ニック師匠のブログに錦織の練習風景がUpされました

Kei Nishikori practicing on court with Nick Bolletieri

http://nickstennispicks.com/2009/05/05/kei-nishikori-practicing-on-court-with-nick-bollettieri/

ほんの7秒の動画ですが、しっかり練習やっとります。

そして今日も元気にハミパンですw

復帰までもうすぐ。がんばれー!!!!

 

13 件のコメント

  • ハミパンって、やっぱり皆思ってたんだ。いつもどうして圭君だけでてるんだろうって不思議だったんですけど。

      引用  返信

  • 元気にハミパンってwww

    でも元気そうな姿がみれるのは嬉しいですね。

      引用  返信

  • 団長さん GWなのに休まず記事UPありがとうございます。
    圭君元気そうですねー。ニック師匠までハダカになってる(笑)。
    ハミパン&紐出しは毎回「出てるよー」と注意したくなります。
    気にならないんでしょうね。
    圭君ファンの友人は、マネして必ず紐出しでテニスしてます。
    そういう人 割と多いかも...いてないか。

      引用  返信

  • フロリダは相当暑そうですね。汗まみれで頑張っている姿を見るといい刺激を受けます。短い動画でしたがニックコーチの熱血指導も垣間見れました。さすがです。
    しかし、ハミパンって語感がいいですね(笑)。「見せパン」って流行ってましたが、オシャレの感覚もあるんでしょうね。それより問題はトランクスです! アンチトランクス同盟の構成員(?)にとっては気が気でないです。「ハミ○○」になってしまわぬかと。
    朝からすみません

      引用  返信

  • エアーKを練習中ですけど、なかなか
    うまくいきませんねぇ(笑)

    錦織君のフォアハンドって、なんか
    変なのになんであんなに強く打てるンでしょうか・・

      引用  返信

  • まあハミパンは風物詩というかw
    気にしてなくなったらそれはそれでさびしい。
    錦織のフォアですが、独特なところはあるけど私はとても理にかなっていると思います。真似は難しいですけどね・・・。

    コンパクトで体のひねりのはいったテイクバック
    後ろから前への力強い押し出し
    ぶれない体軸
    しまった脇
    など

    十分な大勢で打てるとは限らないので、そういうときは調整のために大きくジャンプしたり、リバース気味に手を振り上げたり、打ちこむときも飛ぶように前方にジャンプしたりするので、そういった状況では特殊に見えますけどね。

    全く同じフォームをまねすることができたとしても、筋力(すなわちスイングスピード)が全然違うので、飛んでかないでしょうね・・・。

      引用  返信

  • そうなんですよ、私も以前ジョコビッチがシャラポワの物まねをしてるように、錦織選手のフォームを真似て打ってみたのですが、同じフォームで打ってみたつもりでしたが球があがりません。

    コンパクトで体のひねりのはいったテイクバック
    後ろから前への力強い押し出し
    ぶれない体軸
    しまった脇

    すべての要素が足りないことに気づいたのはここだけの話です
    まあ特に体軸がぶれないってのが一番の違いかと。
    それにスイングスピードが全然違うから話にならんわな・・
    錦織選手のスイングを生で横から見たことがあったのですがあまりの速さに度肝を抜かれてしまいましたからね。まああまり物まねできるフォームではないようですw

    ロディックのサーブの物まねなら私もできるんだが・・

      引用  返信

  •  少し気が早いですが、復帰戦となる可能性がある
    来週のザブレグCHのHPを検索しておきました。
     比較的シンプルな構成で、好感がもてます。

    http://www.zagrebopen.hr/
    (初期画面右下黒字の「english」をクリック)

     また、「RESULTS」のプルダウンメニューの1つに
    「Live Score」が用意されていることも分かりました。

     日本人アクセスの集中により動きが悪くなることも
    想定されますが、少なくとも、ライスコ観戦は可能の
    ようです。(時差的にも勤務時間帯は避けられそう)

      引用  返信

  • また公式サイト更新されましたね^^
    最近どんどん更新されていますが、この調子でこのまま行くのでしょうかね~?

      引用  返信

  • 錦織くんのフォアに限らず、現代のテクニックはウッド時代からやっていた者にとってはだいぶ変わってきていますね。

    巷のテニスクラブなどでも普通にジュニアの子の打ち方見ていても「変わったなぁ」と思います。

    こちらで紹介されていたATPのスクリーンセイバーでもナダルのフォアハンド(打ったボールが火の玉になって飛んでく)の軌道で「なんであんな軌道でボールにパワーが伝わるのか(パワーを伝えるならもっと効率的なスイングがあるはず)」と思ってしまいます。
    でも結果は見ての通りです。

    一般的な筋力の人には真似出来ないというか、参考にならないテクニックって多いんじゃないでしょうか。

      引用  返信

  • なんかタイミングが悪いですが、
    ザグレブも取り消した模様です。

      引用  返信

  • ようやく20分のヒッティングを始めたばかりですから仕方ないですね。
    全仏オープンが目標ということですが、ここまできたら無理はしないでほしいです。

    デ杯が近づいてきました。せめて試合のダイジェストでも放送してくれないかなと思いますが無理みたいですね。

      引用  返信

  • にっこりくんが素振りしている姿を想像してクリックいたしましたが、ニック御大がメインでしたね^^;
    いえいえ、真面目にニック師匠に耳を傾けるにっこりくん、
    その姿が本番モードへ徐々に地固めしている様子と
    見受けました。

    本番姿は全仏かな。
    こちらも肩の力を抜いて、
    応援のリハーサルのつもりで観戦します。

    まってますよーっ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。