【鼻血対象試合・試合情報追加】2017全豪4回戦 vs. フェデラー プレビュー【応援フード追加】

全豪オープン作成の粋なビデオ!

 フェデラー、長かった休養明けとは思えないテニスをしています。ベルディヒにストレート勝ちしてしまうとは。これはもう、相当に戻ってきていると見ていいでしょう。さすがミスター・テニスです。フェデラーと言えばテニス。テニスと言えばフェデラーです。

そう、錦織圭はロジャー・フェデラーに挑戦するのではありません。
テニスそのものに挑戦するのです!!

 フェデラーとの戦いの中にテニスの神髄があります。心技体の限りを尽くし、あらゆるショットでクオリティを高めない限り勝利はありません。
 ランキングは錦織の方が上になり、「勝たなければならない」という気持ちも、錦織圭の中に見え隠れはしますが(インタビューより)、そんなことは気にしなくていい。

俺は、今どのくらいテニスの神髄に近づけているのか??

それを確かめるようにテニスし、勝負にこだわりながらも、フェデラーとのラリーを純粋に楽しんで欲しいとも思います。

※鼻血対象試合

試合情報

大会名(カテゴリー):Australian Open (Grand Slam)
サーフェス:ハード
ドロー数:128
ラウンド:4回戦

試合日時

現地時間 1月22日(日) 19:00以降
日本時間 1月22日(日) 17:00以降
@ Rod Laver Arena

対戦相手

Roger Federer (SUI) ロジャー・フェデラー(スイス)

  • 第17シード、ランキング17位(最高1位)
  • 35歳、185cm、85kg
  • 今年の勝敗(ATP250以上・本戦):3勝0敗(錦織は6勝1敗)
  • 昨年度のグランドスラム成績:全豪SF、全仏欠場、全英SF、全米欠場
  • 言わずと知れたグランドスラム17勝の生ける伝説。昨年後半は膝の故障の治療にあて休養。
  • 今大会、1RはMelzerに7-5,3-6,6-2,6-2、2RはRubinに7-5,6-3,7-6(3)、3RはBerdychに6-2,6-4,6-4で勝利。

過去の対戦成績

2勝4敗
2015 ATP World Tour Finals RR Roger Federer 75 46 64
2014 ATP World Tour Finals RR Roger Federer 63 62
2014 Halle SF Roger Federer 63 76(4)
2014 Miami QF Kei Nishikori 36 75 64
2013 Madrid R16 Kei Nishikori 64 16 62
2011 Basel F Roger Federer 61 63

TV放映予定

応援フード

フェデラー選手のケガからの復活、そして好調と、嬉しい限りです
バームクーヘン、博多阪急に買いに行ったら、今日限定のパッケージでした!なんかいいぞっ
圭くん、メルボルンの太陽に負けないくらい熱くなれ〜(頭は別よ)

micchi

food-federer7-micchi

139 件のコメント

  • マレーどうしました! 3ブレイク・ダウン で1st set 落としました! マレーもひとの子? まぁこのままで終わらないのがマレーですが。

      引用  返信

  • 今日は。
    ニコダイさま、かたこりさま、皆さま
    マレー選手は相当M・ズベレフ選手を警戒していたと思いますよ。実際、マレー選手相手に互角に渡り合って1set upですね。
    ズベレフ兄弟、今でこそ弟アレキサンダーにスポットが当たっていますが、ジュニアからプロ転向時には兄ミーシャがスター候補でした。
    ジュニア時代のM・ズベレフ選手は、USOジュニアSFでマレー選手と対戦、AOジュニアQFではジョコビッチ選手と対戦しています。
    トララルゴンやエディ・ハーといったジュニアの大会でも、彼はモンフィス選手やフォニーニ選手、シャルディ選手といった同期達を破って優勝を飾るなど、実に輝かしい戦績の持ち主です。なのである意味、この方も覚醒ではなく復活組です。
    マレー選手はその怖さを十分理解しているはずです。

    ちなみに、ATPアーカイブ映像にはその頃のインタビュー映像も残されています。兄ミーシャの横ではしゃぐ弟サーシャ少年の天使ぶりといったら!

      引用  返信

  • @団長さま
    いつもいつもお忙しいにも関わらず、私たちの心に深〜く残るお言葉を賜り、感謝しかございません。誤字脱字など気にせず記事立てお願い致しますm(_ _)m。

      引用  返信

  • ズべレフ兄のサーブアンドボレーは脅威ですね~。
    こうまで弟とプレースタイルが違うのも面白いです。顔も全然違うw。
    遅れてきたベテランって感じです。

    1セット取られたマレーはどう対応するのか見物ですね。

      引用  返信

  • NORICHANさん、原文と抄訳のサイト(URL)両方を探してのせて頂いているので、とっても有難いです。これからも、よろしくお願い致します。

    yuriさん、おっしゃるとおりです。あの記事中の錦織のhappyは単純に「うれしい」というニュアンスでしょうね。フェデラーがベルディヒ戦について述べたsurprised も「驚いている」ではなく「意外な感じがした、予想とはちがっていた」程度の意味かとおもいます。
    英語は日本語と異なり、接続詞の種類があまり多くなく、つなぎの言葉が無く唐突に次の文が始まったり、and をbutの意味に使ったりするため、日本語に訳す場合に厄介なことになりがちです。youやtheyといった単語が、かならずしも「あなた」「彼ら」の意味でなかったりもしますしね。
    フェデラーが錦織との対戦成績についてI’ve lost to him a couple of times as wellを、上記の記事では「何度か負けている」と訳していますが、これ、イギリス英語だったら「2回」という意味です。つまり「僕はケイに2度負けてもいるしね」。まあ、フェデラー自身、英語が母国語でないのでなんとも言えませんが。それにしても、フェデラーとジョコビッチの英語はめちゃくちゃ上手いです。

      引用  返信

  • ↑でもフェデラーの英語って接続詞があまりないから途切れずにひたすら喋ってるスタイルだからめちゃくちゃ上手くはない

      引用  返信

  • 圭くんはいまコート16で練習中! 体調よさそう。ワクワク、ドキドキしてきました。ロッド・レバー・アリーナではマレーが吠えておりますがーまだまだ1セットづつ互角。予断を許しませぬ。3セット目5ゲームでマレー被ブレイクのピンチ!されちゃいました! また圭くん、サーブの練習風景。ずっと2画面にしちぁえば?(笑)

      引用  返信

  • NORICHANさま
    ミーシャ選手、ジュニア時代にそんな輝かしい戦績がある選手なんですね!?いろいろ教えていただいて勉強になります。
    それなら確かにマレーも脅威でしょうね。今もいい試合してるみたいだし…外出中で試合観れてないけど、経過が気になります〜

      引用  返信

  • 今日は。
    マレー選手、いよいよピンチです、2set downで1-2。M・ズベレフ選手はしぶとくて淡々とナイス卑怯なテニスしますね。そして7割方ネットに出てるでしょうか。
    こりゃひょっとするかも…。

    先程女子ダブルスで、穂積/加藤組が、第4シードのミルザ/ストリコバ選手組をフルセットで撃破し、QF進出しました! 日本女子としては何年ぶり?12年?16年? とにかく快挙です。おめでとうございます。

    松岡修造さん、ブログ更新されています。
    <全豪オープンテニス2017 錦織圭ベスト16進出!>
    http://www.shuzo.co.jp/blog/2017/01/column_1263.html
    熱くてウザイかもしれませんが、この修造節、私はやっぱり欲しいです(笑)

      引用  返信

  • @まえりかさま @カモンKEIさま
    ナダル様の英語に慣れた耳にはなんでもあり、上手い下手なんてどうでもいいのでは?(笑)

      引用  返信

  • うわぁ、マレー対M・ズベレフ、セットカウント1-2になった。
    マレーが追い込まれている、昨日のナダルのようにここから逆転できるか?
    ファイナルセットまで行ったら、錦織選手の試合開始は日本時間の6時とかになりそうですね。
    (第4セットで終わっても、観客の入れ替えとかを考えると5時開始は厳しいかも)

    追記:うお、第4セットの第1ゲームもマレーが40-15から一気にブレイクされた。これは本当に波乱があるかも知れない・・・。

      引用  返信

  • マレーvsズベレフ、フルセットまで行ったら
    錦織フェデラーの開始時間にも影響でそうですね。

    しかし、これでもしマレーまで負けたら、
    今回の全豪は時代の転換点になるGSかもしれませんね。
    錦織にはどうかこの波に乗り遅れないで欲しいです!

      引用  返信

  • マレーやばい。
    サーブアンドボレーの選手というと、フェデラーをウィンブルドンで破り、実は錦織も勝ったことないスタコウフスキーを思い浮かべますが、はまるとタイミングも早いし、いやらしいんですよね。ミーシャのプレーはそれに加えて堅実さとメンタルタフネスが見られます。マレーは何か大幅に変えてこの流れを変えないと、ほんとに大アップセットがありえます。

    この試合の裏で、マーガレットコートでは、スタンとセッピが、ハイセンスではツォンガとエバンスが、大バトルを繰り広げてます。今年の全豪は何かが起こる?

    錦織は自分の道を貫いて、優勝してくれ~!

      引用  返信

  • ひゃあ〜((((;゚Д゚)))))))
    マ、マレーが⁉️
    ど、どうなる!!!!!

      引用  返信

  • ズべレフ兄選手は自分を信じて 黙々と自分のすべきことをしている。不気味です。
    まだ早いけど凄いことが起こりそうな予感がします。外れてほしいような 複雑な心境。

      引用  返信

  • マレー 危うし ダブフオ なんとかキープして1-2
    観客席にはサーシャ。お兄さんがポイント取っても拍手しないんだって。ちょっぴり悔しいのかな?日本人みたいな男の子がサイン貰いにきましたが、断っていた様です。なんだか何をやっても上手くいってるズベレフがこのまま行きそうな勢いですが、たぶん見ている全員が、いやいやマレーがこれで終る訳ないと思ってるでしょうね。

      引用  返信

  • ズべレフが素晴らしすぎる。
    マレーはいつものキラーカウンターがまったく影をひそめてらしくないショット連発。
    ネガティブオーラいっぱいなマレーになってます。
    これは、もうきびしいか?
    万が一タイに戻せたら、マレーに流れが来るかも。しかしこれをひっくり返すのはかなり難しい気がする・・。

      引用  返信

  • サーシャ、お兄さんが超簡単なネット・スマッシュ・ミスをしたら拍手、マレーのファン?でもズベレフ取って5-3. マレー完璧に追い込まれています。

      引用  返信

  • まさに燻し銀。
    ミーシャ・ズブレフ格好良すぎます。

      引用  返信

  • うわー、マッチポイント!

    マレー負けた。

    兄の勝利にズべレフ弟ちゃん、大喜び。

    錦織君、今日絶対勝って。

      引用  返信

  • ロジャーの次はズベレフ
    ロジャーとの対戦でレベルアップした圭がズベレフを破る予想

      引用  返信

  • マレー敗れました…。
    ズベレフのプレーが終始安定してましたね。

    ベスト8を前にトップシードが2人消えたのは2004全仏以来のようです…。
    今年はジョコマレー二強が崩れベテラン2人の躍動の年になってしまうのか、錦織、ラオニッチ達の躍動の年になるのか楽しみになってきました!

      引用  返信

  • ロジャーとの試合期待しているかもしれないけど圭だからね ミーシャ

      引用  返信

  • なんてこった・・・。
    でもミーシャすごかった。

    でも!インタビューで、次の相手がもしロジャーなら夢のようだって言ってたけど、

    錦織が来るんだぞ~絶対に!!!

    あ、chahchaさんかぶりましたね。

      引用  返信

  • マレー、負けてしまいました。ちょっと、言葉がでません。。。でも、ずべれふ

      引用  返信

  • ロジャーとの対戦が夢だったーそりゃみな同じじゃーと言ってたけどKeiの事もひとこと言って欲しかった!良くしらないけど凄いらしい、とか(笑)

      引用  返信

  • 錦織よりフェデラーってマレーに勝った瞬間はすげえと思ったけど、錦織とそのファンに喧嘩売ってるとしか思えないフェデラー推しでイラッときて一気に嫌いになった。
    普通堂々とどちらかを差し置いて言うか?
    普通は言っても控えめに言うだろ?
    なのにフェデラーと試合するのが夢でそれがもうすぐ叶うみたいな表現しやがって(錦織の存在無視とかしばくぞこらーー)

      引用  返信

  • すみません、焦っていたらコメントが途中でいってしまいました、、、
    ショックで動揺したのかも。ズベレフいいプレーでしたね。
    圭くんにはまずロジャーに勝ってもらって、ズベレフとの熱戦も期待したいです。
    ドキドキしすぎてどうにかなりそうです!

      引用  返信

  • 今日は。
    まずはM・ズベレフ選手、勝利おめでとうございます。そしてベスト8進出おめでとうございます。ミスしても抜かれても表情一つ変えず黙々とプレーを続ける、まるで頑固おやじの職人気質のようなテニスでした。

    マレー選手、残念でした。もしかしてジュニア時代のトラウマでもあったのでしょうか。いやそうじゃない。テニスはランクでするものじゃなく、常に調子のいい方が勝ち、結果ポイントとランクが後からついてくるんですよね。今日はマレー選手の日じゃなかった。次はドバイ? 錦織選手と対戦の可能性はもうIWまで待つしかないのですね。楽しみにしています。

      引用  返信

  • @カモンKEI さん
    ほう、M・ズベレフ選手、そんなことを言っていたんですね、これはますます今日のフェデラー戦が負けられなくなりましたね(#^ω^)。
    まぁただ、M・ズベレフ選手にしてみれば、10年以上のプロテニス人生で、おそらく最大の勝利で、試合直後のオンコートインタビューでは、興奮が収まりきらず、気を配った表現をする余裕もなかったんでしょうと、広い心で許してあげましょうよ、そして、その無礼は試合で倍返しにするということで(笑)

      引用  返信

  • ミーシャお兄ちゃんすごかったですね!
    ボレーで展開が早くてマレーが追いつけませんでした。
    そして冷静なのも凄かったです。かなり感動しました。
    やっぱり今年は波乱の年なのかも。。。?

    まあ、ロジャーの事を語ったのはしょうがないですよ~
    誰でも彼と対戦できるのは夢のようですから。

    圭君の事も話そうとしたのかもしれないけど、タイミングで話そびれたのかも。

    次、圭君、ロジャ本当にドキドキです。
    どうか素晴らしい試合になりますように

      引用  返信

  • マレー負けましたか···

    2週間前のカタールオープンで、マレーとジョコビッチによる激闘&両者のすばらしいライバル関係を見たときには、今年の全豪の決勝の舞台でもこの2人は再び激突するのだろうと、てっきりそう思ったものですが···
    まさか、2人とも1週目で敗退とは、本当にわからないものですね!!

    ですが、これで錦織も優勝候補筆頭ですね!!
    この興奮冷めやらぬRLAで、フェデラーとGS初対戦なんて、ちょっと信じられないぐらい舞台が整っちゃってますが、ガツンと気持ちのいい勝利、お願いします!!!

      引用  返信

  • @カモンKEIさん
    フェデラーに言及したとき、観客が大歓声になってその後、錦織に言及するタイミングを逸しただけのように見えました。それに、もし対戦できたら夢が叶う、という感じのトーンだったので特に気になりませんでしたけど。

      引用  返信

  • 17時からの練習は30分ほど。
    ストローク、ボレー、サーブ、球出しからの打ち込み練習、でした。
    バッククロスのストローク、アドサイドのサーブ、をチェックしていたように思います。
    いい緊張感で練習していたように感じました。
    これから力いっぱい応援してきます

      引用  返信

  • マレー負けてしまったんですか?
    ちょっと信じられません。
    出先で見れてないんだけど、足首の捻挫は関係なかったのかな。
    これでナダルとフェデラー両大御所の目の色が変わったような。。。

    ところで、錦織選手はこのフェデラー戦、単なる4回戦、優勝への通過点として捉えてくれと切に願いたい。
    でないと、ここで勝利した後に、ホッとしたり達成感を一瞬でも感じてしまったらヤバイと思うから。
    もちろんその辺、チャンコーチから充分な洗脳(ww)受けてると信じてるけど。

    さぁ、そろそろですね。
    急いで帰宅中。

      引用  返信

  • ほとんどのテニス選手にとってフェデラーとの試合、それもグランドスラムでの対戦は純粋に夢(それもほとんどの選手がかなわない)だと思うので、ミーシャの気持ちはよく分かりますよ。失礼でも何でもないと思います。

    でも、対戦するのは錦織です。絶対!

    さあ!来ましたよ!
    なんと!声援がわずかに錦織の方が多かった!?

    いけ~!Kei!

      引用  返信

  • たしかにチャンスなんだけど口を大にしていうと錦織選手に変な圧力かかる気がして目の前の一戦一戦に集中してほしいでもなんでよりによってマレー山に入ってしまったんだと思っていた分一気に現実味が出てきてこれは大変だ興奮がヤバイ!

    全世界のフェデラー劇場の期待を裏切ってくれ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。