Wilson K-Tour 95 (錦織モデルのラケット)

前回記事で錦織圭モデルのラケットバッグ錦織圭携帯ストラップを、

「錦織ファンなら購入が基本でしょう?」

と紹介(自慢)したところ、


「でもラケットはなんでバボラなの?」

[K] TOUR 95も購入が基本でしょ?」

「ラケットバッグが9本いりなんだから、

9本買うんでしょ?

と厳しい突っ込みをいただきました(笑)

K-Tour95
↓↓↓

私も男だ!

 
これでどうだ!


ついに我が家に上陸!Wilson K-Tour 95


輝く「K-Tour」の文字


錦織ファンなら絶対手に入れておきたい逸品。購入が基本。












試打ラケなんですけどね・・・

             ∩___∩
             |ノ⌒  ⌒ ヽ
             / ●)  ●) |
ダマサレタ━━━━━|   ( _●_)  ミ━━━━━?
            彡、  |∪| 、`
              /  ヽノ  ヽ
             / 人    \\   彡
           ⊂´_/  )    ヽ__`⊃
                / 人 (
               (_ノ (_)

8 件のコメント

  • だまされんわいっ!!ww

    昨日の今日でガットが張ってあるトコロがすでに怪しい(笑)

    それに新品ならタグが付いてるし、だんちょなら放っとかずに
    写真とるでしょーーーーがっ!!(爆)

    まぁ、決定打はガットがよれ過ぎてますからねぇ、
    しかもセンターが・・・。

    真実はいつもひとつ!! 名探偵コ○ン

      引用  返信

  • ほんとだー!
    センターのガットがよれてる!!!
    種丸名探偵の御陰で 真実が見えて来たぞ!

      引用  返信

  • 種探偵の推理があたってますね。確かによれってますよー。

    さて、本当に一本でも買うんでしょうか?、団長。
    お金と相談してくださいね。

      引用  返信

  • 全国のテニスショップ及びテニススクール関係者へ

    7月2日、3日の両日中にK-tour95試打ラケットをレンタルした人物については、当ブログの運営者である可能性があります。
    同人がウィルソンのラケットバッグからバボラのラケットを取り出すという行為を放置しておくことは、同時に錦織圭の市場価値下落
    →日本テニス界活性化の阻害、につながりかねません。
    つきましては、返却時に必ず、同ラケット9本を販売いただく様、
    ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。

    種探偵、名推理、おみごと!!

      引用  返信

  • あははははははw

    名推理っていうか、最後にだんちょも「試打ラケ」と書いて
    ウソついてる訳ではないにも関わらずココまで追い込まれるとは!
    皆さんナイスです!ワロタwオモローww

    さぁ、全国に包囲網が敷かれましたよ(爆)

    ルパンだんちょは逃げ切れるのか??

      引用  返信

  • いつの間にか全国に指名手配されてしまった・・・
    ヤヴァイ、ヤヴァスギル。
    デメンティエワのサーブと同じくらいヤヴァイ。

      引用  返信

  • 団長s-!ひさびさのコメです^;
    実は自分k tour95愛用してますっb(一応二本持ってます^)
    ばりばり使ってますが なかなかぃぃですょ~w
    かな~りトップヘビーで勝手にスイングされてくって感じですw

      引用  返信

  • 重さ288g(軽すぎ)
    バランス340mm(トップヘビー過ぎ)
    長さ27.25インチ(長すぎ)

    で、はじめから私好みじゃないの確定なんですよね・・・。

    でもストロークとサーブの威力は増しそうですね。
    まあ、試打してみます。
    意外と新しい世界が開けたりして・・・。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。