ランキングの推移をグラフにしてみた

rankhis080219.png

2年前は10ポイントも取ればグラフ上で目立った上昇だったのに、今回は180ポイントもとってこんな感じなんですね。

それでもすごいジャンプアップだけど。

今後は20ポイントくらい取っても10位くらいしか上がらないし、100位を切るにはInternational Seriesのベスト8を2回くらいやらないとだめなんですね・・・いやはや厳しいです。

(続きを読むには右下の Read more… をクリックしてください)

今は日本中、浮かれまくってトップ10だ、グランドスラムだと騒いでますけど、現実をみたら100位を切ることすら簡単なことじゃないと思いますよ。

今週のSan Joseだって、1回戦勝ってロディックと対戦できたら十分すごいと思います。疲れてるだろうし。

といいながら鼻血を出すほど浮かれているのはどこのどいつだい?(アタシだよ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。