1回戦、地元選手にきっちり勝利(2013ローマ)

2013 Roma Masters 1000
1st Round
Kei Nishikori [16] def. Paolo Lorenzi [WC], 6-2,6-4

公式ブログに「体に不安な場所がある」とあったため心配していましたが、とりあえずは1回戦、地元ワイルドカード選手にストレート勝ちで安心しました。

2回戦はロペスとシャルディの勝者と対戦しますが、シャルディに怖さを感じます。

それ以前に2ndセットの途中に股関節を痛めたようですし、完治していない脇腹も押さえる場面があったので、2回戦どうなるんでしょうね。

内容的にはウィナー数がロレンツィ12本に対して錦織35本と圧倒的で、完全に打ち勝っていました(下記参照)。

12 件のコメント

  • おはようございます。早速の書き込みいつも感謝しております。圭くんのサイト見たら、おっしゃるように体に不安なところととありました。今日の勝利本当に強くなった〔取りこぼしが少なくなった)と感じています。多少体に異変あっても、テクニックとメンタルで勝てていますね。ただ、ここであまり無理はして欲しくないです。全仏で大活躍する圭くんが見たいですから。
    何とか故障が深刻なものにならぬよう祈ります。

      引用  返信

  • 睡眠欲にヘタレな私ですが、目覚ましをかけ、頑張って起床し、鑑賞致しました。(観戦というほど頭がクリアでない。)
    展開は良いのですが、ウィナーになるべく打ったボールの精度が上がらず、苦しんでいました。
    upになった顔も、変な汗をかいているようで、かすかですが辛いような不安を抱えた顔でした。
    股関節でインジュアリータイム。
    この試合で痛めたものなのか、以前からなのかも気になるところ。
    試合は第一セットのデュースにもつれる展開をなんとか取りきれたところが良かったですね。
    第二セットも早い段階でブレイクでき、ロレンツィの粘っこさを祓うことができました。
    ロレンツィ。「ボクの換えのラケットがまだ上がってこないんよ!」と審判にゴネる光景がお子ちゃまでしたw
    私も、体になんとかこれ以上不可をかけず、全仏へ入って欲しいです。
    Vamos!!圭!!!

      引用  返信

  • 超アウェイの中、きっちり勝つあたり、さすがだと思いましたが・・・・
    第2セットに入って決め球がわずかにアウトしていたのは股関節や脇腹の影響だったのかも?

    それにしても第10ゲーム(最後のゲーム)はラッキーでした!ちゃんと走れる状態ではなかった(もしくは走ると、もっと痛める状態だった)ように見えたので、サーブポイントやリターンミスだけでキープできて本当に良かった!!
    もし、あそこで落としていたら、ズルズル持って行かれるか、レットする可能性が高かったように思います。勝負は紙一重ですね。

    1日ゆっくり休養して、2回戦に臨んで欲しいと思います。2回戦もライブ放送あるのかな?

      引用  返信

  • Taniさんが仰るように、あの最後のサービスゲームは何だったんでしょうね?

    ロレンツィからすればあそこはブレークするしかないのに、淡白なリターンミス4連発。しかも、そんなにくやしがっている様子でもない。

    これは助かりましたよね。
    そんなことはないんでしょうが、「手負いの相手に追い打ちをかけるような手は使わない」みたいな騎士道精神のような意識でもはたらいたんですかねw

      引用  返信

  • 今日は、4時起きて2度寝して起きたら5時でちょうど始まるところでした。
    クレーコーターについに勝つことができましたね!
    でも、股関節とかケガがまた心配に。。。。(><)
    大事でないことを祈るしかないですね。

    ATPに圭君の試合後のインタビュー動画がでてました。
    このインタビューはけがの事触れられてないですけど、けがの事聞かれなかったから答えなかっただけですね。
    インタビューによるとクレーコーターにはドロップショットを使うように心がけてるみたいです
    https://www.youtube.com/results?search_query=atp+nishikori&filters=today&lclk=today

    あと、圭君のショットプレースメントがTTVのツイッターに。
    https://twitter.com/TennisTV/status/334047146582097920/photo/1

      引用  返信

  • 朝早くから起きて1時間待ちはつらくて、私ももう一度ふとんにもぐりこんでました。
    今回はラリーが多かったのではないでしょうか。あれがじわじわきたんですね。
    とにかくあと1勝、がんばれKei !

      引用  返信

  • センターコートでの試合だったので、こちらのテレビでも放映され生テレビ観戦が出来ました!
    マックウィンさんと同じで、観客が寒そうに応援している中でいつも以上に汗をかいて表情もいまいちの様子なのでハラハラしながら見ていました。そして掲示板にスレが見当らずウロウロ。
    怪我は大事に至りませんように!

      引用  返信

  • すごい接戦でしたが、やはりシャルディーが勝ちました。消耗していてくれるといいですけど。

      引用  返信

  • 負けた記憶のあるシャルデイよりロペスと対戦した方が良かったのですが、シャルデイになってしまいました。
    満身創痍の錦織選手なので次はタフな戦いになりますね。
    心配です。
    そして勝ち上がったとしても次はマレーです。マレーは「とにかく勝つこと。マドリッドは標高が高かったが低いローマに来たので戦い方が違う。」と言ってます。
    マスターズはどの試合も厳しいですね~。

      引用  返信

  • ようやくGAORAの録画を見終わりました(*^^*)

    なんて言うか、ますます振り抜きが鋭くなり、

    まるでピンポン玉のように

    ボールが飛んで行きますねー(((・・;)

    タイミングもどんどん早くなってます(^-^)/

    股関節は、疲労が溜まってきたんだろうなぁ(+_+)

    中尾トレーナー、腕の見せどころですd=(^o^)=b

    圭をお願いしますm(__)m

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。