2008年の(ほぼ)全ATP大会のカットオフランキングを調べてみた

第2回調査協力依頼ということで、ぴこさん、ni-naさん、マックウィンさん、mimiさん、うめぞーさんに分担してもらってデータを取っていただきました。ありがとうございました。

調査内容は、「(ほぼ)全ATP大会のカットオフランキング」です。

カットオフランキングとは本戦にダイレクトインできるギリギリのランキングのことです。

Last Direct Acceptanceとも言われます。

(ほぼ)全大会というのは、以下の大会を除外しているからです。

・北京オリンピック・・・1国4人までという制限があったため
・マスターズカップ・・・ランキング上位8位と決まっているため

なお、マスターズカップですが、ランキング上位8人に入っていなくてもグランドスラムを優勝していれば出れるはずです。豆知識。

ただし、グランドスラムを勝っておきながらランキング8位に入れないような選手は稀で、私はまだ見たことがありません。

過去に該当する人がいたのでしょうか?ご存じの方、情報お待ちしております。

さてかなり大規模な調査となりました今回の渾身の結果をとくとご覧いただきましょう。

2008年ATP大会カットオフランキングリスト

(クリックすると拡大します)

大会及び時期によってかなりばらつきがあることが分かります。

錦織が優勝したデルレイビーチと同じ規模であるIS175(インターナショナルシリーズで優勝ポイントが175の大会)について例をあげると、63位から216位までばらついています。

しかしざっと見たところ100位~120位くらいの大会が多く、現在の錦織のランキング64位だと問題なく本戦から出場できるでしょう。

言葉だけで言ってもよくわかりませんので、ヒストグラムにしてみました。

2008年カットオフランキング IS大会

ご覧のようにIS175では110位~130位がボリュームゾーンになっています。またカットオフが100位以下の大会が全体の3/4を占めており、トップ100をキープすることが重要であることが分かります。

IS175より多くのポイントがもらえるIS200からIS250までのカテゴリーでは、さすがにカットオフが100位以内になることが多いです。

このあたりは今のランキングを維持できればほぼ問題ないレベルです。

1年を通じて試合にでることさえできればランキング維持は可能かと思いますが、実は一時的に錦織のランキングは落ちる可能性があります。

来年2月9日に今年のデルレイビーチ優勝分の180pが消えてしまうからです。

仮にここまでに1ポイントも取らないとしたら110位くらいになる計算ですが、この時期で錦織が出そうなアメリカの大会のカットオフは、

デルレイビーチ126位
サンノゼ112位
メンフィス(ISG)112位
ラスベガス84位

と4大会中3大会くらいはなんとかなりそうな感じです。それほど悲観することはありません。

それ以前にも大会はありますし、膝が完治して元気に出場できるようになることがまずは第一です。

以上が考察ですが、IS大会は来年から賞金の多寡に関わらずATP 250というカテゴリーに統一され、どの大会でも同じポイントを獲得するようになりますので、カットオフランキングは微妙に変化する可能性があります。

明日は続いてISG大会、MS大会について解説します。

あー、マスターズカップ面白い。

6 件のコメント

  • グラフにするとわかりやすですね。

    ATPのツアーに出ていただければ、GAORAさんもがんばって放送してくれると思うし、映像がなくてもライスコは確保できそうですし、来年が楽しみです!!!

    上海は、シモンとフェデラー見ました。シモンいいですねえ。
    シモン、応援しちゃいます!!!

      引用  返信

  • 今回は集計作業がかなり大変だったという話をききました。
    団長、ぴこさん、ni-naさん、マックウィンさん、mimiさん、うめぞーさん、ありがとうございました。
    カットオフが63位なんていうところもあるんですね。
    GS本戦に出れるランキングであれば良い、なんて思っていましたが、そのうち、いやシードがつく順位で、とか、どんどん欲がでてきそうです。

    mimiさんの情報網はすばらしいですね。
    デ杯、噂の芝生はどんなものか、見るの楽しみです。

      引用  返信

  • Nosaさん、
    集計作業、全然大変じゃないんです(汗)
    ただ、私に基礎知識が無いから苦労した、というだけの話。
    テニスウィークリーを探すのに一苦労。
    そのうえカテゴリーって何を指すの?とか、カテゴリーが解ってもどこから調べればよいの?とか、入力する表はどこ?とか、さらに間違えないように必要情報を一度メモ帳にコピーし、ひとつひとつ確かめながらやったので私の場合時間がかかりました。
    皆さんは簡単だったと思いますー。
    カレンダーを見れば、選手以外の情報はすぐにわかったのにね。
    基礎知識ないやつはコレですから〜。

    マックウィン

      引用  返信

  • すごいですね~。みなさんお疲れ様でした。
    来シーズンはMS(ATP1000)を主戦場にして欲しいので、なるべく早くDAできる50位以内につけたいところですね。予選で負けたら悲しすぎる。

    こりゃメルボルンでフィーバーしかないですな!!

      引用  返信

  • たしか2001年のゴランイワニセビッチがウインブルドンチャンピョンですがランキングは12位ぐらいだったと思います

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。