返信先: 錦織のサーブについて

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 錦織のサーブについて 返信先: 錦織のサーブについて

#35167
たくや

風さん。こないだの話の続きです今日デビスカップのマレー戦をやってました。この時も素晴らしく肋骨周りが柔らかいんですが、今と違うのは、やはり打球の感覚を今のように打つ瞬間に散らそうとしていないということです。
なぜそうなるかと言うと、マレー戦での段階(今年の最後のほうに入る前の大体の段階)は上半身が柔らかくなったことにより、かなりハードヒットしやすくなりました、それでかなり低いライジングでも手が届き、タイミングが外されそうでも対応できる。フットワークがアバウトでも器用に腕が動いて強いショットがいく。本人の中で以前までのハードヒットの感覚では、非常にいい感覚で、しかもそれが高い確率で出るという感じです

しかし今は、「揺らぎ」があります。ショットの瞬間に柔らかさでコースがずれる。米の入った袋を持ち上げようとしたら、持とうとした重心がずれて持ち上げにくいというのに似ています。以前言ったように今の錦織は、コースがずれてもいいようにコートの4分の1の面積ぐらいの範囲にアバウトに打ちにいっています。自分でもコースがぎりぎりまでわからないのは、逆にいえば相手は読みようがないということです

今年のクレーの時期も柔らかく打球を吸収するように打っていましたが、まだ相手をうまくだますような感じではできていませんでした。(それでもかなり役に立っていましたが)

それをコンスタントに出すために、4分の1の照準を相手コートに入れるため、フットワークも今は精密に調節されています。ちゃんとショットから逆算して、フットワークができています。普通よりも、一段回打つのを待って、タイミングをずらすなどもしています。今年の前半はどちらかといえば、打点もかなりアバウトな感じでフットワークもアバウトで、上半身がいいから、大体のショットをハードヒットできるため、それに頼ってる感じでしたね。