錦織圭の今年残りの成績を皮算用

全仏準決勝に残った4選手

ソダーリング
ベルディヒ
ナダル
メルツァー

この4人全員と錦織は試合していますね(1勝3敗)。

4月のチャレンジャーで対戦し、錦織が敗れた2選手についても

カンケ 予選突破
ジネプリ ベスト16進出

といい結果を残しています。

なんだかんだ言って、強い選手にしか錦織は負けていない気がします。

5月のチャレンジャー2大会優勝、今回の全仏2回戦進出という結果を踏まえ、私は錦織圭のテニスの実力はかなり戻ってきているのではないかと思っていましたが、WOWOWのインタビューなどを聞いてみると本人の感覚としてはまだまだのようで、この感覚が戻ってきたらもっといい成績が残せるのではないかと期待してしまいます。

とはいえ厳しい世界なので、勝ったり負けたりが続くと思います。その中で時々でもいい成績が残せれば今年中の100位突破は可能でしょう。

現在、復帰後は6試合参加して以下の成績です。

デルレイビーチ 1回戦敗退 0p PR使用
バトンルージュCH ベスト8 15p PR使用
タラハシーCH ベスト8 15p PR使用
サバンナCH 優勝 80p PR使用
サラソタCH 優勝 80p WC
全仏 2回戦 45p PR使用

計 235p

1大会あたり平均 39p強

このペースで18大会参加すると702p。なんと71位相当になります。

CHとは言え優勝2回が含まれているのでいいペースなのは当然で、今後もこのペースが続くのはやや楽観的であるかもしれません。

いや錦織の実力を考えたら普通かもしれません。結局どうなるかわかりませんw

ここは保守的に見積もるということで(理系の性)、次は年末あるいは次のデルレイビーチまでに100位に入れるかどうかを考えてみましょう。現在、100位はジルの523pですから、あと288p必要です。

今後の出場スケジュールを勝手に推測してみますと、

Week 6/7 クイーンズ ATP250 PR使用
Week 6/21 ウィンブルドン GS PR使用
Week 8/30 USオープン GS PR使用
Week 10/4 楽天オープン ATP500 WC?

への参加は確実でしょう。ちなみにまだ楽天オープンになるかどうかは決定してないみたいですが、ATP公式サイトでは楽天オープンとなっていますね。

PRは残り1枚、どこかのATP250で使うとして、2枚ほどWCをATP250でもらえると仮定。

チャレンジャーへ3大会ほど出るとすると、

2つのGSのうちどちらかで2回戦進出 45p
チャレンジャーベスト4を2回、ベスト8を1回 73p
楽天オープン2回戦 45p
ATP250でベスト8を1回、2回戦進出1回 65p

このくらいの成績を残すと仮定してみますと、この時点で228p獲得。残り60pです。

以上で計16大会です。

残り2大会を例えばさらにチャレンジャーに出たとすると、1つでも優勝すればクリア、1つ準優勝+1つベスト8でもクリア。

ベスト4を2つだと2p足りないのでギリギリ100位行けるかどうか、という感じになります。

この想定以上の成績が残せればもちろんもっと上に行きます。

決して無理な皮算用ではないと思うのですがどうでしょうか。上記は平均的に成績を残すことを想定していますが、錦織の場合どちらかというと勝つときは連続して勝つタイプだと思うので、もう少し楽なのではないかと思っていますが。

まあどうなるかなんて誰にも分かりませんが、年末100位はそんなに無理でもない目標だし、今のところいいペースで来ている、ということを言いたかったのです。

7 件のコメント

  • 僕、こういう試算は大好きです!
    どんどんやっちゃってください!

    そうかぁ、チャレンジャーの出場数が多く見積もられてるなぁと感じましたが、
    PRの枚数があと5枚というのはそういうことですよね。
    早くATP250にダイレクトインできるランキングまで上がれればいいな〜。

      引用  返信

  • すみません、PRは残り4枚でしたね、間違えました・・・

    おっしゃる通り、今回やっていただいた試算は「保守的」だと思いますが、これくらいに考えておいた方が試算を上回ったとき興奮度がアップしますよね!

    個人的にはもうCHではなくATPオンリーで行ってもらいたいと思ってましたが、50位以内の選手もスケジュール上CHをうまく利用してる場合がありますから、100位以内に入るまではそういうのもありかも・・・という心境になってきました。

    あ〜〜、こういう試算で胸を躍らせる事ができるようになっただけでも去年とは雲泥の差です!

      引用  返信

  •  団長さんに控え目な見積りをしていただいたので、私の方では
    あえて野心的な皮算用をしてみます。

     その前提は、今後はCHには出場せず、今シーズン中に13ツア
    ーに出場し、その全てがポイントに加算されるというものです。

    1.出場ツアー
    ・PR使用(残り4枚)
     クイーンズ(ATP250)、全英、ワシントン(ATP500)、全米
    ・本戦WC獲得(結果的DA含む)
     ニューポート(ATP250)、アトランタ(ATP250)、クアラルン
     プール(ATP250)、東京(ATP500)、ストックホルム(ATP250)
    ・上記以外による出場(予選出場含む)
     シンシナチorパリ(ATP1000)、ニューヘブン(ATP250)、
     ウィーン(ATP250)、バーゼル(ATP500)

    2.獲得ポイント
    ・GS(180pt+90pt)
     2ツアーでベスト16とベスト32
    ・ATP1000(25pt+45pt)
     1ツアーで予選を勝ち抜いた上でベスト32
    ・ATP500(90pt+45pt+20pt)
     3ツアーでベスト8とベスト16とベスト32
    ・ATP250(90pt×2+45pt×3+20pt×2)
     7ツアーでベスト4×2回、ベスト8×3回、ベスト16×2回

     この結果、年末のATPポイントは1085ptとなり、そのRKは日本
    男子初の40位前後に到達しているはずです。

     以上の試算は多分に野心的ではありますが、実際には上記以上の
    参戦も想定されることや錦織のポテンシャルを考慮すれば、決して
    無理な内容ではないと思っています。

     まあ、最高でこの程度までの可能性がある、というくらいに見て
    おいてください。(私は大真面目に期待していますが・・・)

      引用  返信

  • 私もコリコリさん同様に期待したくなります。

    記憶が定かでないですがどこかのブログで、ニューポートは現ランキングでエントリしオルタ100ぐらいとか、WC取得の布石でしょうか。

      引用  返信

  • ひろQさん

    錦織陣営は少なくとも去年前ではATP重視でスケジュールを組んでいましたが、復帰後はCHを結構入れてますよね。
    おっしゃる通りPRの使用枚数が限られているので、PRを使わずにエントリーできるようになったCHは上手く使ってポイントを稼ぎたいところです。

    まったく、つたない試算ですが今年はこういう楽しみもあって嬉しいです。

    コリコリさん

    野心版試算ありがとうございますw
    私がそういうこと書くと「ATPを甘く見るな」とお叱りをうけるのでw
    結果には幅がありますからね、どっちのシナリオも(あるいはそれ以上、それ以下も)あり得るのかなと思います。

    山さん

    ニューポートにおっしゃるようにエントリーしていると思います。
    WC取得の布石である可能性は大いにありますね。

      引用  返信

  • 6月7日付け2に書きましたように現在ニューポートは42OUTです。ドローが小さいので予選もこのままでは無理です。全英の結果次第で本戦WC狙いだと思います。予選WCから狙っているかな?

    ポイント取得的にはCH参戦のケースも充分考えられますが、本人は強い人と当たりたいと考えているようなので、コリコリさん流のATP主体になる様な気がしています。

      引用  返信

  • こんばんは~。
    ガスケですって!どなたかの予想があったってましたね。
    次がモンフィス。すごすぎる。。。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。