マスターズカップ、ATPの選手紹介がジョコにだけ厳しい件

今年のATPツアーも残すところ、上海のマスターズカップのみになりました。

マスターズカップとはランキング上位8選手のみによって行われる、実力No.1決定戦とでも言うべき大きな大会です。

残念ながらランキングNo.1のナダルは怪我のため欠場(デ杯決勝も欠場するのではと言われている)してしまいましたが、ツォンガ、デルポトロ、シモンといった新勢力とフェデラー、ダビデンコ、ロディックといったおなじみのメンバーが激突するので興味は尽きません。

才能ではジョコビッチと同等の評価を受けながら、ジョコビッチと比べると出世がやや遅れていたマレーもついに出場権を得ました。この2人のライバル関係にも注目です。

さてこの大会は通常のトーナメントとは違い、まず4人ごと2グループに分かれての総当たり戦を行った後、各グループの上位2人が決勝トーナメントに進めるという方式を取っています。

グループ分けは以下の通りになりました。

RED GROUP
フェデラー(1)
マレー(3)
ロディック(5)
シモン(8)

GOLD GROUP
ジョコビッチ(2)
ダビデンコ(4)
ツォンガ(6)
デルポトロ(7)

カッコ内はランキングの順番です。

1番と2番
3番と4番
5番と6番
7番と8番

は同じグループに入らないようになっています。それにしてもなぜレッドとゴールドなんでしょうかね?

ゴールドとシルバーにしたらまるでゴールド>シルバーになってしまいそうだから、ゴールドに対して普通の色を持ってきたのでしょう。

トップ選手の熱い戦いということで、戦いを連想させるレッドにしたんでしょうかね。

さてそんな否が応にも盛り上がってきたマスターズカップですが、当然ながらATPのトップページでもいろいろと取り上げられています。

http://www.atptennis.com/

このページの右下に選手の顔写真とともに小さく一言コメントが書いてあります(下の画像)。

2008マスターズカップ出場選手紹介(ATP公式サイト)

そのコメントはこんな感じです。

フェデラー:4回優勝
マレー:最近28試合のうち25勝
ロディック:6回目の出場
ダビデンコ:4年連続出場
ツォンガ:今ホットなパリ優勝者
デルポトロ:出場者中最年少
シモン:ナダルに代わって出場

シモンの「ナダルに代わって出場」はそっけないですが、その他の選手に対しては賞賛の言葉が並んでいます。
それに対してジョコビッチに対するコメントは以下の通りです。

ジョコビッチ:初出場’07年は0勝3敗

~~~-y( ̄Д ̄)。o0○(なんでやねん。)

「全豪でGS初優勝」とか書いてあげればいいのに・・・

18 件のコメント

  • 何かの間違いではないでしょうか???
    ジョコには申し訳ないですが 笑ってしまいました。
    でも・・・決めました!!
    私!マスターズカップはジョコを応援します!!!
    「頑張れ!!ジョコビッチ」(゚∇^d)

      引用  返信

  • 私も笑ってしまいました。ごめんね、ジョコ・・・。
    がんばれ!!!
    でも、私はマレーを応援しようかな。

      引用  返信

  • あははははwwww
    去年は、ガスケ、フェレール、ナダルから1セットもとれなかったみたいですね。
    REDは、フェデラーとマレー、GOLDはジョコとデルポトロ(ツォンガと迷う)に頑張ってほしい。
    まずは、ジョコとデルポトロですか。

      引用  返信

  • やっぱり年末はフェデラーに締めてもらうのが一番良いと僕は思います。
    それにしてもジョコの扱いはナゼ・・・・・・??

      引用  返信

  • ジョコは不遇のおひと。
    WOWOWの某解説者からも嫌われーの
    ATPからも・・・・。

      引用  返信

  • ほんとに1人だけ………ナンデ???
    ジョコは何故、不遇の嫌われーの人になっちゃったんですか?
    何か…やらかしたんですかね?
    ???

      引用  返信

  • はじめまして。
    2月のデルレイビーチ頃から毎日拝見しています。

    マスターズカップでは、
    「ND」対決
    「andy」対決
    を楽しみにしています。

    ところで、グループ名の件ですが
    開催地の国旗の色から名づけられているのではないでしょうか。
    ATPは中国(red,gold)
    WTAはカタール(white,maroon)

      引用  返信

  • ジョゴはシャラポワのモノマネなど、ノらせたら面白いのですから是非とも大事に扱って欲しいですねw
    一発芸ではありますが、ああいう才能を発揮した選手はこれまでいないのですから、コートの異色芸人として大いに珍重?して欲しいものです。

    それはそうと、片手打ちバックハンドはとうとうフェデラー一人しかいなくなってしまったようですね。
    私はあれで取るウイナーが一番好きなので残念です。
    特にユーズニーの片手打ちバックハンドは見事なので、もっともっとテレビなどで見たいのですが・・
    それにしても、今レンドルがデビューしたらどのくらいのランキングまで上がれるのでしょうか?
    これはスポーツファンの永遠の妄想ですね。

      引用  返信

  • >ぴこさん、mimiさん
     なんかかわいそうで応援したくなりますよね。

    >Nosaさん
     3敗といってもその面子ですからね。
     それに誰かは最低でも2敗しますからね。
     誰がそうなっても驚きません。
     あーかわいそうなジョコ。

    >gomisawaさん
     ツォンガとフェデの決勝が見たいです!

    >マックウィンさん、うめぞーさん
     特に何もやらかしてはいないと思いますが・・・。
     ATPの中の人はどうしちゃったんでしょう。

    >ピョコビッチさん
     はじめまして。
     なるほど!そうだったんですか。
     ではロンドンに移ったらレッドとブルーですかね
     ND対決ってダビデンコと誰ですか?デルポトロはJだし。。。

    >島さん
     そうそうジョコはバーラミの後を継ぎますから・・・ってその前にちゃんとテニスで王者にならないとね。
     両手打ち全盛ですが、片手打ちの選手には独特の美学があるように見えてしまいます。
     潔いというかなんというか。
     でも片手打ちでもいい選手は多いですよ。一時期のようになんでもかんでも両手という感じでもない気がします。
     レンドルが現在によみがえったらかなり面白いでしょうね。
     当時のまま来てもどうかわかりませんが、あのポテンシャルなら時代にフィットしていけると思います。

      引用  返信

  • ジョコ、ちょっとかわいそうな気がしますが、今年、スポーツマン精神に欠けていた時期があったみたいですね。(試合中、不必要に時間稼ぎしたり、・・・)だから、会場(何の大会かはわすれましたが)からのブーイングの嵐にあったり。。。

      引用  返信

  • ND対決?ニコライ・ダビデンコvsノヴァク・ジョコビッチ?

      引用  返信

  • わたくし、明日から上海に行って参ります。
    一番のお目当てだったラファが欠場で少々意気消沈気味ではありますが、シモンやデルポのプレーも観たいし、去年までとは一味違う熱いロジャーくんを密かに期待したりしていますぅ♪
    この8人の中に我らが圭くんが登場するのは、何年後?
    楽しみですね~ワクワクo(^o^)o

      引用  返信

  • ジョコビッチのコメント、ワラってしまった。
    それにしても、ここでは盛り上げるのがスジってーもんじゃ?
    と思ったものの、ウィット効いてていいかも…
    一人だけアレって感じで目立って…オチ(?)がついて…
    ジョコ、反対に、オトクかも…なんちゃって!

    ところで、このところの集計、興味深く拝見しておりました。
    ヘっ、フェデとナダルは何故1000ポイント以上も差があるの?
    錦織選手のポイントの倍近くだわって思ったことがあるもので…
    ってどシロウト、バレバレって感じですが
    図表を見て何となく理解した気になっています。
    netdashさん、集計協力されたみなさま、ありがとうございます!

      引用  返信

  • >pinkyさん
     そういえばそういう時期もありましたね。
     あっさりリタイアするとかも言われていました。

    >Nosaさん
     あっそうか。

    >つかささん

     うぉぉをををををををを!!!上海!!
     いってらっしゃい!ぜひレポートをお願いします!!
     来年からロンドンですからね、行きやすい今年のうちに行けてうらやましいです。

     そういえば

    北京オリンピック→上海マスターズカップ
    ロンドンオリンピック→ロンドンマスターズカップ

    ということは東京オリンピックになれば、東京マスターズカップ????

    そして錦織出場?????

    妄想は膨らむばかり・・・。
    錦織出場の可能性は妄想とは言えない高さだと思いますが。

    >azusaさん

    これからも「これでもか」とばかりにデータラッシュが続きますよ。ふふふふ・・・。
    そして読者が減っていくのであった。

      引用  返信

  • 先日コメント欄で話題になっていた圭君モデルのラケット、本当に発売日が決まったようですね。
    日本限定発売かもしれませんがそれにしても凄いことです。
    購入してももったいなくて使えないんじゃないかと思いますが、やはり実際に使用するために買う人が多いんでしょうか。

      引用  返信

  • ジョコはいちいち一言多いんですよね。ウインブルドンのドローが発表なると「フェデラーの方のハーフでよかった」と言ってみたり、全米でインジュリータイムが多いことにロディックがブラックなジョークを飛ばすと、「ロディックがあんな失礼な発言をするから、観客が僕を応援しなかった」とかオンコートインタビューで発言して会場から大ブーイング受けたり。敵も作りやすいタイプかもしれませんが、わたしはなんとなく憎めません。悪気があるというよりは、正直すぎるというか要領が悪いような気がします。

    今回のは、いろいろ楽しいパフォーマンスを披露してくれる彼なら、こんな冗談でもok、という親しみの情を感じます。(^^)

      引用  返信

  • >団長殿
    >これからも「これでもか」とばかりにデータラッシュが続きますよ。ふふふふ・・・。
    フッフッフ、望むところよ。

    >そして読者が減っていくのであった。
    ・・・・。

      引用  返信

  • つかさサン、いってらっしゃい!うらやますぃ☆
    ジョコは全豪で優勝した時に親子ではしゃぎ過ぎて礼を逸した発言をしてしまったり、全米でも観客を敵にまわしたり・・・。
    嫌いじゃないけどネ、そーゆーキャラも居ないとツマらないし。
    でも可哀想だよね、これでは・・・。
    レンドルが全盛期の状態で現在のラケット使ってれば今年の
    エリート8に入れるのではないですかね。
    レンドル(全盛期)vsナダル:全仏決勝 
    サンプラス(全盛期)vsナダル:全英決勝 が観たいな♪
    今晩の夢はこれで決まり!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。