2017マドリッド2回戦 勝った!(レビュー追記)

勝った!
いろいろアップタウンあったみたいだが、内容はこの際いい!
手首は心配だけどプレーへの影響では久しぶりの試合ということによる緊張や焦り、試合勘のなさの方が主要因だったように思います。

まずは記事だけ立てておきます。

【5/11追記】
(ちゃんとフルマッチを見ていないので、実況やツイッターから拾った情報もあります。認識間違いがあったら教えてください。)

まずは最初のゲームでチャンスがありながらブレイクできず、逆に次の自分のサービスゲームを落としてしまう。これ、非常に多い気がします。2-0になってもおかしくないところが0-2。しかも故障明けの久しぶりの実戦です。ナーバスになってもおかしくありません。

手首の心配のはずが、むしろ動きにキレがなく迷いが感じられました。手首を気にしてのこと恐る恐るのプレーが、体全体に影響したと見えました。
1stセットを1-6で落としたときは、まだ完調じゃないのだな、今日は仕方ないかと諦めかけるとともに、得意の2セット目の切替えを見せてくれるのではないかという期待もありましたが、見事にその通りにやってくれました。
この切替は本当にすごいです。今に始まったことではなく、10代の頃からできています。これは、過去・現在の偉大なレジェンド選手たちが持っていた資質です。トータルの実力ではまだ敵わないかもしれませんが、偉業を残すために必要な資質を錦織も備えているということができます。頼もしいですね。

ただ、今回は事情があったので1stセットの不調は致し方ない部分があるものの、今後は体の復調とともになくしていかなければなりませんね。スロースターター癖は大分良くなりましたが、大事な試合で思い出したように出てしまうことがあるので。

とにかく、この試合に関しては1stセットのダメダメよりも2ndセットの切替のほうが重要です。これも、次のフェレール戦の展望記事で、「ウィナーは取ろうと思って取れるものではない」と書いたように、狙ってなかなかできるものではないからです。
スロースターターの方は、まだいろいろ対策できます。

特に、ウィナー量産で2ndセットを圧倒できたのが良かったと思います。錦織本来のテニスです。粘って流れを逆転するのもいいですが、今後を考えれば最高の挽回劇でした。

上限値の話とならんで私がもう一つの課題だと考えているのが、ファイナルセットです。引き続き「ファイナルに強い錦織」ではあると思うのですが、以前よりセカンドの勢いを持続できなくなっています。
1stをあっさりとったのに2ndでもつれてしまう現象とも無関係ではないと思います。
かつては「錦織劇場」のキャッチフレーズで、1stを取られ、2ndも先にブレイクされてからの一気に挽回、最後は突き放す逆転劇が多く見られましたが、最近では追いついてからも気が抜けません。
相手の錦織対策が進んだことも一因かと思いますが、追いつくために多大なエネルギーが必要であるというところに根本の原因があるように思われます。
もっと若い頃は無心でがむしゃらにプレーできましたが、今は上位選手のプレッシャー、増える試合数、大会全体での体力配分など気を使う要素が比べ物にならないほど増えてしまいました。
ですので逆転劇に頼らず、最初からプレーを安定して波を作らず、かつ必要なところで上限値をあげてゲームを、セットを注文取り切る力が必要です。本人良くわかってると思いますが、言うは易し、行うは難しです。でも頑張って成し遂げて欲しいです。

話が逸れましたがファイナルセット、まさにそんな展開で先にブレイクしては追いつかれる展開。これも一種の錦織劇場ですね。クレーですから1回のブレイクバックは許容だと思います。2回目の被ブレイクバックは、その前のゲームカウント4-3からという最高のタイミングでのブレイクからで、そのまま一気に試合を終わらせてしまえは最高の気分だったことでしょう。シュワルツマン捨て身の攻撃が見事だったことは見逃せませんが、それを跳ね返して締めることができなかったのは、少し悔やまれます。
でも全体的には、復帰初戦として上々、期待以上の勝利でした。

今後にきっとつながります。

シュワルツマンは2ndセットは少し落ちましたが、試合全体を通じては好調を維持し、プレーの質が高かったです。ミスは少ないしファイターだしで。
ファイナルセットも落ちなかったし、劣勢でも諦めずに勝ちに来ていました。西岡とも通ずるものがあります。低身長選手はこれを武器にすべし、というプレースタイルですね。応援したくなります。
大先生とは正反対なのが面白いです。

65 件のコメント

  • 勝ったー!
    度胸なしの私は、圭くんがピンチになると手で顔を隠して隙間から見る…というおかしな動きで応援してました。

    後半のガッツポーズ!!こちらも一緒にガッツポーズ!
    手首を気にして顔を歪めれば、こちらも歪んだり…笑

    無理してほしくないけど、試合をするならば応援もガンバリマス。

      引用  返信

  • 緒戦、ジョコビッチもアルマグロに1セット取られた。ナダルはもう少しでフォニーニに負けるところだった。復調してきたチリッチはサーシャに破れて、バブリンカもペールに(時々わからなくなるが、ペールさんて強いの?そうではないの?)。

    緒戦は多くのトップ選手が苦労している。
    その中で怪我明けの錦織君が、イケイケの上がり調子のシュワルツマンを倒したのは、「やっぱり実力者だね!」としか言いようがないです。

    劣化している、なんてあり得ませんよね。

    昨夜はショットが決まって、ガッツポーズをするだけで、「あ、そんなに手首振っちゃ…」と心配してしまった。
    今日もハラハラしながら見るのだろうけど、痛みが出てこなければ、勝てると信じています。

      引用  返信

  • 今日試合なんですね
    不覚にも、明日と思い油断してました
    今から考えて間に合うかなあ

      引用  返信

  • お早うございます。
    スポナビさんから、錦織選手のオンコート・インタビュー動画です。
    <ATP1000 マドリード 錦織 圭 2回戦 勝利後インタビュー!!>
    https://sports.yahoo.co.jp/video/player/370207

    試合前のウォーム・アップのあのハプニング(笑) 終了後しばらく待てばHot Shot。もちろんMPの目の覚めるようなBHのDTLです。公式より。
    <Schwartzman Cops It Where It Hurts At Madrid 2017>
    https://www.youtube.com/watch?v=wo9RfzAWdFc&feature=youtu.be

    プレカンでフェレール選手戦に向けて語る。英語ですが後半は練習風景です。公式より。
    <Kei Nishikori habla antes de su duelo con David Ferrer>
    https://www.youtube.com/watch?v=tgtwkgnsU7g&feature=youtu.be

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    錦織選手あれこれ。
    本日の出場は、練習状況等でW/Oとなっても納得。とにかく無理なさらず。
    出場としてフェレール選手。彼とはマドリードで過去2回対戦、2回とも勝利。1回目が2014SFでフルセット勝利。2回目が2015QFでストレート勝利。
    フェレール選手は3度目の正直で挑んできます。スペインにあるのかな、そんな縁起担ぎ(苦笑) 錦織選手は2度あることは3度ある、でお願い致します。

    男子選手つれづれ。
    バブリンカ選手、得意のやらかし? ペール選手、振り幅の広さ? 親友同士は似た者同士、どちらも掴めない男です。
    チリッチ選手、初戦で散りっち。前週大会の優勝者が初戦でコケるテニスあるある。ここで彼に同時並行でポイント重ねられたらちょっと…と思っていたのでホッと。ご免なさいチリッチ選手。
    ツォンガ選手、どうやら肩を痛めた模様。あの肉厚で頑強な肉体でさえ故障するのですから、日本の平均的成人男性より若干大きい程度の錦織選手の故障があの程度、というのは奇跡に近い。チーム圭メンテナンス班に感謝です。

      引用  返信

  • シュワルツマン、いい選手ですね~
    サーブがもう少しよかったらもっと上にきそう。

    しかし、シュワルツマン→フェレール→ジョコ→ナダルって第6シードの恩恵ないよね・・・。

    今日の試合も日本時間19時からでいいのかな?

      引用  返信

  • @ぼうず さん
    56ドローのマスターズ大会はこんなもんですよ。
    第5シードのラオニッチは、ジル・ミュラー(26位)→ゴファン(10位)→ナダル(orキリオス)
    なので、
    第6シードの錦織が、シュワルツマン(40位)→フェレール(30位)→ジョコ
    というのは、最近の調子・クレー適正とかを考えると、むしろ良ドロー(ラオニッチはタフドロー)とすら言えると思います。
    第7シードのチリッチも、初戦がA・ズベレフ(19位)→勝っていたらベルディヒ(14位)
    第8シードのティエムは、初戦はトンプソン(78位)だったけど、次はディミトロフ(12位)→マレーという流れなので、同じ第5~第8シード帯の中では、はっきり言って錦織選手が初戦(2回戦)、2戦目(3回戦)をトータルで考えると、一番恵まれた感じすらあります。

    あと、時差は7時間なので、今日も日本時間の19時からですね(^^

      引用  返信

  • micchi様
    応援フード、よろしくお願いします。おやじギャグは全く思い付かないので、孫のおやつのウェハースをこっそりとかくしておこうかなと思っています(笑)。合わせて、micchiさんの考案した応援フードもいただくつもりです。(^^)

      引用  返信

  • 夕飯時は本当に困る。しかもテレビのチャンネル争いも半端ない。昨日はスポナビが無料だったからなんとかカバーできたけど、今日から三回戦…(T ^ T)。

    相手はフェレール選手。復活してほしいので錦織選手でなければ全力応援してるはず。どっちが勝っても負けても複雑です。

    とりあえず鉄入りウエハースは購入済み。
    「増えるL」は時間のある時に取っておきます。アルファベットビスケットかパスタか…。どちらにせよ探しに行く時間がないです。

      引用  返信

  • 今日は。
    ATP公式トップ、錦織選手記事の抄訳記事です。
    <錦織、復帰戦で逆転勝ち 「すごくタフな試合」の流れ変えた「スマートさ」と「幸運」>
    https://the-ans.jp/news/4078/

    ジョコビッチ選手、ナダル選手のプレカン・コメント抄訳記事です。
    <ナダルとジョコが大苦戦、ワウリンカ敗れる波乱も>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3127864

    ブシャール選手快進撃レポートです。
    <ブシャールの快進撃は続く、トップシードのケルバーに勝利>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/wta/20170511_0023594.php

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    男子選手あれこれ。
    錦織選手。やはりフェレール選手とは自他ともに認めるライバル関係。実際鍛えて頂きましたからね。今夜もお手柔らかに。
    フォニーニ選手。ナダル選手に過去に連勝あれどこれで4連敗。昨日もあまりのイライラに粗相を。ベイビーもできますし、そろそろヤカラ感とはおさらば致しましょ。
    記事とは無関係ですがF・ロペス選手。クレー・シーズンから新作ウェアを着用。それが某宅配便のイケメン配達員にしか見えず(苦笑) マドリード公式をどうぞ。

    女子選手つれづれ。
    ケルバー選手。第2セット途中で棄権。またもや第1シード優勝はなくなりぬ。ハムストリングですか…。早く良くなりますように。
    ブシャール選手。相手の運気を次々取り込み台風の目となるか。発言誇張で勝手に対決構図にまつり上げられた感もあり。メンタル的にきついですこれは。頑張って!
    また無関係ですがセリーナ選手。ご懐妊後も大忙しで、今度は超高級時計ブランド「オーディマ・ピゲ」のキャンペーンに登場。バブリンカ選手のスポンサーで、彼も腕時計を頻繁にSNSにアップ。私はなぜか腕時計好きで、選手の腕時計についつい目が行きまして(苦笑)

      引用  返信

  • warm up 時のアクシデントは、圭くんの返したボールを股の間からボレーしようとして失敗した模様。撃チン。ボールの高さと自分の足の長さが不一致、か。つまり、正面tweenerの失敗、か。

      引用  返信

  • @naka さん

    ありがとうございます。

    ラオニッチ、きつそうですね…。彼も怪我は大丈夫なのでしょうか?

      引用  返信

  • @ほのぼの さん
    読んでてニヤニヤしてしまいました。
    実は私も昨日の試合、久しぶりの圭くんの試合とあり、1stセットTVにかじりついてずっとみていて、ゲームが取れない苛立ちとともに2ndセットはもう見ないほうがいいと思って、風呂にはいってました。そしたらなんと6-0。「えぇぇぇぇ」っと、見たかったけど、実はおれは見ないほうがいいんでは?という逆発想で3rdセット、見ないまま、チラっとみたらブレイク先行!よし、と思ってそのまま見続けたら、被ブレイク。。。おいwwww やっぱりみないほうがいい、、、んだね。と結局最後は見ないまま、勝利を知ったあとにリプレイ画像で、ガッツポーズ。あぁ見たいけど、もうリアルでみれねー、、どうしたらいいですか?笑

      引用  返信

  • 錦織くん、復帰初戦突破おめでとう♪
    久し振りの動く錦織くんが見れてテンション上がりましたo(^o^)o
    手首も心配ですけど、今日の試合も頑張ってください。
    応援してます…
    って書いてるうちに試合始まっちゃった( ̄□ ̄;)!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。