【帰還早々特訓再開!】 新コーチにマイケル・チャン氏! ダンテ氏も残留

 
圭のFacebookよりビッグニュースです。(粗茶さん、情報早過ぎw)
https://www.facebook.com/keinishikori   
 
「Excited to announce an addition to the team. Michael Chang will join us in 2014. Dante will
remain the full time coach. We have already spent the last 2 weeks working hard and are getting
ready for 2014.」
  
チャン氏は身長175cmで2位まで昇りつめた名選手。
http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Ch/M/Michael-Chang.aspx
 
いろんな意味で期待できますね~
 

20 件のコメント

  • これはビッグニュースですね!
    それにしても圭の英語は本当にわかりやすいですねー( ゚∀゚ )

      引用  返信

  • キジムッタさんの関連コメントを、こちらにも掲載しておきます。

    キジムッタ 2013年12月 11日 12:00:02
    以前圭君と対談していた時に、スピリット溢れるアドバイスしてくれていましたね。バーゼルのフェデラー戦に絡んで対戦前から憧れるとか言うのは良くない、でしたか?
    昔大阪江坂でセーラムオープンが開催されていた時、生でプレーを観たことがありますが、とにかくコート中を走り回って拾う、最後まで諦めないスピリットに唸るしかありませんでした。例えるならフェレールのようでしたか。良い科学反応を期待したいですね。

      引用  返信

  • コリコリさん、記事アップありがとうございます。出先で早めの昼食をとりながらスマホをいじっていたら、飛び込んできたので反射的に書き込みました。Twitter上ではもっと早く気づいた錦鯉の方が何人もおられたようですが。
    例えばGSとかでマレーと対戦して、かたやコートサイドのレンドルが映され、かたやチャンが映される、みたいな情景を想像するだけでワクワクしてきます。

      引用  返信

  • 時事通信の記事には
    「錦織のマネジメント会社によると、チャン氏は現役時代の豊富な経験を生かした精神面のサポートを主に担い、来年のツアー大会に同行するケースもある」 とあります。
    GSでのチャンVSレンドルが実現するかもしれませんね。

      引用  返信

  • コーチがレンドルのマレーに対してアンダーサーブを打つことは無いと思いますが…(笑)
    先ほどのチャン氏との対談の動画が残っていました。管理者様、都合悪ければコメント削除してくださいませ。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=LfoYUQIsrg4

    「例え憧れの選手であろうとも、タイトルを獲得するためにはお前は邪魔な存在だと言うべきだ!」
    というくだりが、レンドル、エドバーグを破って若干17歳で全仏シングル制覇した時の姿を思い起こしました。

    今回のことが圭君にとってよい選択であることを祈りたいですね。

      引用  返信

  • これはシビレるニュースですね~。
    精神面のサポートというのは、錦織のメンタルが弱いというわけではもちろんなく、以前の対談で話したようなことを繰り返し言い聞かせて(暗示?)、トップ10との僅差を埋める最後の一押しを期待してるんでしょうね。
    これでフルタイムコーチも交代したら混乱するかもしれませんが、ダンテとのチーム継続ということで安心しました。ケーキに喩えればスポンジ(ダンテ)に苺(チャン)が乗ってエア・ケーキ完成! ですね(笑)。
    真面目な話、男子ではアジア系唯一のGSウイナーであるチャンが錦織をコーチするというのは世界的にもインパクトがあると思います。やはり「チャンに続けるか?」という目で見られますよね。
    いや~、チームK本気出したなあ(笑)。いやいや、来年が楽しみ!

      引用  返信

  • もう少し詳しい陣営発表内容です。
    http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=103379

    年間17~20週間のパートタイムコーチということですから、トーナメント帯同コーチは
    ダンテであって、転戦先にいつもチャン氏がいるという訳ではなさそうですね。

    以前のギルバード氏との契約に似ているのかも知れません。

      引用  返信

  • これで錦織が肉体的にも、精神的にも、戦略的にもパワーアップしてくれたら、
    今年こそ!TOP10の仲間入りが期待できますね。

    楽しみです。

      引用  返信

  • どこからどうなってマイケル・チャン登場になったんだろ〜。
    ダンテコーチがそのままで嬉しいです!
    ダンテコーチに出会ってから、錦織選手はとても順調に育ってますから^ ^
    あ、もちろんグレンも良かったですよ〜。私的感情バリバリですがw
    来シーズン、どんな錦織選手になるか、またwkwk dkdkですね。

      引用  返信

  • 詳細を調査中ですが、いきさつについての記事を発見しました。
    http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20131212-1230281.html

    とりあえず3月頃までとありますが、どうでしょう。
    個人的に、手詰まり感があったように見ていたので、現状を打破したいという気持ちは理解できます。体格が似ていることは大切なことなのですね。個人的にはプレースタイルが似ていると言われるアガシに頼むといいのにと思ってました。
    ギルバートさんのときは迷いがあったように思うので、今度はうまくいくことを祈ります。
    勝ちへのこだわり、相手を飲み込む気迫、ちょっとのんびり屋に映る圭には合っているかもしれません。
    マイケルは日本びいき。日本にもジュニア時代からの友人も多くいるようなので、そのあたりから情報が入るかもしれません。何かあったら載せます。  とりあえず。

      引用  返信

  • いちにのさん、新情報、ありがとうございます。
    ただ、ここでの「まずは3月までともに戦う」と、前出の「年間17~20週間のパートタイムコーチ」との整合がまだ良く分からないですね。
    今後の調査結果にも期待してま~す。

      引用  返信

  • 公式ブログの更新で、圭が興奮気味にチャン氏のことを語っています。
    知りたかったことがほとんど書いてあるだけではなく、来シーズンを手放しで期待させてくれる内容になっています。

    http://blog.keinishikori.com/2013/12/post-203.html

    まだ見てない人は、早く見てくるといいですよ!

      引用  返信

  • いちにのさん、コリコリさん、錦織選手がマイケル・チャンを、コーチに迎えたいきさつをブログで話していますよ。
    http://blog.keinishikori.com/2013/12/post-203.html
    コリコリさん、かぶりました。すみません。
    マイケル・チャンコーチは先ずは3月までと言うことですがチャン自身もPOWERSHARES SERIESにマッケンローやレンドル等とイベントに出たりと忙しいようですよ。
    http://www.powersharesseries.com/category/2014-events

      引用  返信

  • 改めて本人のコメントを見るとめちゃくちゃ期待感湧きますね〜。
    でも、今回のブログは校正してあげたい(笑)。「今年の中旬」・・・その発想は無かったわ!

      引用  返信

  • 「今年の中旬」www
    私、違和感無くそのまま読んでいました。 しかも、今年じゃないっつ~の。
    まあ、12ヶ月は3で割り切れるので、「来年の5~8月」って意味なんでしょうね。きっと。

      引用  返信

  • はっ!
    まさか、「今年の中旬」=文字通り今年(12月)の中旬だったりして・・・。
    う〜ん、吸収早過ぎ! それはないか(笑)。

      引用  返信

  • 12/13(金)の公式ブログでは 
    >明日からフロリダに帰ります。(カリフォルニアから)
    >10日間ぐらいしかいられませんがゆっくりしたいと思います。
     
    と言っていたのに

    今日のFacebookでは
    >Sunday practice. Working hard — 場所: IMG Academy(写真付き)

    となっています。 全然ゆっくりしてないじゃんwwwwww

    帰還早々、チャン氏の特訓が再開されているようですね。
    (チャン氏は結構体育会系かも?)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください