6年ぶりの参戦!2018モンテカルロプレビュー 兼 1回戦 vs. ベルディヒ プレビュー

渾身のエイプリルフールネタから2週間・・・力を出し尽くして灰になった・・・わけではなく単に時間取れなかっただけです。すいません。
ちょっと疲れが溜まったり熱が出たりして大変でしたが、充実した毎日を過ごしております。ツイッターで相談した喉の違和感も収まりました。

というわけで6年ぶりのモンテカルロ出場を盛り上げて行きたいと思います。
いつものような情報を整理した感じではなく思いつくままですが大会と1回戦のプレビューです。

大会の展望

毎年のクレーコートシーズンは、バルセロナ→マドリッド→ローマ→全仏というルートがお決まりになっていましたが、これにモンテカルロを加えて欲しいとか、バルセロナはやめてモンテカルロにして欲しいという意見も結構ありましたよね。
私もモンテカルロに出て欲しいと思っていたクチです。理由は単純で、ポイントが大きいということです。ただ、モンテカルロはナダルの庭なので反対側のハーフに入ってくれるという条件がぜひとも欲しいところではありますが。

しかし連戦だと故障のリスクが高まってしまうのが悩みの種でした。また、タダでさえ長いヨーロッパ遠征の期間がさらに長くなってしまうというデメリットがあります。
遠征の辛さは、我々ファンからすると測りかねるものがありますが、まず想像より大変だということは間違いないでしょう。それに、貴重なトレーニング期間も減らしてしまうことになります。

プロは年に数回、数週間のトレーニング期間を設け、これにより1年戦える体力と、コンディショニングを行っています。4月上旬は錦織にとってまさにその期間なのです。

参考記事:【大会の展望追加】2016バルセロナ 大会プレビュー | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

と、いうこともありモンテカルロ出場は長年、見送られてきました。
ではなぜ今年参戦したのかですが、試合数を確保したいという事情があると思います。
ご存じのように錦織は故障明けですので、昨年までのようにコンスタントに大会後半まで勝ち残る見通しを立てることが出来ません。
それは調子がまだ戻っていないという他にも、落ちたランキングによりシードが確保できないことも大きな要因です。
実際、今大会では2011年パリ以来、6年半ぶりのマスターズ1000シード落ちです。

逆に6年半もシードを維持してきたということで、凄いですよね。

試合勘を戻すためには試合数が必要ですが、勝たないと試合数が増えない、となると出場大会を増やすというのは自然な発想ですよね。
またどのくらい自分の力が戻ったかを実感するためにも試合数が必要ですよね。勝ち負けではありません。勝っても試合数が少ないと本当の力かどうかまだ分かりません。

トレーニングについてもそもそもがリハビリの過程でずっとトレーニングですし、(途中体調不良による狂いはあったにせよ)むしろトレーニングの成果を確認する場の方を求めていると思います。また、疲労はあまりないはず。

ということでモンテカルロ出場は自然な決断だと思います。
ヒューストンに出る案もあったかもしれませんが、アメリカのグリーンサンドとヨーロッパのレッドクレーは似て非なるものです。それよりは、モンテカルロで早期敗退した場合に来週のエストリルやミュンヘン、イスタンブールなどにWCで参戦するプランの方が魅力的に思えます。

実際、エストリルオープンは錦織にWCを用意しているようです。(デルポトロ、ジョコビッチ、バブリンカにもその用意があると。)

参考記事:Del Potro é hipótese para o Estoril Open. Djokovic, Nishikori e Wawrinka também

とにかく、今一番大事なのは健康と保ち、沢山試合することですよ。
これまでの試合結果ではまだまだ分かることは少ないと思います。
結果が出ているとは言えないかもしれませんが、毎回なんらかのポジティブ要素は見当たるので、とにかく試合数をこなすことですよ。

1回戦ベルディヒ戦について

1回戦でベルディヒと当たることになりました。一見、厳しいドローに思えます。また、6年前に負けた相手でもあります。
ですが、ノーシードですので2回戦までにシードと当たります。2回戦でナダルということもあり得たわけです。
シードの中では良い方だと思います。
クレーコートですので、ランキングの他にもクレーコート適性が重要なファクターになります。
シュワルツマンとかカレニョブスタ、ラモスビニョラスなどの方が怖いです。
実はシード勢ではジョコビッチが一番やりやすいかもしれないというこの状況・・・一昔前では信じられないですよね。
でも、それだけにチャンスがあるというものですよ。
このベルディヒ戦、錦織にとって復活のターニングポイントになるかも知れません。

ベルディヒは強いです。強いですが対戦成績は4勝1敗で、(あんまり相性という言葉は好きではありませんが)、相性が良いかもしれません。
というのは試合内容を見ての感想です。
ベルディヒは強力なサーブとフォアハンドで圧倒的な攻撃力を誇ります。
ベルディヒの試合を観ていたら、「こんなのにどうやって勝つの」って思っちゃいます。
でもいざ錦織が試合をしてみると魔法のようにそれを封じ込めてしまうのです。
いつの間にか錦織が主導権を握っており、ベルディヒが苦しそうになるのです。

おそらく、ベルディヒには申し訳ありませんがテニスが単調なのかと。
まあ、あのショットで多彩な戦略を用いられたら世界一になれそうですよね・・・。
それとベルディヒは、自分の攻撃が通用しなくなったときに手詰まりになりやすいと思います。攻撃力に比べると守備力は弱いので、自分の攻撃が通用しなくなり、積極性が薄れたときに弱さを露呈してしまうのです。
それを錦織が見抜き、上手く攻撃をかわし(あるいは真っ向からねじ伏せたこともありました)自分のペースに持ち込み、ベルディヒをトーンダウンさせることに成功した結果が4勝1敗という対戦成績です。

目の前で見た2012楽天オープン3回戦は圧巻でした・・・。

参考記事:【テニス】衝撃の楽天オープン。何が錦織圭を覚醒させたのか?|テニス|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ただ、唯一の1敗の2012モンテカルロはむしろ逆でした。完璧な第1セットの錦織にも心折れず、じわじわと押し返し、攻撃性を増して逆転したベルディヒのプレーが素晴らしかった。

どっちのパターンになるかは分かりませんが、2009年ブリスベンでの衝撃の内容(参考記事:な、なんとベルディヒにも勝っちゃった!!! | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ)もあり、ベルディヒ戦は内容の濃い試合になることが多い印象です。

フェレールとともに、対戦すると錦織のプレーが上がる好敵手なのではないかと。
今の力関係では厳しい相手なのは間違いないですが、負けたら負けたでまた出直して再チャレンジすればいいだけです。
ポジティブな効果をとても期待してしまう楽しみな対戦です。

32 件のコメント

  • 待ってました\(^o^)/
    団長さん!プレビュー記事ありがとうございます!
    参考記事も全て読みました。
    2012楽天オープン ベルディヒ戦を目の前で熱烈応援していたんですね!(◎_◎;)
    う、うらやましいです…。当時のブログ記事も大盛り上がりですねぇ。
    今大会も負けず劣らず大いに盛り上がりたいところ。
    完全復活のきっかけとなるような試合展開だったら…………。出ます………鼻血。
    しかし!かなり厳しい試合になることも覚悟しています。
    今年なんの大会か忘れてしまったんですが、私が見たベルディヒ選手の試合の中で
    一番強かったイメージがあります。あのベルディヒ選手とどう戦うのか……。
    どんな作戦でいくのか…。錦織選手がこの間取り組んできたトレーニングが生かさ
    れるのか…。サーブはどんな調子か…。
    不安と期待が半々で入り混じります(^◇^;)
    でも、完全復活の道半ばである錦織選手にとっては、1戦1戦が己の力を引き出す
    場となるはず。勝負の結果に関わらず団長さんの言う「ポジティブな効果」を得ら
    れると私も思います!
    明日ですかね?錦織選手の試合時間を早く知りたいです(*^◯^*)

    団長さんも健康状態を完全復活させて、ブログ記事執筆とテニスプレーを楽しんで
    ください(o^^o) 衰えたのではなく、単に久しぶりだったからではないでしょうか?
    錦織選手同様、まだまだイケるはず♪(´ε` ) (根拠はなくてスミマセン σ^_^;)

      引用  返信

  • めちゃくちゃ楽しみです!!
    2012年の対戦は、錦織のミスにも助けられたベルディヒの我慢勝ちだったように見えました。
    確かインタビューでも「勝てて良かった。最後まであきらめなかった自分を褒めたい。」とベルディヒがいつもの表情で(はーあぶなかったと冷や汗をぬぐいながら)言っていました。

    ATPサイトでも「モンテカルロの初戦を見るべき5つの理由」
    の中で、一番にあげてましたね。
    http://www.atpworldtour.com/en/news/five-first-rounds-monte-carlo-2018

    ポップコーンがもう一つ必要かも。と書かれていて、期待値がうかがえます。
    錦織、頑張って欲しい!!
    私も記事を書こうと思います。

      引用  返信

  • 今はイズナーやアンダーソンの方がベルディヒより強いと思うのでアンダーソンに善戦した錦織圭にゞ(`´ )?
    負けたら負けたで、休めるからいいんではと思うし勝ったら勝ったで復活かと思うし、いずれにしても身体が無事なのが1番です(*´・ω・`)bね
    サーブやフォアはおいといて身体のキレとゲーム感が戻ってほしいです(*^^*)

      引用  返信

  • 団長さま
    喉の違和感…今はない。何かアレルギー起こすようなもの食べました?脅すようですが、アナフィラキシーショック起こす前に一度アレルギー検査受けた方が良いかもしれません。大人になってから突然アレルギー…はあるあるですから(40代で突然そばでアナフィラキシーショックを起こし、救急搬送された友人がいます。)。今は軽くてもそのまま知らずに食べ続けて重症化する事があります。

    いよいよクレーシーズンですね。体調も万全のようですし、ディミトロフ選手との練習動画でもなかなか良い感じに見えました。ベルディヒ選手は調子が良い時はほんとに穴の少ないプレーをするので、かなりな難敵だと思います。今シーズンはとにかく「挑戦!」です。ひとつひとつの試合を大事にして何かを掴み取ってくれれば良いと思います。
    そういえば錦織選手、好きな大会は?と聞かれ「モンテカルロ」と答えていたことがありましたよね?ぜひぜひもっと好きな大会になってもらいたいです〜!!

      引用  返信

  • 上の私のコメントですが、
    「モンテカルロの初戦を見るべき5つの理由」
    と書きましたが、
    「モンテカルロ大会の見るべき5つの1回戦」
    ですね。

    パッと見で訳してまいました。すみません。

    杉田VSストルフも楽しみです。ちょっと複雑?

      引用  返信

  • マスターズノーシードは2013年パリ以来ですね。
    http://www.keinishikori.info/201310paris/2013paris-1r-preview.html

    現状の順位と失効ポイントを考えると全仏シード確保もかなり難しい目標ですが、去年不出場で失効の無いモンテカルロとバルセロナで少しでもポイントを稼いで、一息ついてほしいです。本人もポイントを確保できると自信、余裕を持てると思うので。

      引用  返信

  • ちょっと過去を振り返りながら書きました。
    https://yuri-san.com/tennis111/

    ベルディヒも応援しているので複雑ですが、ここはやっぱり(というか、当然)錦織に勝ってもらいたいですね。

    クレーコートで錦織が調子を上げていけることを祈りつつ応援します。

      引用  返信

  • 様々なテニス賢者の方々のツイッターを巡るのが最近完全なる趣味と化しています。

    先程見たツイートで下記の情報が
    https://mobile.twitter.com/BrainGameTennis/status/985482033907621888

    それに対してこんな情報が
    https://mobile.twitter.com/missy5around/status/985444683206737920

    それぞれ準備は抜かりなくといったところでしょう。ラオニッチ選手は2Rに当たるであろうジュムホール選手対策といったところでしょうか。

      引用  返信

  • 錦織選手の試合時間がぐぐスポ速報に載ってました!
    明日月曜日日本時間19:40〜センターコート第2試合だそうです。
    ほう〜センターコートかあ♪(´ε` )
    ATPサイトでも注目!とyuriさんが紹介してましたものね(*^◯^*)
    夕飯をさっさと済ませ、スタンバイしよう\(^o^)/
    NHKBS1 しっかり生放送してね❤️

      引用  返信

  • ふりすくさん,

    あーっ!自分で書いていたのにやっちゃいまいましたか。
    Jose Morgadoさんが2011パリ以来ってつぶやいていたので、一次情報あたるのサボっちゃいました!(言い訳)
    すいません。

      引用  返信

  • あけびさん,

    ワアオ、いきなり、あのかっこいいコートで試合するんですね。

    NHKの放送予定をチェックしていたんですが、最初は15日からライブ放送になっていたのに、日本人選手の試合がないので、さりげなく日付が16日になっていたー😅。
    杉田選手は17日からですよね。交互に見られますね。なるべく長く続きますように。

    ああ、また錦織君の試合が見られるー。クレーシーズンを通してとにかく、元気にプレーしてくれればそれでよし。調子は必ず上がってくると信じています。

      引用  返信

  • あけびさん,
    圭の試合情報、ありがとうございます❗(*≧∀≦*)♥️⤴️⤴️←しっかり予約しました❗
    でもでも、何とか生応援出来るように早めに帰宅したいです❗😆👍❤️⤴️⤴️

    団長、私も2012年の楽天準々決勝、手に汗握りながら生応援しました❗( v^-゜)♪♥️⤴️⤴️←本当に、“リターンが帰りますように❗”って、毎回祈りながらの応援でしたね(^_^;)💦
    実は準々決勝までしかチケットも宿も手配していなかったので、あわてて翌日のチケットを買いつつ、人生で初めてネカフェに連泊した、めっちゃ思い出深い大会です❗(*≧∀≦*)♥️⤴️⤴️
    勝った瞬間、優勝🏆を確信するくらい、圭のテニス🎾はすごかったです❗😍😍😍❤️❤️❤️⤴️⤴️

    長々と昔話をすみませんσ( ̄∇ ̄;)💦
    また、心揺さぶる圭のテニス🎾を魅せてくれ~❗!щ(゜▽゜щ)♥️⤴️⤴️←いつまでも待ってるからね~❗😍😍😍❤️❤️❤️⤴️⤴️

      引用  返信

  • FUMAさま,
    NHKBS、15日は7分間だけ放送がありました。
    クライノビッチ選手が直前足首故障のため棄権となりロレンツィ選手が不戦勝となったため、実況がなくなったようです。他試合は放送されませんでした。
    急遽大会予告と錦織選手・杉田選手の対戦相手の情報のみで、会場は映ったものの練習風景はありませんでした。

    今日は、センターコートでベルディヒ選手との注目試合ですね。
    この試合もまた一つ、錦織選手をベストに近付ける大きなきっかけを与えてくれるようなイイ予感がします(*^^*)
    心身ともに準備が整った今、どんな試合を見せてくれるか楽しみです。

      引用  返信

  • おはようございます\(^o^)/ (朝から元気!)
    初めてお役に立てて嬉しいです(o^^o)
    いつも見るライスコのページには19:30になってますけど、2試合目だから
    どんどん時間が押していくんですよね(^◇^;)
    最終的には各自でよろしくお願いしますm(__)m
    今日1日試合を楽しみに過ごします。
    幸せ〜❤️

      引用  返信

  • なんか、朝から皆さんの幸福感、伝わって来ます。私も、おんなじじゃけぇ。
    そして、何時ものように、団長さまの平易で、解りやすいプレビュー記事です。 でもそれは、豊富なテニス識、ニシコリ識?うん、うん、該博と経験を通して、の成せる技なんよねぇ。お陰さんで、予習バッチシ❗有難うございます。

    経年変化は、容貌だけじゃない、体質変化もあるので、団長さまも健康を保たれ、末永く活躍して頂きましょう。

      引用  返信

  • 団長さん、記事だてありがとうございます。
    2016年のIPTLで錦織🆚ベルディヒ見ました。
    ハードコート、エキシビと状況は異なりますが、錦織選手のテニスのうまさが際立つ対戦でした。
    今日はどんな対戦になるか、今から楽しみです。

      引用  返信

  • はるぴさん,
    IPTLでのベルディヒ戦は錦織選手がノリノリで、もうどうにも止まらない♪状態
    でしたね(笑)ベルディヒ選手の「😖もうやだよ……」な表情でお互い苦笑いする姿
    が印象的でした(*^◯^*)

    でも、今日はそうはいかないでしょうね(^◇^;)

    とはいえ!錦織選手は予想がつかない試合をして私たちを激しく喜ばせたり、時に
    はがっかり(笑)させたりするので、膨らむ期待を懸命に抑えているところです^_−☆

      引用  返信

  • aoiですさん,

    そうだったんですか。
    ちゃんと放送していたのですね。NHKサマに謝らなくては。
    超有名どころが出てこなかったり、敗退した後のNHKの選ぶカードは、なかなか渋くて好きです。

    私も皆さまと同じく、今日は朝から超ハイの、絶好調。
    錦織圭の、何という影響力でしょう。

      引用  返信

  • 団長さん、お忙しいなか、充実したプレビュー記事ありがとうございます!
    待ってましたあ。参考記事もあらためて読んで触発されました。
    モンテカルロは、錦織選手に参戦してほしいとずっと思っていた大会。
    あの美しいセンターコートで躍動する彼のテニスが見られる。そう考えただけで、
    朝からそわそわしてしまいます。捲土重来、疾風怒濤、気力横溢、勇気凛々。

    その一方で、全豪オープンでのベルディヒ選手の試合ぶりを思い出していました。
    ビッグサーブとビッグフォアハンド炸裂、コートカバーも広く、ミスが少なく、本当に強かった。
    まさに団長さんおっしゃるように「こんなのにどうやって勝つの」状態でした。
    あのコンディションで来られるときついかもしれませんが、
    そこは錦織選手の魔法で対応していただいて・・・もう、ワクワクがとまりません。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。

    モンテカルロに出場して欲しいという声は多かったですよね。
    でも錦織選手が(記事中に書かれている諸々の理由から)バルセロナは外せないだろうと忖度して、結果、みなさま諦めの境地で毎年終わっていたような。
    今年は思いがけない形で、6年ぶりのモンテカルロ出場が実現しました。
    1回戦はベルディヒ選手で強いですが、手の内をよく知った相手なので、安心して打ち合えるし、やり易い感じはあるかもしれませんね。
    実は私、モンテカルロで戦う錦織選手を見るのは初めてなのです。久々に試合が見れる喜びと楽しみ倍増中----。

      引用  返信

  • ベルディヒ戦といえばどの試合か忘れましたがマッチポイントの一つ前のポイントですごいフォアでベルディヒの度肝を抜いたストロークが印象にあります。フォアハンドが素晴らしかった頃ですかね。

      引用  返信

  • 皆さん こんにちは👋😃
    私自身は何となく17日なのかな?と根拠なく思ってたりしたので、まだしっかりと心構えが出来てなくて、ちょっと心臓がバクバクしてます。この頃圭くんの試合を見る時は、心配と怖さが先にたってライブの時は、身体が硬直して息継ぎもうまくできないまま見ている状態なので、ゲームを楽しむ余裕がありません😅 試合の全体を知るのは、後でビデオを見た時です。本当に情けないファンだと思いますし、圭くんに失礼な事をしているなと反省しています。それでもやっぱり圭くんのテニスが好き💗どんなスーパースターが他に出てこようと、彼の脆さや弱さや儚さもすべてひっくるめて圭くんの魅力に勝るものはないなぁと思っています🍀
    さあ、あと7時間で戦いの時がやってきますネ。勝利を信じて精一杯応援します😃 そして明日のこの場所で皆さんと一緒に喜びに浸りあいたいです🎵

      引用  返信

  • Kemika さん、私なぞテニスにハマって30年以上は経ちますが、いまだに重要な場面になりますと「幸運💩のトイレ」のジンクスを信じてトイレに籠って祈ることもあります(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    お陰様で何度も歓喜の瞬間を録画で見直すという・・・(ΦωΦ)
    稀に、こちらで狂ったような暑苦しいコメントを連発してますが、そんな時はドーピング🍻(アルコール飲んでます)してます(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • Kemikaさん,
    ははっ(≧∇≦)その気持ちわかります^_−☆
    それでも私は絶対LIVEで見たい派です。あの緊張感は外せません(笑)
    ともに戦う瞬間瞬間を見逃すなんてもったいないです!
    錦織選手のボールがラインを割りそうになると、体がそうはさせじと反射的に
    反対に動きます(笑)ネットにかかりそうになると、イスから腰が浮きます(^◇^;)
    ピンチ場面では息を止めてたりします。この心臓が飛び出す感じはそうそう味わ
    えません。試合が終わるとグッタリです。自分もテニスしてたのか?って感じで
    す。一体なんなんでしょう?はたから見たら異常な行動!(◎_◎;)……ですよね。
    負けた時の気持ちの落ち具合をはるかに上回る勝った時の気持ちの上がり具合が
    半端ないので、止められないのか………。自分でも不思議です。錦織選手という
    よりも錦織選手のプレーがそうさせるのかな???

      引用  返信

  • いよいよクレーコートシーズンがスタートしますね!
    怪我の間のハードトレーニングにより、きっと以前よりフットワークがパワーアップしてることを期待しています!ベルディヒのフラットストロークの強打に対して、錦織は近年悪い癖の持ち上げたフォアにならないか注目してます。
    錦織のおかげでワクワクがまた戻ってきました♪

      引用  返信

  • うん、うん、うん、テニスも男性も、真面目過ぎるんは、つまらんのよね〜〜〜♪(こんな、発言セクハラ!でしょかね)

      引用  返信

  • 下団さん あけびさん
    ここでご一緒できて幸せです🐱
    お二人の臨場感あふれる表現力に笑わせてもらいながら、何故か泣いていました😢
    私は主人に言わせれば冷たいヤツらしいです・・・・。それは映画でもドキュメンタリーでも感動的な場面があってもほとんど涙を見せないからだそうです。
    そんな私ですが、こと圭くんのこととなるとちょっとした事ですぐに泣いてしまうのです。試合で勝った時はもちろんダメだった時もそして誰かが圭くんに対して優しい言葉で記事を書いてくれたりしたら、泣きながらそれを切りぬいて日記に貼り付けたりしてます。
    だからお二人の文章の中に圭くんへの大きな愛情を感じて、うれしくて、つい涙してしまいました。
    ひょっとしたら私たち錦織ファンは、こんなに心臓を酷しして長い年月を過ごしていると、寿命が短くなってしまうのかも・・・・。
    まっ、それでもいいかな👌

      引用  返信

  • あけびさん,

    >それでも私は絶対LIVEで見たい派です。あの緊張感は外せません(笑)
    ともに戦う瞬間瞬間を見逃すなんてもったいないです!
    錦織選手のボールがラインを割りそうになると、体がそうはさせじと反射的に
    反対に動きます(笑)ネットにかかりそうになると、イスから腰が浮きます(^◇^;)
    ピンチ場面では息を止めてたりします。

    メチャクチャわかります。おんなじですよ~。
    ひとりで「くあああああ!」
    とか訳の分からん叫び声をあげながら、前のめりになって応援してます。
    はたから見たら変な人だと思います。w

    今まで、一番前のめって祈りながら応援したのは、2014年のマドリッドの準決勝フェレール戦でした。何度もマッチポイントを握りながらフェレールに戻され、ブレークポイントを握られ・・・。

    本当に目を離せない選手ですよね。

      引用  返信

  • 錦織圭の凄いのはショットの選択の多彩さに尽きると思うので、試合感覚が戻っているかなんでしょうね
    水をさすようですが、僕はフォアやバックか劇的に改善されで以前のようなエースを取るのはもう無理だと思っているので今のフォアやバックの威力でどんなテニスをするかに興味があります
    まだ負けた事がないテイエムやキリオスやゴファンと対戦した時にどんなテニスをするかも興味あります
    手首に負担がかからないようにガットのテンションも以前より緩く、また、固定してるのでしょうか?
    ラケットのインパクトの音も前とは随分と違う気がするのですが、誰か教えて頂けますか
    いろんな解説や団長さんも含めフォアやバック等の威力が、戻ってくる前提で皆様は話されでますが、僕はそうは思えないので、勿論戻ってくれればそれにこしたことはないデスシ戻ってきたら確実に今のメンバーならランキング1位は狙えると思う
    しかしフューチャーズを見に行った時にも思うのですが日本人っての本当にサーブがダメですね
    たまにサーブが凄い選手も高校や大学の選手でみかけますが、そういった選手はサーブだけ( ・∇・)です
    テニスの上手い選手は皆、180センチ以下ですもんね
    テニスでも、大谷翔平みたいな選手がてでこないかな
    すいません😣💦⤵️ 話しが脱線しましたね

      引用  返信

  • Kemikaさん,
    こ、こわいです。寿命を短くする…なんて(>人<;)
    まっ、いいか…ってよくありませ〜ん!
    ドキドキワクワクが細胞を活性化して、若返るんですよ!絶対…きっと…いや
    そうなるといいな…なれるかな?…なれるかもしれない…(^◇^;)

    でも、心臓が悪い人はやはり気をつけたほうがいいかもしれませんね!(◎_◎;)

    yuriさん
    共感してくれる人がいるってうれしい\(^o^)/
    手に汗握る という言葉がありますが、たとえじゃなくて私は本当に汗が出るので
    濡らしたタオルを手元に置いて、手の汗をフキフキ応援します♪(´ε` )
    どんだけ〜?って感じですね。

    みなさんとワイワイ話をしているうちに、いい時間になってきました( ̄▽ ̄)
    少し早いですが、夕飯の支度に入ります!
    試合中はコメントする余裕があるとは思えないので、しばし離れます。
    試合後ココでワイワイできますように☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。