ハラミロコーチ解雇に想う

私、ハラミロコーチ解雇のニュースがけっこうショックだったみたいで、今日はぜんぜんブログ書く気分になりません。

錦織の体が万全でない(腕に加え、膝も完治でないと聞く)こともあります。

しかしそれでも少しだけがんばって書いてみようと思います。

ハラミロさんはIMG以外でもテニスのコーチをしないように要求されているようで、本当に胸が痛みます。

また今回の「改革」後の体制についても口外しないことを約束させられているみたいで、今後のIMGアカデミーがどのようになっていくのか本当に不透明な状態です。錦織にも影響がないわけはないでしょう。

親会社が投資ファームだということで、財務状態、利益などの数字を重視していることは間違いありません。

IMGアカデミーも営利企業である以上、確かに利益を出さなければなりません。業績が親会社を満足させるものでなければリストラもやむなし、そういう側面は確かにあるでしょう。

しかし企業価値というものは財務諸表に現れる資産や業績だけではないはずで、実は人材、ブランド力、ノウハウなどの無形資産が大きなウェイトを占めていると言われています。

AppleやGoogleなどのような夢のある企業の株価は業績と比べても高いですが、それはこれらの企業が持つブランド力、技術力、企業文化などが評価された結果であります。

ハラミロさん他をリストラすれば確かにコストは削減されるでしょうが、IMGアカデミーの企業価値の根幹を成している無形資産=人的資本を毀損することにつながらないでしょうか。

高いスタッフを使っていたために思うような利益が上がっていなかったのかもしれませんが、「最高のスタッフに最高の施設、そして長年の実績に支えられた独自のノウハウ」がIMGアカデミーのコア・コンピタンス(競合他社に真似できない核となる能力)ではなかったのでしょうか。今回のリストラはそのコア・コンピタンスを弱体化させる施策に思えてなりません。

アスリート育成の世界は大量生産を基本とする製造業とは違います。工場ではなく、一点物の作品を作る工房です。投資ファームにそれが分かっているとは思えません。

いえ、分かっていてやっているのかもしれません。
投資ファームは投資物件を高値でEXITする(買値よりなるべく高い値段で売る)ことが目的です。彼らにとってハラミロさんたちがニック御大と築き上げてきた歴史や絆よりも、今後の利益の方が大事なのです。より利益を出せる企業にできれば、高く売ることができますから。

コストカットには人件費削減が最も手っ取り早く、ハラミロさん達はその犠牲になってしまったという印象がぬぐえません。
しかしコストカットによって一時的に利益が上がったとしても、人的資産をおそろかにしていては長期的な企業価値向上は望めません。投資ファームの思惑通りにEXITされた後、IMGアカデミーがどうなっていくのか心配です。フォローはしてくれないでしょう。

資本主義経済の中でこのような経済活動自体を否定するつもりはありませんが、心情的には大変残念なものがあります。

ハラミロさんは「今後他のところでコーチをしてはいけない」という条件については争っていくそうです。それだけは守れるよう、祈っています。

【関連リンク】
Tennis academy shakeup at IMG (HeraldTribune.com)

本日のその他のニュース

  • クルム伊達公子が全豪予選1Rを快勝

    ほんとすごいです。 頭が下がります。
    あと2回ぜひ勝って本戦に行ってほしい!!

  • ツォンガ負傷(シドニー)

    ジョーーーーーーーーー!!!!!

  • 杉山愛ベスト4(シドニー)

    QFでクズネツォワ棄権という棚ボタはあったが、いいシーズンスタートを切っている。
    SFはサフィーナに敗退。 

15 件のコメント

  • 全豪のシングルス本選ドロー決定してます
    http://www.australianopen.com/en_AU/scores/draws/ms/msdraw.pdf

    錦織選手はトップハーフ。
    1回戦の相手はオーストリアのユルゲン・メルツァー選手(第31シード)です。
    2回戦は地元のWCの選手か予選上がりの選手の勝者と。
    3回戦は順当に今大会優勝候補筆頭?のアンディ・マレー(第4シード)が出てくるでしょう。
    その後は、ツォンガでナダルで決勝は・・・(ry

    比較的良いところを引いたのではないかと思います。というか、あの全米とほぼ同じパターンですね。あの時は、初戦が第29シード、2回戦はランク100位前後の選手、3回戦が第4シードでした。
    あとは怪我の状態次第ですかね。でも出場出来るという事なので、おもいきってやってほしいです。

      引用  返信

  • 何があったのか。圭君に悪い方向にならなければいいけど。
    詳しいことがよくわかりませんね。

    ドローがでましたね。
    怪我が心配ですが、無理せずに戦ってほしい・・・。

      引用  返信

  • 昨日のハラミロコーチ解雇のニュース、私にとってもショック大きすぎでした。
    団長さんの意見に一票です。

    確かにIMGだって、採算がとれなければ企業として成り立たないわけですが、今回の解雇劇は単に採算面だけではない理由が他にもあるんでしょうかねぇ。
    経済にもあまり詳しくない私には、投資会社の考えは理解出来るはずもないのですが。
    英語いまいちの私にとって、詳しい状況がわからなかったので、ショックを受けながらも記事を書いて下さった団長さんに感謝です。

    錦織選手にとっても、故障を抱えている今、自分のチームのみならず、IMGそのものがどのように変化していくのか、心配ですよね。

    AOのドローでましたね。
    これから先も、解決しなければいけない問題はたくさん出てくると思いますが、ぜひともがんばってほしいと思います。(言われなくても十分がんばってるでしょうが)
    ファンとしてはコートでの勇姿を見たい、それにつきます。

    圭くんに、伊達さん、杉山さん、森田さん、これから応援で、忙しい日々になりますね。

      引用  返信

  • ハラミロさん、解雇された後もコーチしちゃいけないって
    どういうこと??
    IMGのノウハウが流出しちゃうから??
    かわいそすぎる。
    だったら解雇するな><。

      引用  返信

  • 私も、同じ疑問。
    どうして他のところでコーチしちゃいけないの?
    それってハラミロさんの職業を奪うってことじゃない?
    そんなの許されるのかなー。

    IMGが、プロテニス選手を夢見る人たちの素晴らしい場所であり続けることを祈ります。

      引用  返信

  • 私も同感です。
    IMGは夢を育てる企業だと思っていたので、ショックでした。
    コーチ業まで取り上げるとは。。。
    これからを見守るしかないのでしょうかね。

    圭君の体調は万全じゃないかもしれませんが、出場するなら応援しないとね。他の日本人の選手も頑張ってますし。

      引用  返信

  • 書き方が悪かったですが、これはIMGではなくて、IMGのさらに親会社である投資ファームForstmann & Little co.の意向です。

      引用  返信

  • 予選ドロー、確かにUSと似てます。
    が、少しずつ厳しめか?
    下位シードという意味では一緒ですがUS時のモナコは怪我明け間もない状態でした。
    フェレールも絶好調時と比べるとやや下降気味、AIGオープンでも精彩を欠いていると感じました。
    (2007年がすごかっただけかもしれませんが)

    それと比べるとメルツァー、マレーは強力です。
    特にマレーは優勝候補筆頭の呼び声も高いですから。
    腕や膝のことを考えれば、3回戦まで行ければ、もう合格点どころか万々歳だと思います。

      引用  返信

  • 米国サブプライム住宅ローン問題を発端とした世界同時不況・・
    そしてリーマンブラザーズが破たんしてからのアメリカの落ち込みっぷりは酷かったですが、こんなとこにも影響が・・
    う~ん、このハラミロコーチ解雇のニュースは衝撃でした。
    なんせあの失業者の少ないことで有名なラスベガスでも人員削減の波が押し寄せてきてるんですからね。まあ観光客が激減したせいもありますが・・

    話を元に戻して、親会社、Forstmann & Little co.の意向ですか、とはいえハラミロコーチがアカデミーにもたらした功績は大きいとは思うのですが、こうも簡単にコストカットを行う・・うーん、非情ですね~。具体的な背景が見えないので、感想を述べにくいのですが、今後コーチ業を行ってはいけないという明文はほんと厳しいですね。私はUSオープンの対フェレール戦、圭君が試合終了後コーチングスタッフのとこに駆け寄った時、ハラミロコーチの嬉しそうな顔が忘れられません。彼の今後の人生が素晴らしいものになるように願っています。そして今後もテニス関連の仕事に携わってくれればいいのですが。

    そして、メルツァー戦、悔いのないように戦ってくれ!錦織!

      引用  返信

  • 投資会社に解雇はできてもハラミロさんの人生を奪う権利はないはず。アメリカは自由の国なんでしょう?ヘッドハンティングも当たり前というイメージなんだけど。
    IMGはこれからどう変わっていくのでしょう。

    今回は圭君が無事に一回戦をプレイできれば満足です。でも痛みが出たら無理しないで。

      引用  返信

  • 団長さん、皆さん、こんばんは。
    本当に、ハラミロコーチ解雇のニュースは衝撃でした。
    他でコーチをしてはいけないということ、
    その件を読んだ時、シンクロの井村コーチのことを
    連想してしまいました。

    なんと肝っ玉が小さいんだ。Forstmann & Little co!

    コーチを解任したなら、他所でそのコーチが
    強い選手を育てるだろうことは、承知の上で解任しろよ!
    でもって、そこで育つ強い選手に負けない選手を、
    新たな体制で育てよう!くらいの根性だせよ!と、
    一人怒ってしまいました。

    圭君に、そういう親会社の悪影響が、
    あまり出ませんように・・・。

      引用  返信

  • 伊達選手勝ちましたね。何とか予選突破してもらいたい。

    錦織選手も無理しないでがんばってほしいです。矛盾してますけど。

    ニックさんの15日付ブログに集合写真が載ってます。12月に撮った写真のようですが(日本チーム勢揃いです)、何か複雑な気持ちで見ました。

      引用  返信

  • 伊達選手も圭君も頑張って欲しいし無理しないで欲しいですね。
    だって杉山選手みたいに長く勇姿が見たいですもの・・・。

    ハラミロコーチ解雇はとってもビックリしましたが、
    他でコーチをしてはいけないということはどの程度とかが
    わからないのでなんとも言えません。
    この後の生涯すべて・・・だったらありえないとは思いますが
    〔今後1年間今の会社で学んだことは口外してはいけない〕
    という契約だったら普通の企業でも良くある話なので
    そのへんを今後親会社と話をするのではないかと思います。
    というか、そう願いたいです。

    全豪が終わってフロリダに帰った圭君のこころが普段通りに動くことを願っています。

    ハラミロコーチや他のIMGを去る方も今後良いテニス人生が待っている事を祈らずにはいられません。

    =てんてん=

      引用  返信

  • わたしの妄想

    Forstmann & Little co.がハラミロさんに減俸を提示
    ハラミロさんが拒否。減俸されるくらいならならやめる、と回答
    Forstmann & Little co.:だったらやめてもらって結構
                 ただし、他でコーチはしない条件で。

    たぶんこんな流れだったのでしょうか。
    それにしてもハラミロさんからやめると言ったのでなければ、
    他でのコーチ禁止はおかしい。

      引用  返信

  • ここまで着実に圭君を育て上げてきたコーチを解雇する、なんておかしな話ですね。
    圭君の成長ぶりは間違いなくIMGアカデミーの看板になっているはずです。
    世界の有望なジュニアから注目されることが、こういうスクールにとっていかに重要なことか、そしてそういう看板を育て上げたコーチがいかに重要な存在であるかは単純に明確なことであるはずです。
    そういう意味では、今の時期のこの解雇劇はわけが分かりません。

    ただ、投資家的志向の強い株主(親会社)だとすると、かなり短期の利益回収しか考えていない可能性もあります。
    最も懸念される解雇理由は、この看板(圭君)を無理な試合出場やイベント参加などで早期に有効利用しようという意向と、ハラミロ・コーチの長期的視野に立って育成しよう、という方針がぶつかった結果だということです。
    まだ怪我をしやすい体質から抜け出ていない圭君にとって、このような短期利益回収的な方針が取られるとしたら、それが一番心配です。
    まあ、盛田会長の目も光っていると思うので、株主もあまり馬鹿なことは考えないとは思いますが・・

    それにしても、ハラミロ・コーチの今までの功績や時間を掛けなければ生まれない圭君への理解などが、全てなくなってしまうのは残念です。
    試合に勝ったときの圭君の態度やハラミロの笑顔からすると、圭君もかなり頼りにしていたような気がします。
    盛田会長の言葉や、ハラミロへのインタビュー(確か圭君の特集で答えていたような)や顔つきなどからすると、けっこう細やかな神経を持っている人物のように感じますし、彼自身の納得が行くような結果が出ることを願っています。
    それにしても他所でもコーチをしてはいけないなんて、万が一雇用契約にうたわれていたとしても、とんでもないことですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。