錦織選手よりのメッセージ

Tennisnakamaさんのブログに、マネージャーのオリバーさんと錦織選手本人のメッセージが寄せられています。

「長いシーズンの終わりに、 毎週違ったサーフェスで試合をしている選手によく起こる症状」ということで、それほど深刻な状況ではないようです。良かったです。

本人のメッセージからは、今年が本当に本人にとっても充実した1年だったことが伺われます。直にメッセージを出すあたり、本当にファンを大事にする選手だと思いました。

USオープンでの活躍後、当ブログとsakkoさんの錦織圭ファンサイトに寄せられたファンからの応援メッセージを集めて、錦織選手本人に届けてもらうよう手配したことがありました(参考記事:9月4日記事「錦織圭に応援メッセージを送ろう!

このときは短期間の募集だったにも関わらず、sakkoさんのところと合わせて約130通のメッセージをいただきました。
その後、錦織選手本人の手にメッセージが渡ったというところまでは確認できていたのですが、全部読むのにはさぞかし時間がかかったことだろうと想像します。

実はファンを大事にする錦織選手、このことも忘れていませんでした。

ストックホルムオープンを終えてフロリダに帰ってきた錦織選手。
「メッセージをくれたファンの方に一言お礼が言いたい」と、メッセンジャー役を買って出てくれた40LOVEさんに、自身の言葉でメッセージを託してくださいました。
昨日、そのメッセージが40LOVEさん経由で私のもとに届きましたので、ここに掲載させていただきます。

以下、40LOVEさんよりのメッセージ、続いて錦織選手のメッセージです。
sakkoさんのサイトにも同じメッセージが掲載されるはずです。

また、このメッセージ企画はsakkoさんの発案で、私はそれに乗っかっただけだということを改めてお知らせさせていただきます。

40LOVEさんのメッセージ

Sakkoさんのサイトと鼻血さんのブログのみなさん、初めましてとお久しぶりです。
皆さんからの圭くんへの大切な応援メッセージを届けるお役目を申し付かった40LOVEです。

ストックホルムでの記者会見をご覧になった方も多いと思いますが、フロリダに戻って
いる圭くんから「応援メッセージを送ってくれた皆さんに一言コメントしたい」との連絡がありました。

今日そのメッセージが届きましたので、圭くんが送ってくれたそのままを皆さんに送ります。

圭くんのメッセージにもある様に、色々な応援の形を圭くんなりにしっかりと受け止めて、
これからも山あり谷ありの厳しいプロの世界に挑戦し続けてくれることでしょう。

私たちもこれからの長期戦、覚悟を決めて(?)一喜一憂しながら圭くんと一緒に夢を
追いかけていきましょう。

錦織選手のメッセージ

いろいろなコメントありがとうございます。
この前知り合いの人からUSOPEN後のコメントを全部コピーしてもらい読むことができました。
こんなに応援してくれる人がいるっていうことにすごい感動したし、
ほんとに全部読み終わった後には涙が出るほど嬉しかったです。
すごいやる気も湧いてきました。
一番嬉しかったのは僕の頑張りがいろんな方の励みになってることが分かって
テニスをしてて本当に良かったと思ったし、
僕のやってることが自分一人のことじゃないんだって思えて、なんか感動してしまいました。笑
今日初めてブログを拝見させてもらいました。
いろいろなことが書いてありましたが、多少落ち込むのもあったけど・・笑
でもそれも僕のことを思って言ってくれてること。
いいことが書いてあろうが、マイナスなことが書いてあろうが
全部僕のことです。意見を言ってもらえてるだけでも感謝しなきゃと思っています。
もちろんマイナスなことも今後書かれると思うので、今後、また見る機会があれば
どんな意見も真摯に受け止めたいと思います。
でもたくさんの人にこんな風に応援されてるのが本当に嬉しかったというのをただ伝えたくて
メールさせてもらいました。

この前のジャパンオープンではたくさんの人達の前でプレーできたのがすごい楽しく、幸せでした。
もちろんすごい緊張はしたんですがでもやっぱりあれだけのお客さんが来てくれてたし、
楽しかったのほうがおっきかったですね。
いち早く膝を治してまた完璧の状態で試合に臨めるよう頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします!!

大感激です。

 

プレーする姿を見るだけでも元気づけられるのに、怪我などもあって大変な中メッセージまで送ってもらって、私たち錦織ファンは何と幸せなのだろうと思いました。

 

錦織選手、本当にありがとうございました。


そして、これからもずっとみんなで応援します。

netdash@鼻血からのお願い

 今回メッセージが貰えたのは異例だと思います。公式サイトがまだなく、錦織選手本人からファンにメッセージを伝える手段がまだ限られているという事情もあると思います。

 これからも皆さんの応援メッセージを届ける機会があればいいなと思ってはいますが、今回のようなメッセージは「無いのが普通」ということを心に留めておきたい(また、皆様にもそうお願いしたい)と思います。

59 件のコメント

  • こんにちわ~

    ほんとうれしいですね~

    涙出ちゃいそうですw

    団長さん、40LOVEさん、sakkoさん、錦織選手

    本当にありがとうございました。

      引用  返信

  • 錦織選手、わざわざコメントを寄せてくださってありがとうございます。
    ジャパンオープンでもいつも大勢の人に囲まれて気が休まらなかっただろうに、楽しかったとのコメント、落ち着かなくてごめんなさいとこちらがあやまりたい気分です。
    メッセージを送った皆さん(私は書けませんでしたが)よかったですね。

      引用  返信

  • 生コメントはやっぱり嬉しさが違います(TT)

    >>だんちょ様
    既出のネタかも知れませんが、今月のテニクラに別冊錦織特集
    みたいなのがついてますよ。
    あんまり面白くないとは思いますけど汗

      引用  返信

  • なんて良い子なんだ…(涙)

    頑張れ しこリン!!!(我が家では勝手にそう呼んでます(笑))

    来年のウィンブルドンまでにはTOP10に入って欲しい!
    求めすぎでしょうか???彼ならできます。

      引用  返信

  • WOW~^^。
    生コメントはすごいです!!嬉しすぎるぅ・・(涙)。
    ますます応援したくなる人です☆
    なんて良い子なんだぁ。そしてちゃんと気持ちは通じてますね。
    早く公式HP出来ないですかね!更新は頻繁じゃなくてもいいから・・錦織選手の言葉が聞けると嬉しいですよね。
    早く膝が治りますように・・念を送っておきます。

      引用  返信

  • おいおいおーいお…(泣。本当)

    錦織くん、本当に早く良くなって、また素晴らしい、あの面白くてインパクトがあって楽しくてワクワクなテニスを見せてください。いつもいつも、あなたを応援しております。

    やー、ほんとに素晴らしい。。感無量です、私もメッセージ送っておけばよかったあ。ああああ。

    とにかく団長、錦織くん、40LOVEさん、sakkoさん、関係者の方々に心から御礼申し上げます。

      引用  返信

  • 只今、大感激しております。

    錦織選手からのメッセージが読めるとは思っていなかったので
    これからも、ず~と応援し続けたいと改めて思いました。

    関係者の皆々様、有難うございました。

    そして、何より錦織圭選手有難うございます。

           =てんてん=

      引用  返信

  • 団長さん、はじめまして。
    というか、コメントは初めてです、いつも楽しく拝読しております。
    先日、錦織くんへの応援メッセージを送信した際には受信されたことをお伝えくださり、ありがとうございました。

    数日遅れですが、先ほど、こちらの記事を読んで大感激です、ありがとうございました。自分のメッセージを読み返し、これを錦織くんが読んでくれたなんて! そしてコメントをくれたなんて。ありがとう、私も鼻血が出るまで応援することを誓います。

    ちょっと仕事のことで落ち込んでいたのですが、すっかり浮上しました。これも錦織くんのおかげ、彼のパワーはすごいです。

    これからも錦織くん、そして、こちらのブログを応援しますね、本当に今回は(も)ありがとうございました!

      引用  返信

  • 大大好き。にしこりん。テニスも恋愛も楽しんで下さい。あなたの頑張っているテニスが大大好き。笑顔も好きです。いつも涙して見ています。にしこりんが出てないテニスはつまらない。早く治りますように祈ってます。美味しいものいっぱい食べて元気になってね。早くテレビに出れますように。大好きにしこりん。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。