錦織圭、マイアミ欠場

Men’s Tennis Forumsの情報によりますと、錦織圭はマイアミを欠場するようです。

やはり肘の状態が思わしくないのでしょうか・・・。

こういった情報は、せっかく公式サイトができたのだから公式情報として教えてほしいのですが、2月28日のサイトオープン以来、本日で20日も経過していますが何も変化がありませんね。

意見を言う窓口もありませんし。
日本IMG社には前回メールしましたが、返事はありません。まあ製作を担当しているWOWOWに意見が届けばいいのですが。
次はWOWOWに改善提案でもしてみますか。
皆様からも、「更新して」という要望を出すのは有効だと思います。

あと、私は公式サイトのギャラリーに自分で撮った試合のときの写真などを提供しようと思います。
このブログだと許可が必要になりますが公式サイトだと錦織サイドが判断しやすいでしょうから。
ま、ヘボ写真しかないのですがね・・・。

25 件のコメント

  • 私も公式サイトは毎日チェックしているのですが、
    近頃は、どうせ変わってないんだろうな・・・という感じに
    変わってきました。

    そういう方法があるか分からないですが、
    WOWOWのメール窓口に意見してみようと思っています。

    自分とこのイメージアップのためだけに選手を利用する
    つもりか、と(笑)

      引用  返信

  • ほんと更新されないですよね・・・
    期待してチェックしているのですが、いつも準備中(>o<)

    僕もWOWWOWに意見を言おうかと思っています。
    このサイトをチェックしている人がみんな意見を言えば、WOWWOW側も更新せざるをえなくなるのでは?

      引用  返信

  • もちろんみなさん承知とは思いますが、念のため
    向こうも人間ですから苦情トーンではなくて「更新を期待して待っています」といったトーンで伝えるのがいいでしょうね。
    できればアイデアや、どういう点に期待しているかなども盛り込むと良いでしょう。

    私はやっぱりFLASH使いすぎで、機能に弊害が出ている点は伝えたいと思っています。

    ・イントロがFLASHを使用していて、スキップもできないのでモバイルではサイトを見ることもできない

    ・写真がサイズ可変になっていて、ウィンドウサイズによってはメニューが隠れてしまう。また写真も顔の部分が切れてしまったりする

    両方とも機能面で致命的です。最初、「BLOG」というメニューが隠れてしまっていて気付きませんでしたから。

      引用  返信

  • そうですね。クレーマーにはならないようにしなくては・・

    確かに僕もスキップできないことには困っていました。

      引用  返信

  • 今度こそ肘を完治させて欲しいですね。全仏に間に合えばいいと思ってます。

    ホントにIMGとWOWWOWはどうなっているんでしょうねぇ。スケジュールだけでも更新してくれないかな。
    私もメールしてみます。

      引用  返信

  • マイアミ欠場ですか・・・。
    まあ、しっかり怪我をなおした方がいいので治療に専念の方がいいですね。

    圭君サイトはWOWOWがあんだけ大きく宣伝したのでがんばって運営してほしいですね。

    怪我は全仏に間に合ってほしいですね。

    圭君がきつい時にはしっかりと応援していきましょうね、団長!

      引用  返信

  • 消息不明(笑)だったケイメヒコさんから連絡ありました。
    引っ越しのためにネットにいつ再び接続できるか分からない、とは聞いていましたが、やっぱりメキシコでの引っ越しはいろいろ大変だったようです。

    ランキング試算は4月6日の週から再開の方向で話が進んでますのでしばらくお待ちください。

      引用  返信

  • 私も公式HPの更新を楽しみにしてるんですけどね。
    いいニュースが出るまで待ってるのかなぁ?
    wowowのこと、好きなのに!(笑

    マイアミ欠場は淋しいけど
    仕方がありませんね。
    全仏の前に デ杯のウズベキスタン戦もありますよね~

    そっとしてあげたいけど、
    そういうわけにいかないのがプロなんでしょうね。

      引用  返信

  •  マイアミ欠場、ちょっとショックですが、その際徹底的に治して
    もらいましょう。ただ、全仏まで全く試合を行わなかったとしても
    何とか全仏にはダイレクトインできる見込み(想定エントリーRK:100位>
    昨年全仏カットオフRK:105位)ですので、それを見越した休養の判断だと
    思います。

     現状の状態にもよりますが、復帰戦のターゲットは以下の4パタ
    ーンが考えられます。

    ①4/6ヒューストン(ATP250)からの復帰(約3週間の休養)
     その後の肘の状態が良ければ、4/6ヒューストン→4/20ローマCH→
     4/27チュニスCH→5/8デ杯→5/11ボルドーCH→5/25全仏の転戦を
     想定します。この場合でも、全英にダイレクトインするため
     には、ヒューストンからチュニスCHまでの3ツアーで計100pt以上の
     ATPポイントの獲得が必要になります。

    ②4月後半のクレーコートCHからの復帰(約5週間の休養)
     ①の4/20ローマCH以降の復帰・転戦が想定されます。
     この場合には、ローマCHとチュニスCHの両ツアーで準優勝以上の
     成績を収めないと、全英のダイレクトインは厳しくなります。

    ③5/8デ杯ウズベキスタン戦からの復帰(約7週間の休養)
     ①の5/8デ杯以降の復帰・転戦が想定されます。
     この場合では、全英には予選からの出場となってしまいます。

    ④5/25全仏からの復帰(約10週間の休養)
     錦織抜きでは、ウズベキスタンに勝つのは難しいでしょう。
     全仏でのブレイクと全英での予選突破に期待しましょう。

     以上のシミュレーションから、どのツアーから復帰できるかに
    よって、全英のダイレクトインの可能性が大きく左右されることが
    分かります。是非、完全に治して上でのヒューストンからの復帰を
    期待したいものです。

      引用  返信

  • おっ!コリコリさんいつもながら素晴らしいシミュレーションです。
    これは良く分かりますね。

    私もヒューストンからの復帰に期待したいです。
    ヒューストンは例年、メンツ的にポイントが取りやすい大会ですから・・・。
    昨年は1回戦からブレイクと当たるきついドローになってしまいましたが。

      引用  返信

  • 確かに公式サイト
    とりあえず「2月中にサイトを立ち上げたかった」
    のでしょうか?

      引用  返信

  • 全仏までに体を治してベストで臨めますように。

    公式。
    私も、このあいだ、
    「そうそう公式があったんだ。」
    と開いてみましたが、全然変わりなし。

    デ杯の時期にとりあえずオープンしときたい、
    というところだったのでしょうか。

    GSのとき公式も本人に合わせて本格始動
    して欲しいですね。

      引用  返信

  • マイアミ欠場はとても残念です。
    しかし、怪我では仕方ないですね。

    ここまで肘で苦労することになるとは、
    大変なことで。

    GAORAの彼の特集を見て気になったことがあります。

    この番組をご覧になった方にお聞きしたいのですが、
    トレッドミルで走っていた時に履いていたシューズと
    テニスコートで履いていたシューズは同じ物でしょうか?

    テニスシューズでトレッドミルを走るなんて信じられません。
    足底筋を痛めますよ。
    まあ、IMGのコーチがそんなことを許すなんてないから、
    私の見間違いであると思いたいです。

      引用  返信

  • gonzaemonさん

    たしかにテニスシューズは横の動きには強いけど、縦の動きを長時間連続するためには作られていませんね。

    ジョギングするときはテニスシューズはだめだと聞いていますので、私もジョギングするときは安物ですがランニングシューズですね。
    錦織はどうなんでしょう?知らないはずないと思いますが・・・。

      引用  返信

  • 新人賞、取れると思います!

    ・上昇幅が最大
    ・ツアー優勝あり
    ・GSベスト16
    ・候補者中最年少

    ライバルはGSで活躍したシャルディかな?

    これで取れなかったら悔しすぎる!

      引用  返信

  • netdashにメールして寝ました。
    まさか突然ケーブルが切られるとは思いませんでした。
    それから、すったもんだで、まるまる一ヶ月通信・TVなしの、浦島状態でした。
    今朝、起きて見ると、マイアミ欠場って、悲しい情報。
    全然肘が治ってないようで、治療第一は良い選択でしょうね。
    これが、電話会社からのアクセスで、今までと全く違った環境になりましたので、これが書き込めると嬉しいです。

      引用  返信

  • ああ、何の問題もなく、書き込めましたが・・・
    「netdashに」と「さん」を付け忘れて失礼しました。
    しかし、こちらの最高速接続、DSLの2Mは遅いですね。日本の光の100Mと比べちゃいけないけど、こちらのケーブルの2Mよりも遅い感じです。
    まぁ、これからもよろしくお願いします。

      引用  返信

  • お、ケイメヒコさん書き込めるようになりましたね!
    ということは、回線の問題だった??
    何はともあれこれからもよろしくです。

      引用  返信

  • 「netdashに」って、私の知らない何か形容詞かと思いましたw
    初コメント、おめでとうございます。無事でしたね!

    マイアミ欠場ということですが、肘を治して、また元気な姿を
    見せて欲しいです。
    右膝はもう大丈夫なのでしょうか。

    コリコリさん、シュミレーションありがとうございます!
    全英は本戦から見たいけど、焦らず待っていようと思います。

      引用  返信

  • 錦織くんマイアミ欠場残念です。。。
    ファンも残念だけど、本人が一番がっかりしていることでしょう。
    ひじの怪我もなかなかすっきりしないみたいだし、
    ランキングも心配だし、あせる気持ちはあるでしょうね。
    でも、あのロジャーも、ナダルもプロ転向3~4年は100位内には
    入ってません!
    まだまだこれから、本格的フィジカル面の強化の時期に入るんだと思います。(本格的筋力アップは18歳過ぎからって言われてますよね)
    目先のランキングより、2~3年先のビジョンをしっかり持って
    あせらずに足元を固めてほしいです。
    ファンの私も、錦織くんの2、3年先の勇姿を想像しつつ
    あわてずに見守っていきたいと思います。
    楽しみは先のほうが、想像する時間も楽しめるってもんです!!!

      引用  返信

  • マイアミ欠場なんですね。やっぱり肘の調子悪いんですかね。
    とことんケガを治して、復活するのを楽しみにしてます。
    それまでは、録りためた映像で楽しんでおきます。
    今は新人賞に期待ですね。

    ケイメヒコさん心配してました。これからもよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 「ロジャーも、ナダルもプロ転向3~4年は100位内には
    入ってません!」というコメントがありましたが…
    ナダルは2001年にプロ転向、2年後の2003年の最終ランキングは48位。フェデラーは1998年にプロになって、2000年最終ランキングは29位です。ちなみに錦織選手が初優勝したとき、よく引き合いに出されてたヒューイットの場合はプロ転向の翌年には最終ランキング26位になってますね。

    もちろん、他選手がどうだから錦織もというつもりではないのですが、ちょっと気になりましたので。3~4年は100位内に入ってないというのは、どこの情報なのでしょう。

      引用  返信

  • 何らかのケガをおしながらどの選手も戦っているとは言いますが
    まだ、体を鍛えていく時期に無理はしては良くないって言うことでしょうね。
    肘を痛めてから、100位以内の選手とはいい試合がなかなか勝てないですもんね。

    しっかり直して、いっぱい練習して自信を持って戻ってきてね~~

    ケイメヒコさんおかえりなさい。
    今時TV・ネットが無かったのはつらかったでしょう。
    ちゃんと玉手箱は開けましたか?浦島太郎と違って繋がった世界のほうが楽しいですよね(笑。。

    =てんてん=  

      引用  返信

  • らふぁさんへ
    私の勘違いでで間違ったコメントをしたようですね。
    すいません!
    これも錦織くんにがんばってほしいぞ!
    の気持ちに表れだということでおゆるしくださいませ。
    これからも長い目で応援し続けたいと思っています。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。