インディアンウェルスレポートbyもうひとりのきょうこさん:その2 初テニス観戦の巻

もうすぐ着くはずなのになかなかインディアンウェルズの出口が出てこない、、、、。

あー7時すぎてるよぉ、もうっ!!!

と、その時、明るい光が!

あれよあれよという間に、テニスガーデン発見。

急いで走り書きした汚い字と昔の宝物さがしの暗号地図で
なぜ 一度も迷わずに無事到着できたのだろう……

何回おんなじ場所に行こうとしても必ず まちがえるのに…

あー おしっこしたいよーー

あぁ私ったらトイレに行きたかった事、今思い出した
さっさとトイレを済ませ、ダッシュで入り口へGO!

 

会場に入って辺りを見渡すと、

そこはまるでコンサート会場のよう。

会場を包み込むように ぐるりとナイター用ライトが

選手たちをキラキラ輝かせている。

 

私は口を開けたままポーッとして、

お目目もハートのまま

 

テニスコートってすごくきれいなんだナ~。

 

席に着いたのは午後7時55分ごろ。

 

はぁぁぁ  …ホッとしたよ

 

まだ夜の部の第一試合の中盤にさしかかったところ。

真剣勝負をしているのは

さわやかなテニスウエアに身を包んだ

かっこいいお姉さまたち。

 

ラケットでボールを打つたび、かけ声? じゃなかった

何というか、ソフトな叫び声??をお互いに出し合い

ながらのラリーが続いた

2人のソフトな掛け声? ん?? 

 

それはそれは、すごく個性的なトーン

 

ひとりは、アーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まっすぐでノンビブラートの無感情な機械の女性が

しゃべってる声

 

もうひとりは、ヴッ!! ヴッ!!

ボールが当たった瞬間n歯をくいしばって腹筋で

気合入れてるゴリラ顔負けの太い声

 

シーンと静まりかえったパラパラしかいない客席とは

対照的に、黄色いボールが行ったり来たりするたび、

 

アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヴッ!!

 

アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヴッ!!

 

熱さのこもった、声のラリーの戦いでした

 

ようやく試合に決着がつき、

ヴッ!!の人がどうやら勝ったらしい

2人は駆け寄ってお互いに握手。

 

 

戦いが終わった後に握手をしてお互いを称えあうなんて!

テニスってなんて素敵なんだろう!! 感動!!!

 

そのあと、ひと言ふた言何やらおしゃべりしていたふたり

それは、もしかしたら、

 

あなたのストレートなロングトーン、よかったわよ~

 

そう? あなたの腹筋使った声のタイミングだって

迫力あってスゴかったわョ~

 

 

なんてね

 

 

さぁ、みなさんお待たせしました!

いよいよ圭くんの登場でーす!!

 

またつづく

きょうこさん、おしっこてwwwww

でも面白かった。また頭突きじゃなくて続きお待ちしております。

鈴木貴男選手京都チャンレンジャー準優勝おめでとう!
でも優勝したかっただろうし悔しいかな?
まずは大幅ランキングアップということで喜ばしい限りです。

錦織はサンライズCHに出るのか??
まだドローは発表されていませんね(23時現在)。やきもきします。

貴男に続け!!

5 件のコメント

  • 団長、本日のUP遅かったですね^^お出かけでしたか?

    何回読んでも、、”もうひとりのきょうこさん”おもしろすぎ!!!
    なので、前の記事のコメですが、またまたこちらに移動しておきました(^0^)/ 全員のコメもけっさくなので、よろしくお願いしま~す(^^

     圭が勝ち進んでいる、のを前提にインディアンウエルズを録画していたので、今日見てみました。

     !なんと、オープニングの映像に我等が圭!の姿が…(一番最後ですが、でるぽの次ですー^^)もう、チョーかんどー!!!思わずうるうるしてしまいました ≧▽≦ キャー!

     ところで、”もうひとりのきょうこさん” すごすぎー >< 文才ありすぎー!! アチキも “ムンママ”さんと同じく、明日が待てない!! 

      引用  返信

  • 観戦レポありがとうございます。現地に行けないファンにとっては嬉しい限り。圭君登場までここまで詳しく書いてくださってるのですから、圭君登場後はどんなに充実した楽しいレポになるのか期待は膨らみます〜!!(^_-)-☆

      引用  返信

  • きょうこさま
    アーー、ヴッ、…をよんでヴぁくしょーしますたwww
    文才って、いいもんですね……泣 ぼくにはない
    だんちょやげおさまの文才がすばらしいのは勿論ですが、
    きょうこさまはドラマティック?で小説風?なんていうんでせうか…女性独特?な物語のような個性的な文体で(形容詞多いwww)、
    だちょやげおさまとはまた違う視点から見られていらっしゃって、
    読むものをぐっと引き込みます。

      引用  返信

  • サンディエゴのきょうこさん、インディアンウエルズまでの珍道中(!)と観戦、本当にお疲れさまでした!

    私も皆さんと同様、京子さんの楽しいお話に顔をフニャフニャさせながら読みました!

    「圭くんを応援したい」という気持ちがここまできょうこさんを強くたくましくしてくれたんですね。

    これも「圭くん効果」に違いありません。情熱というのは素晴らしい!!!

    いよいよ次は圭くんの観戦記、楽しみに待ってます!

    今週末は例年通りの大人気でチケットも売り切れて会場が人、人、人で大混雑。特に昨日のスタジアム2は1日中超満員で素晴らしい試合の連続でした。好天気にも恵まれて全米だけでなく外国からも多くの観客を集めるさすが西海岸最大級の大会です。

    台湾のルーもスタジアム2で8番シードのシモン相手にフルセットで負けはしましたが、ほとんど互角の戦いでした。ルーの思い切りの良い正確なライン近くのショットや深いストロークにシモンが押される場面も多々あり、シモンコールが始まるとルーコールがそれを上回るというアンダードッグ好きなアメリカの応援風景でした。
    そうそうウエーブまで登場、みんなが楽しく好きな様に応援していて試合プラスの楽しさを満喫しました。

    圭くんのようなキラキラ光る才能は無いかもしれないけど、今日の彼のプレーを見てこれからもとても楽しみです。

    ルーはチャレンジャーなどの小さな大会でも勝敗に関わらず自分のベンチの後片付けをきちんとして帰る選手で、同じアジアの選手としてこれからも注目したいと思ってます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。