ジャパン・オープン、AIGがスポンサー撤退

予想通りの結末になりました。

まあ、トヨタですら営業赤字になるご時勢ですから経営危機のAIGがスポンサーを続けられるとは誰も思っていなかったでしょう。

次のスポンサーがどこになるか非常に気になります。いるのだろうか・・・。
いっそのことIMGオープンにしては(笑)。名前も似てるし。

AIGさん、長年のスポンサードありがとうございました。おかげで日本のテニスファンは世界のテニスに触れることができました。

さて、当面「ジャパンオープン」と呼ばなければなりませんね。

以下、NIKKEI NETより。

テニスのジャパン・オープン、AIGがスポンサー撤退

 テニスのAIGジャパン・オープンのスポンサーを務める米保険大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が来季の契約を更新しないことが19日、分かった。
 日本協会によると、ことしで2年間のスポンサー契約が切れたAIGには10月まで優先交渉権があったが、その期間内に更新の意思を示さなかったという。同協会の渡辺康二専務理事は「早急に次のスポンサー探しをしたい」と話した。
 AIGは米政府の管理下で再建を目指しており、金融危機の影響がテニス界にも波及した形となった。

7 件のコメント

  • 一日でも早くよいスポンサーが見つかることを祈ります。

    だってフェデラーが来るんですから!!

    盛大に催してもらいたいです。
    2009JAPAN OPENは!

      引用  返信

  • 団長の本日のブログのテーマと全然違うんですが、
    圭くん関連の記事を見つけたので、以下、概略です。

    >博報堂DYメディアパートナーズは18日、インターネット上で行った「アスリートイメージ評価調査」2008年総括特別編の結果を発表した。

     それによると、(中略)来年最も期待ができるのは1位が石川、2位がフィギュアスケートの浅田真央、3位がテニスの錦織圭と10代が上位を占めた。(中略) 調査は首都圏、京阪神圏に在住する15歳から69歳の男女を対象に11月21日から6日間で行われ、有効回収サンプル数は600だった。

    以上。上の貼り付けって、著作権にさわるようなら、
    すみません。削除お願いします。

      引用  返信

  • BAKOさん

    おお、いいニュースですね。
    テニスに注目が集まるのはいいことです。
    他にもたくさんいいアスリートいますからね。

      引用  返信

  •  最近まで、AIGがスポンサーを降りた場合の最右翼スポンサー候補はトヨタだと思っていたのですが、ここ最近の業績悪化(連結でも今期赤字)で難しくなってきました。
     でも、ジャパンオープンなのだし、錦織のような日本人スタープレーヤーも出てきたのだから、やはり日本を代表する企業にスポンサーになってもらいたいと個人的には思っています。

     そこで、今最も期待している企業はソニーです。
     株価こそ極端に低迷していますが、この不況の中で今期の業績は悪くはないようです。(株も今買い時では?)
     錦織自身のスポンサーでもありますし、盛田正明さん、「SONY JAPAN OPEN」を実現できるように働きかけていただけないですかね。頑張ってソニー製品買いますから。

      引用  返信

  • 確かにソニーは有力企業の一つだと思います。
    しかしソニーエリクソンオープンもすでにありますし、どうでしょうかね。
    会長の口添えにも期待したいところですが、会社の私物化と言われかねないことは、きちんと効果をアピールできなければ難しいかもしれません。

    日清食品でもOK!カップヌードル食べますよ!

    トヨタもトヨタプリンセスカップなどスポンサードしていましたし、可能性もなくはないかな。今後の業績次第ですが。
    財務基盤は盤石なのでこっちにも期待したいです。

      引用  返信

  •  Netdash様

     日清食品、あり得ますね。
     今年のジャパンオープンでも慶應チャレンジャーでも、無料で商品を配っていたのが印象に残っています。(気合入ってました。)

     個人的には、トヨタの場合は今年から始まった「トヨタチャレンジャー」との関係整理も悩ましいだろうと思っています。

     一方で、ソニーの場合の社内説明、国内では既に充分な知名度がある企業だけに、確かに簡単ではないでしょうね。ただ、盛田正明氏は盛田昭夫氏(ソニー創業者)の実弟ではありますが、ソニーの役員ではないので、正明氏からソニーに打診があった場合に実際に苦労されることになるのは、錦織のスポンサー契約を担当した盛田昌夫氏(業務執行役員)になると思います。
     その場合には、盛田昌夫さん、頑張ってください!

     

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。