錦織圭、高度なマッチマネジメント能力を発揮!ロンドンへ望みを繋ぐ!(2018パリ2回戦 vs. マナリノ レビュー)

2018 Paris (Masters 1000)
2nd Round
Kei Nishikori[10] def. Adrian Mannarino, 7-5,6-4

ある意味これはすごい試合でしたよ。効率的に勝ったし、後半においてポイントへの嗅覚が凄かった。
錦織は明らかに疲れていました。1stセットはフォアのミスのオンパレード。リターンも合ってない。
しかし決して諦めた様子ではなかったし、この試合をどうマネジメントするか、テニス脳をフル回転させていましたね。

悪いなりにもサービスゲームは安定していました。ネットプレーが選手に引き続き好調。
マナリノも有効な打開策を持っていませんでした。
5-5で40-15とゲームポイントを握られながらも、そこからリターンを頑張ってブレイク。この辺りから何かに気づいたような錦織・・・。

ベストでないながらも1stセットを取った錦織。体力に不安が残る中非常に大きいセットでした。
2ndセットはおそらくキープに集中し、リターンゲームは体力を温存しながらチャンスを伺い、集中的に負荷をかけて取る作戦。
サービスゲームは丁寧に1stサーブを入れ、ネットプレーを混ぜつつ効率的にキープ。

マナリノがアドサイドからのワイドサーブ(しかもコートの外側に立って)から大きく開いたオープンコートへのバッククロスを得点源にしていましたが、これにヒントを得たのか錦織も浅い球を駆使し、左右に振るパターンを徐々に自分のものにしていきました。

これが決まるようになってからワイドサーブ→オープン→ネットプレーあるいはワイドサーブ→サーブアンドボレーの流れが確立。キープが安定しリターンゲームで勝機をうかがえるようになりました。

ポイントが取れそうにないドロップやオープン攻撃は積極的に追いかけず。今日の体調ではそれが賢明でした。ただこのような省エネの戦い方はリスクもあります。
おそらく、リスクの芽が出てきたときには負荷を掛けて対処する予定だったのでしょう。実際、ブレイクしたゲームだけ積極的に足を使いました。
プロジェクトマネージャー錦織のリスクマネジメントとリソースマネジメントは完璧でした。

3-3の30-0から4ポイント連続でブリリアントなポイントでブレイク。まさにここだけ集中して取る効率的なプレーでした。
1stセット5-5からもBPを1本で取った。

気づけばミスの多かったフォアも、センター中心に返したり、スピンで角度を付けたりと工夫しているうちにミスが減りました。引き続き、ストレートの攻め球は精度に課題を残しましたが、全体ではうまくまとめ、体力消耗も最小限で、今の状態を考えればベストに近い試合運びだったと思います。

これで、ロンドン争いに踏みとどまりました。イズナーも勝ったのでまだ争いは続きますが、イズナーにとってSF進出が9位の条件になったことが大きい。
条件をおさらいします。

3回戦敗退: ティーム確定。イズナーがベスト4以上またはチョリッチ優勝で錦織は出場できない。それ以外は出場できる。

注) デルポトロは欠場すると仮定していますが、まだ正式アナウンスはありません。

でも負けても良いということではなくて、イズナーも満身創痍の中、執念を見せてファイナル・タイブレで2回戦を勝利したように、全員が死力を振り絞って出場を目指しています。他力本願は期待しない方が良いです。

条件面では今の体力とコートサーフェス(昨年から速くなったとの情報が by NHK BS)、アンダーソンのプレースタイルと先週の結果を考えると、決して簡単ではない、というか厳しいと考えるのが普通かもしれません。

しかし試合が変わればテニスも変わる。条件で勝敗が決まるなら試合する必要はありません。錦織も先週から変えてくるはずで、同じ結果になるとは決まっていません。
私は今日の試合を見て、負ける可能性もあった中非常に上手くプレーして、最後の方ほど隙がナイプレーをしたのを見て可能性を感じました。
ゴールが見えた錦織は強い、この経験則が正しいことを再確認しました。
最後まで見届けるのみ。まずは今日の勝利を喜び明日も同じように応援するのみです。みんな握手しよう。

49 件のコメント

  • 私も握手!

    自力でロンドンのために、アンダーソン選手に勝ってほしいですが、
    今年もう一度フェデラー選手と対戦してほしい!
    あ、ロンドン決まればもう一度じゃないか・・

      引用  返信

  • 錦織も団長様もお疲れ様です…ホントに…
    いろいろ誤字?ん?わざとです?(笑)

    スコアは 7-5、6-4 でしたね
    省エネ作戦するしか無かっただろうなぁ
    それでも結果的にサーブキープ出来て、素晴らしいと思いました
    次戦をめちゃめちゃ考えてるのかなー、たぶん

      引用  返信

  • 初対戦で高速サーフェス、高速専用シコラーに初戦でストレート勝ち。トーナメントへの入り方も堂に入ってきてますね〜
    しかも1セット目、一番されたくないタイミングでブレークして取り逃げ。マナリノの心をちょっと折ったような。。
    こういうところは少しずつワルになってきてるんじゃないでしょうか?😏
    速いサーフェスなのにリターン結構返っていたし。
    疲れていると思うけどケガがなくて何よりです。
    ロンドンは気になるでしょうが、雑念なく一試合一試合集中してください‼︎

      引用  返信

  • 団長さんの言われる通り、ファイナル出場は、やはり自力で取りにいかねばなりますまい。しかも、錦織選手、ファイナルに出場すればそれで満足とは考えていないはず。表には出しませんが、当然、ファイナル優勝を狙っていると思います。そうであれば、どうしてもまずはファイナルで当たる可能性が高いアンダーソンに勝っておきたいという一心でしょう。錦織選手のテニス脳の働きと身体のケアも含めた陣営のサポート力の結集の成果が明日判明すると思います。

      引用  返信

  • 両手で握手からのHigh 10で!!

    苦しみながらもしっかり勝利!自力でロンドンへの切符掴み取って欲しいですね。

      引用  返信

  • 錦織選手、まずは一勝おめでとうございます!にしてもイズナー選手強いなぁ…

    あと、マクラクラン選手の今シーズンが終わりました。飛躍の一年となり、ダブルスでもたくさん興奮させられたのは彼のおかげです!ありがとう、マクラクラン選手!

      引用  返信

  • 錦織選手、マナリノ戦の勝利、おめでとうございます\(^o^)/
    握手~♪

      引用  返信

  • >リスクの芽が出てきたときには負荷を掛けて対処する予定だったのでしょう。プロ ジェクトマネージャー錦織のリスクマネジメントは完璧でした

    序盤調子が上がらない中、まさにその通りの作戦で
    チャンスを逃さず掴んでのブレークでした!(素晴らしい)
    次戦をどう戦うか……本人もコメントしてる通り今年最後大会になるかも知れない
    訳ですので悔いの残らない明日以降のゲームを期待してます

      引用  返信

  • 一度第一試合だと次の日も第一試合のことが多いような気がします。
    明日も19:00スタートか。
    対戦相手にも希望をきいてオーダーを決めるのでしょうか?
    何が何でも帰宅しますが。

      引用  返信

  • 団長さん、素早いレビューをありがとうございます。「プロジェクトマネージャー錦織のリスクマネジメントは完璧」というくだり、笑いながらも同感です。
    多少不調でもストレートで勝ち切る試合が増えてきたのは、最近の進化では?
    1ポイントを競いながら、同時に試合全体を見通す広い視野を持てるというのは、トップ選手の証ですよね。

    私も握手!

      引用  返信

  • テニス脳が素晴らしい働きをしたと思います。
    なぜか錦織選手がジョコビッチ選手に完敗するときの
    「ジョコビッチ選手の試合運び」を思い出しました。
    ゲームの取り方が巧妙で・・・。

    次はどちらが来てもすごくハードな対戦相手なので(というか次だけでなくこの大会はずっと超厳しいドローなんですが)頑張ってほしいです。
    身体は疲労してるかもしれませんが、気持ちはすごく充実してるはず。
    今年チャレンジャーから復帰したばかりの頃、ファイナル争いを想像することはできませんでした。
    もうトップに戻ることは無理、みたいな論調の意見も散見しました。それが今やこの活躍です。
    最後の最後で逆転のシナリオがある!
    と信じて応援します。

      引用  返信

  • ナダル選手、も、ラオニッチ選手も棄権❗
    満身創痍の選手達。
    錦織君の頑張りには、本当に心撃たれます❗
    ファイトしている錦織君を全力応援❗

      引用  返信

  • Let’s shake hands!!笑
    連戦なんですね。
    今日の最終ゲームでBHをミスしたあと、両膝に手を置いてがっかりするシーンがありましたが、明らかに疲れてましたね。
    一晩でどれだけリフレッシュ出来るか?
    最悪なのは故障で、それさえ無ければ良しと思い、彼らしいプレーが出来れば御の字、勝てばなお良しくらいの心構えで応援に臨みたいと思います!!
    応援フードも困りますね。クレソンの下半分でアンダーソンとか?

      引用  返信

  • アンダーソンvsバシラシビリ、バシラシビリ選手がタイブレを制し第2セットを取り返しました。

      引用  返信

  • ククシュキン選手、先週の予選から出ずっぱりにも関わらず、よくぞイズナーをここまで追い込んでくれました。
    これまで錦織君が勝ちっぱなしだったので、ちょっと彼を軽んじていたことがあったけど、先週の錦織君との試合の内容と、今日のイズナーの試合で、ちょっと尊敬してしまいました。
    イズナーとアンダーソンもフルセット、錦織君がストレートで勝ったのは大きかったですね。
    この時期になると、みんな疲労でくたくたになっているかもしれませんが、錦織君、どうか怪我をせずに今シーズンを終えてください。

      引用  返信

  • 大接戦になりましたが結局アンダーソン選手が勝ちました。
    強い! 
    バシラシビリ選手すごく頑張ってましたが、アンダーソン選手、ストロークでも負けてません。ストロークも強いビッグサーバーになっています。サーブも絶好調でした。
    今日のアンダーソン選手の試合を観て非常に厳しい試合になるだろうという予感がします。
    何か奇策があるといいんですが・・・。

      引用  返信

  • アンダーソン選手、勝ちました。
    タイブレを勝ち切ったのは流石だと思います。

    ただ、アンダーソン選手の調子が先日の錦織戦すなわち「ウィーン基準」に有るかといえば・・・「どうかなぁ?」って印象が有りました。

    錦織選手のサーブ次第でしょうか。

      引用  返信

  • ちょっとだけって思いながら、最後までアンダーソンバシラシビリ戦を見てしまいました。
    もう、痺れました!
    アンダーソン選手も、頬などがかなりこけているようでしたが、それでも勝ち切る力が凄い!
    なんだぁ~それ!・・・って、アンダーソンと語呂が合う!

    ということで、マンネリの~、の次は、
    「なんだぁ~それ」って、「いつもと違うメニュ~♪」を、応援フードにって如何でしょ?

    なんて、実は今日は、母親目線で、無理しないでって祈りながらの応援でした。
    本当に体が重そうで・・・、それでも頑張る姿に感動しました。
    そんな日のメニューは、アドレナリンが出過ぎるニンニクたっぷり肉メニューではなく、
    野菜、魚中心にしちゃいそうですが、でも、勝ちたいオーラはプンプンですから、スタミナは付けなくっちゃ!
    う~ん、体育会系男子の母だった頃の、なんとも切ない想いが蘇ってます。

    なもんで、明日は、脳を活性化する青魚の創作メニューでも考えます!

      引用  返信

  • 今日は最初の試合だったのに、明日は、最後の試合Σ( ̄ロ ̄lll)
    日本時間だと、早朝じゃん(>_<)
    一度寝て起きるしかないのか、最近、夜型の生活をしてたから、全然、起きられる自信がないぞ(TДT)

      引用  返信

  • 実は、ダイジェストがYouTubeに出ていたので見直しました。結構、冷静に見ることができましたよ。
    フォアハンドのミスは気になりましたが、危ないと思ったのは1stセットの第10ゲームぐらいで、他は安定したサービスゲームでしたね。それよりも気になったのは、ラインズマンのジャッジですね。きわどいところは、ことごとくマナリノよりの判定で、ボール1個分もアウトしたショットでも「イン」判定とは・・・・過去に於いて、マドリードMSのSF対フェレール戦の判定を思い出しました。観客がマナリノよりでも、レフリーやラインズマンの判定は公平でなくてはねぇ・・・・ジャッジに対して不満の表情を浮かべている回数が普段よりも多かったような気がしました。

      引用  返信

  • 何故かいま目の前に団子があります。
    餡団子です。
    どう考えても、妻のおやつ用ですが…。
    錦織選手のために小生がパクッといただきます。
    ワシも覚悟を決めたゾ❗

      引用  返信

  • ナダルが欠場し、イズナー、ティームが決勝まで勝ち上がる可能性が高まってきました。
    かたやボトムハーフは、ジョコビッチをはじめ、フェデラー、チリッチ、アンダーソン、ディミトロフと難敵ばかり。
    つくづくドロー運に恵まれないと嘆きたくなりますが、一戦一戦がんばってもらいたいです。

      引用  返信

  • 握手🤝

    レビューありがとうございます😊
    キリ丼さん同様、ダイジェスト見ました( ̄▽ ̄)
    生観戦の時に感じた危なっかさが、結局団長さんの分析通りの要所を締める展開と
    なっていて、むしろ錦織選手の思惑通りのようにさえ見えた安定感。ある意味すご
    い試合という意味がわかったような気がしました(^◇^;)
    あのブレイクした時だけですね、ものすごいフットワーク使ったのは…。
    ということは、まだ余力はあると見ていいのかな?
    前回の試合から教訓を引き出して、うまく攻略法を見つけ出せるといいんですが。
    なんとなく2度続けて負けない(ジョコを除く 😅 )雰囲気をもつ錦織選手。
    期待してしまいます。
    それにしても楽天以降ストレート勝利が多いですね。もつれる前に大事なところで
    締めることができるようになった?それも体力維持につながっているかもしれません。
    凄いな……錦織選手(´⊙ω⊙`)

      引用  返信

  • ナダルが欠場し、イズナー、ティームが決勝まで勝ち上がる可能性が高まってきました。
    かたやボトムハーフは、ジョコビッチをはじめ、フェデラー、チリッチ、アンダーソン、ディミトロフと層が厚く、つくづくドロー運に恵まれないと嘆きたくなりますが、一戦一戦がんばってもらうしかないですね。

      引用  返信

  • 昨晩もしてもらいましたが、握手〜🤝🤝

    シーズン最後の大会なのに、シードダウンがチチパスのみと、みな気合いが入ってますね! しかし気になるのがナダルの棄権。腹筋の痛みとのことで、ファイナルズ出場については「今は何にも言えない」とは… 怪我なくシーズンを終えるのは、本当に難しいんですね

    今日はイズナーの試合の方が先にあるので、その段階で仮確定ということもあるかもしれません。しかし、最終戦で元気にプレーできる喜びを噛み締めながら、ぜひウィーンのリベンジを!

      引用  返信

  • 10年前のブログを拝見してました。錦織圭選手はチャレンジャーでもまれてました。コメントも10前後です!そのころから団長様は熱く色々分析されてるのを見て、本当に好きなんだと感心しました。現在錦織圭選手の知名度が上がってますが、その頃はほぼ無名でした。あれから10年!今年はあっという間にトップ10にもどってきました。すごい。ブログも賑やかで皆様一喜一憂されてます。最後かもしれない!とい錦織圭選手のコメントを聞いて!ギリギリのとこでがんばってるのだと感じました。今年無理した分が報われますように!だけど、けがしませんように!

      引用  返信

  • ナダルが欠場ですね。昨日、ベルダスコの対戦相手がジャジリに代わっていて、おかしいなと思いましたが、そういうことだったんですね。早速、ATPオフィシャルサイトで確認しました。すると「with a knee injury」となっていて、USオープンで痛めた膝が十分に治っていなかったようです。でも、あと1週間でATP TOUR Finalですよね。大丈夫かしら・・・・
    おっと、人の心配よりも錦織選手の方が大切でした。できれば、あと2勝してSFまで行って欲しいですね。でもガオラの解説者佐藤さんが「今年のチャレンジャーからスタートした錦織選手ですよ。誰が想像できましたか。」とのコメント。その通りです。頑張った結果のご褒美ぐらいに考えましょうよ。
    それでも、Londonに行って欲しい・・・・O2アリーナの錦織選手を見たいですね。

      引用  返信

  • キリ丼さま
    knee injuryは全米時で、今回はabdominal injuryです。サーブするときに痛みを感じるとのことですので腹筋の痛みのようです。

      引用  返信

  • 団長さんもお褒めの言葉が続くネットプレーはホント冴え渡ってますね。
    昨日のネット際に手首を捻ったようにして(ちょっと冷やっとしましたけど)
    ちょこんと落としたのとか、鋭く斜めに返したのとか、見事としか言いよう
    がないです(^◇^;)拳を突き上げる時は本人も超満足なプレーのときだから、
    あっ🤭これからプレーは良くなっていくなと感じました。
    疲れていても思うようなところにショットが行ったり、サーブが良かったり、
    スーパープレーになったりする事で吹っ切れること、よくありますもんね( ̄▽ ̄)

    錦織選手本人が(この大会で)最後になるかもしれないので、全部出し切ると
    言ってくれたのが嬉しかったです。昨日それを願ったコメントをしたから(//∇//)
    錦織選手の心境は、ロンドン行きに縛られていないように見えます。
    全力でがんばるけど、結果はわからないよというスタンスは、こういう局面では
    なかなか良いのでは。だってホントにどの選手も必死ですから結果は誰にもわか
    らないです。アンダーソン戦がウィーンの時よりも納得のいくものになってほしい
    と思います。

      引用  返信

  • 最後になるかもしれないと言うのはアンダーソンに負けるのを覚悟している弱気発言ですかね?

      引用  返信

  • 団長さん、レビュー記事ありがとうございます。
    地味にというか派手さはないけど強さをじわっと感じるような、そんな感じの試合でした。
    疲れが溜まった状態でもこんなテニスが出来るなんて、これも進化の成果なんでしょうか。

    次はアンダーソン選手ですね。
    勝ってファイナルズへ前進して欲しい気持ちもあるし、ナダル選手やラオニッチ選手が怪我で棄権したと聞いて、身体は大丈夫かなと怖いような気もするし、複雑な心境です・・・。

    うーーん、私には全力応援と神様に祈ることしかできない。今日も無事勝てますように。

    勝って欲しいですが、無理は禁物

      引用  返信

  • 上記の最後の部分『勝って欲しいですが、無理は禁物』は消去したつもりでしたが、残っていました。スイマセンm(__)m

      引用  返信

  • おばっちさんと、白髪30%さんの、『なんじゃ〜それ』『餡団子』脳内リピートしています笑笑

    もう来た!リベンジマッチ、アンダーソン!!
    早朝観戦のお供に。
    簡単にカロリー摂取出来る、手軽で便利な抹茶餡団子。

    『ベンリ、マッチャアンのダンゴ、一気にパクッ』
    圭くん、エネルギーキープして頑張って!

      引用  返信

  • こんにちは。
    (この度の)怪我復帰後の試合は何かが違っていると感じていて、全米準優勝時くらいと比べても大人なプレーだなあと思っていましたが、言葉にすれば「ゲームのマネジメント」なのだと納得しました。
    マネジメントは大人の得意分野で、必需品ですね。いつも上手くいくとは限らなくても。

      引用  返信

  • みなさまが指摘されていた、コメントがすぐに反映されない現象、初めて経験しました。
    ほぼ同じ内容のコメントを2つ上げてしまいました。失礼しました。
    ついでにそのコメントを少し補足させてもらいますと、ナダルがいなくなった今、ハチャノフ、ズべレフがイズナーを止めてくれればいいのですが、突破してしまうと、勢いにのって決勝まで進出してしまうのではと心配しています。
    ティームもチョリッチを破れば準決勝、決勝進出の可能性が高まりますし、チョリッチが勝てば勝ったで差を縮められてしまうため、痛し痒しの状況だと思います。
    とにかく、出来るだけ先に進んでくれるのを祈るしかないですね。

      引用  返信

  • コール修羅場ぁさん,
    私は負けるかもしれないという弱気発言には聞こえませんでした。
    こればっかりは相手次第な部分もあるわけで、ファイナルに出られなければこの大会
    が最後というのは事実なので、そう言ったのではないかなあ。
    錦織選手って私たちが心配する事でも、想像以上に冷静で客観的に自分のことも周り
    の状況も判断している発言があり、はっとさせられることがあります(^◇^;)
    そりゃあそうですよね。10年もの長い間プロテニス界にいて、600試合に届くかとい
    うほどの試合数を経験しているんですものね。
    私が嬉しいと感じたのは、結果はどうなるかわからないけれども、自分の全力を出し
    て戦うことを宣言したように聞こえたからです。まったく諦めていないし、勝つため
    に最後までがんばる。どんな状況になろうと錦織選手本人にできることはこれしかあ
    りませんよね。アンダーソン戦に向けて今日1日燃えている🔥🔥🔥はず!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。