ルーの活躍に刺激されるか日本勢

ルー・エンスンがロディックを破ってウィンブルドンベスト8入り。

私の予想はさっそく外れてしまいました・・・。我ながら恐るべし逆フラグの威力。ロディックごめんなさい。

どうやってロディックに勝てたのか、それは「無我の境地」だったのでしょう。

彼にはビッグサーブがあるから、芝での対戦はタフになると分かっていた。以前と違うこともしていないよ。苦しい場面でサーブに頼ったけど、無理はしなかった。今日は時間をとって、普段通りのサーブで彼に喰らいついてチャンスを待った。そうしたらセットが取れて、またセットが取れて、さらに取れて彼と握手して勝利していた。何も考えていなかった。

ルーがロディック破りベスト8進出の快挙◇ウィンブルドン – テニス365 | tennis365.net

ルーはまさに「1ポイントの積み重ねの先に勝利がある」ことを実践しました。これはあらゆるレベルのプレーヤーにとってヒントになるでしょう。

どうしても試合になると「勝ちたい勝ちたい」となって逆にプレーが悪くなってしまうことがありますが、勝利を考えない方が勝利に近づくというのは逆説的なものです。しかし真実です。

そして95年の松岡修造以来のアジア人ベスト8という結果は、錦織、添田をはじめとする日本人選手にも大変励みとなるでしょう。添田はルーとの対戦は勝ったり負けたりですので、「ルーができるのなら俺だって」という気持ちになることでしょう。伊藤竜馬はすでにその気になっているようです。

添田が頑張れば錦織にも火が付きますし、逆もまたしかりでしょう。90年代の日本女子がそのような状態で、良い循環がありました。これからUSオープンに向けて日本勢がどういった戦いをするか注目しましょう。

5 件のコメント

  • ルーのこの勝利は、日本選手にとって大きいですね。身長でいってもどっこいどっこいですし。ナダルを2回3回戦で5セットマッチに追い込んだ選手たちをみても、あのナダルでさえ絶対ではないとおもわせてくれた、添田選手は、全米ダイレクトインをめざし本気だし、メンタルは大きい。圭君も大いに刺激を受けたことと思います。

      引用  返信

  • ルーくん、ロディックに当たるまで、ずっとストレート勝ちっていうのもすごいですよね。(3回戦は3セット目途中で相手Ret.)
    もちろんドロー運も多少はあるでしょうが。
    全仏のときのナダルもでしたが、今回のソダもルーも4回戦まで、体力・精神力温存できてたのは、大きいと思いました。
    でも、二人とも今回フルセットだったから、もう条件は誰も同じですね。
    ルーくん、もう(WC日本代表みたいにw)警戒されてるでしょうが、
    その中でも、なんとか勝機をみいだしてほしいです。
    そういえば対戦相手のジョコの体調(精神的?)も心配ですが・・・
    ガチ対決楽しみです。

      引用  返信

  • ルー君 なんと 圭君のプロジェクト45 の
    45位になるそうですよ。
    あちゃ~ 先を越されたよ~

    ジョコビッチはさすがにディフェンスが良く
    ただ今 2セット先取中です。

    頑張れ! ルー選手!

      引用  返信

  • 盧彦勳はDjokovicに残念ながら負けてしまいました。
    そしてFedererはBerdychにmiamiに続いてまたしても負けてしまいました。
    これで、Djokovic2位、Federer3位が確定しました。

    Nadal戦の中継になるかと思ったら、Murray戦の方になりました。
    あきらめて出かけることにします。

      引用  返信

  • プロジェクト45は日本人最高を目指してのものですから台湾人であるルーは関係ないのでは?アジア人というくくりで言えばすでにスリチャパンやリーがいましたしね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。