珍しく飲んできました

私は車通勤ということもあって、普段あんまり飲みません。

お酒は飲めるんですけど、特に必要を感じないタイプです。

でも今日はテニスの飲み会だったので別でした。

毎週金曜日にレベルの高い練習会に入れてもらっていて、忙しくて月に1、2回しか参加できないのですが大変役に立っています。

はっきり言って私が一番下手くそなんですが、まあなんとかついていっている感じです。

その会の飲み会でした。

5~6時間くらいテニスの話しかしませんでした。

フォームの話はあんまりなく、メンタルのもっていき方とか戦術とか、かなりマニアックな話をしました。

印象的だったのは、みなさん相当、観察していることです。

私の癖も読まれていました。

というか、「このコースにきたらこういう風にしか返せない」場所がたくさんあるので、バレバレだったということです。

実力差があると、同じ球でも複数の選択肢を与えてしまっているということがよく分かりました。

と同時に、皆さんがどのように考えているか、自分がどのように見られているかもインプットできたので、今後の対戦のデータとして役立てることができそうで有意義でしたw

ほとんどが職業としてコーチをされている方ばかりなので、技術や体力ではどうやっても敵いません。

ハッタリと、戦術と、ごまかしでどのくらい食いつけるか、そんな感じです。

唯一通用する可能性のあるサーブをきちんと入れて、あとはリターンゲームで少ないチャンスに賭けて勝ちを目指すしかなさそうです。

いつも練習するとコテンパンにやられるのですが、それもまた心地良かったりします。いくつになっても向上心を持って実力アップに励みたいと心を新たにしました。

1 個のコメント

  • チャレンジする事があるっていいことですね。
    私も何かしないとって思うんですが、思うだけで終わってます。
    ズク(方言です)がないです。ww

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。