2016WTFラウンドロビン第1戦 vs. バブリンカ ゲームごと実況

1ゲームごとにスコアを寸評を更新します。
スコアは「鼻血記法」で既述します。
鼻血記法の解説は本記事の後ろの方で。

今日、天気の影響でTVの映りが悪いので、途中で途切れる可能性があります。
ご了承ください。

Set1

G1バ 0−1
1 ○ BN フォアへのSvを多用してきそう
1 ×× SvWi
D ○ DF
2 ○ BN
2 × FO 攻め球ミスだが悪くない
1 × FSO
2 × BRN もったいない
2 × BRN 超もったいない

G2圭 1−1
2 ○○ FSt
1 ○○○ Sm
2 ○ BO バブまだバック調子出ない
1 ×× BSlAp 不用意なドロップから逆襲 ポジションおかしい
1 × BN 攻め球が内側に入る
1 ○○○ FV S&V ナイスパターン

G3バ 1−2
1 ××× Sv
1 ××× Sv
1 × FO
1 × 見逃した

G4圭 2−2
2 ○ FRO 下がってFR ラッキー
2 ○ BSO
1 × BApSO
1 ○○○ FRvCr
1 ○○○ SvWi 確実にサーブ打っていて良い

G5バ 3−2 Break!
1 ○ BO フレームがオンラインに入ってラッキー
1 × FSO
1 ○ FVO リターン飛びつきナイス ミス誘う
1 ×× FApCr 1stを良く返してる
1 ○ BHfVO Sm読んだ
2 × FRO うーん
1 ○ FN
1 ○○○ F打ち Fで攻めた!

G6圭 4−2
1 ○○○ BV S&V
1 ○○○ SvCt
2 ○ FRO
2 × FO
2 ○ BRO バブもリターンもったいない

G7バ 5−2 Break!
2 ○○○ Sm BRとBStで攻めた
D ○ DF
2 ××× FCr しゃーない
2 ○ BN
D ○ DF

いい展開。上手く試合運んでメンタルダウンさせてる

G8圭 6−2
2 ○○○ BHV ビューティフル
1 ○○ BCr
2 ○○○ SvCt
2 ○○○ BV ローボレーうめええええええ

Set2

G1バ 0−1
1 ××× SvWi
1 ××× BV
1 ×× SvCt
1 ○○ BRCr
2 × BN

G2圭 1−1
1 ○○ SvWi
2 ○ BN
? ○ 見逃した
? ××× BSt
1 ○ FO

G3バ 1−2
1 ○ FApN
1 ××× FCr これは気にしなくて良い
1 ○○ F深 ディフェンスからカウンター
1 ×× SvCt
1 ××× SvWi
1 ○○ FCr 深い
1 ×× B深
1 ×× SvWi

ストローク深いショット出てる

G4圭 2−2
2 ○ FO ていねいにプレーするバブを上回った
2 × FO 攻め球大アウト
2 ○ FN
2 ○ BN
D × DF
2 × FSO
1 ○○○ FCr ギリギリ入ったが、攻められた 危ない
1 ○○ SvBd うまくボディー使った

1stが全然入らない

G5バ 3−2 Break!
2 × FRO
2 ○ BO
? × 見逃し
? × 見逃し
? ○ 見逃し
? ○ 見逃し
2 ○ FN
1 ○○○ FR とびついたRがコーナーに!

G6圭 4−2
2 ○○○ FRvCr
1 ○○○ FDr
2 ○ BO
1 ○○○ SvWi

サーブ立て直した
リードしてからさらに突き放すいい試合運び!

G7バ 4−3
? × BVO
1 ○ FN
2 × BRN
1 ×× SvCt
2 ○ FSO
1 ××× SvCt

G8圭 5−3
1 ○○○ FDr
1 ○○○ SvWi 119mph
2 ××× FSt しゃーない。ラリーは深い
2 ○ BRO
1 × FSO
2 ○ BRO

G9バ 6−3 Break!
1 ×× SvWi
1 × BO
1 ○ BN
2 ○ BSlO
1 ○ BSlN ストローク確実
2 ○ BO

Set3

鼻血記法の解説

○○○ ウィナーで得点
○○ 相手にforced errorさせて得点
○ 相手のunforced errorで得点
× 自分のunforced errorで失点
×× 自分のforced errorで失点
××× 相手のウイナーで失点

【サーブ】1 1stサーブ/2 2ndサーブ/DF ダブルフォルト
【サーブのコース】Ct センター/Wi ワイド/Bd ボディ
【ショットの種類】R リターン/F フォア/B バック/V ボレー/HV ハイボレー/Ap アプローチ/Sm スマッシュ/Dr ドロップ/Lb ロブ/DvV ドライブボレー/HfV ハーフボレー
【回転の種類】Sp スピン/Sl スライス
【ミスの種類】N ネット/O アウト/SO サイドアウト
【ショットのコース】Cr クロス/St ストレート/RvCr 逆クロス(和製英語。正しくはinside-out)
【特記事項】打 チャンボ打ち込み/深 深い/回 回り込み/沈 沈めた

※逆クロスは”inside out”ですが、ここでは和製英語っぽく”reversed cross = RvCr”と表記しています。
多分そんな英語はありませんw

31 件のコメント

  • ナイスブレイク!
    4度目のBPで決めてくれてホッ
    帰宅お願いします

    ラリー戦、息止まりそう

      引用  返信

  • ブレーク成功。無事におうちに帰りましょう。あちこち日の丸とkeiの文字。嬉しいですね。
    現地応援の方々、念を送りますので受け取って下さいね。

    バブリンカ選手の場合は2セット目が肝なので、油断大敵です。

      引用  返信

  • Two Break Up! 出来すぎじゃね? 後は気の緩みに気をつけて、一気にいっちゃいましょう!!!!

      引用  返信

  • 予想以上の滑り出し
    バブさんの逆襲に警戒しつつなんとか逃げ切ってくれ〜

      引用  返信

  • 1セットアップ‼️
    バブリンカ、まだ調子が出てない?
    このまま終わるはずないような気がするので、
    第2セットも引き締めて行こー💪

    第1セット最後のボレー、難しそうだったのにナイス、シビれました⤴️⤴️

      引用  返信

  • バブリンカの応援凄いです! 鼻血組負けないで声をあげて欲しいですぅ~ 電飾 KEI まだでしょうか?

      引用  返信

  • 第2セットでワウさん目覚めつつありますねビクッ( ̄┏_┓ ̄;)!!

    このままワウさんを目覚めさせないように勢いでおして欲しいです!

      引用  返信

  • 私も錦鯉旗、確認しました! 現地応援組の皆様、応援頑張ってくださ~い!
    日本からも「圭、頑張れーーーー!」

      引用  返信

  • 今日は神がかってませんか?

    これがGSのファイナルだったらと思うと・・・

      引用  返信

  • だ、団長さまもですか?
    私は6ポイント見逃して、ブレイクした後でした( ̄O ̄;)
    悔まれます( ̄O ̄;)

    もうテレビの前から動きません(>人<;)

      引用  返信

  • あらま、マッチポイント!
    そしてサクッと勝ってしまいました。
    あっけにとられています。

    現地応援の皆さま、ありがとうございました!

      引用  返信

  • 最後まで攻める姿勢でまずは一勝おめでとう🎉

    きょうは不発のワウリンカでしたね。全米の頃と比べて体もいまいち絞れてなかったし。

      引用  返信

  • わー。このうれしさ、久しぶり。
    この調子を続けて!

    …バブリンカさん、脚が痛かったのかな。
    顔色がさえなかった。

      引用  返信

  • ストレート勝利でした!! 圭くんってこんなに凄いプレーヤーだったの? これでなんでMS, GSとれないんじゃ~! 兎に角おめでとう! おめでとう! やってくれました!!

      引用  返信

  • これがQMKってやつですか?!*\(^o^)/*
    おめでとうございます!

    次はだれになるんでしょうね〜?

    明後日が待ち遠しいです!(o^^o)

      引用  返信

  • いや〜本当に強かった!!!
    あっさり勝ってしまいましたね〜(*^_^*)

    昨日は試合後に敗れたティームのオンコートインタビューがあったけど、さすがにバブリンカのインタビューはなかったですね(^^;

    決勝ラウンドが見えてきましたね!!

      引用  返信

  • 鬼バブリンカどころか、今日はダメリンカでしたね笑
    しかし、バブとの対戦可能性はまだありますし、バブよりも良い成績を残してやっと「全米の雪辱を晴らした」と言えます。
    とりあえず、お疲れ様でした。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。