うぎゃあああああああ楽天オープン1回戦:錦織vs添田

本日、楽天オープンのドロー抽選があり、錦織の対戦相手が添田に決まりました・・・。

日本人選手が多く参加する大会だし、ツアーを回っていれば当たることもあります。
また日本で開催される大きな大会で日本のNo.1とNo.2が対戦。これは興味はそそられるカードではあります。

でも1回戦とはちと残念・・・。
個人的には準々決勝以上のラウンドだったらどの大会でも全然問題ないんですが。

また前回、アトランタで対戦したときは添田の一方的勝利に終わっただけに、今回は錦織にとって負けられない試合となります。いや錦織ファンとしても負けてもらったら困る!プレッシャーは大きいと思いますがそれを跳ねのけてほしいです。

また他にも1回戦から好カードが目白押し。そして日本人選手はいずれも強敵と対戦します。

マレー vs モンフィス
ティプサレビッチ vs シモン
杉田 vs シャルディ
守屋 vs バブリンカ
伊藤竜馬 vs アルマグロ

そして本日から予選も始まっています。
ドローが昨年から32ドローになっていますので予選から強い選手の試合をみることができます。
明日もやっていますので行く時間のある人はぜひ行ってみてください。私は行けませんが・・・。

2回戦以降の有力選手は以下の通りです。

2回戦 ロブレド 、ニエミネン
準々決勝 ベルディヒ、べルッチ
準決勝  モナコ、アルマグロ、バグダティス
準決勝  マレー、ティプサレビッチ、ラオニッチ、バブリンカ

Tennis – Rakuten Open – Draws

11 件のコメント

  • 妥当な結果でしょう。添田のレベルで準々決勝は無理。日本のファンとしては複雑だろうけどね。

      引用  返信

  • どう思おうとそれはご自由ですが、わざわざここで書いちゃうような人はスルーしちゃって、次のコメントをお願いします^^

      引用  返信

  • 錦織vs添田の日本人対決が1回戦というのはもったいないですよねー。
    前回のアトランタでは一方的に負けてしまったので、今回は圭くんに勝ってもらいたいです!今日の準決勝は残念でした…。

      引用  返信

  •  モナコ戦、勿論勝ってほしかったですが、勝負は時の運。

     昨年のポイントはセーブできた訳だし、満身創痍の状態で有明に
    きてもらうよりも良かったと前向きに考えて、楽天モードに切り替える
    ことにしました。

     1回戦の添田には順当勝ちしたとして、2回戦にくるであろう
    Nieminen がやっかいそうですね。

     

      引用  返信

  • 添田は怖い。
    苦手意識持ってもおかしくないほどの負け方だったからなあ。

      引用  返信

  • どちらが勝っても2回戦に日本人が最低一人は残ることが確定した、ということで前向きに受け止めましょう。
    もちろん錦織が残って欲しいけど。

      引用  返信

  • 先ほどsabumasaさんのブログをのぞいてきたのですが、添田応援のスタンスが明確過ぎて気持ちよかったですf^_^;)

    (団長もそうしてくれ、と言っているわけではありません。アトランタの時にコメント欄で議論になった際の、団長のスタンス表明のコメントは、配慮が行き届いた表現の中に素直な思いが伝わる文で、えぇコメントしはるなぁ、と思いました。)

      引用  返信

  • 添田には錦織以外とやってもらいたかったな・・・
    私は決勝しか見に行けないので圭には決勝までいってもらわないけません!!

      引用  返信

  •  先ほど予選の4試合が終わり、メインドローの32人が確定しました。
     その32人を、10/1付の想定RK順に並べてみました。(※の数は、
    私の主観によるその選手の危険度)

    #1 Murray, Andy GBR 3※※※※
    #2 Berdych, Tomas CZE 6※※※

    #3 Tipsarevic, Janko SRB 9※※
    #4 Monaco, Juan ARG 10※※

    #5 Almagro, Nicolas ESP 12※※
    #6 Raonic, Milos CAN 15※※
    #7 Wawrinka, Stanislas SUI 16※※※
    #8 Nishikori, Kei JPN 17

    9 Simon, Gilles FRA 18※※
    10 Chardy, Jeremy FRA 31※
    11 Troicki, Viktor SRB 32
    12 Klizan, Martin SVK 34※※
    13 Nieminen, Jarkko FIN 35※
    14 Stepanek, Radek CZE 38※
    15 Tomic, Bernard AUS 39※
    16 Bellucci, Thomaz BRA 40※

    17 Monfils, Gael FRA 44※※
    18 Baghdatis, Marcos CYP 46
    19 Ramos, Albert ESP 48
    20 Haase, Robin NED 51
    21 Paire, Benoit FRA 52
    22 Soeda, Go JPN 55
    23 Falla, Alejandro COL 57
    24 (Q)Dimitrov, Grigor BUL 58
    25 Lacko, Lukas SVK 65
    26 (WC)Ito, Tatsuma JPN 66
    27 (Q)Stakhovsky, Sergiy UKR 95
    28 (Q)Tursunov, Dmitry RUS 110
    29 (PR)Robredo, Tommy ESP 125
    30 (Q)Chiudinelli, Marco SUI 139
    31 (WC)Sugita, Yuichi JPN 140
    32 (WC)Moriya, Hiroki JPN 183

     しかし、今年の楽天はレベルが高いです。
     最終DAは添田の55位、最終シードRKは圭の17位で、これらを単純
    に去年と比べても10位ずつ高いですし、特に30位台の選手の充実ぶりが
    際立っています。

     ライバルの北京に比べれば、約2倍違う賞金や翌週の上海との距離で
    条件が悪いのにも拘わらず、それでも東京を選んでくれた海外の選手達
    に、まずは大きな感謝です。

      引用  返信

  •  予選勝者を組み込んだメインドローが更新されたので、先程のリスト
    をドロー順に並び替えてみました。

    #1 Murray, Andy GBR 3※※※※
    17 Monfils, Gael FRA 44※
    25 Lacko, Lukas SVK 65
    19 Ramos, Albert ESP 48

    10 Chardy, Jeremy FRA 31※
    31 (WC)Sugita, Yuichi JPN 140
    32 (WC)Moriya, Hiroki JPN 183
    #7 Wawrinka, Stanislas SUI 16※※※

    #3 Tipsarevic, Janko SRB 9※※
    9 Simon, Gilles FRA 18※※
    30 (Q)Chiudinelli, Marco SUI 139
    12 Klizan, Martin SVK 34※※

    11 Troicki, Viktor SRB 32
    20 Haase, Robin NED 51
    14 Stepanek, Radek CZE 38※
    #6 Raonic, Milos CAN 15※※

    #5 Almagro, Nicolas ESP 12※※
    26 (WC)Ito, Tatsuma JPN 66
    28 (Q)Tursunov, Dmitry RUS 110
    15 Tomic, Bernard AUS 39※

    18 Baghdatis, Marcos CYP 46
    27 (Q)Stakhovsky, Sergiy UKR 95
    24 (Q)Dimitrov, Grigor BUL 58
    #4 Monaco, Juan ARG 10※※

    #8 Nishikori, Kei JPN 17
    22 Soeda, Go JPN 55
    29 (PR)Robredo, Tommy ESP 125
    13 Nieminen, Jarkko FIN 35※

    16 Bellucci, Thomaz BRA 40※
    23 Falla, Alejandro COL 57
    21 Paire, Benoit FRA 52
    #2 Berdych, Tomas CZE 6※※※

     このようにしてドローを眺めると、Tipsarevicの山は際立って
    厳しく、圭の山は並といったところでしょうか?

     また、1回戦の好カードとしては、

    ①Tipsarevic-Simon
    ②Raonic-Stepanek
    ③Murray-Monfils

     といった感じかなと思っています。

      引用  返信

  • 楽天オープン行ってきました。
    圭君、バグダディス選手と練習してました。
    見に行ってすぐの時、左足が気になる様子、ストレッチしたり、膝上を
    もんだりしていたの出、ちょっと心配していたのですが、
    バグ選手のドロップショットに、ダッシュ&すべりこみで返していたので大丈夫なんでしょう。
    ところが、バグ選手が足をひねって転倒。今さんに支えられ
    帰ってしまいました。大事でなければいいのですが。
    その後、ダンテコーチと練習つづけてました。
    ダンテコーチ、圭君のショットを見てしきりに親指を立てていたので、
    調子良いのでしょう。
    今日はホント暑くて、圭君も後半は裸で練習。
    奥さん鼻血タイムのおまけつき。でした。
    明日も応援がんばります!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。