錦織圭、5月4日からのセルビアオープンで復帰の可能性

5月4日からの週にはベルグラード、エストリル、ミュンヘンの3大会があり、錦織圭がすべての大会にまずはエントリーしていたことは4月8日付記事「錦織圭の復帰に関する情報まとめ」という記事の中で触れていましたが、

ここにきてセルビア・ベルグラードのセルビア・オープンで錦織圭がワイルドカードをもらってツアーに復帰する可能性が出てきました。

公式サイト等ではまだ何も復帰に関するアナウンスはありませんが、コリコリさんが状況証拠から見事に推測してくださっています。
(さすが鼻血ブログデータ部)

コメント欄に書いてくださったものですが、こちらに書いた方が皆様の目に触れやすいと思いますので転載します。
(コリコリさん、いつもながらありがとうございますm(_ _)m)

 錦織はどうやら、セルビアオープンでWCをもらったようです。根拠は、以下の2つ。

(1)エントリー時にダイレクトインできた選手は19人だったのに対し、セルビアオープンHPの現在の出場予定選手リストには、この19人の他に1000番台のセルビア選手とOUT1番手だった錦織を加えた21人が掲載されている(WC枠は3選手なので、あと1人分の枠が残っている)。

(2)錦織がセルビアオープンと重複エントリーしていたミュンヘンとエストリルに対しては、最終的にダイレクトインできる可能性があったのにも拘わらず、既にエントリーを取り下げている。

 だとすれば、錦織サイドはこのWCの打診を受け入れたことになります。結果的に腕の回復が間に合わずに出場を断念する可能性も残ってはいるものの、具体的な復帰ターゲットとして、このセルビアオープン(5/4~)に照準を合わせた可能性は高いといえるでしょう。(全英ダイレクトインに向けてポイントを稼げる最後の週でもあります。)

俄然、ゴールデンウィークが楽しみになってきました。 

この情報を頂いて、MensTennsiForumsの4月21日時点のエントリーリストで錦織のエントリー状況を確認してみたところ、確かに以下のようになっていました(リンク先でエントリーリストをご覧になれます。)。

セルビアオープン(ベルグラード):本戦1番OUT(予選1番手)
BMWオープン(ミュンヘン): 辞退
エストリルオープン(エストリル):辞退 

セルビアオープン大会公式サイトの選手リストに日付が入っていないのが少しだけ不安ですが、どうやらコリコリさんの推測が当たっている可能性はかなり高いように思えます。

しかし、肘の状態次第ではキャンセルもあると思います。
4月15日時点で「まだいつ治るか分からない」と本人がブログで語っていますから、過度の期待は禁物です。
最終的に欠場となってもガッカリせずに、「そうか、万全を期すために休むのだな」と前向きにとらえたいところです。

錦織も久しぶりの大会で、不安もあるでしょうけど楽しみな気持ちも結構あるのでは?と推測します。
今回は見ているファンも勝敗よりは肘が万全なのかどうかの方が気になることでしょうし、全仏に向けて感触を確かめるくらいの気持ちでリラックスして臨んでほしいですね。

今は苦しい時期かもしれないけど、錦織の場合は彼のテニスの内容が世界に通用することがもう証明されていると思うのです。 

まだ波があるけど、底は全然見せていない。むしろ伸び代がかなり残されているように思えます。
修造さんもテニスマガジンなどで盛んに言っているように、「今現在100位だろうが200位だろうがあまり関係ない。」その通りだと思います。

いい内容のテニスさえしていればホント、自然にランキングはついてくるでしょう。体調が万全になって、フィジカル強化の成果が出てくる日が楽しみです。 

13 件のコメント

  • コリコリさん、詳細な説明ありがとうございます。
    肘の不安が完全に払拭されて、万全の状態で出場できるよう願うばかりです!
    団長さんの言う通り、勝ち負けよりもまず元気な姿でツアーに戻ってきてくれることが一番!
    なんだかもうこちらまで武者震いがしてきます(笑)

    (残念ですが、デ杯の方を辞退という形になっても止むを得ませんね)

      引用  返信

  • コリコリさんの洞察眼に感服です。状況証拠から推測するなんてまるで「鼻血刑事」ですね(笑)。
    OBM-GOさんの武者震いもこちらまで伝わってきました。(グラグラ)
    元気な姿を見たいですね。

      引用  返信

  • さすが、コリコリさん。鋭い分析ですね。
    公式サイトでいつ発表するのか、ホントに治っているのか、ワクワク&ドキドキだわ。

      引用  返信

  • C太郎さん
    鼻血刑事、笑える~。推理が当たると鼻血がwwとか想像してしまった。熱血刑事と似て非なるものネ!!!

      引用  返信

  • 付け加えると、MTFのセルビアオープンのエントリーリストのスレにWC貰った地元選手と共に錦織選手も招待されたと書いてあります(地元メディア情報)。しかし、その招待を受けたか否かは不明。
    また、セルビアオープン公式サイトの以下のニュース記事には、まるで錦織の出場が決まっているかの様に、出場選手の一人として紹介されてます。
    http://www.serbiaopen.rs/article.asp?id=78
    後輩のFilipも地元選手としてWC貰ってるし、スタッフがほとんど同じなので、一緒だったら楽そうですしね。

      引用  返信

  • 大会側は出場させる気満々といったところですね。
    しかし肘の状態をあまり気にせずに書いてるでしょうね。大会側は。
    肘がどうかは全く別物ですから、「出れる状態になったら、他の大会じゃなくてセルビアで」くらいだと思っています。
    4月15日に「いつ治るか分からない」と言っていることからもまだ状態はわかりませんね。
    今週エントリーしているローマの予選も、欠場しそうな気がしています。

    ま、ほんとに治るまでゆっくりしてくれればいいです。
    出てくれば応援する、それだけ。

      引用  返信

  • 「いつ治るか分からない」はとてもひっかかりますが、
    21日(つまり20日の時点で)行けそうな感触を持った?
    で、WC無くてもSEの処置でインできそうなセルビアの
    エントリーだけ生かした。新しいセルビアは大会側も
    新人賞選手の参加を強く呼びかけているでしょうね。
    セルビアは相当に確率高く参戦でしょうね。

    もし、腕の状態が思わしくないなら、エストリルなどの
    取り消しをした時点でローマの予選も取り消している
    と思うのですが・・・予選の場合、取り消しはドロー
    当日にサインインしなければ良いだけなのでしょうか?
    で、ローマ予選もありうるのではと思うのですが・・・。
    日本時間24日午後7時以降のATP公式とMTFが注目です。
    他の選手と同じように、試算のシートに準備してます。
    あと1日ほどですが、はたしてどうなるでしょう。

      引用  返信

  • 27日付けは117位、Isnerが優勝したら118位です。

    23日のリストにも残っています。
    21日から23日に相当出入りがありました。
    でも、取り消していないと言うことは、
    ローマ予選参戦濃厚ではないでしょうか?

      引用  返信

  • お久しぶりです。MTF情報でローマの予選もOUT。今見たら、セルビアも21日でOUTになってます。

      引用  返信

  • MTFのローマ予選エントリーリストのスレッドの最後の方に、錦織OUTとありましたね。
    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=141302&page=2

    でも肝心のリストの方はOUTになっていません。記入漏れでしょうか?
    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=141302

    ま、欠場だとしても次の可能性、セルビアはすぐです。
    首長竜になって待ちましょう。

      引用  返信

  • セルビアはもう一度みたら、なってませんでした。すいませんお
    騒がせしました。次の週はクロアチアのチャレンジャーにエントリーにしています。予定では、このへんで復帰でしょうね。

      引用  返信

  • maiさん、情報ありがとうございました!
    クロアチアチャレンジャーチェックしてみます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。