オフシーズン企画第1弾:錦織川柳コンクール

2ヶ月間のオフシーズンを乗り切るため、「鼻血ブログ的オフシーズンの過ごし方」という記事でいろいろな企画を考えました。

本日はその企画第1弾として、「錦織川柳コンクール」を開催したいと思います!

応募要項

  • 錦織圭に関する川柳を簡単な解説とともに発表してください。
  • 応募はこの記事のコメント欄にお願いします。
  • 川柳(5-7-5)でなくても短歌形式(5-7-5-7-7)でも結構です。
  • 一人何点でも発表OKです。
  • 締切は11月28日(金)の深夜12時とさせていただきます。
  • 「錦織」「圭」などが入っていなくても、錦織に関連すると分かればOKです。
  • 本人以外の関係者(コーチ、マネージャー、家族、etc.)やラケット等、物に関する川柳でもOKです。とにかく「錦織関連」であれば何でもOKということです。
  • 過去に「錦織圭実況掲示板」に書かれた作品も応募可です。ただし、作者本人に限ります。
  • 誹謗中傷など公序良俗に反する応募は却下させていただきますが、「ナルバンディアンのお腹」程度のユーモアはOKです。悪意がなければ基本的にはOKということです。
  • 例のゴシップネタは一次審査を通過することは絶対ありません。このブログでは話題にすることはありませんのでよろしくお願いします。

審査の方法と基準

  • 応募総数によりますが、数が多い場合は10~20作品ほど私の独断で選出させていただき(一次審査)、残った作品を対象に皆様の投票で大賞、準大賞、佳作を決定します。
  • 応募総数によっては常連の方々に個人的に連絡し、一次審査を手伝ってもらいますのでよろしくお願いします。
  • 一次審査にあたっては以下のような作品の評価が高くなります。
    • 笑える作品
    • 感動する作品
    • 臨場感のある作品
    • 気持ちに共感できる作品
    • ウィットに富んだ作品
    • その他、印象に残った作品

入賞作品に対する表彰

  • 大賞、準大賞作品にはそれぞれAmazonギフト券を1000円、500円差し上げます。
  • Amazonギフト券は電子メールアドレスで受け取ることができます(額がせこいですが、まあ何かあるとやる気が出るだろうという程度のものですので)。
  • 入賞作品は特集ページ(未開設)で展示され、末永く読者に愛されます。

スケジュール(予定)

  • 本日~11月28日(金)深夜12時まで:川柳募集
  • ~12月上旬:審査及び投票
  • 12月10日ごろ:入賞作品発表、入賞者に順次Amazonギフト券送付
  • 年内メド:特集ページ開設
  • 来年以降、年1回程度開催予定

川柳の例

 私も応募しますw

 私の以下の作品を例にして作ってみてください

有明や

買って飛び込む

自由席

【解説】
AIGオープン。予想以上の錦織フィーバーにチケット購入が遅れてしまった。
指定席はもうろくな席が残っていない。こうなったら当日自由席を朝イチから並んでゲットし、ダッシュでいい席を確保するしかない。
自由席チケットを購入するや否や、運動会でも見せたことがないスピードの駆け足で自由席の一列目をゲット。ふう、やれやれだぜ・・・と空条承太郎気取りで溜息をついた一瞬を切り取った。

まあ、私のレベルなんてこんなもんです・・・もろ芭蕉のパクリです・・・。

68 件のコメント

  • またまたすみません。
    なんだか止まりません。

    軽やかに
    ショットを決める
    その姿
    見る者すべてを
    魅了する

    君想い
    グッズ買い買い
    大人達
    お金無くとも
    幸せいっぱい

    出しすぎですよね。すみません。後は第2弾用に控えておきます。

      引用  返信

  • 素晴らしい作品揃いで、読み応えがあります。団長、楽しい企画をありがとうございます!それでは、私もちょっとだけ。。。

    圭ママの
    嬉し涙に
    もらい泣き

    フェラー戦の後、圭くんとお母さんがハグしていたシーンにはこちらもウルウルしました。

    現役の
    頃と変わらぬ
    お茶目なグレン

    現役時代も面白いエピソードが多くあるグレンですが、今年のWTT(ワールドチームテニス)の試合中に、突然グレンがテレビの画面から消えたと思ったら、ちゃっかり観客のチップスを横取りして美味しそうに食べていました。もちろん会場は大笑いの渦。かわいいなぁ!!!

    バミューダの
    ピンクの砂に
    刻まれた
    「優勝」の文字
    きらきら光る

    デルレイのあと厳しい試合が続いていたので、この優勝は本当に嬉しかった。現地の友人から「今までで最高の決勝戦だった。Keiへの応援がすごかったよ!」との電話がすぐに入ってきました。

      引用  返信

  • 地元ネタで一句

    神様も
    圭の話題で
    盛り上がる

    ご存知の方も多いでしょうが、毎年秋、出雲大社に全国の神様が集まって会議が開かれます。
    今年は、エア・ケイの話でさぞかし盛り上がったことでしょう。

      引用  返信

  • 続けてすみません。誤解されるかもしれないと、ちょっとあせってしまいました。
    今年1年の活躍の話題でという意味です。

      引用  返信

  • 有明で
    「カモン、圭!」
    と言えたから
    10月2日は
    鼻血記念日

    -----

    有明で、友達と一緒に声を出して圭を応援できた記念すべき日。
    満員の有明コロシアムに私たちの声が響きわたりました。

    --------

    アルトワの
    赤に映えぬく
    圭の勇姿

    --------

    アルトワの象徴の赤い色と緑の芝
    そしてエアケイの勇姿

    カレンダーのショットが思い浮かびます。

    --------

    ※また考えて出来たら応募します。

      引用  返信

  • 決め球に 名前がつくのは 日本初?
    (「日本人最年少の…」「日本人として〜年ぶりの…」
     などの枕詞で彩られた今年の活躍ですが、これは?)

      引用  返信

  • 愛ちゃんの

    体力あれば

    無敵だね

    この1年間、ケガに苦しむ姿を見て

    ああっ!グランドスラム連続出場という

    偉大な記録を持つ、杉山愛選手の体力が

    圭くんに備わっていたら・・・と何度思ったことか。

      引用  返信

  • 遅くなりました。
    皆さん素晴らしくて恥ずかしいのですが・・・

    圭君の
    試合観たさで
    GAORA入り

    テニスは好きでグランドクラムはTVで観てたけど
    やっぱり沢山の圭君の勇姿がみたくてGAORAに入会
    来年の目標はやっぱり生観戦!!

    勤務中
    背後気にして
    応援す

    AIGオープン時仕事しながらライスコ応援
    エクセル表をいじりながら・・・
    ちいさくライスコと実況掲示板を更新しながら・・・
    不良OLです。

    がっつりと
    応援フード
    食べ太る

    思わず沢山買ったり、いつも食べない時間に
    食べる応援フード
    皆と一緒に応援している一体感で食べすぎて
    太ってしまった。来年は運動しなきゃ。。

    =てんてん=

      引用  返信

  • いつの日か
    あなたが誰かの
    憧れに

    圭がロジャーに憧れるように、いつの日かテニス界の未来を担う誰かにとって圭が憧れとなりますように、という願いをこめて。

    誰かの(時には人生をも左右する)「憧れ」となることは、ただ強いだけではできないことだと思います。プロテニスプレーヤーとして、また人としての魅力が問わるでしょう。圭がより多くの人にとっての「憧れ」となるといいな。

      引用  返信

  • 有明や
    つわものどもが
    夢のあと

    ----------

    AIGで熱狂した有明。
    トップ選手の熱い戦いが繰り広げられた
    ここもそれが今は嘘の様な静けさ。
    (あぁ、もろパクリだわー。)

    ----------

    にっぽんのテニスの夜明け
    すぐそこに
    圭のテニスが
    扉を開く

    ----------

    日本のテニス界の新しい歴史を作る圭のテニス。
    松岡さんの45位の記録を破る日ももう間近です。
    そして次にどんな新しい扉を
    開けてくれるのだろう。

    ----------

    待ってるよ。
    フェデと対戦
    勝利の日

    ----------

    日本の錦織ファンの待ち望むフェデラーとの対戦。
    そして勝利する日は
    いつなんだろう。
    ワクワクしますね。

      引用  返信

  • 歓喜の輪
    フェデに勝った
    圭君に
    鼻血ファミリー
    心はひとつ

    2009年にフェデと当たりフェデに勝つ(泣)圭君の姿に
    彼を応援する全ての人々の心がひとつになる様を詠ってみました
    皆さん、もうすぐですよ、もうすぐっ!!

    ・・・・・ああ、フェデ(複雑)

      引用  返信

  • 萌える芝
    拍手の中で
    エア・ケイが
    パイナップルを
    掲げる笑顔

    ------------

    私にはもうしっかりイメージ出来ています。
    圭くんのこの晴れ姿が!

      引用  返信

  • 熱血が
    笑いに続く
    伝道師
    かつてはテニスの
    貴公子だった。

    ----------

    今、日本に広くテニスを伝えようとするあまり
    何故か笑いを取ってしまう松岡氏も
    かつてはテニスの貴公子と呼ばれていた2枚目でした。
    (ホントはアレが本来の姿らしいですね。
     伊達さんが、引退してとうとう地を出しちゃったかぁ
     って言ってましたもんね。)

    ----------

    エア圭が
    グランドスラム
    とったなら
    きっと映るは
    修造号泣!

    ----------

    北島金メダルの瞬間でさえ
    あれだけ泣くんだから、
    もう圭がグランドスラムで優勝したら
    修造氏も今までの記録を破るものすごい泣きっぷりでしょう~。
    で、NHK?のカメラも圭そっちのけで大写し?!
    だって、圭は意外に冷静なはずだから・・・^^;

    ----------

    AAライスコ
    応援フード
    これが鼻血の
    三種の神器

    ----------

    こりゃもう解説の必要なし。
    にしこりを掲示板で応援するときには
    絶対コレ必要!

      引用  返信

  • 徒然なるままに”あやしく”詠ってみました〜^^

    ”Who is he?”
    Nobody knows
    THE NEW STAR!!

    「彼は誰?」
    世界がビックリ!
    スター誕生!!

    私事。ニュースで錦織圭選手の優勝を知りました。
    全く彼を知らなかったので、本当にビックリしましたね〜、、、
    世界中で「Who is he?」「錦織圭って誰?」って言葉が交わされたのでは? まさしくスター誕生の瞬間でした!
    --------------------------

    圭モデル
    手から先だけ
    腕がいい!

    ウィルソンの圭モデルラケットを持ってる
    あなたのことで〜す ^^
    --------------------------

    初夢は
    センターコートの
    ラファとケイ!

    初夢は正夢になるという
    言い伝えがありますねっ!
    ちょっと気が早いけど初春に期待しま〜す!
    --------------------------

    <P.S.>
    徒然なるままに、PCにむかひて、
    こころにうつりゆくよしなしごとを、
    そこはかとなく書きつくれば、
    あやしゅうこそものぐるほしけれ〜^^

      引用  返信

  • 錦鯉
    貧乏街道
    まっしぐら

    梶野摩訶夫

    ーーーーーーーーー

    カレンダー、錦織本、特集雑誌など、
    錦織ファンは怒涛の出費が続いていますが、
    ここに来て圭スペックのウィルソン圭ラケットが発売になり
    とうとう貧乏のずんどこへ一直線の錦織ファンですね^^

      引用  返信

  • エアケイの
    名前を出せば
    スルーパス?

      -熱血☆鼻血小僧-
    ----------

    フォーゲルパークで
    「錦織選手のコメントを見てやって来ました」
    と言えば、無料で入場出来ます。

    なんてこと無いよね?げおさん^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。