2017全豪 Day2用

なかなか更新する時間がありません。
2回戦のプレビューと1回戦のレビューは夜になります。1回戦は結局、リアルタイムで観た1セット目と、5セット目途中から以外はチェックできてません…

今日は西岡と大坂が勝ってますね!
コメント欄が盛り上がるでしょうから、Day2用に記事だけ立てます。
この後、錦織の2回戦用にも記事だけ立てておきます。

ブログというより掲示板みたいですが、最近の利用状況を見るにこういうのもアリかなということで。

44 件のコメント

  • 2日目の日本勢の結果です。

    大坂選手 def クムクム選手  (2)6-7,6-4,7-5
    西岡選手 def ボルト選手   6-4,1-6,6-2,6-4
    エラーニ選手 def 尾崎選手   7-5,6-1

    明日は錦織選手の2Rのほか、女子ダブルスの1Rですね♪

      引用  返信

  • 団長さん、Day2用の記事立てありがとうございます。ご配慮に感謝します。
    大坂なおみ選手、苦しみながら初戦突破しましたね。相手のクムクム選手が予想外に強くて、びっくりでした。サーブよし、リターンよし(あの大坂選手の高速サーブを返しちゃうんですから)。闘志むき出しの叫びとともに繰り出されるショットは、速度も角度も深さもすごかった。大坂選手、よく勝ちきりました。
    コート8(収容人数1200名ぐらい?)の4割がアジア系の観客で埋まっている感じで(クムクム選手はタイ人)、そのうち大半が日本人のようでした。昨日の錦織選手の試合中に聞こえたオージーなまりのCome on, Kei「クモン、カイ‼」のNaomiバージョンは、「クモン、ネィオゥマァイ‼」で今日も健在です。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼します。
    大坂選手の隣のコート(コート7)で地元のボルト選手と対戦した西岡選手、完全アウェーの中、初戦突破おめでとうございます。第2セットはアンラッキーも重なって支配されてしまいましたが、コート中を駆け回って粘り強くリターンし続けました。ガッツポーズを作るときの目つきの鋭さといったら、半端ないですね、この人。応援せずにはいられません。

    ショーコート2ではゴファン選手、180センチの細身の体が子供に見えるほど大きなオペルカ選手(211センチ)とのフルセットマッチを制しました。暑さに苦しみながらも、最後の締め方は見事でした。オペルカ選手のラケットがしゃもじにしか見えなかった。

      引用  返信

  • @だいあん さん、

    スコアだけ見てもかなりの激戦だったことがわかりますが、クムクム選手はそこまで手強かったんですか。でもその相手に第2、第3セットをTBに突入させずに仕留めた大坂選手はお見事♪左手首は心配なさそうでヨカッタです。

    2Rは1週目のヤマ場、#9シードのコンタ選手ですが、勝ちあがって欲しいですね^^

    >オペルカ選手のラケットがしゃもじにしか見えなかった。
    ウケる(笑)211cmもあるならバスケして欲しいわ~^^;

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、新スレ立て&お気遣い有難うございます。スレ違いかもしれませんが、DAY2ということで。
    アメリカのライリー・オペルカ選手19歳も大注目のNEXT GENEです。アメリカもロシアに負けず劣らずNEXT GENEの宝庫。ゴファン選手といきなりフルセットは凄いです。今は5,6番手ですがメンフィス250にもストレート・イン。多分これから来ます。

    そして、多分こちらの皆さまの注目度も高いズベレフ選手、NEXT GENE断トツ筆頭のサーシャがベテランのロビン・ハーセ選手にフルセット勝利。そのコメント抄訳記事がもう出ています。
    <新鋭ズベレフが逆転で全豪2回戦へ、ラケット破壊から流れつかむ>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3114357
    破壊したのね…。ところで彼は最早「新鋭」とは言わないのでは?

    更に彼の2Rも大注目。ククシュキン選手を3-1で退けた、アメリカのNEXT GENE2番手のフランセス・ティアフォー選手18歳とU21対決です。(1番手はフリッツ選手)
    彼も注目。今年からYONEXさんとラケット契約締結しましたので、2017楽天は確実に来日すると思います。秋にはどこまでランクを上げているか。バブリンカ選手との2ショットもアリ? 期待が膨らみます。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    先程、西岡選手の2R対戦相手が、バウティスタ=アグー選手[13]に決定。もうど~んとぶつかって行きまっしょい。

      引用  返信

  • @すぅーさん
    はい、マジでラケットがしゃもじの大きさに見えたと断言できます。コートエンドから二人の写真を撮ったら、手前がゴファン選手、反対側がオペルカ選手の時でさえ、遠近感が狂ってしまうぐらい近くにそびえていました。
    大坂vsクムクム戦、低弾道の高速ラリーがすさまじかったです。ハイセンスアリーナへ移動してウォズニアツキvsロディオノヴァ戦を観ていましたが、比較すると悠長な打ち合い(実は違うのでしょうが)に見えてしまったぐらいです。
    次はフェレールvsジャシカ戦。18時を過ぎてようやく涼しい風が吹きはじめ、暑さがやわらいできました。ジャシカ選手は地元期待の若手、昨年のクーヨンで錦織選手と対戦しましたよね。
    私は小さな鉄人を応援します。

      引用  返信

  • 211センチの選手にラケットはしゃもじ!座布団10枚です。私は昨年楽天でカルロビッチ選手を見たときに遠近感が真面目におかしくなりました。コート上もですが、外でカートに乗ってる姿は…(^◇^;)。きゅうくつだよね?絶対に!

      引用  返信

  • 大坂選手は、何とか我慢しての勝利でしたね。途中で切れかかっていたのに持ちこたえたのは、成長の証でしょう。西岡選手は、完全アウエー状態で、よく耐えて勝ちきりました。次は、バウティスタ・アグー選手ですか・・・・西岡選手の上を行くくらいの粘り強い選手です。食らいついて、ファイナルセットまで戦うつもりで勝負して欲しいですね。

      引用  返信

  • よっしーもなおみちゃんも素晴らしい!!
    こういう勝ち方は経験値になり、自信になるでしょうね。毎日楽しみだ〜

      引用  返信

  • 今晩は。
    本日2回戦に進出した大坂なおみ選手の一問一答記事です。
    <大坂「負けたくなくて緊張した」>
    http://www.sanspo.com/sports/news/20170117/ten17011716080008-n1.html
    日本語で「マジ」って(笑) ホントにキュートです。髪をおだんごにしてから逆転しましたね。ラッキー・アイテムでは?

    そして昨日、GS1回戦初挑戦の穂積選手のコメント記事です。
    <「人を楽しませる試合ができたかな」とグランドスラムデビューの穂積>
    http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121230
    惜敗でした。でもダブルスはこれから。頑張りましょう。

    GSでは日本のメディアが珍しく?有難いですね。大挙して報道陣が押し寄せるので日本語で記者会見があります。なのでスポーツ紙等にコメントが充実。
    通常のツアーだと、英語でのプレカンを聞き取るか翻訳記事を待つしかない。お願いだから、せめてMSぐらいは日本語会見ができるよう現地に駆け付けて欲しいです。でないとニュアンスを無視して、コメントがどんどん置き換えられてしまいます。お隣の中国、距離の近い上海MSでさえ取材陣は少ないです。

      引用  返信

  • よっしー、なおみちゃん、初戦突破おめでとう!!
    コーリーと鉄人も初戦突破おめでとう♪
    嬉しいです!!
    明日は仕事が休みなので、全豪を思いっきり楽しみます。ROMさん紹介のAO公式ライスト素晴らしいですね。オンデマンドが繋がらなくても安心して楽しめます^^

    ジョコvsベルダスコ
    RLAのジョコはやっぱり強いなあ…。
    と思ったら2ndセットはブレイク合戦、、
    ベルダスコも頑張って!

      引用  返信

  • カルロビッチ大先生[20]、2セットダウンからの大逆転勝利なるか!?
    ファイナル第16ゲームに突入、カルロビッチ (6)67,36,75,62,87 ゼバロス

    ちなみに本日のSVエースはここまで56本です(@_@;)

      引用  返信

  • カルロビッチ選手、凄いですね。
    ファイナルは10-9。とうとう第20ゲームに突入です。ほぼ6セットマッチ?

      引用  返信

  • @NORICHAN さん、

    ひゃああああ^^;第24ゲームに突入。
    大先生、第23ゲームにBPのピンチがあったものの、ほぼ磐石。一方のゼバロス選手はBPこそ与えませんがここ数ゲームは縺れ始めてます。
    どんな結末になるんだ~この試合・・・。両者勝者にしてあげたい(>_<)

      引用  返信

  • 間も無く4時間半です。見てる観客大変でしょうね。37歳対31歳対決。勝利の女神はどちらに微笑む?

    トミー ハース先輩棄権してしまったのですね。残念。

      引用  返信

  • 夕げの支度終わったので、カタついてるだろうと思いきや、カルロビッチ選手から見てなんと17-16! いやいやいや、7セットマッチ?
    ずっと後から始まったTVのジョコビッチ選手は、盤石の、そして鉄壁の守備でストレート勝利間近だというのに!

    そしてユーズニー選手もリタイア。ハース先輩のリタイアで、ペール選手が何とかトンネルから抜け出そうとしています。

      引用  返信

  • 大先生(・・;)18ー18まできました!
    そろそろ第8セット突入ですね(*^^*)

      引用  返信

  • イボカル大先生vsゼバロス
    ファイナルセットだけで2時間超え…
    凄いことになってますね。

    大先生のサービスエースが73本ですか…!
    凄すぎます!(◎_◎;)

      引用  返信

  • 大先生の試合、ジョコビッチ終わりの観客で溢れかえってます。
    エンドコートのフェンス下からなんとか覗き見てる人までいます。

      引用  返信

  • 大先生、2セットダウンから捲っての初戦突破おめでとう!
    両選手とも、お疲れさまでした(^_^;)
    ファイナルタイブレなしって、きついですね…

      引用  返信

  • いやー 初日は濃かったですねぇ。
    錦織、チリッチ、ワウリンカがフルセットの辛勝。
    特にワウリンカ ファイナル 先にブレークされ3-4となった時はやっちまったかと思いましたが、ちょっとエゲツないアタックも混ぜながら最後は押し切りました。

    比較して2日目は割と平穏でしたね。
    大先生のファイナル 22-20勝利はさすがな感です。

    で、私の注目は密かにベルディヒ。
    そう、今回のトーナメントで1番のタフドロー(被害者)ですです。

    今だトップ10なのに、3回戦でフェデラー、4回戦で錦織、準ベルディヒにとって考えられる最強の相手が序盤に続きます。

    錦織 フェデラーも去ることながら、その前のベルディヒ フェデラーも大注目ですですね。

      引用  返信

  • 初心者なので(⌒-⌒; )タイブレークがない???がわからず、調べました。
    ほう〜こりゃあ大変なことだと思いました。記事を読んでいたら、みなさんは
    すでにご存知のことかもしれないのですが、2010年のウィンブルドンでイズナーとマウ?
    マユ?が70ー68だったとか(((o(*゚▽゚*)o)))
    日をまたいだのかな?
    なんか記念品をもらって並ぶツーショットを見ました(笑)
    次の試合は、できたのでしょうかね?

    大阪なおみ選手、西岡選手初戦突破、おめでとうございます!
    そして、明日!錦織選手、必勝でお願いしますm(_ _)m
    応援がんばります*\(^o^)/*

      引用  返信

  • 今晩は。
    あけびさま
    イズナーvs.マウー戦は結局3日かかりました。勝ったイズナー選手は2回戦でストレート負けでした。流石に疲れたはずです。確か対戦相手も1回戦で17-15か16-14って試合だったんですけど、全く目立たなくなりました。

    ファイナルセット22-20ですか。8セットマッチ以上、というか2試合分(苦笑) 2選手ともお疲れ様でした。カルロビッチ選手、ナイト・ゲームでこれで明後日また試合。十分リカバリーしてください。37歳、脱帽です。

    ・カルロビッチ選手 取得ゲーム数44 エース数75(=18ゲーム3ポイント)
    ・セバリョス選手  取得ゲーム数42 エース数33(=8ゲーム1ポイント)
    エース数、違っていたらごめんなさい。
    カルロビッチ選手はエースなしだと取得ゲーム数26、セバリョス選手はエースなしだと取得ゲーム数34で、打ち合いではセバリョス選手が完全に勝ってます。サーブでのフリー・ポイント考慮したらもっと勝ってます(笑) そして総ゲーム数60なので5セットマッチで普通に終わってます。
    やはりファイナルでの2ゲーム差ルール、早急に改正しないと選手生命を脅かしますね。

    それにしてもエース数、カルロビッチ選手はゲーム数に比例してそうだろうなと思いますが、ビッグ・サーバーでもないセバリョス選手のエース数、何気に物凄いです。

      引用  返信

  • NORICHAN様
    教えてくださってありがとうございました。
    み、三日間⁉️観衆も大変だあ!
    錦織選手がそんなことに巻き込まれませんように…。
    錦織選手の試合の展開やサーブだと、そういう可能性は低いのかな?
    よくわかりません…が、さ〜らりとした展開を望みます。
    熱戦はフェデラーとの試合以降にとっておいてくださいませ…………。

      引用  返信

  • 今晩は。
    スポナビに、フリーライター武田薫さんのコラム掲載です。
    <「練習からすごく緊張していた」大坂なおみを苦しめた“プロ”の重圧>
    http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201701170004-spnavi
    なるほど。錦織選手には普通でも、ハイ・ティーンには大変な重圧です。
    それにしてもスポナビさん、校正してないのかな? 対戦相手がクムクム選手、クンクン選手ところころ変わります(苦笑)

    トミー・ハース選手、AOは2017が最後宣言していましたね。
    2年前には肩の故障で手術、昨年の4月には右足手術。それでも不屈の精神で乗り越え、今季はAO前にクーヨンに出場。ヤノヴィッツ選手と対戦後、メルボルン・パークに駆け付け
    一昨日は貴方を尊敬してやまない錦織選手の練習相手をしてくれました。錦織選手は本大会、きっと勝ち続けますよ。有難うございました。
    今日のリタイア、どうやら気分が悪くなって続けられなくなったとのこと。AOは最後でも、まだまだツアーには残ってくださいね。

      引用  返信

  • 大先生と表現している人がいるが、バカにしているとしか思えない。

      引用  返信

  • ひとことさん
    感じ方は人それぞれかも知れませんが、カルロビッチ選手のことを大先生と呼ぶのは、けっこう昔からで、もう愛称として定着している感じで、僕は少なくともバカにしている感じは全くないですけどね。

      引用  返信

  • @ひとこと さん
    大先生と呼んでいる方のコメント内容はバカにしているようには、感じませんでした。
    その選手に対して尊厳を欠く呼称はどうかと思いますが(身体的特徴を指すような)
    二つ名がつくような選手は、みんなから愛されていると思います。
    大先生が、一般的にカルロビッチ選手の二つ名かはしりませんが。
    nakaさん
    昔から大先生は愛称なのですね。

      引用  返信

  • 大先生はこのブログ内でのカルロビッチの愛称です。もう、何年か前から使われてます。
    確か名付け親は団長だったような。
    もちろん、ツアー年長格でサーブエースを取りまくり、ランキング最高位を更新続ける姿に尊敬を意を込めての呼称と理解しています。

    …私もなぜ「大先生」というフレーズになったかはよく分かりませんが。
    フェレールやフェデラーが先生とすると年上のカルロビッチに大をつけたのかな?

      引用  返信

  • 大先生はこのブログが発祥では無いです。海外ではDoctor.Ivoと呼ばれることがあったのが、大先生の由来の一つだと記憶してます。

      引用  返信

  • お早うございます。
    「大先生」ですが、このあだ名にはれっきとした根拠があります。
    どんなスポーツでも人気選手にはあだ名がつきますね。で、海外のテニス界およびテニス・ファンの間で、カルロビッチ選手についたあだ名は「Dr.Ivo」です。それを日本では「先生」と訳し広がったところで、211cmの身長から「大」がつくようになったのでは。
    何故ドクターか。それはあのビッグ・サーブがでっかい注射を打たれているようだ、との比喩です。むしろ愛すべきニックネームではないでしょうか。

    他にも、ジョコビッチ選手は「Joker」ですね。これはもうドローで引いたら、トランプのババ抜きのようなものだと。逆に彼はこれが気に入り、自身のツイッターのハッシュタグは「DjokerNole」ですね、ジョーカーと自身の愛称ノールを足しています。でもジョーカーは日本では広がりませんでした。理由は簡単。錦織選手が彼を「ジョコ」と呼ぶからです。以降日本ではジョコと言えばジョコビッチ選手です。日本ではどちらかというと名前を略しますね。デカプーとかジョニ・デ等々。テニスではラオ、ディミ、ワウ…。
    モナコ選手はクラブ・モナコ。陽気なラテン人の彼は誰でもウェルカムなので、おいモナコへ行って騒ごうぜ!的な。

    実は私も気になった時期があって、あだ名およびその由来を調べたことがありまして。他にもたくさんあって非常に微笑ましいのですが、またの機会に。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • フォーラムの鼻血用語の基礎知識のトピが埋もれてしまっていたのであげておきました!
    「大先生」についてもあります。かなり昔のコメなので頑張ってスクロールして探して下さい。
    フォーラム→鼻血ブログラボ→鼻血用語の基礎知識

      引用  返信

  • ROMさま
    有難うございます。諸説色々あるようですね。Prof.Ivoもなるほどです。

    錦織選手がウォーク・オンする前に、もう既読の方もたくさんいらっしゃると思いますが。あ、もう入ってきた!
    WOWOWさんの2日目レポートです。
    <―大会レポート― 第2日 大坂なおみ、どうにか乗り切った2年目の船出>
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/news/detail_170117_03.html
    やっぱりクムクム選手、クンクン選手と表記するだけで可愛さ倍増です。イメージは逆に超おっとこまえーな選手ですよね。

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-01766752-nksports-spo
    「西岡良仁が全豪初勝利 格下にきっちり3-1」

    昨年後半に利き腕の左ひじを痛め、12月は2週間ほどテニスから離れた。そのため、6月には60キロだった左の握力が、12月には40キロまで落ちた。トレーニングとリハビリで、単調な生活に「結構、うつになりそうだった」。フォームも少し変え、長くツアーで戦うための肉体改造も行った。

    以前にも何度かコメントしていますが・・・
    選手本人が納得してフォーム変えるのが大事です。それが怪我がきっかけの場合もありますし、プロの球威に対抗するために、理想を捨てねばならない時もあります。
    Jr時代に通用していたので・・・と、大人になった身体に合ったフォームのへの変更、プロとして戦うための対策を怠ってしまうことは選手の未来を奪いかねませんね~(+o+)

      引用  返信

  • 3日目の日本勢の結果です。錦織選手は割愛(笑)

    穂積/加藤組 def ペレス/チャンドラムリア組  7-6(3),7-6(3)
    マカロワ/ベスニナ組[3] def 青山/二宮組  6-4,5-7,6-2

      引用  返信

  • 絵莉ちゃん/未唯ちゃんペア、タイブレ制して2回戦進出おめでとう!
    絵莉ちゃん、シングルスで負けた悔しさをダブルスで晴らしてほしいです。

    絵莉ちゃんに1回戦で勝ったビットヘフトがケルバーに喰らいついてます。
    ドイツ勢対決も熱いです。

      引用  返信

  • 男子シード勢の1R敗退は4名でした。小波乱と言って良いのかな?

    #1 マレー山  :31 19 (#16 プイユ)
    #5 錦織山   :10 17 (#26 ラモス・ヴィノラス) 
    #4 バブリンカ山:29 14 (#22 クエバス)
    #7 チリッチ山 :27 12 23
    #6 モンフィス山:32 9 24
    #3 ラオニッチ山:25 13 21
    #8 ティエム山 :11 20 (#28 F.ロペス)
    #2 ジョコ山  :30 15 18

      引用  返信

  • イスナー[19] 7-6(4),7-6(4),2-2 ズベレフ兄

    ここまでお互いサービスキープが続いています。この試合もどこまでいくことやら・・・。
    4Rでマレーの体力をより削ってくれる方に勝ってほしいな(笑)
    ⇒矢先にズベレフ兄がブレイク成功^^;もつれそうですね~。

      引用  返信

  • イズナー選手 7-6、7-6、4-6、6-7、5-5 ズべレフ選手 兄
    どこまで行く気かな~\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

      引用  返信

  • 記録を持っているイズナーが再び………………。
    もういっか…とならないところがすごいです。
    絶対勝つ!っていう気持ちがあるから、がんばれるのかなあ。
    両者の奮闘を祈ります。

      引用  返信

  • 終わったああああ!
    両者ともお疲れ様でした。
    ズベレフ選手、勝利おめでとう!
    次戦を思うと、よかった、よかった。

      引用  返信

  • このブログでも何度か賛否飛び交ってますが、このエンドレス・ルールは改定すべきじゃないかな~。
    昨日の大先生の試合にせよ、今日のイズナーvsズベレフ兄にせよ、選手が壊れてしまいそうで(__)改定反対派は「壊れると思えば負ければイイ」「とことん決着を」なのでしょうけど。

    ・・・と書いてたらズベレフ兄が9-7で取り、2セットダウンからの大逆転勝利です^^
    最終ゲームはラブゲームでブレイク!?イズナー選手、アクシデントじゃなければいいのですが・・・。4時間10分、両選手ともお疲れ様でした。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。