がいつも日本の実況・解説に違和感を抱いていた点は。ワクワク感を高めてくれる解説、実現すればいいですね。
    JasonさんとRobbieさんのお名前を教えていただいたので、テレビ観戦がますます面白くなりそうです。

      引用  返信

  • 本日は、
    “おめでとう〜⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾”
    のコメントのみですがm(_ _)m、改めて私はなんでこのタイミングでスイスにおらんのだろう…と思ってしまいます。すごい試合だったみたいですね。あー、悔しいっ‼︎生観戦をされたみやりさんのコメントがあるかな〜と思っていたけど、もしかしたら今執筆中かも⁈ぜひ、現地の空気を伝えて欲しいです。
    見なきゃよかったけど、明日のチケット、まだ少しあるみたい…
    圭くんのリベンジマッチ。
    バーゼルでの決勝は、いつも特別な思い入れのある選手と…です。いつも…と言っても、2度目だけど。
    明日、スイスに帰るのは夜中…
    月曜日の新聞が楽しみです!
    圭くん、あともう一つだっ‼︎
    ( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

      引用  返信

  • お互いを知りつくしての決勝。前回は圭くんの思わぬ怪我でチリッチも残念そうな表情でしたね。今度こそは勝っても負けても完全燃焼で満足度100%の戦いを見せてほしいです。

    って、もうそろそろ頃合いでしょ。心の師匠のフェデラーさんに圭はついにここまで到達しましたよ、と報告できたらいいですね。

      引用  返信

  • 痺れる試合展開でした。
    ベテラン技巧派サーブ好調のミュラーとのSF、簡単な試合にはならないと思っていたけど、まさか2MPダウンまで追い込まれるとは!
    今季4試合目のMPダウンからの勝利、ドキドキ心臓に悪いけど、私のメンタルも鍛えられました。本当に圭くんの試合は、これだからやめられない!

    昨日のSF 2試合、スコアも試合時間もほぼ同じ(チリッチのウィナーが46だけど…💦)
    今日の決勝は、伸び伸び打ち合ってほしいな。そして、もちろん圭くんに打ち勝ってほしいです!
    チリッチに勝って、バーゼル優勝のタイトルとキャリア300勝、とりましょう🏆

    ひろまるさんの現地新聞記事レポートがHappyなものになりますように🍀

      引用  返信

  • 苦しい勝ち上がりだっただけに好評価はし辛いのですが、試合後のインタビューで「ずっと冷静だった。相手のマッチポイントでは前に出てきてたからロブを打った。」と我々が思う以上にメンタル的には余裕があったのでしょうね。ミュラーからすればプレッシャーかけようとネットに出たにもかかわらず「見られてた」訳で、それは結構な差だと思います。素人の我々からすれば、あの場面で浅くなればスマッシュされて一貫の終わりになるロブなんてとても選択出来ないけど、周りが思うより余裕があってその状態のロブはミスらない自信があるんでしょうね。

      引用  返信

  • @lei さん
    しまった・・・。錦織戦に夢中で全日本テニスの録画を忘れていました・・・。
    先程ネットで結果を確認したところ、わたしの見る目に間違いがなかったことを確認できました。

    トップ選手がマッチポイントを握られてから逆転勝利と言えば、ケルバーv土居美咲でケルバーが逆転勝利したのを思い出しましたが、もしかすると、やっている本人は「おいおい、ここで負けるわけないだろう」くらいな気持ちなのかも。
    でないと、あそこでトップスピンロブなんて打てない。しかも、浅いけどタイミングが完璧。
    ミュラーが動けなかったですもんね。

    昔、ウォゾニアッキがNo.1だったころなにかのインタビューで、相手のサービング・フォア・マッチのときになにを考えているか?と聞かれたとき

    質問「あと4ポイントで負けるとき、なにを考えているか」
    ウォゾニアッキ姐さん「相手はわたしからあと4ポイントも取らないと勝てない。まだまだ終わらない」

    みたいなことを言っていました。
    メンタリティが違いすぎ。

      引用  返信

  • 勝ててよかった!

    先程録画を見直していたら、テニスに全く興味の無い夫が
    (たまたまマッチポイント2つ凌いだシーン)めずらしく見入って
    「錦織の精神力は凄いな。あんな場面でも動じないできっちり凌いだんだから。」と、つぶやいていました。
    「そうでしょ。そうでしょ。」と言いながら、うれしかったです。
    テニスに興味ない人の目も釘付けにするプレイ。
    彼のテニスの魅力はこういうところにもあふれています。
    ほんとに、彼は凄い精神力です。
    モンフィス選手との試合のマッチポイント凌いだ経験も活きたのかもしれませんね。

    この試合が楽勝ではなくて、苦しいシーンもミス連発もあって
    むしろ良かったのではないかと思います。
    課題が浮き彫りになって、改めて決勝戦に向けていい流れを作れるような気がします。
    デルポトロ選手に完璧な試合で勝てた次の試合が、昨夜のミュラー戦で、
    まさに「勝って兜の緒を締めよ。」という教訓試合になったんじゃないかと・・・。。
    (生意気に言ってしまいました。かなり上から目線でしたね。)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。