13度目の正直ならず。大会全体としては大収穫(2018ウィンブルドン準々決勝)

ちょっと入れ込み過ぎて記事書く気にまったくなりません。どうまとめていいか分からなくて・・・。

シンプルな感想としては、

「ジョコ強かった」

「錦織はもったいない点もあったが、全体的にはよく頑張った」

「試合のクオリティはとても高かった。」

こんなところでしょうか。

大会全体としては大収穫!! 初のベスト8、4回戦までの勝ち上がり方、試合内容。素晴らしいのひとこと。
負けるときは大体が満足いかないものですが、今日の試合についてはジョコビッチが素晴らしかった試合。
錦織のミスも、ジョコが全部返してくるから起きてしまうミスが多かった。

とりあえずアップして詳細に書く気になるのを待ちます・・・。(7/12 0:10)

293 件のコメント

  • クラッシュさま
    おっしゃることわかります。過度な自主規制もね、過ぎたるは…ですから。私は利用規約に反しなければ、利用者がそれぞれの考えでコメントすれば良いのではないかと考えます。
    マクラクラン/ストルフ組はもしかしてロンドン行きもあるかもしれませんから応援も熱が入ります。WOWOWさん、ダブルスも配信してくれたらいいのに。GAORAもシングルスだけですね。残念。

    ワシントンももうすぐ始まります。公式HPやTwitterを読んでいると、50周年記念大会ということもあり、テニスレジェンドはもちろん各界のレジェンドの名前もチラホラと…。錦織選手なかなかのドローですが、まずは初戦突破!!私は錦織選手よりも杉田選手の相手が誰が勝ち上がって来るのか注目しています。なんとか再浮上のキッカケ掴んで欲しいです。

      引用  返信

  • クラッシュさんのおっしゃる通りで、私もこのコメント欄が全く面白くなくなったと思う一人です。自分の興味ない事を記事と関係ないから排除しようとした錦鯉たちの招いた事態だと思います。

    ROMさんの言うように、今週ダニエルが貫録さえ漂うベスト8入りを果たし、本日マクラクラン/ストルフ組がATP500の準決勝を戦う事に、誰もコメント欄に触れていません。3年位まででは錦織選手以外の日本人選手がこの様な成績を残すのは年に1回あるかどうか、ダブルスはマクラクランが来てくれるまで、だれもツアーで戦う選手はいなかった、とんでもない快挙なのに誰もこちらでは触れていません。

    私はフォーラムを見ていますが、このサイトに初めてたどり着いた人はフォーラム見ないと思います。
    団長さんの記事は面白いですが、コメント欄で錦織以外のテニス界で他の日本人、他の海外の選手たち、そのほかテニス界にどんなことが起こっているのか、情報が無くなってしまいました。私は最初テニスを見だした時はWOWOWもGAORAもTennisTVも入っておらず、錦織の試合を四大大会でNHKでちらっと見る程度でした。
    錦織が快進撃を起こすうちに、このサイトを知り、錦織以外のテニス界がどのような動きがあり、錦織の対戦選手や、どんな日本人が活躍している、ランキング、エントリーなど大会の仕組み、ほかテニスにまつわる全てのことを、このコメント欄より学んで、どっぷりはまってしまいました。
    ここさえ見ていれば、西岡選手がTwitterを更新した、内田暁さんが記事を書いた、日清のサイトにかっちょいい圭の写真がいっぱいでてきた、誰々選手が負けたから、○○シードを確保できた、いろんな情報が入ってきて、自分で調べる必要がなかったのですが、最近は全部フォーラムです。スレ違いってそんなにいけない事ですか。

    錦織選手をみていれば、他の選手がどうだとか、テニス界の動きは自然と興味が出てくることなので、スレチではないと思います。個人的には錦織のメンタルとか、栄養学とか、ケガの理論とか、そんな話は全く興味がなかったので、コメントがそのようなのでもりあがったときは、無視して読んでなかったですが、それで盛り上がっても、僕は気にしていませんでした。
    気に入らないコメントがあれば、みんなが無視すればいいものの、自分に合わないコメントを排除しようとしたり、自分に合わないコメントをする人を個人攻撃したり。
    あと団長さんにスレに合わないから新しい記事を書け、殻の記事でもいいので、コメントしたいから上げて、ってのも違うと思います。

    錦織選手の出ていない期間、若干若手に偏りがちですが、錦織選手以外のテニス界の情報をNORICHANさんがせっせと上げてくれてたのは、僕は楽しみにしていました。
    クラッシュさんのコメントに正にその通りと思って、便乗してコメしちゃいましたが、長くなったので、うざく感じたら読み飛ばしてください。

      引用  返信

  • トムさん,
    最近のコメント欄が盛り上がっていないのは圭くんが参戦している大会が無いからだと思いますよ。
    こちらは団長さんの個人ブログなので、団長さんの記事に沿ったコメントを書くのは当然ではないでしょうか?どこまでがOKなのかは各人の判断になると思います。錦鯉の方々が排除しようとしたとかは全くの誤解ではないでしょうか。

    錦織選手以外の情報(錦織選手の情報も)がお知りになりたければ他にもありますよ。

      引用  返信

  • 次の大会(ワシントン)に関するコメント、ここに挙げてもよいのではないでしょうか?
    マクラクラン選手をはじめ、他の日本人選手の活躍の話題も挙げても構わないと私は思います。
    色々な意見があることがここの強みでも有り楽しみでもあると
    私は感じています。

      引用  返信

  • 来週は錦織&杉田両選手のワシントン(綿貫選手も期待!)に、西岡選手のロスカボス、そして欧州ではプレースタイルが面白くなりつつある太郎選手のキッツビュールとATP3大会本戦コンプリートです。

    他にも成都CHという中国の高額CHにも添田選手等多くの日本人選手の参戦も有りますし、これは仕事中に寝落ちしまくる自信がめっちゃ有る自分がいます・・・(って自慢する事では無いな😅😅😅)

    こういう「見る選択肢」を増やす最大のキッカケを作ってくれた錦織選手の功績って改めて大きいですね!

      引用  返信

  • 僕も内心「みんな読みたい物を選んで読めば良いのに…他はなるだけ無視しすりゃえーのに。」とは思います。クラッシュさんやトムさんの言うこともわかります。

    が、やっぱりどれだけ素晴らしい場所であったとしてもここは団長さんの”個人”ブログですので、ブログ主の決めたルールが「コメントは出来るだけ記事に沿った内容でお願い」となってるなら、それによって多少コメント欄がつまらないとなっても仕方ないのかなぁ…とも思ってます。

    今回のように2週間ほど更新もなく新しい記事が無い状況では、コメント欄が静かになるのは仕方ないです。ずっとジョコビッチ戦の感想を語り会うのは難しいですし、かといって皆好き勝手喋り過ぎたら、コメント欄というよりはただの掲示板になってしまいます、自主規制がなければこの記事のコメント欄も話題が逸れたまま4,500コメくらいになっていたでしよう(個人的には構わないですが多分団長さん的にはそれは嫌っぽい、それにその為にもフォーラムを用意して下さってる、普通のブログならフォーラムすら無いでしょう)。

    確かにコメント欄に自粛の風潮は感じますが、まあまた更新があり、記事が立てばわりと通常運転に戻ると思います。
    それまで我慢出来ないなら、「最近静かですね…皆語りましょうよ!」と言ってみてもいいんじゃ無いですかね!笑
    意外といけるかもしれませんよ。ホントにまずけりゃ皆に(何より団長に)怒られるでしょうし、止められるでしょう。

    止められるまで何してもいい、とまでは言いませんが「フォーラムへ」と直接言われるまでは本当に言われるかわからないんですから。迷惑と思われない限り大丈夫だと個人的には思います。

    ((ぶっちゃけると、団長さんが「ちょっと今記事立てれないからこのコメント欄では先の事語っていいよ!」とか、話題逸れすぎてたら「すみませんがフォーラムへお願いします」と直接言って下さったら滅茶苦茶納得出来るんですけどね。そんな暇はないんだとは思いますが。僕のワガママです。))

      引用  返信

  • トムさん、賛同有難うございます。自分の言いたかった事ほぼ全てを代弁していただいた感じです。

    風さん、ごもっともなご意見です。が、問題はその第一声をコメントする勇気がでない風潮である、強みがなくなりつつあるということだと思います。もしこの記事のコメントで、ダニエルやマクラクランについて述べたら、それは記事と関係ないと一刀両断されるかも、と皆さん心のどこかでビビってコメント躊躇っていませんか。
    そんな風潮になってしまったのが問題なんです。

    では第一声。マクラクラン/シュトルフ組、スーパーTBを取られ準決勝敗退。惜しかったなあ。次はワシントン。これでワシントンは応援できる日本選手が増えましたね。

      引用  返信

  • クラッシュ さん、
    おっしゃってることもわかります。
    勇気を出してコメントしてみても「記事と関係ない」等々、
    言われてしまうこともありますね。
    感じ方が人それぞれなので難しいとは思います。
    先の発言は「自分はそうしたい」と言う意味も含めてのものです。
    ただ、ここは団長さんのブログですから「あくまでも控えめに」という
    但し書きも付けて、ということで・・。

      引用  返信

  • シティ・オープンのドローが出ましたね。第7シード、シャポバロフ対抗でA・ズベレフ山。1回戦はbyeで、2回戦は順当ならバブリンカです。
    できれば、QFでA・ズベレフと対戦して現在の力関係をつかむことができるような展開が望ましいかと・・・まあ、決勝でイズナーと対戦するようなことになれば、2015年の再戦ですな。(^^)

      引用  返信

  • 昔はブログ主さんが基本は削除しませんから!ということで
    自由にコメントさせてくれて楽しかったけど、
    住民が主と勘違いして暴走したり、自由を良いことに
    好き放題コメントする人が多くなって、
    仕方なく制約かけたんじゃないの?
    既に書いてる人いるけど、ここは個人のブログですよ!
    鼻血さんが書きたい時に記事を書いて、その記事にコメントするのが
    本来のブログじゃないの?
    自由に発信したかったら、自分のブログを始めるなり
    SNSで書けば良い話でしょう。僕の考え間違えてます?

      引用  返信

  • 団長は制約などかけていませんよ。論点は行き過ぎた自主規制。

      引用  返信

  • ワシントンと言えば、昨年は時間に悩まされた記憶があります。3Rのデルポトロ戦やQFのポール戦って現地時間が結構遅かった印象ですし。

    女子との共催でしかも48ドローのATP500ですから致し方ない部分も有りますが・・・

    「現地の夜遅く」は「日本時間的には良い時間」なんですが、ただでさえ今年のドローはハードなので錦織選手の負担にならない時間帯になって欲しいと切に願う次第です。

      引用  返信

  • ゆうたさんのコメントを見てワシントンのデルポトロ戦のハイライトを観ました。
    そうだった……この2戦深夜の試合となり錦織選手の寝不足が心配だったのを思い
    出しました。このデルポトロ戦は完勝でしたが、やはり2017年は今ひとつパワー
    が足りない感じでしたかね?今思えば怪我をする予兆というか不調だったのかな?

    今年の錦織選手は試合中の強気なファイティングポーズとサーブが最高(๑>◡<๑)
    今年のワシントンで興味津々なのは、ハードでのサーブが芝の時とは異なるのか?
    芝だからサービスエースが増えたのか?サーブ自体に威力が増して、ハードでも発
    揮できたらいいのですが…。
    サーブが安定していれば、錦織選手にとって鬼に金棒(╹◡╹)
    相手へのプレッシャーもかけられます!
    エースでなくとも相手の体勢を崩して素早く深いところへリターン!なんて最高!
    もうすぐ始まりますね。
    ここも熱いコメントで賑わうことでしょう╰(*´︶`*)╯♡ 楽しみ…。

      引用  返信

  • シティ·オープン楽しみですね。しかし、相変わらずのドロー運。いきなりワウさんと当たりますか⁉
    キリ丼さん, 私もサーシャとの試合観たいです。モンテカルロとはまた違ってくるでしょうし、昨年の雪辱もありますし。2015年は凄かったです。ビッグサーバー3連発を撃破しての優勝でした。サービングフォアザマッチはあまりにかっこいいので今でも時々見ています。特に優勝を決めたポイントはかっこよかった❗

      引用  返信

  • インスタに錦織選手とズベレフ弟選手の練習動画があちこちにあがっているのですが、錦織選手のラケットのフレームの柄が迷彩?…最新モデルでしょうか?

      引用  返信

  • ROMさん,

    ゆきんこりさまがツイッターで、もうすぐこちらにラケットのこと書いてくれる、と呟いてます。
    楽しみに待っているところです。

    ゆきんこりさんのツイッター見てるとホントにすごい人たちと簡単に?会えているように見えてしまい、私もワシントン行きたくなってしまいました〜

      引用  返信

  • Cathyさま
    ありがとうございます〜。最近ゆきんこりさまのTwitterは見に行ってませんでした。流石の行動力ですね!!
    ワシントンレポート楽しみに待つ事にします╰(*´︶`*)╯♡

      引用  返信

  • フラストさんの言うような、行き過ぎた自主規制ですね。

    今、フォーラムの常連の間では「南蛮渡来の庭球情報」で、フェレール選手の引退示唆が話題になっています。ミュラー、ユーズニーと言った名選手の引退もこちらのコメント欄には上がってませんが、錦織選手の数々のターニングポイントになる試合での対戦相手、今でもジョコビッチに次ぐ2番目に対戦の多い14回対戦、元世界3位の選手の引退までもが、錦織選手のウインブルドンとはスレチだと一蹴してもいいのでしょうか?

    それをスレチだと言う錦鯉とは、私は仲良くやれません。

      引用  返信

  • なるほど、以前は「錦織を中心とした」ホットなテニス話題をこちらにブログに求めて来訪していましたが、最近は「スレッド名に準じた話題」でないと発言しにくくなっていたのですねー。
    フォーラムは細分化されていて、求める記事を探すのが面倒になってしまったりで私もご無沙汰でした。

    今回もシティオープンの何か情報あるかなと来てみましたが、該当スレッドが無いと中々盛り上がりづらいのですね。

    誹謗中傷以外は基本寛容的なスレ主様なので、テニス界のホットな話題を持っている方は是非 最新スレで共有下さい。

    盛り上がり過ぎたら自主的にフォーラムへ移動することで^ ^

      引用  返信

  • 個人的には、現状ぐらいがむしろ程よいのでは、と思えているのですが、それはそうと、ワシントンの予選で綿貫陽介選手が、予選決勝も勝って見事に本選進出です。本選では誰と当たるのか、可能性的には、ワウリンカ選手、杉田選手もあり得ます。あとはメドベージェフ選手、エルベール選手、ダックワース選手、ポール選手です。できれば、ワイルドカードで出場のポール選手か、プロテクトランキングのダックワース選手の所に入って欲しいですね。

      引用  返信

  • ワシントン500予選の決勝で綿貫選手が勝ち本戦に進出しました。彼のATP本戦進出は初めてかもしれません。

    「錦織選手以外で・・・🤬」と仰られるかもしれませんが、しかーし!それが案外無関係では無いかもしれないわけで・・・

    彼のランクは現在286位。このランクだと同週開催でDAが確実な中国か米国のCHに参戦するかなって思っていました。特に中国の成都CHは選手レベルも少し落ちる高額ptの大会でランク上げには絶好の舞台です。しかし彼は当初はDAされていなかったATP予選を選び、たった今勝った相手は彼より170ランク以上の上の第1シードです。

    この姿勢って「錦織イズム」なのではと。

    結構前に「安易なCHよりは予選でもATPに参戦すべき」的な事を錦織選手がコメントしていた様な気がします。現に長期欠場明けの2010年はCHに参戦しつつもATPにも積極的に参戦していた印象が有ります。それって錦織選手の中に確固たるものつまり「錦織イズム」が有ったのではないかなって思っています。

    そして現在奮闘中の西岡&太郎両選手も安易にCHを選択せずにATP本戦や予選にも果敢に挑む姿勢をとっていますし、杉田選手も昨年の4月以降はCHでは無く欧州クレーに参戦してその後にATP初優勝を遂げています。

    つまり、先輩・後輩関係なく「錦織イズム」は他の日本人選手と繋がり、彼らが引退しても恐らくは生き続けるんだろうなぁと思います。

    今週はATP本戦3大会に5人が出場という中々素晴らしい事態となっております。

    無理矢理に無関係なモノを差し込む趣味は有りませんが、国内外を問わず「錦織選手に関係するオモロいモノ」はバンバン書いていきたいと思っております🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

    久しぶりに本ブログで長文を書いたなぁ😅😅😅

      引用  返信

  • ゆうたさん ATP本選を戦うことはタフなことに違いありません。でも、あなたが言われたようにATP3大会に5人ですから、錦織選手や添田選手、伊藤選手が中心だった頃とは様相が明らかに変わってきいます。GS本選DAが錦織選手1人だった数年前とでは、日本人選手のレベルが明らかに高くなってきています。それが、杉田選手、ダニエル選手のATPツアー初優勝につながっているのではないでしょうか。錦織選手の活躍が他の選手にいい影響を与えていることには違いありません。デ杯ワールドグループで戦い続けるていることでも証明しているでしょう。

      引用  返信

  • キリ丼さま
    ご返信ありがとうございます。
    確かにコメントされた通りだと思います。

    今回の全英に続き全米も既に4人が本戦DAを決めていますし、他にも添田・竜馬・守屋選手なども今週からのアジアCHへの参戦は全米予選突破の為にシードなどでより良い条件になる為のランクアップでしょうから。彼らも「ATP本戦出場5人衆」には大いにに刺激を受けているでしょうね。

    レベル向上の要因は勿論強化策なども有りますが、錦織選手が他の日本人選手がATPシーンで戦う上での水先案内人の役割を担っているのも間違いないと思っています。

    月曜日のロスカボスの西岡選手が「ATP本戦出場5人衆」の先陣を切る様です。本ブログ&フォーラムでポジティブなコメントに溢れる事を切に願う次第です。

      引用  返信

  • ゆうたさん,
    >無理矢理に無関係なモノを差し込む趣味は有りませんが、国内外を問わず「錦織選手に関係するオモロいモノ」はバンバン書いていきたいと思っております🙇‍♂️

    頼もしいお言葉❗嬉しいです。ぜひよろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • youkoさま
    ご返信ありがとうございます。
    今回は錦織選手が脇役っぽい立ち位置のコメになりましたし、海外選手を取り上げる上では錦織選手が「かすり気味の立ち位置」になるかもしれませんが、そこも本ブログでもバンバン書いていきたいと思います。後はフォーラムも活用して。

    フォーラムの立ち位置については色々な考え方を持たれてごくたまに「下に見てんじゃね?」的なコメも無きにしも非ずに感じる時もありますが(※個人の見解です)、本来は錦織選手を入口に他の国内外の選手などの興味も持ち始めた人達が情報や意見を語りたい為に作られた所謂「テニスファンの為の発展的拡大」として作られた側面もある、なーんてポジティブに考えていますから😅😅😅

    まぁ、楽しむ事が1番かなって思っています。

      引用  返信

  • 一つにまとめた方が良いと思いましたので、長文になります、すみません。
    土曜日、シティオープン初日(予選)に行ってまいりました。本当は行かないつもりで金曜の深夜にゆっくりしていたら錦織の「明日練習します」とのツイートが来たので、こんなはっきりとわかれば行きます!と大決定。シティオープン会場に行く、というのは一年で一番ルンルンする日なので(全米よりも?。。はいその通り)嬉しかったですねー。今年からパーキングが変わり、高級デパートの駐車場に停め、そこからシャトルバスが一般的です。現地に停めることもできますが数に限りがあり、混み、ぬかるむかも。。なのでもう最初からシャトルがよいかと。実は今回、このシャトルでも面白い出会いがあったのですがそれはツイッターにそのうちアップしますね。

    到着すると長蛇の列。今日に限って窓口で買えばいい、とのんびりしていたのですが、なかなか進まないのでもうその場でオンラインで買いました。$15でした。安っ。真っ先に練習コートに向かうともう錦織が打っていましたー。やっぱりあの場で買ってよかったー。でも練習時間が長いので全然ミスした感はなく。サーシャと丁寧に通常プログラムをこなしていました。サーブの調子がちょっと。。(入らない)と、フォアもミスがちょっと。。(ネット)でしたが、まあ練習ですからね。何かを試しているのかもしれませんし。オリバーが一人で見ていて、覚えていてくれたので少しお話しを。ツイッターにあげましたが、「ケイの状態はとても良い。どこも悪くないし至ってヘルシー(またサムアップ)」とのことです。安心しました~。この大会のケイマッチは午後4時以前に組まれることはない、とおっしゃっていました。雨も降るだろうし、また夜中覚悟だねー、と話しました。みなさんはランチタイムに見られると良いですね!オリバー、暑いのにずーっといて炎天下の中しっかり見ていましたよ。私がその場を離れようとするとWhat do you think about the new racket? と言われたので、I like it.と言いました。ただ、正直に言うと至近距離から止まっているときに見るととてもかっこよくて私は大好きなんだけど、動いている時やちょっと遠くに行ってしまうと、まるでOverused、つまり擦れて塗装がはげちゃったみたいに見えて最初はぎょっとした、と正直に言わせていただきました。正直に言わないと意味ないですからね。彼も同調したかも(笑)。でもケイはとても気に入っているとのこと。ええ、私もですよ。近くで止まっていれば(笑)。すみません、こんなこと書いて。ただの一般ファンだからいいですかねー。
    いろいろな選手が無防備に歩いていますからいろいろ触れ合えますが、ここでは割愛します。気になる方はツイッターで。(の方がいいですよね?)
    ただ、クドラとは比較的ゆっくりしゃべる機会があり(友人の友人)、東京今度初めて行く!すごく楽しみー。と言うので、People over there will love you so much! と言ったら
    うっそー、やったああ!ほんとにー?と子供のように喜んで、コーチも異様に喜んで(というかウケて)いました。

    その後なんとなくぼーっと立っていたら、Kei please (写真撮って)と聞こえたので振り返ったら至近距離に手ぶらの圭がぽつりとおひとりでいらした!最初に思ったことは、「あらー、Tシャツのたたみ皺が綺麗。新品ね」(笑)。その方のカメラの準備ができていなく、ごめんなさいっと時間を要していたので、他に人もいなかったし、圭君が、ガバッとこちらを見ました。じゃあこの隙にあなたやっちゃう?。。の意味?と図々しく解釈させていただき、私も撮っていただきました。そもそも人がまばらだったので集まってくることも全くなく、そのままストリンガーの所へ行かれて談笑していました。ああこれは本当に思ってもみなかったラッキーでした。
    そのあとも4時からメインコートで。よかったー、メインコートで練習できて。これはカイルエドモンドと一緒に。終盤にはアンディーマレーが通路に!二人をしばらく見ていました。しばらくしてトミーハースを引き連れてプイユと一緒にいらっしゃいました。みんなでがっちり握手をして錦織とカイルは退場。
    それにしても、噂のアンディーのストイックさ見たり。。。 2時間ほどプイユと練習したというのに、彼が帰ってからも、背中にサポーターをつけて必死でサーブを練習していました。スポ根ドラマのよう。地位も名誉も手に入れても、体が悲鳴を上げても続けたいという気持ちはもう理屈じゃないのかも。やりたいからやっている。。理詰めで自分を納得させて追い込めるレベルではない、と感じました。夕暮れ時のズべレフ兄弟がメインコートで打ち合う様子も、ほんの数名で独占鑑賞。贅沢な時間でした。
    初日はここまでにしますね。長文申し訳ありませんでした。

      引用  返信

  • フォーラムは使いづらいというご意見を見かけますが、もしそれが理由が利用していないのなら、もったいないと思っています。テーマが細かく分かれているのは面倒くさいかもしれませんが、個々の選手の参戦情報、テニス界の話題、チケットの入手方法など、もし特別に知りたい情報があるのなら、フォーラムはとても便利ですよ。

    そして、試合中の応援コメント。実際に一緒にいるわけではないのに、大変な一体感を持って絶叫応援です。真夜中に試合があって、「皆さん、お休みなのかなあ」という時もありますが(もちろん、私もそういうことが多々あります💦)、そんな時でも延々一人でコメントし続けていますし。
    朝になって、「お疲れ様ー」とねぎらってもらえます😄。

    フォーラムは決して、このコメント欄から「追いやられる」ための場所ではありません。
    どうぞ、ご興味のあるテーマのトピから利用してみてください。…と思っています。

    ゆきんこりさん

    一度投稿したら、その直前の投稿コメントに気がついて、一気に読みました。
    毎回、錦織君と接触なさっていて、もう、本当に本当にうらやましいです。
    (ツィッターも読ませていただいています)

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、
    シティオープン現地レポ、選手との遭遇情報、ありがとうございます。面白かったです❗読んでいてワクワクするエピソード満載でした。
    そうかー、錦織選手のラケット(黄色と茶色系の迷彩柄?)、動いている間は使い古しに見えたりもするんですね。でも本人がいい感触を持って振れているなら何よりです。ワシントンDC、雨降らないといいですが。
    引き続きレポ楽しみにしています(ツイッターも)。

    フォーラムの便利さ、楽しさについてはまさにFUMAさんのおっしゃるとおり。選手を絶叫応援しているときの一体感はなんともいえない。皆さんの実況つぶやき、うめき、歓喜の声が、こちらの励みになるんです。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、レポートありがとうございました。
    練習だけでもその濃厚な時間………。そ、それで$15(´⊙ω⊙`)
    近所なら私も行きたい(笑)
    どのエピソードもワクワクしましたが、キュンとなったのはマレー選手のこと。
    会見か何かのマレー選手のコメントを読みましたが、錦織選手同様試合勘を求
    めて勝ち進んでトップ選手と試合したいと…。年内は健康で少しでも多くの試合
    をこなしたいというのが目標。そんなマレー選手の気持ちが痛いほど伝わる居残
    りのサーブ練習の様子に心打たれました。
    夕暮れのズベレフ兄弟の打ち合いもそのシルエットが見えるようです。
    ラケット……………私もちょっとゆきんこりさんの意見に同意(@_@)
    あまり美しくないように見えてしまう(^◇^;)

      引用  返信

  • ?さま
    ラケット情報ありがとうございます。スペックはほぼ同じという事ならばパフォーマンスに影響はないと考えて良いのでしょうね。ちょっと安心したような…ちょっと残念なような…笑。

    ゆきんこりさま
    現地突撃レポートありがとうございます。もはや鼻血ブログ現地特派員ですね!!オリバーさんとも顔見知り!なんとすごい行動力とコミュニケーション能力なのでしょう。
    サーブとフォアは…試合までにきっと調整してくれるはずと信じます(^◇^;)笑笑。マレー選手の情報は嬉しくもあり、心配でもあり…です。彼は本当にストイックですからね。試合前にオーバーワークしない事を祈ってます。
    これからもTwitter楽しみにしています。感謝感謝そして感激です!!

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、
    ワシンントン大会の雰囲気が伝わるレポートありがとうございます。
    今回もラッキーがあって、うらやましいです。
    続きも楽しみにしています。

      引用  返信

  • 本日、お邪魔したら、「ランキング」「参加中」のところが最新のものに更新されていました! 錦織選手のことも気になりますが、ウインブルドン後の団長さんの様子が気がかりで、ここが更新されたときが、団長さんの復活のとき、と勝手に決めておりました。これで安心?です。次のスレ立ても、もはや近いと楽しみにしています。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、
    シティオープンと言えば、ゆきんこりさん。
    毎回の楽しいレポートは、ROMさんもおっしゃるように鼻血ブログ専属?現地特派員さんですね💕
    今回もおかげさまで、既にtwitterでも楽しませて頂いています👍やはり、写真があると臨場感がいや増します!
    もう、圭にもオリバーにもすっかり認知されていますね😊
    日帰り、あるいは泊まりがけ?で、これからもレポート下さるようですので、楽しみにしております🙇‍♀️
    ハードですから、お身体大切に。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん,
    いつも楽しい現地レポありがとうございます。そして羨ましーーいです。
    新しい迷彩柄のラケット、錦織選手が好きそうと思いました。
    ズベレフ弟選手と練習した時のものでしょうか、ネットを挟んで二人が何かを見つめながら話している写真を見つけたのですが、
    ズベレフ弟選手「そのラケットカッコいいね。」
    錦織選手「ウン、すごく気にいってるんだ。」
    とか話しているのかな、なんて妄想してしまいした(笑)
    本当はどんな話をしていたんでしょうね。技術的なことも話したりするのかな。そんな企業秘密的なことは話しません、なのかな。興味は尽きません。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん。
    いつも、濃厚な現地レポート、有難うございます。ゆきんこりさん、の、持っていらっしゃる❗ラッキーあるある❗今回も遺憾なく発揮されていますね。
    錦織君は、元気そうでなにより❗ドローは、ハードですが、一つでも上に勝ち上がって貰いたいです。そして、マレー選手、必死さが痛い程伝わって来ると言うか…それは、もう本能…というものかと、ゆきんこりさん。の表現で、感じました。きっと復活してくれるでしょうね。
    (だいあん、さん。先の私のくだらんコメに、お返事くださり、感謝です。)

      引用  返信

  • 上記コメントで書いた錦織選手とズベレフ弟選手の写真は、ゆきんこりさんのではなく他の方の写真でした。すいませんm(__)m

      引用  返信

  • 【テニスプレーヤーのキャリアピーク】

    より選手の実力を反映する指標としてEloレーティングが使われます(詳しい説明は省略)。Eloレーティングは、Tennis Abstractとかで毎週アップデートされていますが、計算の仕方はサイトによって若干違っています。Ultimate Tennis Statisticsは、K-factorという補正を入れています。このサイトは各種データの宝庫で、歴代のPeak Elo Ratingsランキングとかあります(歴代最強はジョコビッチ。錦織は現役選手で最近のデータで現在12位、歴代では26位)。

    このサイト、クリックしているといろいろとデータが出てきて、データ好きな人にはお勧めです。調べ方は、右上から選手名を入れて目当ての選手を探して、たとへば錦織のページから、上の真ん中あたりにある「Ranking」をクリックすると、キャリアのEloレーティング図とかが出てきます(各種ランキング、時期、横軸が年または年齢とかいろいろオプションがあります)。

    Ultimate Tennis StatisticsのEloレーティングのデータを用いて、選手のキャリアのピーク時期について調べてみました(まとめのプロット)。以下少し長くなりますが、コメントです。

    1)現役31歳以上(ATPランキング200位以下)の選手のキャリアのピーク(1ページ目の図)

    ◯ Eloレーティングでは、ビッグ4がダントツ。次はフェレール、錦織、ワウリンカ、ベルディヒ、ツォンガ、ベルダスコ、ガスケ、モンフィスの順。
    ◯ キャリア・ハイのランキングがトップ10の選手のピークは、少数の例外を除いて28±3歳くらい。
    ◯ それよりもランキングが落ちる選手のピークは分散が大きいが、歳をとってピークを迎える選手も多い。
    錦織のキャリアのEloレーティング。25歳から昨年の手首のケガまでEloレーティング>2200の高いレベルを維持した。Eloレーティングのピークは2016年8月15日付(リオ・オリンピック)の2285P。
    ◯ フェデラーのピークは25.6歳、ナダル27.3歳、ジョコビッチ28.7歳、マレー29.5歳。フェデラーは若い頃にピークがあるが、その後も高いレベルで維持しているのは周知のとおり。
    ◯ ベテラン勢では、フェレールのピークは30.9歳(2013年2月25日ブエノス・アイレス)、ミューラー34.2歳(キャリアの最後に花咲いた)、ベルディヒ29.6歳。
    ◯ ビッグ・サーバーだと、カルロビッチ大先生のピークは28.8歳、イズナー27.3歳、アンダーソン29.4歳。イズナーとアンダーソンは成績が最近伸びている。
    ◯ フランスの四銃士は、それぞれ若い頃から才能をみせたが、シモンのピークは24.1歳、ツォンガは26.7歳、ガスケは29.7歳、モンフィスは30.1歳。特にガスケは、ベテランになってから成績が伸びた。

    2)歴代のピークEloレーティング・トップ100(2ページ目の図)

    ◯ ベストのEloランキングで色分け。マレーはランキングでは1位になったが、Eloランキングでは2位どまり(同時期ナダルが1位)。
    ◯ Eloレーティングは違う世代の実力を比べることができる。
    ◯ 大きな山が二つあって、コナーズ、ボルグ、マッケンロー、レンドルらが活躍した1980年代前後と、2005年頃から続くビッグ4時代。
    ◯ そのはざまに、ビランデル、ベッカー、エドバーグ、クーリエ、サンプラス、アガシらの1990年代。
    ◯ それに続く、2000年代前半のクルテン、ヒューイット、ロディックらの時代。錦織がこの時代だったら1位になれた。

    3)歴代のピークEloレーティング・トップ100のキャリアのピーク(3ページ目の図)

    ◯ 近年30歳を過ぎてからピークを迎える選手も多いが、デビュー間もない若い時のピークを越えられずにキャリアを終える選手もいる。
    ◯ 30歳を過ぎてからピークを迎える選手は1970年代にもいた。

    %ーーー

    Eloレーティング記事は、フィナンシャル・タイムズ記事とかありますが、これに基づいて錦織について調べた日経記事があります。日経記者はEloが好き(笑)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。