【鼻血対象試合】2016ローマ準決勝 vs. ジョコビッチ

なんと2週連続のジョコビッチ戦、それだけで鼻血が出そうです。
しかし過度の期待は禁物。ティーム戦で痛めた股関節の状況次第では、勝ちが望めない状況になるかもしれません。
本番はあくまで全仏ですので、絶対に無理はすることはないと思います。
ネガティブと感じるかもしれませんが、そういうケースも想定しておきましょうということです。
吉松記者のツイートより。


もちろん、思ったより状態が良く、思い切りプレーできるという可能性もあります。
それは試合が始まってみないと分かりません。
ただ、今は結果よりも悪化させないこと、全仏に向けてヒントを得ることが最初の目標になるかと思います。

試合日時
 現地時間 5月14日(土) 20:00以降
 日本時間 5月15日(日) 3:00以降

王者への2週連続の挑戦ってすごい!
今回は、Kazu@JPNさんと下団さんのおかげで強力フードができました(感謝)

赤土の神・生春巻き
  お品書き
     赤土・・・紅しょうが、ケチャップ
     神・・・ライスペーパー
     B・・・ベーコン
     H・・・ハム
     D・・・大根
     T・・・トマト
     L・・・レタス
  注)食べる前に、紅しょうがを1つ足して、土を王にしてから食べること

圭くん、扉をこじあけてね〜

micchi

food-djokovic11-micchi

109 件のコメント

  • 名勝負...と言っていいでしょうね。ファイナルはまさしく死闘の雰囲気でした。
    GS,MSの上位ラウンドでの名勝負...14年全米以来、錦織に足りなかったピースがまた一つ埋まりました。

    1日早く、ジョコ、マレーより休めることを前向きに捉えて、全仏を狙いに行きましょう。
    優勝候補の一角に自他ともに認める形で名乗りでました。

    今日の悔しさを、後の歓喜に変えましょう。

      引用  返信

  • 次に繋がる負け!
    昨日のナダル戦より明らかに追いつめていたし。先週のマドリードはあと一歩というところに対し、今日は髪一重。
    最後の最後はメンタル戦でした。
    ここでもあのDFで成長したと思いますね。
    その一歩分の差はチャンさん待ちでシバいてもらい、RGへ行ってほしいものです。

      引用  返信

  • 凄いの一言に尽きます。ファイナルセットで、ブレイクされた後、スマッシュからミスヒットで、ポイントを失った場面。今までの錦織選手だったら、折れかけていたことが多かったのに、キープして更にブレイクバックするとは・・・。ジョコビッチと同じ土俵に上がりつつあると思いました。マッチポイントをサービズポイントで締めくくるところが、ジョコビッチやマレーとのわずかな差でしょうか・・・。でも、SFでファイナルセット、タイブレイクまで全力でプレイできたことは、体力的、メンタル的に向上していることをうかがわせる試合でした。Go Go Kei!!

      引用  返信

  • とても悔しい敗戦ですが、全く互角の試合でした。
    トータルポイントでも1点差です。
    (*_*)涙と鼻血がX-<
    大きな怪我になっていないようなので
    ゆっくり休んで全仏でリベンジお願いします😭✨

      引用  返信

  • 惜しかったけど14年全米以来の長かったトンネルを抜けだした気分。。ジョコの引き出しも出尽くして、勝利は近いと思います。全仏でリベンジ!!🇯🇵

    股関節の痛みも大丈夫みたいで、元気に動けてよかったです💓GS優勝するならハードって言われてるけど、クレーもチャンスすごくあるように思えます!

    団長さまも、応援フードのみなさまも応援もお疲れ様でした🍵
    あとは全仏で悔いのないよう応援し、できれば最高の形でシーズンしめくくればいいですね🙌

      引用  返信

  • 悔し〜い! 惜しかった。
    でも本当によく頑張りました!本当に強くなった。
    これで全仏にむけて準備が整いましたね。
    ありがとう、圭くん!
    今晩はゆっくり休んでください。

      引用  返信

  • タイブレークも出だしでミニブレーク、幸先良しでしたが、ジョコビッチも落ち着いていました。全仏は決勝で錦織の勝利を祈念。

      引用  返信

  • ローマ初のベスト4、おめでとうございます!
    状態が良くない中でも、粘れる技術と体力を魅せてくれました。天晴れ!
    しかーし、相手のケガにつけ込んででも何でも、一度勝っておきたかった。勝っていい試合でした。
    一度勝っておけば、これからの勝負時、自信をもって勝ち切れると思うので、ただただ勝ちたかった。
    にしても、サービスゲームが毎度危なっかしいの何とかして欲しい。股関節のこともあったろうけど。

    2セット目からずっと押されていたので、ジョコナダル戦のような「ビューティフルマッチだった(ナダル談)」とは言えないですが、粘りを見せてもらったし、凄く価値のある一戦だったと思います。一歩ずつですが近いてる!それを実感する マッチでした。

      引用  返信

  • 初めてコメントします。
    錦織選手お疲れ様でした♪
    負けてしまってすごく悔しいですが、感動をありがとうございました(^^)
    次もまた応援します!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。