本日夜(おそらく22時以降)、2回戦(2011チェンナイ)

直前になってすいませんが、チェンナイの2回戦が本日夜8時半からの試合の次に行われます。

対戦相手はコロンビアのファージャ(Arejandro Falla)、27才、105位です。

昨年のウィンブルドン1回戦でフェデラーを追い詰めたのが記憶に新しい左利きの選手です。

錦織とは2回対戦し、2回とも錦織が勝利しています。

錦織 vs Falla 対戦成績(ATP公式サイト)

私はあいにくテニスしてますので観戦できそうにありませんが、ライブスコア錦織圭実況掲示板等でお楽しみ下さい。

応援フード

もはや料理というより創作活動。

二回戦の相手は
ファジァ

だから ふがし棒
ふ じゃ

柄は大きいけど中身空気
軽いから丸がじりして

コロンビアのCOFFEEで
ごっくんしてね

バモス圭くん\(^O^)/

CHACHA

ファリャ・・・WBのフェデラー戦はすごかったですね。
なので今回は、とんねるずのように特別ラケットも用意しました。
両面にふわふわのファーが張ってあります。
で~奴を、ラーメンを完食します!
ちょこ

8 件のコメント

  • 相変わらずお二人とも発想が柔軟ですねー。
    とても考えつきません。すごすぎです。

      引用  返信

  • 杉田がHAASE相手にただ今セットカウント
    1ー1
    です!

    すごい!!

      引用  返信

  • 錦織が勝った場合の次の相手が決まる試合ですが、第1セットを先取したティプサレビッチが第2セットタイブレークで優位に立っています。

    おそらく次はティプサレビッチでしょう。

      引用  返信

  • チェンナイオープン2回戦。相手はコロンビアのファージャ。カレントランクは105位ながら(キャリアハイは去年4月時の58位)昨年のウインブルドンではあのフェデラーをギリギリまで追い詰めた猛者。そのファージャ相手に我らが錦織がまたまた凄いことをやってくれています。1stセット4-6でダウン。そして、2ndセットも0-3(2ゲームブレイクダウン)と絶体絶命のピンチ。この時点で、1stサーブの入率はファージャが75%アップに対して、錦織は57%。しかも、ブレイク率は、フャージャの80%に対し、錦織は19%。しかし、ここからが凄かった。
    2ndセット第4ゲームから3rdセット途中まで怒涛の9ゲーム連続奪取!1stサーブ率もブレイク率も一気に挽回。
    おっと、これ書いてる間にファージャがブレイクバックしてきた。危ない危ない。3rdセット3-2と盛り返されてきたぞ。とかなんとかいってるうちにサーブキープで4-2になった。
    よし、このまま、次のファージャのサーブをブレイクして一気に2ゲーム連取してWINだ!
    さて、それでは応援に専念します。結果は後日。そうそう、ちなみに錦織の前に隣のコートでひと試合先にコートにたった杉田祐一さんは残念ながら第8シード相手に1stセットこそ取ったものの続く第2、第3セットを失って逆転負けを喫しております。残念。
    とかなんとかいってるうちに、錦織あっさり2ゲーム連取して逆転勝ちしてしまいました。凄い!終わってみれば、ゲームカウント4-6、6-3、6-2。今日の試合のヤマ場は第2セットの中盤第7ゲームでした。錦織がこれでもかとブレイクポイントをとるんですが、相手のファージャも意地でしのぐという場面で延々ブレイクポイント→デュースの繰り返しでした。でも最後にこのゲームを制したのが錦織。この時点で逆転勝ちを確信しました。
    さて、これでベスト8。次は第6シードが相手です。今日も最後は1st率も65%まで戻しましたし、エースも4本出ました。肝のサーブがゲーム終盤尻上がりになる本来の調子も出てきましたしこれは明日からも期待しちゃいますね。錦織はこの大会最初に第2シードのチリッチを破っているので、案外決勝まで楽に行けるかも?明日の試合に勝つと次は第4シードのガスケの筈だったけど、これまた格下に今日破れてるので、当たらずに済んでラッキー!さあ、明日もこの調子で頑張って。錦織殿、僕らにもう少し夢を見させてください。

      引用  返信

  • QFのOOP出ましたね。
    明日(7日)はスタジアムの第3試合です。

    12時~1時の間位のスタートというところでしょうか。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。