デ杯選出に関して、錦織圭よりファンへのメッセージ(JTAメルマガより)

JTAメルマガより。 

英語で書かれてるってことは、日本だけでなく世界のプレス向けコメントなんだろうか。

As a young boy I have always dreamed about representing Japan.
I am very proud to be part of the team that will travel to India and
look forward to playing in a team atmosphere.
As a tennis player we never have the opportunity to compete in a team so to compete in a team as well as represent Japan is an exciting opportunity.
I hope that playing for the Japanese Davis Cup team will be an example to young kids to pick up a racket and play tennis.
I am very honored to get this opportunity to represent my country.

「子供のときからずっと、日本の代表になることを夢見てきました。今回インドに行くチームのメンバーに選ばれたことを誇りに思います。
テニス選手として、これまでチームで戦う機会はありませんでした。今回チームとして戦えること、また日本を背負って戦えることに興奮しています。
自分がデビスカップチームで戦うことで、子供たちがラケットを手にとってテニスを始めてくれるきっかけになってくれればと思います。
自分の国の代表になる機会をもらったことを本当に誇りに思います」

「これまでチームで戦う機会はありませんでした。」って、ジュニアの国別対抗戦は?準優勝したやつ。

主語がweになってる・・・。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

 テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。