デ杯:錦織圭のインドへの移動はビジネスクラスで

デ杯インド戦への移動はビジネスクラスで行けるようです。日本テニス協会(JTA)がルールを変え、10時間以上の移動にはビジネスクラスを使えることになりました。これまではエコノミークラスだったとか。

あきらかに錦織圭のことを念頭に置いた措置ですね。JTAもやるときはやりますね。詳細は以下のリンクを参照してください。

デ杯代表ビジネスCで遠征、錦織効果

(日刊スポーツより)

今度、ヨーロッパの国とプレーオフをやったりするときは全員ビジネスクラスということですね。お金はかかりますね。

モティベーション維持のためクリックよろしくお願いします!
↓↓↓
blogrankingにほんブログ村 テニスブログへ

8 件のコメント

  • こんにちわ~
    ひとつ質問なんですけど、
    デ杯ってWOWOWとかGAORAで放映されるんですかね~?

      引用  返信

  • kirinoreikoさんこんにちは。

    デ杯は以前はJ-Sportsという放送局が放映していましたが、撤退してしまいました。
    ですので、現在はTVでの放映予定はないと思います。

      引用  返信

  • デ杯ってある意味、グランドスラム大会より
    盛り上がると思うんですけどね~。残念です。
    そういえば、うちのお父さん、デ杯のワールドグループの
    準決勝に出場した選手と昔戦ったことあるって言ってました。
    ほんとかな?

      引用  返信

  • なんですと!!
    それはお父さん、どこのスーパースターだって感じですね。
    すごいですね。

      引用  返信

  • こんばんわw
    20年くらいまえにスペインのサテライトでその人とあたって、
    その次の年に、ある国からデ杯にでていたそうです。
    なんでも、その国のエースが国の事情ででられなくなって
    代わりにでたらしいですよ。

      引用  返信

  • kirinoreikoさん

    そうだったんですか~。
    お父様はすごい人なんですね。プロでしょうか。

    ※勝手ながら個人が特定されないよう一部コメントを変更させていただきました。すいません。
    (元の文章でも特定の個人にたどり着くことは無さそうでしたが、reikoさんが女性でもあるので念のため)

      引用  返信

  • ああ~ ありがとうございます~
    以後きをつけま~す

    パパはアマチュアですよ~
    その当時は自営をしていて、2週間くらい休みをとって
    スペインのサテライトに申し込んで2週(2大会)でたそうです
    どちらも予選1回戦負けだそうです。

    でも、その選手に2-6、1-6でゲームをとったらしい
    サービスエースもとったとか、試合が終わって相手のコーチに肩を
    たたかれたとか、よく自慢してますよ
    あいつそんなに強くなかったとかいってますw

    あ、それから同じサテライトにでていたドイツの選手で
    何年かあとにベッカーと組んでダブルスにでていた選手も
    いたそうです
    ヨーロッパはだれでもでられるサテライトがいっぱいあって
    環境がいいといってました

    PS 訪問ありがとうございます^^
       適当なブログですが、いつでもどうぞ~ ではでは

      引用  返信

  • 負けたと言ってもスペインまで試合に行こうという時点ですごいです。

    私もフランスで草トー出たことがあるので環境の良さは分かります。
    (草トーと言っても、フランスは全部の草トーが国内のポイント対象)

    特に今からの時期はいいですね~。日も長いし、気候もいいし。
    日本もサマータイム導入してほしいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。