石川遼と錦織圭:遼くんは遼くん、圭くんは圭くん

最近はちまちまとデータ分析をしているので、興味がない人や数字が嫌いな人には面白くないと思います。すいません。

というわけで少し食いつきやすい話題を取り上げてみたいと思います。

本日、ゴルフの石川遼選手がプロ転向後初優勝を果たしましたね。立派だと思います。

彼と錦織圭は、若くしていきなり結果を出したという点が共通しており、野球の斎藤投手も含めて「王子」と呼ばれることが多いです(さすがに最近は沈静化してきて、ちょっとほっとしています。)。

2人とも、初優勝の後から2回目の好成績を残すまでの間には、いきなり高まりすぎた期待ほどの成績が残せない時期があったことも共通しています(しかし、単に期待が異常に膨らみすぎただけで、着実に進化していた)。

2人ともルックスが良く、性格も親しみやすいので女性に人気がある点(特に息子視点の方々でしょうか)も同じです。

そういうこともあって何かと比較されてしまいがちな2人ですが、どっちがすごいとかすごくないとかいうのはナンセンスだと思います。

このブログではコメント欄含めて一切そういった話題は出てきていませんし、「どっちもすごいじゃん」と思っている人がほとんどだと思いますが、ちょっとこの話題について考えてみたいと思います。

まずゴルフとテニスという競技の性質が違います。

どちらも世界規模で盛んに行われているスポーツですが、20代も後半になればベテランと言われてしまうテニスと、長い年月をかけて経験を積んでいくことで年を取ってもレベルアップできるゴルフでは年齢に対する認識が大きく違うと思います。

錦織の方が世界で活躍しているという意見もあり、現時点の世界ランキングや世界基準の試合結果ではそうかもしれませんが、錦織の方が2歳ほど年上であることを考慮する必要があるでしょう。

また稼いでいる賞金という意味ではゴルフの方がすごいですし。

何といっても2人とも、それぞれの世界で今まで日本人でそういう人はいなかったわけで、どっちもすげえじゃん、というのが私の感想です。

石川選手はあまりにもマスコミで騒がれるので、どうしても「期待先行」とか言われてしまいがちです。

そんな中で弱冠17歳ながら2度目の結果を出した点は素直に評価してあげたいと思います。

一方で錦織に対しても大きな期待が寄せられています。

デルレイビーチを優勝してからバミューダCHを優勝するまでの間の2か月は、「不振」「壁にぶつかっている」といった報道がされていました。

しかし実際は、初めてMSの予選を突破したり、100位前後の選手にはきっちり勝っていたり、負けてもロディックやブレイク、チリッチといった強い選手ばかりで、着実にステップアップを果たしていました。

最初の結果があまりにも大きかったので、実情を超えた期待が集まってしまった結果でした。

石川の周りにも同じことが起きていたと想像しますが、2人ともそういった強いプレッシャーを撥ね退けて再び結果を出しました。

本当に立派だと思います。

正直、どっちがすごいかなんてどうでもいいし、どっちもそれぞれの世界で頑張ってほしいです。2人とも日本の誇りです。

7 件のコメント

  • 遼くんも圭くんもすばらしいですよ。
    二人とも大きな怪我ないようにがんばってほしい。

    それはそうと、WOWOWで圭くん特集が12月にあるみたいですが、その他に今年の圭くんナダル、ブレーク、フェレールの三試合をまたまた放送してくれるみたいです。
    録画できなかった方、チャンスですよ。
    http://www.wowow.co.jp/tennis/top_081029.html

      引用  返信

  • そもそも違う競技で どっちが~~??なんて比べるのが変ですよね?
    団長さんが言われるように 2人とも日本の誇りなのです!
    石川遼プロは昨日プロ初優勝でしたね!!凄いです!!おめでとう!
    早くしてプロになった苦労も沢山あっただろうと思いますが
    プロ宣言した頃よりずいぶん表情も逞しくなって 
    もう○○王子なんて感じじゃないですよね。
    こうやって若い世代が頑張ってる姿をみると 
    私も負けてられない!!って元気が出るのです。
    圭も遼もがんばれ~!!!!

    あっ、数字苦手ですがポイント集計以外!?と面白かったですョ!

      引用  返信

  • 遼くんは遼くん、圭くんは圭くん、団長はダンチョ!
    ご無沙汰しています。デリーのtomorrowです。
    皆さん、ほんとにすごいですね。
    そして、集計とかお手伝いできなくてすみませんが、とても興味深い企画だと思います。さすが、団長さま!!
    圭くんのランキングに近い、台湾のLu選手。大きな大会にも出ますが、チャレンジャーで高得点Get!が多いようで。
    本当にいろんな選手がいますね。
    そして、フランスではツォンガが優勝!
    日本でも品切れの緑にしこり。ここデリーでも探しましたがまだ見つからず。これでフランスでも売り切れになるのでしょうか・・・ 

      引用  返信

  • お~~w
    mimiさんありがとうございます。
    ナダル戦録画失敗してる私としては
    こんどこそがんばります><
    遼君優勝のシーンはもらいなきしました。

      引用  返信

  • mimiさん情報ありがとうございます。

    でもやっぱりその黄金の3本なんですね^^

    私は全仏の1回戦を録画し損ねたので
    それを放送してほしーのですが。

    遼くん。
    昨日の涙の会見、ちょっと見ました。
    期待されているだけに、次に優勝という二文字を手にするのは
    大変難しい。
    精神的なプレッシャーもあるし自分自身も勝ちたい!と焦るし
    ここまで大変だったでしょう。
    錦織選手のデルレイ~全仏フェレールに通ずるものがありますね。

    若いからこそ、才能あるからこそ注目されてしまいます。

    でも真摯な彼らのこと、
    これからもこつこつ精進して自分の目標をかなえることと
    おもいます。

    ファンも一喜一憂せずにコツコツ応援を。
    これを心がけたいです。
    いつもついつい忘れてしまいがちですが。

      引用  返信

  • GAORAのATPテニスショーで、ストックホルムの
    ソデルリングVS錦織戦をやってましたね!
    この時期にテレビで錦織選手が見れて嬉かったです。

    お見逃しの方は
    11月04日(火) 7:00~7:30
    11月09日(日) 深夜2:30~深夜3:00

    ブログ本文と関係ない内容ですみません。

      引用  返信

  • 石川遼くん。
    先日、インタビューで海外を転戦している錦織くんの事を訊かれて「スゴイです!」と感嘆してました。自分が目指す世界の大会にすでに出て、戦っていい成績を残している同世代の選手に尊敬と憧れの気持ちを抱いているようで、熱心に答えてましたよ。
    いい関係ではないでしょうか。競技している種目は違えど、刺激を受けて切磋琢磨し成長していければ。
    そして同世代で世界のトップで活躍しているといえば(プロではありませんが)フィギアスケートの真央ちゃんがいますね~。なんかスゴイですね、この年代!
    それに天才肌のこの3人、性格も雰囲気も似てるなぁ~と思っているのは私だけ?ほんとうに、いい子達ですよね~。おもわず応援したくなります。みんな頑張れー!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。