インディアンウェルスレポートbyもうひとりのきょうこさん その5:ストリンガーはご近所さんの巻 その5前編

センターコートの会場を出て駐車場に向かおうと歩きはじめた。
でも、一つだけ心残りなことがあった。

小さなプレゼントを持ってきていたんです。
ひとつはベイビーマイロというおさるさんの、ファスナーに付けるタイプの小さなアクセサリー。
(足の小指くらいの大きさです。)
もうひとつは試合を見に行く直前の明け方ごろ、突然思い立って編んだ黄緑色のコットンブレスレット、ミサンガ。
糸が切れた時に願いが叶うという、いいつたえがある事を知り、わざと細めに作ったんです。

だって、早く願い事が叶ってほしいと思ったから!

小さなビニール袋に入れたそれらを見つめ、渡そうか、やめようか、しばらく迷った。

こんな子供じみた物わざわざ渡したって、ただの ありがた迷惑じゃないのか?

ただ単に、何これ??ってひんしゅくをかうかもしれない。

ゴミとして捨てようか、どうしようか、結局圭くんを困らせてしまうだけじゃないか、と。

自問自答はしばらく続いた。

帰りかけては引き返し、帰りかけては足を止め、なかなか答えがみつからない。

こんなミーハーなこと考えて! なんて図々しいんだよホントに!!

なかなか決断できず、自分で自分にイライラした。

で、今度は自分に訊いてみた。

本当は直接本人に渡したいんじゃないの?

すべてを振り切って無謀な事して、片道2時間半かけてこんな遠いところまで来たんでしょ?

やって後悔するのと、やらないで後悔するのと、どっちがマシだと思う?

ミーハーなストーカー野郎、気持ち悪い!なんて思われるのは、やっぱり勇気がいるよぉー!!

ぐわぁぁぁぁぁぁ ムンクの叫び顔!!

よし!!

覚悟を決めたゼ

やって後悔しよう!

もと来た道をひたすら駆け戻った。

人道りの多い出口はみな、関係者用のパスを首からぶら下げた人たち。

その出口の脇でポツーンとひとり、突っ立っている、もうひとりのきょうこ。

きょうこの顔を一瞬不思議そうに見てから帰っていく人たち。

出口の人波がとだえようとしていた時、スポーツウエアを着た男性と、すれ違いざまに偶然目が合った。

そうしたら、私の前でピタッと足を止め、

どうかしたんですか? 何をさがしてるんですか? と尋ねられ、

錦織選手にプレゼントを渡そうと思って待っているんですけど、まだ来ないんです。

と言ったら、

そうなの?僕はKのストリングスを担当しているんだよ。

えぇっ?! そ、そうなんですか!!

ああ。そうなんだよ。 うーん、まだKは残っているのかな? よくわからないけど…。

今、急いで見てきてあげるよ。ちょっと待ってて! と言い残し、

建物の中に消えて行きました。

しばらくして駆け足で戻って来てくれました。

ちょっと浮かない顔で。

Kはまだロッカールームにいたよ。

だけど、とてもガッカリした様子で、何というか、悲しそうにしていたよ。

(kind of sad って何て訳せばいいのかな?)

コーチ、スタッフ全員集まってミーティングしているけど、

重苦しい空気で、とても(この事を)話せるような雰囲気じゃなかったんだ。

負けてしまったからね。

残念だけど、今は話しかけたりしない方がいいと僕は思うよ。

ここでKに会えるかどうかなんてわからないし、

会えないかもしれないでしょう。

リスクが大きいと思うよ。もう夜遅いんだし。

僕にそれを渡してくれたら、なんとか明日渡せるようにしてあげる。

ミーティングの様子を思い浮かべた。
からだじゅうの血液が逆流し始めたんじゃないかって思っちゃったほど、

瞬間湯沸かし器のように自分の顔が熱をもってカーっと赤くなっていくのがわかった。

なんか、いてもたってもいられない気持ちになって、どうにもならなかった。

Kくんがどんな気持ちでいるのか考えられずにはいられなかった。

そして、
Dougさん(ストリンガーの方)にプレゼントを頼むことにして、

このまま家に帰ることにした。

Dougさんに何度もお礼を言い、 笑顔を一生懸命つくった。

Dougさんのおかげですごく助かった。

君、どこからきたの?

サンディエゴです。

えぇ?どこなの?

へ? さ、サンディエゴ……

いや、サンディエゴのどのあたりに住んでるの?

○○なんですけど。

僕、××に住んでるんだよ。

えーっほんとにぃー?!

なんという偶然!

車で10分足らずの場所だなんて!!

こんなことってあるんだ。 びっくりした

私から話かけたのではなく、声をかけてくださったのはDougさん。

Kくんには会えなかったけど、不思議なことってあるんだなぁ……

ラッキーだったのかラッキーじゃなかったのか わかんないけど、

Kくんが紙に書いたという言葉、

いつでも、どこでも、ラッキーは来る! そう思え!

うん!すぐとなりに来たよ

ほんとうに。

(前編)

5 件のコメント

  • そのストリンガーDougさんがラファのストリンガーさんでもあるの?
    でもって、その方がきょうこさんのご近所さん??

    なんだか裏山×2乗のようなお話・・・。

    海外に住むっていいなぁ~。

    ところでIWの勝ち上がり。
    ナルvsナダルはGAORAで放送されなかったですよね?

    いまもうすでにナダルvsデル戦をやってるもの。

    磐石・隙のないラファ。
    一歩ずつ決勝戦へ近づいていく感じ。

    さらにところで、
    以前掲示板でてんてんさんとお話していた
    国枝選手の特番ドキュメンタリーがWOWOWで
    やっと明日放送ですね。

    私も録画して見ます!!
    http://www.wowow.co.jp/pg/detail/066247001/

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん、素敵なレポートありがとう!
    急いでミサンガまで編んだのですね~(拍手♪)
    まるで小説でも読んでいるようでした。

    それにしても「ロッカールームで悲しそうにしていた」なんて聞くと、、、
    こちらも辛いですね。
    もちろん錦織選手本人が一番悔しくて辛いわけですが…

    また元気な姿が見られるよう、これからはしばらく肘を休ませて、しっかりと治療に専念して頂きましょう。

    『いつでも どこでも ラッキーは来る!』 

    p.s.後編も楽しみにしていまーす☆

      引用  返信

  • マックウィンさん、
    はい。はっきりとKとナダルと言っていましたよ。
    すごくいい奴なんだ、とも。
    来週?マイアミにも動向する予定だとも。

    OBM-GOさん、早速レスしていただきありがとうございます! うれしいです!!

      引用  返信

  • ラファと圭くんとは同じストリンガーさんが担当なんですね。
    って、ストリンガーさんのお仕事がどんな分担になっているかも
    皆目わからない私ですが。

    もうひとりのきょうこさん
    ずいぶんいろいろDougさんとお話したんですね。
    内部情報リサーチしっかりされてます^^

    Dougさんがプレゼント渡してくれたのですね。
    よかったですね。

    >OBM-GOさん
    ロッカールームでの深刻そうな状況のこと。

    私はさっき反応するの忘れたんですが、
    肘のぐあいとこれからのことを話していたんだろうか。

    私の中でしっかり映像が思い浮かぶくらい想像が出来ます。
    やはりすごく心配です。

    欠場が続くかもしれませんが
    もちろんそれはとても寂しいですが、
    どうかこの決断でしっかり肘を完治できますように。
    それが最優先事項ですものね。

    私はその間他の選手を応援して待っていますよ~。

      引用  返信

  • もうひとりのきょうこさん ありがとうございます

    僕も一昨年までアメリカのオレゴンに住んでいました!
    すいません 「だからどうしたんだよ!」ですよねwww

    kind of sad は「ちょっと悲しそうだったよ」みたいな感じなのでは?

    プレゼント喜んでくれるといいですね^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。