上海予選、B.ベッカーと再戦

昨日、

東京から上海に移動した錦織圭、本日早くも上海マスターズ1000大会の予選を戦います。

対戦相手はベンジャミン・ベッカー(ドイツ)。錦織の復帰戦となったデルレイビーチで対戦した選手です。

あのときはファイナルセット0-6というスコアで敗れはしたものの、復帰戦としては内容は悪くありませんでした。

当時とは錦織のコンディションも上がってますし、ベッカーも当時よりはランキングを落としています。前回とは違った結果を期待しましょう。

上海の予選ドローはこちらです。

勝ったらククシュキンとレヴィの勝者と対戦します。

ベッカーは強敵ですが、さすがマスターズ1000大会の予選だけあってすごい選手ばかり。ベッカーじゃなくてもどこに入っても厳しいです。

マチューとかアンドレエフとかヒラルドとかシャルディーとか。他にもたくさん。

まあ錦織も他の選手にとっては当たりたくない選手でしょうけどね。それとも、ここ2試合の結果で調子悪いと判断されている可能性もあるのかな?

オーダーオブプレイによりますと、試合は12時スタートの第3試合です。

上海との時差は1時間ですから、日本時間では13時スタートの第3試合ということになります。5時前後になるでしょうか。

ライブスコアで状況を確認しながらお待ちください。

今日も錦織圭実況掲示板で応援予定です。

応援フード

前回を参考にしてください。最近、ちょこさんやchachaさんの応援フードのレベルが高すぎて投稿できないという声をちらほら聞いていますw しかしこれは数が大事なので(1つ投稿ごとに勝率1%アップ@当社比)恥ずかしがらずに出ておいで!

参考記事:復帰初戦の対戦相手はベンジャミン・ベッカー | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ
参考記事:(コメント欄参照)錦織圭、直前の練習はテイラー・デントと | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ
参考記事:今回の応援フードの決定版、神楽坂「ベッカー」 | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

エントリーNo.1 chachaさん

エントリーNo.2 ちょこさん

今日は1日雨 お出かけ出来ません
冷蔵庫にはドイツパンはないけどイングリッシュマフィンがあった
そして万能応援フードの納豆
ねばねば
ネバーギブアップ 圭くん CHACHA

「Q.B.B ・・・ 食うぞ!ベンジャミン・ベッカー」

ちょこ

20 件のコメント

  • 前の記事に対するコリコリさんコメントのコピペ。

     すごく悲しいですが、所用が入り、ベッカー戦をライスコ観戦
    できません。皆さんの応援、よろしくお願いします。

     上海は56ドローの関係で、明日10/10(日)から本戦が始まり
    ます。

     このため、圭が予選を勝ち抜いた場合には、10/9・10・11の
    3連戦となるはずです。

     興奮の3連休とするためにも、是非今日は勝ってほしい!

      引用  返信

  •  ちなみに添田の今日の相手は1000位台の地元中国のWC選手で、
    14ポイントのゲットは堅いところでしょう。

     歴史的なトップ100位入り目前の添田ですが、再来週には1年前の
    75ポイントを失ってしまうため、上海で大ブレークでもしない限り
    104位のキープも難しい状況です。

     それにしても、この時期皆が狙っているだけあって100位の壁は
    本当に厚いですね。

     先日のモンフィス戦で見せてくれた「魂の試合」が、添田本人に
    して「全てをかけていた試合」と言わしめたもう1つの意味が、
    分かってきたような気がします。

      引用  返信

  • 錦織vsベッカー、4:30から5:00くらいの間に始まりそうです。
    現在2試合目の第2セット始まるところです。

      引用  返信

  • と、思ったらファイナルインしました。早くて5:30といったところでしょうか。

      引用  返信

  • 第2試合はファイナル突入です><
    どうして圭のコートの試合は、いつも時間がかかるんだろう…

      引用  返信

  • ひゃー><
    団長、かぶってしまいました、すみませんm(_ _)m

      引用  返信

  • CHACHAさん最高!すごい勇気w
    フードの組み合わせに大爆笑しましたーwww
    さあ、もらったこの勢いで今から応援がんばるぞー!

      引用  返信

  • 3本のマッチポイントを逃し、ファイナルセットタイブレークで敗れました。
    ものすごく悔しいですが、粘りもあり収穫のある試合だったことでしょう。
    記事は頭を冷やしてから書きます。

      引用  返信

  • 掲示板での応援のみなさん、お疲れ様でした。

    試合が終わってから1時間ほど掲示板を読み返して、
    試合を振り返っていました。

    1stセットの11G、BP3本は、
    全部セカンドサービスだったので力んでしまったのかなと。。
    結果セットをとられてしまったけど、取れていれば、最高でしたね。
    でもこんなこともあるかなと思いました。ここは仕方なかった。

    2ndはベッカーペースになってもおかしくないところを
    ねばってねばって。ひとつのブレークチャンスをとって
    すごくいいセットでした。
    心臓に悪いけど個人的にはこんなセットの取り方が
    ものすごく好きです。

    3rdは3G目ものすごい粘りでブレイクして。。
    このままいくかと思ったけど、ベッカーもふんばった感じで
    キープが続いて5-4まできて。。
    10Gが取れていれば最高の試合でしたが、落としてしまって。
    がっかりして、5-7で負けそうなところをねばって、
    タイブレークにしましたが、残念な結果にって感じでした。

    トップ選手はこの3rdセットの10Gを取ってくるだろうと思うし
    それをできるのがトップ選手なんだろうと思います。

    団長の「しっかりせーーーーーーい!」がすごく印象に残っています。。

    ランキングのポイントが取れなかったことは悔やまれるし
    負けたことくやしいですが、
    2セット目とったことと3セット目5-7で負けなかったことが
    良かったことで。。
    とにかく次にむけて頑張って欲しいです。

    でも試合を重ねてくるといい試合ができるようになってきますよね。
    怪我せず、試合を重ねていき、勝負勘をより養えば
    (もともと勝負勘はある方だと思っていますが。。)
    ツアーでも勝負できそうですね。。

    長文失礼しました。

      引用  返信

  • はじめまして。錦織のビッグファンです。
    いつもいろんな情報、ありがとうございます。

    今日は残念でした。

    ふと気になって添田の公式ブログを見たら、
    楽天ダブルス観戦へのお礼や気遣いの言葉、
    お友達らしいセッピ選手への温かい紹介文
    など、とっても癒されました。
    6歳上って(錦織より)なんて大人なんだろう!
    錦織もこのくらいのコメントが出せるように
    なれば、トップ選手に近づく精神力がついて
    くるのかなーなどと、親心に思いました。

    今週は添田の応援をします。

      引用  返信

  •  ちぇちぇこりさん、私もモンフィス戦の生観戦の後に添田の公式
    ブログ(下記)を見て、錦織と同じくらい添田も応援したくなりま
    した。 明日のCHARDY戦、気合を入れて応援します。

    http://www.tennis-navi.jp/blog/go_soeda/

     さて、話を錦織に戻し、皆さんご関心の今後の参戦スケジュール
    について考察します。

     米国でのCHは、10/11の週から11/15の週にかけて5大会(全て
    5万ドル級)もあるため、最低限の目標である年内100位以内だけで
    あれば、IMGに戻ってゆっくり調整し、実RKでエントリーでき
    るCharlottesville(11/1~)辺りから参戦すれば確実に達成でき
    ると思います。

     ただ、チーム圭はそんなことは考えていないと思います。
     恐らくは、できるだけ早い段階で100位以内を確定させた上で、
    グランプリレベルで勝ち味を覚えさせた状態でシーズンを終わら
    せたいと思っているに違いありません。

     この戦略に基づく、私の参戦予想は以下の通りです。

    ・10/11~:TiburonCH(WC、但し体力的に問題無い場合)
    ・10/18~:CalabasasCH(SEorWC)
    ・11/01~:バーゼルATP500予選(PR)
    ・11/08~:パリMS1000予選(PR)

     かなりハードなスケジュールですが、今まで大事にしてきたWC
    とPRを使い切るスケジュールはこれしかありません。

     また、100位以内確定には2大会のCHが必要であるため、10/11
    の週をスキップしてしまうと11/01の週にCHを入れなければなら
    ず、実質的に欧州ツアー参戦を諦める必要があります。(10/25の
    週には米国CH無し)

     という訳で、急遽TiburonCH(10/11~)に参戦! なんていう
    可能性も充分にあるのではないかと思っています。

      引用  返信

  • 最近、書き込みが多くてすみません。

    体調面やトレーニングも必要と思うので
    アメリカに戻って大会に参戦したあとヨーロッパに
    参戦することはないと思うんですがね。

    昨日のような試合ができれば、
    ヨーロッパのツアーに参戦ても良いような気もしますが、
    (きっとWCなども取れる可能性もあるかと・・・)
    facebookなどを見ると年内100位以内が目標のようなので、
    昨日の敗戦でCalabasasCHか11月からの3戦に向かうだろう
    と思います。

    年内100位以内確定してからヨーロッパにいくなら
    10/18からのSeoulCH($125.000 +H) に参戦っていうのが
    現実的かと。
    優勝すれば125ポイント、準優勝でも75ポイントですからね。

    早めにチームからのアナウンスがあればいいと思っています。

    Facebookのキャンペーンの件、SNSへの不安があって
    まだできていないですが、いずれ登録したいと思っています。

      引用  返信

  • 修造さんブログに次のような記事がアップされていました。 

    楽天ジャパンオープン10月10日(日)に決勝が行われます。
    10月10日(日)24:30〜26:25 テレビ朝日にて放送される『GET SPORTS』にて僕が解説をします。
    みなさまぜひご覧ください!

      引用  返信

  •  TiburonCH(10/11~)への参戦は、ありませんでした。
     期待をさせてしまった方、すみませんでした。

     ただ、年内のツアーが限られてきていることを考慮すれば、来週
    の11/18の週からは参戦するだろうと思っています。
     この場合、考えられるツアーは以下の通りです。

    ①CalabasasCH(WC)
     お馴染みのエントリー選手が多く、新鮮味に欠けるが、シードも
     付き、まとまったポイントを獲得できる可能性が最も高い。(年内
     100位以内に対しては1番の早道)

    ②ストックホルムATP250予選(実RK)
     グランプリでの勝利に対しては1番の早道ではあるが、その後も
     欧州のグランプリツアーを転戦することになるため、年内100位
     以内の目標を達成できないリスクを覚悟する必要がある。

    ③ソウルCH(WC)
     米国CHよりも格が高い分強敵(Serra,Anderson,Raonic等)も
     多いため、必ずしも高ポイント獲得を期待できない。

     上記の内、私は①の可能性が最も高いと思っています。(個人的
    な希望としては②ですが・・・)

     それは、チーム圭としては、圭に伸び伸びとしたプレーをしても
    らうためには、年内の早い段階で100位以内を確定させることが最も有効だと考えていると思われるからです。

     ただ、過去の本人ブログで「もうCHには出ないと思う」的な
    ことを書いている手前、ファンが思っている以上に公式なアナウ
    ンスはしずらいのかも知れません。

      引用  返信

  • もし、Calabasas のチャレンジャー大会に出場することになったら、
    もう一度応援に行ってこようかと思います。

      引用  返信

  • 私はストックホルムはかなり有効的だし、2年前にベスト4に入っているのでWCもらえる可能性が結構あるのでは?と思ってますが甘いですかね?

      引用  返信

  • みつさん、書き込みが多くて謝るなんてw
    書き込みは多い方が嬉しいです。

      引用  返信

  • 団長さん、お気遣いありがとうございます。

    僕はストックホルムから、その後アメリカのチャレンジャーなら
    いいなと思っています。
    遠征のことを考えるとその路線は可能性低いのかな。

    ストックホルムのWC期待しているのですが、どうでしょうね。

      引用  返信

  • 私もそのルート希望ですが、陣営の決定は常々自分の感覚と少しずれているように感じるのでどうなりますでしょうか。

    あ、単に逆フラグがスケジュール予想にまで発動しているだけかも。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。