2017全豪2回戦 vs. シャルディー プレビュー

まずは記事だけです。
グイグイ打ってくる点はクズネツォフと一緒です。1回戦以上に強敵と見ています。

応援フード

かたこりさんの下記のアイデア使わせていただきました
いつも楽しいフードネタありがとうございます!

次はマグロが来るかと思ったら、シャリでイか?ってことでイカの握りなどイカがでしょうか

ということで調べたら、錦鯉の握り寿司があってびっくり!
クオリティ低いですが、つくりました
果たして食べていいかは疑問ですが・・・

圭くん、ひとつひとつ頑張れ~

micchi

246 件のコメント

  • ジョコビッチが心配です。
    全く去年の前半までの強すぎるジョコビッチの姿がどこにもありません。まるで別人のようです。
    ベッカーが離れていってしまった理由と何か関係があるのか、怪我なのか、それとも単なるバーンアウトかわかりませんが、こんなジョコは見たくないです・・・。

    ボトムハーフはラッキードローになりましたね。誰が上がって来るんでしょう?ラオニッチかディミトロフかフェレールか、はたまたズべレフとか?混沌としてきましたね。

      引用  返信

  • ビックリです。信じられません。
    試合見てないですが、そんな心配な状態なのですか?

      引用  返信

  • 今晩は。
    ちょっと興奮が治まってきました。
    イストミン選手、世界ランク2位を破っての3回戦進出、おめでとうございます。
    ジョコビッチ選手の状態の悪さと、アジア・オセアニアWC争奪戦を勝ち取って状態のいいイストミン選手との相乗効果ですが、まずは素直にイストミン選手を賞賛したいと思います。素晴らしかった。
    翻ってジョコビッチ選手、痩せ方が異常と言うか骨っぽい。皆さまが仰るように本当に心配ですね。ファイナル・セットでは、解説の坂本ヒデさんまでが声を失って、最後は絶句。
    彼はこれで1月は終わり、デ杯不出場、ドバイ500も見送りなので、3月のIWまでツアーでお会いできません。どこまで回復してきてくれるでしょうか。
    ただ、これでポイントを2000P近く失っても、依然として9000P以上保持しており、ランク2位の地位が微動だにしないことに驚愕ですが。

    それにしても、いつもジョコ山に入って苦労する我らがあの御方は、こういう時に限ってジョコ山にいません…(苦笑)

      引用  返信

  • 今年のUPSET OF THE YEARが1月にして
    早くも当確マークがついた様な試合ですね。

    私は5時以降にスマホでしか見てませんが
    正直、初戦のベルさんに勝ったのが
    不思議な位の内容に感じました。

    ドーハのマレー戦や初戦を見てなかったのですが
    どんな内容だったのか今更ながら気になる位
    今日見た出来に、衝撃を受けました。

      引用  返信

  • @ゆうた さん

    やっぱりそう思われましたよね?

    締まった体というより、栄養がいきわたっていないような痩せ方ですよね。

    錦織君に対してさんざん見せていた、鋭くて速くて、相手を翻弄しまくる球が、
    最後は全然見えなかった。

    ジョコビッチが錦織君以外の格下の選手に負けると、何か悔しい。
    弱々しいジョコビッチを見るのは悲しい。

      引用  返信

  • つるみ さん、痩せたのもそうですが、気力、エネルギーを欠いているように見えました。
    どんなスポーツでもそうだと思いますが、気力が漲っていると大きく見えたりしますが、それが無かったように思いますm(__)m
    グランドストローク戦でクロスへ展開しても、球が浅いのと球威に欠けるのか、イストミン選手に逆襲を食う場面が多く見られました。
    これで、マレー選手とのポイント差が大きくなりますし、それがモチベーションの低下に拍車をかけかねないので、かなり心配な状況かと思いますm(__)m

      引用  返信

  • @NORICHAN
    同じこと思ってしまいました。何でこんな時に限って反対山なんでしょうか。
    これで ジョコビッチ山の選手たちは俄然目の色が違ってくるでしょうね。特にあの選手 ムムム。

      引用  返信

  • @下団さま
    ファイナルセットであんなに目に力のないジョコビッチ選手を見たのは初めてでした。
    今までなら目を見開いてギラギラ感ハンパなかったのに…。

      引用  返信

  • たった今、ジョコビッチの敗退を知り、慌ててこのサイトを開いたら、
    かたこりさんの大根アートのサイトの写真のお陰で、一気に心が和みました。😀

    わわわわ、しかし、今回の敗退でジョコの失点は1955点!(合ってます?)
    この間のブリスベンの決勝での勇姿を見た直後なので、複雑な心境です。
    うちは日仏家庭で、主人がガスケ推しです(&その他全てのフランス人選手)
    ジョコ山から大将が消えたと、ザワザワしています。

    明日の試合、ナイトゲームなのですね。こちらは朝の5時頃から開始なので
    大根おろしを固めながら、早起きしたいと思います。

      引用  返信

  • FUMAさま
    確かに、引き締まった感は無いかなって思いました。
    又、この様な姿は見たくなかった(T_T)

    ちょこちょこと、ネガな噂が上がっていましたが
    この敗戦でジョコさんを間接的に襲いかからないと
    いいのですか・・・

      引用  返信

  • スコアを追いながら、いつかイストミンはペースが落ちてくるかなあと思っていましたが。。。なるほど、デ杯の経験がこういう場面で生きるんですね。きっとラッコも自分にもできる!と信じて向かってくるでしょうから、明日も気合いを入れて応援します!それにしても、ジョコビッチが心配です。。。

      引用  返信

  • ジョコビッチ、負けてしまいましたね。第3セットから見ましたが、2ー1ななった時点で決まりと思ったのに、逆転されました。今までのジョコビッチではあり得ません。躍動感、気迫ともに欠けていたジョコビッチの姿は、上海オープンで負けたときと重なります。ボトムハーフは、ラオニッチが上がってしまうのか…。
    これで錦織選手が上がっていければ、地図が変わりそうな感じがします。

      引用  返信

  • クレベール さん、1955点を失うのは間違いないですが、ジョコビッチ選手の開幕戦はドーハですm(__)m

    ROM さん、昨年は何度も錦織選手が、あのギラギラした目にやられましたからね~
    生涯GSを達成して、12個ものGSタイトルの保持者・・・燃え尽きたとしても、既に充分に偉大な王者なので、心技体が再び整うのを待ちたいですね~m(__)m

      引用  返信

  • 真偽のほどは分かりませんが、最近言われているジョコの周辺のもやもやを探る記事です。(英語です)

    http://www.espn.com/tennis/story/_/id/18500273/australian-open-novak-djokovic-search-peace-harmony

    ベッカーが「自分かイマズか選べ」と言ったとか。
    心の平安とバランスを追求するあまり洗脳されてしまった?

    周りは色々憶測しているようですが、実際のところを知りたいです。
    浮気の疑い?で奥さんと上手くいっていないという噂もありました。

    それにしても痩せすぎなのが心配です。筋肉が落ちてしまっています。あれではエネルギーは出せないでしょう。

    フェデラーや錦織をコテンパンにする(ラファとマレーも)憎らしいほど強いマシーンのようなジョコビッチプリーズ。(涙)

      引用  返信

  • ここは早くジュニアに言葉覚えてもらって「パパの優勝する姿が見たい!」と言ってもらわねば!!「息子が一番大好きなおもちゃはパパなんだよー」とインタビューににこやかに答えてる姿を見たときから一抹の不安は感じてましたが…。だいたい今回の全豪のオンコートインタビューは何をメインに聞きたいのかよくわからない(^◇^;)。

      引用  返信

  • あ!ラファがボトムにいたのを忘れてました!
    ここはナダルに頑張ってもらいましょう!
    で、決勝では錦織VSラファで錦織の優勝でお願いします!

      引用  返信

  • モンフィス第3セット1-6で落としたあとの6-0がモンフィスらしく、クスッとしました。モンフィスガンバレ!

      引用  返信

  • シャインマスカット さん、5セットマッチを経験出来る場が GSとデ杯だけになりましたからね~
    ファイナルセット突入時に、過去の5セットマッチのフルセットでのレコードが表示されましたが、イストミン選手は 12勝-7敗でしたから、イストミン選手個人の実績から考えれば、かなり多いです。
    その経験がファイナルセットで勝ちビビりなく終えたことにつながったと思いますm(__)m

      引用  返信

  • そう、モンフィス選手 VS ドルゴポロフ選手
    も面白かったです(@^^)/~~~

    フォニーニ選手 6-7、6-4、3-6、6-3 ペール選手
    これまた面白い(@^^)/~~~

      引用  返信

  • 100位台の選手であっても、油断ならないということでしょう。
    錦織選手も、一戦必勝の気持ちで全力で戦ってほしい。

      引用  返信

  • 明日はナイトマッチの第一試合、マーガレットコートアリーナで、日本時間夕刻5時開始予定ですね。ちなみにロジャーVSトマシュの試合は、ロッドレーバーアリーナの第2試合です。

      引用  返信

  • hiro さん、仰る通りですm(__)m
    こういった大アップセットが起きると「俺も!」みたいな流れもあるでしょうし、ラッコ選手も100位以内復帰が掛かっていてモチベーションが高いと思います。
    元は50位以内の実力者なので、油断大敵です!
    まぁ、錦織選手は油断しないでしょうがm(__)m

      引用  返信

  • 今晩は。
    ジョコビッチ選手の2R敗退は、超メガトン級インパクトですね。相手が例えば復帰フェデラー選手や復活デルポトロ選手なら、まだ納得できるかも知れませんが。やはりイストミン選手の快挙を称えたいなあと思います。カルロビッチ選手の22-20も、キリオス選手の不適切騒ぎも霞んでしまいますね。

    そのキリオス選手に、またもや罰金処分が科される模様。昨日のキリオスvs.セッピ戦、何があったのかは知る由もありませんが、試合中の暴言に対し3,000ドル(約34万円)、ラケットを投げつけたことに対し2,500ドル(約29万円)とのこと。今、処分軽減を前提にメンタル治療中ですし、この罰金処分が彼のツアー参戦に影響なければいいのですが。

    WOWOWさんの大会レポート4日目です。
    <―大会レポート―第4日 大坂なおみは完敗も「楽しかった」。残る日本勢は錦織1人>
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/news/detail_170119_02.html
    土橋登志久フェド杯監督も観戦。フェド杯カザフスタン戦に期待が膨らみますね。

      引用  返信

  • なんとラドヴァンスカ選手がルチッチバローニ選手に3-6、2-6でいつの間にやら負けてる…(^◇^;)。
    今日はいったいなんて日だ!!

      引用  返信

  • しっかし、開幕週のドーハの決勝戦:ジョコ対マレーの大激戦でジョコが勝った試合を観たときは、
    「ああ、これは今年もジョコビッチが帰ってきたな、この2人は頭一つ抜けてる、全豪では当たりたくないな」と正直に思ったんですけどね~。
    う~む、今日の敗戦はなんだったんだろう・・・。

      引用  返信

  • 今晩は。
    男子シングルスでは第2シードのジョコビッチ選手が2R敗退。男子ダブルスでも、第2シードのマレー兄/ソアレス組が、クエリー/ヤング組にストレートで初戦敗退。連覇の夢はなくなりました。何だか明日も大荒れしそうな…。

    杉山愛さんコラムのシリーズ企画Part2です。
    <全豪オープンのみどころ② ~大会展望編~>
    http://cdn.wowow.co.jp/sports/tennis/column/aiseye_170119.html
    36歳セリーナの巻き返しなるか。ハース選手38歳の引退に思いを馳せてしまいます。

      引用  返信

  • いやいや、大変なことになりましたね。
    全豪で鬼のように強かったジョコビッチ選手が2回戦敗退。
    ラオニッチ選手の試合が終わったあたりから見てましたが、イストミン選手がしていたテニスは昨年、ジョコビッチ選手から100本のエラーを引き出したシモン選手を彷彿とさせていました。何でもないようなボールをネットに引っ掛けるミスがジョコビッチ選手には多かったです。

    シモン選手との違いは、サーブの威力が最後まで衰えなかったことでしょうか。イストミン選手に大・天晴れです!

      引用  返信

  • 錦織選手とナダルの決勝、切望です~!

    イストミンもすごかったですが、ジョコも心配ですね。
    最後のゲームでは、最初2つネットに引っ掛けて、もう試合捨ててるのかという凡ミスで、気になりました。憎たらしかったジョコが急に心配に。。。

    それにしても坂〇さんのジョコより解説が気になってしまいました。。
    因果関係がある人が解説ってするべきじゃないような気がします。

    イストミンは優勝したようなインタヴューで、ウルウルきましたが、だいたいああいうインタヴューをすると次の試合は負けちゃうんですよね~
    せっかくジョコを下したのだから次(誰でした?)も頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • nakaさん
    私もドーハ決勝でマレーに勝って優勝したジョコビッチを見たときは、やっぱり強いジョコが戻ってきたーって感じがしてたんですが。
    GS、MSじゃなくても関係ない、どんな大会だろうと勝ちたいんだなんて言ってたのに。
    ジョコビッチでもモチベーションを維持させるのは大変なんですね。全豪のタイトルは、絶対に欲しいタイトルだと思っていたんだけどな。

    イストミンが素晴らしかったです。
    トータルポイントとブレイク数では、ジョコのほうが上なのに、ジョコからタイブレ2つ取ってSFMで勝ちビビることなく勝ち切ったメンタル、讃えたいです!
    3Rのカレノブスタ戦も頑張ってほしいな。

    錦織くんがジョコ山にいてくれたらなあ…
    ボトムは、誰が上がってくるのか?
    ブリスベンSFと同じメンツになる可能性ありますね!
    GSのSFにbig4が誰もいない…
    そんなことになっちゃったりしないか…

      引用  返信

  • ジョコの敗戦衝撃です。
    前哨戦でのジョコ マレー 決戦を制し、今年も2強を中心にに回っていくと思いきや、ランキング100オーバーのイストミンに負けるとは・・・

    これは下位選手全てを勇気付ける勝利ですね、
    誰もが誰にでも勝つチャンスがあることを証明しました。

    これから本当に混戦模様になるでしょう。
    錦織にも追い風な気がします。

    さぁベスト16に誰が来るか。
    明日は錦織戦 フェデラー、ベルディヒが注目ですが、何気にマレー クエリーも不気味です。

    昨年 錦織 ジョコに勝利し ハマると怖い相手です

      引用  返信

  • 今晩は。
    明日の対戦相手ですが、各報道機関で表記が違っています。「ラツコ」が多く「ラッコ」が少なめ。調べてみると「ラツコ」が正しいようです。マツコ? スロバキア語ではスペルの途中の「C」は日本語で発音するところの「TSU」、即ちおおきい「つ」とのこと。
    発音的には「ラ」にアクセントで「ラツコー」です、モスクワのモスコー的に。
    さて、明日のNHKさん、WOWOWさんはどう呼ぶでしょう。

    ジョコビッチ選手敗退のコメント、海外記事等の短い抄訳記事です。
    <ジョコビッチ敗退の衝撃、世界を駆け巡る 「世界117位にKO」「大番狂わせ」>
    https://the-ans.jp/news/2536/
    チャン・コーチの言葉「勝った時には謙虚さを、負けた時には潔さを」を思い出します。

    もう1人の雄マレー選手、そう言えば足を捻りましたね。大丈夫でしょうか。
    <マレー「そんなにひどく痛めたとは思わない」>
    http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=121294
    もしかしてこれが更なる波乱の前兆…? まさか、ね。

      引用  返信

  • どうやらナダル様はご安泰の様なので、もしかしたらラファ✖圭ファイナルが生まれるかも。リオの再現みたいです! それにしてもバグダティスの女の子お人形さんみたいに可愛くてたまりません!まだ敗戦の意味も分からない様な幼さで良かった。

      引用  返信

  • ジョコビッチ対イストミン戦を見ておらず、最新の状態が分からないのですが、1回戦のベルダスコ戦での一つラリーをみて、ジョコビッチの素晴らしいディフェンスからオフェンスへの切り替えの瞬間を目撃して彼の強さの秘密を改めて思い知らされたばかりでした。

    ベルダスコが攻撃の主導権を握ってベースライン付近からフォアの順クロスで打ち込んでくるショットをジョコビッチは声を上げながら振り遅れないように必死に、深い、攻められないぎりぎりの強さのショットを返し続け、ベルダスコがバックハンドの順クロスで相手デュースコートコーナー深くにアングルショットを放つと、ジョコビッチはベースラインの中央の1m後方でその方向をさっと見極め、そこから大股のたったの2歩で、コーナーの外にそれていくボールに追いついただけでなく、なんと一杯に伸ばした右足を踏ん張る力と腕と手首の力のみで、フルウェスタングリップのまま、頭上ではなく思いっきり前に振り抜いてトップスピンをかけ、ストレートで相手コーナーの深い所に打ち込んだのです。

    防戦一方の打ち合いの末、相手が決めに来たアングルショットを一発で攻撃に転じたので、不意を突かれたベルダスコは堪らずベースラインから斜め後方に走らされてやや山なりのボールをジョコビッチのバック側のベースライン1m内側に打ち返すのがやっとで、ジョコビッチはといえば、その右側にマックスに脚を開いた状態から軽くスキップするような軽快な2歩のフットワークででセンターに戻って、フォアに回り込んで逆クロスにベルダスコのフォアサイドのアングルに決めました。

    その獲物をしとめるチーターのような守備から攻撃への滑らかな一連の動きがあまりに素晴らしく、10回以上録画を繰り返して見てしまいました。動きはチーターでしたが、あのカウンターの一撃から連想したのはもっと重量級のライオンでした。

    たしかに去年後半から何か悟ったような勝負への淡泊さを感じ、プライベートでなにか心を乱すことがあるのか、痩せすぎだし深刻な病気にでもかかっているのではないかなどと邪推していたのですが、これを見て、1回戦からこのレベルの高さは何なんだよ!と驚きました。相手の各ショットに対して打ち返す強さの最適エネルギー配分、攻撃に切り替えるべきタイミングの見極めとそのミスのない素早い遂行。そこに彼の強さの鍵があります。

    錦織もバックサイドに振られた時のカウンターはここ1年位でかなり向上したと思いますが、フォアに振られた時のフットワークとそこからのトップスピンでの攻撃的カウンターはジョコビッチから盗むべき点がまだまだあると思います。乗っている時のフットワークはチーターのようですが、浮き沈みが激しすぎて・・・今大会はまだまだチューニング中のようですね。

      引用  返信

  • NORICHAN さん
    ダブルスもディフェンディングチャンピオンのジェイミー/ソアレスペアがクエリー/ヤングペアに負けちゃったんですよね…(/ _ ; )
    明日、弟のアンディは大丈夫かしらん、、
    足首が何ともないことを願います。

    ボトムでシードダウンしたのは、ジョコとフェリロペだけなんですね。ナダルも勝ちそう。バグちゃんも好きなんだけどな。ラファが強い!

    関係ない話しですが、ティームのバンダナ姿が新鮮で可愛いかったです♡
    ブノワペールさんの帽子はなんなの…
    AO公式Capですか…自由すぎ😂
    UE80で勝つのもペールさんならではです。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ryoさま
    ペール選手、相変わらず読めませんね(笑) 得体の知れないことこの上ないです。
    サー・アンディの足首はどうでしょう。さあ? あの方独特のフェイントかも、と思っています(笑)

    イストミン選手、喜びのコメント抄訳記事です。
    <トップ10相手に33戦で1勝も…30歳の苦労人がジョコビッチ撃破の大金星>
    https://the-ans.jp/news/2539/
    この方も怪我から復帰組。そして頑張るアラサー。こういう選手がゴロゴロの時代。次世代が上を行くのも容易ならぬはずですね。

    フリーライター武田薫さん、大坂選手&ジョコビッチ選手コラムです。
    <大坂なおみ、パワーを封じられ完敗、男子単ではジョコビッチが敗れる波乱>
    http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201701190006-spnavi
    内容とは関係ありませんが、やはりこの方も「ルカシュ・ラツコ」と「ツ」が大きいです。

      引用  返信

  • @zeug
    凄い観察力と表現力ですね
    私もベルダスコ戦のジョコには度肝を抜かれました

      引用  返信

  • 波乱の多い大会ですね。

    ジョコビッチとマレーは今年も鉄板だと思っていたのに。
    戦国時代みたいになってきているような。。

    錦織選手にチャンスもあるけど下からの突き上げもありそうな雰囲気の中で、
    どうか十分実力を発揮してください。
    明日は途中からでも見られそうです。
    現地応援の方、毎日暑くて大変そうですが、日本語の声援心強いです。
    明日も頑張ってください🇯🇵

      引用  返信

  • あのドーハでのジョコvマレー戦を見たら、今の姿は想像できなかった・・・。
    熱い決勝で、今年も2人で回っていくと思ったのに。
    もしかしたらマレー政権は思いの外、長期になるのか。

      引用  返信

  • ジョコビッチの敗退、正直けっこうショックです。。私は錦織選手の次に好きなのがジョコなので…。
    今日の試合は仕事でライスコ観戦、2-1となった時点で勝ちを確信し、帰宅途中に負けを知り愕然。。
    一昨日のベルダスコ戦では、二人の緊迫したハイレベルなプレーに鳥肌が立つ思いだったのに、重要なポイントの後では、互いを威圧するような睨み合いに凄みさえ感じたばかりだったのに、(zeug様の詳細な解説が素晴らしいです!)今日のジョコは別人だったみたいですね。どうしちゃったんだろう??
    イストミンがそれだけ良いプレーをしたということなんですよね。その彼を、負けても潔く讃えるジョコの人柄も素晴らしい。ラケット破壊云々で批判されることも多いジョコだけど、サービス精神旺盛でエンターテナーな所、勝っても負けても相手を讃える潔さが私は好きです。

    錦織選手が決勝でジョコを破って歓喜のGS初優勝!…私の中の夢のシナリオは叶わなくなってしまったけど、ジョコの分まで?ひたすら錦織選手を応援します!!
    とにかく一試合ずつ…明日の3回戦突破を願って、気持ちを切り替えて、全力応援!!!

      引用  返信

  • 今イストミン対ジョコビッチのファイナルセットのみ見ました。明らかにジョコビッチのコンディションがおかしいですね。体に力が入ってないような、左右に振られた時のバランスの崩しかたとか、1回戦とは別人のようです。怪我で1年以上試合から離れていた選手の復帰戦のような。前夜まったく睡眠を取っていないかのような状態ですね。何かが彼の心を怯えさせる状況下にあるのにそれを公にできないでがんじがらめになっているのか・・・明らかにテニスの調子以前の心の問題のように思えます。

      引用  返信

  • @zeug
    自分も今見てますが完全にコンディション不良ですね
    振られたときのスライスの多さ
    不必要なドロップの多さ
    技術的なレベルは落ちてないことを確認して逆に安心しました

      引用  返信

  • 今晩は。
    これでもうシングルスは、96名の選手がメルボルン・パークを去ったんですね…。

    ちらちらご紹介させて頂いたNEXT GENE達。予選から約30名ほど追いかけたのですが、結局3R進出は、もはやツアーの常連ズベレフ選手のみ。でも彼は既に稲穂を実らせ、私の中では青田から卒業扱い。なので皆2R敗退です。そのズベレフ選手の3R、対戦相手はナダル選手。これまたプチ鼻血状態(笑)

    ここ1,2年で誕生日を迎え、U21外となったかつてのNEXT GENE達(勝手にティーム世代と呼んでいます)も3R進出は筆頭ティーム選手のみ。キリオス選手、プイユ選手、エドモンド選手、西岡選手、トンプソン選手もことごとく2R敗退です。

    その上のYOUNG GUNS=錦織世代は順当に3R進出で正直ホッ。錦織選手、ラオニッチ選手、ゴファン選手、ディミトロフ選手。あ、チリッチ選手は敗退ですね。GS覇者はそのチリッチ選手のみというのが皮肉めいています。

    これで見るに、いかにGSで2週目に残ることが困難かを痛感。かのジョコビッチ選手でさえ2R敗退があり得るのですから。改めて、RGを17歳で制したM・チャン少年の偉大さたるや、です。

      引用  返信

  • ジョコビッチ選手の敗退に未だショックが続いています。
    まさかとは思うけど何か病気に懸かっていたりはしませんよね?

    それにしてもいつもジョコビッチに行く手を阻まれている錦織選手は
    よりによって今回は反対側の山とは・・。(ドロー運の無さはあるのかもしれません。)
    何が有るかわからないです。3回戦もどんな相手であっても
    けして簡単ではないでしょうけど頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • 一昨年〜昨年の圧倒的だったジョコビッチ選手が、トーナメントを勝ち上がるにつれどんどん隙がなくなる様を見て、彼を倒すには調子が上がりきる前の1、2回戦で仕留めるしかない、と評されていたのを思い出しました。

    ただ本当に痩せてて驚きました。正直、マッチポイントを握られようが捲ることができるタフネスがジョコビッチ選手の真骨頂だと思って見ていたのですが、心身のエネルギーが足りないようでした…。これで彼が終わりなどとは全く思いませんが

    サー・アンディの在位期間はこの失効で長期化しそうですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。