錦織圭の復帰戦はどの大会?

本日は現時点で分かっている情報をもとに、錦織圭の復帰戦がどの大会になるか予想してみたいと思います。

錦織本人の発言は?

まず、Facebooktwitterで、「復帰戦は1月」と語っています。

looking like my first tournament back will be in January. More to come… Working on this with my team.
(12月7日、Facebookで)

back in Bradenton. Practicing hard with all the guys here. First tournament back will be in January.
(12月29日、twitterで)

2つとも「will be」となっていることから確定事項ではないことが伺えます。

そして、全豪オープンに関してはすでに出場に対して慎重な姿勢であることが報道されています。

エントリー状況は?

一方でエントリー状況ですが、全豪オープン含む1月のATPツアー大会には錦織のエントリーはありません。
(「ATP250」以上の格の大会を「ATPツアー大会」と呼んでいます。)

チャレンジャー大会にも、第1週のヌメアとサンパウロ、第2週のSalinasのエントリーリストには錦織圭の名前はありませんでした。

その次のチャレンジャーは第4週(1月25日~)になりますが、チャレンジャーのエントリー締め切りは21日前ですので、本日(12月30日)はまだエントリーが確定していません。

現在確認できるエントリーは、2月8日からのSAP Open(サンノゼ)です。プロテクトランキングの106位を使用し、Alternateの10番手に位置しています。
すなわち、予選からのスタートです。(情報提供:コリコリさん)

2010 SAP Openエントリーリスト(Men’s Tennis Forumsより)

エントリーリストにKei Nishikoriの名前を見るのはずいぶん久しぶりで、感動すら覚えます。まだ出場が決まったわけではありませんが、復帰がかなり近づいていることを実感できますね。

残る「1月の大会」で可能性が高そうなのは、1月25日からのホノルルチャレンジャーと2月1日のダラスチャレンジャーです。両方ともアメリカ国内だからです。ダラスは2月1日からですが、予選は1月ですし・・・。

今年のカットオフを調べてみますと、ホノルルは今年大会がなく、ダラスは本戦が344位、予選1125位と、プロテクトランキングを使用しなくても少なくとも予選には出れそうな感じです。

ホノルルの代わりに、今年同時期に行われたカーソンCHのカットオフを見てみますと、本戦333位、予選は「D49」となっていました。

「D49」の意味はまったく分かりませんが、予選の最終シードが502位だったことからも、今回のホノルルも同様のエントリー傾向だとすると十分、試合はできることになりそうです。

コーチ・グレンからの情報

Facebookには錦織のコーチ、グレン・ワイナーさんも登録していますが、先日、もうひとりのきょうこさんがオンラインだったグレンに果敢にもチャットで話しかけ、なんとグレンも応じてくれたそうです!

その中で以下のようなやりとりがあったそうです。「ファンの方にメッセージを」ということで話していましたので、こちらに掲載させていただきます。

きょうこ「圭の復帰はいつになりそうですか?」

グレン「たぶん1月の終わりだよ(スマイルマーク)。」

きょうこ「ホノルルですか?」

グレン「ひょっとしたらね(Maybe)。」

きょうこ「デルレイビーチやSAPオープンは?」

グレン「彼の仕上がり次第だね(We’ll see how he is progressing)。」

明言はしていませんし、従来からの情報の範囲を大きく超えてはいませんが、大きなヒントを得ることができました。

まず、「1月の終わり」と言っていることから、全豪オープンの可能性はやはり低そうということ。

一応、ワイルドカード全員が発表になったわけではないので錦織の出場可能性もゼロではないですが、全豪オープンは1月18日から始まるので「1月の終わり」ではありません。

次にエントリー状況から判断すると、「1月の終わり」はチャレンジャー大会の可能性しかなく、なかでもホノルルは可能性大ということになると思います。

ダラスについては聞いていませんが(「聞いておけばよかった」ときょうこさん。)、同様に可能性は高いでしょう。

エントリーが確認されているSAPオープンと合わせて、

1/25ホノルル → 2/1ダラス → 2/8 SAPオープン

という流れで、あるいはホノルルかダラスのどちらかはスキップするかもしれませんが、参戦していく予定なのではないでしょうか。

(注:以上は私の勝手な予想ですので、外れる可能性は大いにあることをご理解ください。)

P.S. 1つ前のケイメヒコさんの記事が短時間で流れてしまっている(最新記事でなくなっている)ので、そちらもぜひご一読ください。


9 件のコメント

  • いまtwitterで入りたての情報ですが、IMGアカデミーがYouTubeに動画をアップロードしました。錦織圭がリハビリについて語る動画です。まだ内容確認してないので新情報か既報の情報か分かりませんが、とりあえず貼り付けます。

      引用  返信

  • 私も話しかけたらグレンさん答えてくれたw 数分間だけど。
    今日はトミーハースと素晴らしい練習をしたそうです。
    また、「Kei’s doing really well」だそうですよ!

      引用  返信

  • 載せていただきありがとうございます!
    かなりワクワクです!だってあと、一ヵ月後です。もうすぐです!なんか文の書き方グシャグシャですいません。本当にエキサイティング~ がんばれ圭ーーー!!!

      引用  返信

  • Nickのサイトで、トミー・ハースと打ち合っている動画が二本あり、ひとつのほうではRed Aymeが、圭は、一月中旬(mid-January)にツアーに復帰できるんじゃないか、これまで200位ぐらいの連中と打ちあってたけど、怪我の影響もみられないし、このところはトミー・ハースはじめtop20の連中と互角に打ちあっている、といっていました。またNick御大のほうも満足そうに練習をながめながら圭が、その気になってきたら、今年は、サーブやもっと前にでたりすることなんかに力を入れていきたいといってました。順調そうですね。

      引用  返信

  • お~、情報たくさん入ってきてますねぇ~。嬉しい限りです。今後もtwitterやfacebookのおかげで、より新鮮な情報が得られそうですね。グレンとのコミュニケーション今後も期待してます。(^^♪
    ところで、SAPオープンですが、去年の予選はランキング500台の選手がダイレクトで入ってました。今本戦まで10番だと、予選からと言う可能性も高いですよね。もしそうなって、普通のランクで予選入りできたら、PRは使わなくても良いってことですかね?まあ、運良くWC貰えちゃったら、それに越したことは無いですけどね。いずれにしても、いよいよ近づいてきましたね。wkwkdkdk

      引用  返信

  •  ん~、chachaさんの情報も気になるところですが、やはりCH
    スタートが濃厚ですか。錦織本人も徐々にツアーのレベルを上げ
    たいと言ってましたしね。

     ただ、CHにPRを使うのはもったいないですし、かと言って
    CHの予選スタートというのもいかがなものかと思います。

     個人的な見解かも知れませんが、米国内のCHであれば、かなり
    高い確率で本戦のWCがもらえるのではないでしょうか?

      引用  返信

  • YouTube動画また来てます。chachaさんのおっしゃる動画のうち1本はこれかな?

    ほんとにトミー・ハースと打っとる・・・すげえ・・・
    もう全開に近い?
    これも故障期間に足腰とかしっかり鍛えて準備してきたからだ!
    いいぞ錦織!

      引用  返信

  • んでもう1本はこっち。
    今時間がないので、後ほどまとめたいが・・・あとになっても時間ないかも。
    休みの方がなにかと忙しい気が・・・。

      引用  返信

  • たくさんの嬉しい情報ありがとうございます!これからも生情報楽しみにしています。グレンコーチとチャットとは、英語堪能な方々がうらやましい・・
    鼻血ブログのおかげで1年乗り越えました。ありがとうございました。来年が本当に楽しみですね。

    話が変わりますが、テニスおやじのテニス365daysさんのブログでそごう大宮店に「杉山愛とテニスTRY(寅い)福袋」があるのを知りました。
    http://www2.sogo-gogo.com/fukubukuro/
    日程ははっきり決まっていないようですが、興味のある方はTRYしてみてはいかがでしょう。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。