選手名を漢字で表してみた・女子編

キリレンコ 霧蓮根
ウォズニアキ 魚住亜紀
クズネツォワ 九頭
セレナ 瀬玲奈
ヴィーナス 女神
アザレンカ 字
デメンティエワ 出目
イワノビッチ 岩野さん
リシッキ 力士
ボンダレンコ 凡打連呼
ウダン 饂飩
カネピ 金ピー
キング 王
ドキッチ 土器
クルム伊達 来夢伊達

うーむ、女子は難しい名前ばかりだ・・・。

3 件のコメント

  • ■男子編の解答です。
    「納豆」は、「ナドゥ」と読み、中国でのナダルの愛称なのだそうです。

    中国では、当て字で表記する際、どの漢字を使うか何か基準みたいなものはあるんでしょうかね。

    日本でも第二次大戦中、敵性語は使用禁止だったわけで、
    ちなみに、巨人軍の「スタルヒン」は「須田博」。
    って全く団長のノリと同じじゃないですか~。

    ところで、「納豆」の文字入りTシャツを製作して応援するのは、ライセンスの面で何か問題あるでしょうか、団長さん(^^;)。

      引用  返信

  • この前、ウェブで中継を見ていたら本当の中国語ではフェデラーは費徳勒、ツォンガは特松加になってました。

    中国語とは奥深いと感じた次第です。

      引用  返信

  • ttp://keinishikori.com/news/index-j.html
    やはりサンノゼは欠場ですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。