3回戦は雨により仕切り直し!コート2第1試合にダニエル太郎、第3試合に錦織圭

月10日に予定されていた3回戦は雨により本日に順延。
ダニエル太郎 vs. デルポトロの試合は早々に順延が決定されましたが、錦織の試合の順延は日本時間で朝6時を過ぎてから、ギリギリまで待っての決定でした。

そしてこの2試合はそれぞれNo.2コートの第1試合、第3試合にリスケジュールされました。

錦織とダニエル太郎の試合スケジュール

8月11日(木)
No.2コート

第1試合
ダニエル太郎 vs. デルポトロ
現地11:00スタート (日本時間23:00スタート)

第3試合
錦織圭 vs. マーティン

全体のスケジュールは下記をご参照ください。
Olympic Tennis Event – Rio 2016

TV放映&ネット配信予定

NHK BS1の放送予定は以下の通りです。
(放送時間は前後すると思いますので、試合進行をチェックしましょう。)

8月12日(金) 2:00〜3:50 (LIVE)
テニス「男子シングルス・3回戦 錦織圭×アンドレイ・マルティン(スロバキア)」
【解説】坂井利彰

8月12日(金) 18:00〜19:55
テニス「男子シングルス・3回戦 ダニエル太郎×ホアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)」
【解説】坂井利彰【アナウンサー】増田和也

テニス「男子シングルス・3回戦 ダニエル太郎×ホアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)」
【解説】坂井利彰【アナウンサー】増田和也

ネット配信では、gorin.jpでしょうか。
NHKもありますが、これまで、TVで放映したカードはネットではライブ配信されていません。
gorin.jpを中心にいちおう両方チェックすると良いと思います。
その他、ライブストリーミングサイトは探せばあると思いますが、私の方では積極的に情報発信しませんので
各自自己責任でお探しください。
コメント欄への記載は特に制限しません。

テニスのライブ配信予定 – gorin.jp

ライブ・見逃し | NHKリオデジャネイロオリンピック

8月11日(木)のカード(多いのでシングルスのみ)

(第1試合 日本時間23:00開始)

センターコート
第1試合 男子S 3R ナダル[3] vs. シモン[15] 第2試合 男子S 3R フォニーニ vs. マレー[2] 第3試合 女子S QF コンタ[10] vs. ケルバー[2]

No.1コート
第1試合 女子S QF キーズ[7] vs. カサトキナ
第2試合 男子S 3R ベルッチ vs. ゴファン[8] 第3試合 男子S 3R モンフィス[6] vs. チリッチ[9]

No.2コート
第1試合 男子S 3R デルポトロ vs. ダニエル太郎
第2試合 女子S QF スビトリーナ[15] vs. クビトバ[11] 第3試合 男子S 3R 錦織圭[4] vs. マーティン

No.3コート
第1試合 男子S 3R バウティスタ=アグー[10] vs. ミュラー
第2試合 女子S QF プイグ vs. Siegemund

No.4コート
第1試合 男子S 3R ドンスコイ vs. ジョンソン[12]

今後のスケジュールはどうなる?

元々の男子シングルスの日程はこうでした。

8/11(木) 準々決勝
8/12(金) 準決勝
8/13(土) 3位決定戦
8/14(日) 決勝

3位決定戦と決勝は同じ日にやることも不可能ではないので、こうなるかもしれません(想像)。

8/11(木) 3回戦
8/12(金) 準々決勝
8/13(土) 準決勝
8/14(日) 決勝&3位決定戦

あるいはこうなるか? でもこれは1日2試合になるので避けると思いますが・・・。

8/11(木) 3回戦
8/12(金) 準々決勝&準決勝
8/13(土) 3位決定戦
8/14(日) 決勝

51 件のコメント

  • 錦織くん、さすがの試合運び。
    素晴らしいですね!

    ナダル、さすがにミックスダブルスは棄権?したようですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。