テニスエルボーくさい

5月に足を肉離れして以来、練習量が落ちています。
6月に出た試合で再発したのが余計でした。
7月中旬にはほぼ100%治っていたと思うのですが念には念を押してかなり休みました。週1くらいは、あまり走らずにストロークだけはやっていたのですが。で今、ほぼ100%治ったと思います。昨日2時間ラリーして(ただし左右に振り回しなし)大丈夫でした。

しかし今度はサーブを強打したときに肘に痛みが・・・。右肘の内側の骨が出っ張っているところが痛い。
練習全然してないのに、なぜ?思い当たるのはフォアハンドのフォーム。去年からちょっとずつ変えています。スイングの上下をなるべく減らして前後を強調し、厚く当ててとにかく振り切るようにしました。その影響っぽいです。

昔から足の怪我は沢山やってきましたが、腕は無傷だったのでちょっと意外です。なんだかんだで、ダメージが蓄積してくるんでしょうね。
まだ軽症だと思うので、しばらくサーブはあまり打たないことにします。休むことが一番いいみたいですが、精神衛生上そういうわけにもいかないので・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。